ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157021件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > モリのいる場所 > 掲示板 > 複数の視点

ラスト 複数の視点 ネタバレ

2018/5/24 8:02 by さくらんぼ

モリのいる場所

朝食のテーブルを、街にたとえて写真に撮れば、それは鳥瞰図のようになります。しかし、カメラをテーブルに置いて撮れば、人間の目線に。さらに、床に置けばネズミ目線になります。

この映画「モリのいる場所」は、そんな目線の変化で、見えてくるものが、したがって価値観までも違ってくる有様を、描いていたように思います。

私たちは、常に複数の視点を持つことが必要なのでしょう。



★★★☆

 



  • 追記 ( 「8時だョ!全員集合」 ) ネタバレ

    2018/5/24 8:29 by さくらんぼ

    この映画のほぼすべては、“仙人“と呼ばれた洋画家・熊谷守一さんの、家と庭での話です。

    しかしこれは、往年の人気お笑いバラエティ番組、ザ・ドリフターズ主演の「8時だョ!全員集合」への、オマージュになっているのかもしれません。

    それは、時代背景でもありますが、ザ・ドリフターズが得意としていたコントに、「長屋もの」のような、家と庭で行われる、伝説のドタバタ喜劇があり、私も観ましたが、それがまた、たいそう面白かったせいもあるのでしょう。もし生で観られた方がありましたら、一生の宝。

    この映画「モリのいる場所」は、それをモチーフに、上品に、ひたすら上品に、作り変えたお話しのような気がします。

  • 追記U ( 昭和天皇 ) ネタバレ

    2018/5/24 8:44 by さくらんぼ

    映画が始まると、いきなり、メガネをかけた人の顔がアップになります。

    とても品の良い、スーツ姿のご年配です。

    そのお方は、何人ものお供を連れ、貸し切りで、熊谷守一さんの物らしい、一枚の絵をご覧になり、しばらく凝視されたあと、「これは何歳児の絵ですか?」、みたいなご質問をされたのです。

    側近は、答えに困り、恐縮して、頭を下げるしかありませんでした。

    もうお気づきだと思いますが、私にも、あのお方は、昭和天皇としか思えませんでした。

    だから、この映画の、静謐なトーンもお分かりいただけると思います。

  • 追記V ( 2歳児の視点 ) ネタバレ

    2018/5/24 8:47 by さくらんぼ

    「 『楽しい』をつなぐ

    2歳児とは、考えてから行動するのではなく、行動しながら考え、小さな楽しみをつなぎ合わせて過ごす人たちなのです。例えば、散歩に行っても、すぐ『こんな所につくしんぼがある』と長い時間触って楽しんだ後、『アリがいる』と気づいて座り込んでじーと見る。」

    ( 2018.5.19朝日新聞(朝) 30面 「はぐくむ」 イヤイヤ期ってブラブラ期 反響編下 北海道大・川田学准教授に聞く より抜粋 )

  • 追記W ( だから公園に行く ) ネタバレ

    2018/5/24 14:48 by さくらんぼ

    40代の頃、通勤途中に公園を通るたび、「この花を、一時間ぐらい眺めていたい…」などと、夢想したことがあります。そんな生活に憧れて。

    だから、晩年になったら、浮世の喧騒から逃れ、家の庭で、あんな風に過ごすのも、幸せだと思います。

    熊谷守一さんのような視点を持てば、「私に、この庭は広すぎる…」などと言えるのかもしれません(実際には、そんなに珍しくもない規模なのですが)。

    そして、それを絵画、音楽、ブログなどに昇華して発信できれば、それも一つの天国。

  • 追記X ( ★ひとつ少ない理由 ) ネタバレ

    2018/5/24 15:16 by さくらんぼ

    樹木希林さんが興味深い話をしています。私の感じていたモヤモヤを、うまく言語化してくれたような、気がしました。


    「 私は『モリのいる場所』がとっても好きだけど、唯一、大丈夫かなと心配なのは、映画が裂けていないこと。つまり、役者が自らの分をわきまえていて行儀がいいのよ。台本を読み、収まるべきところに収まっている。

    映画ってね、『嫌だな、あの人』と皆が思うような、ずうずうしい演技をする人が交じることで、思いがけない面白さが出ることがあるのよ。 」

    ( 2018.5.24 朝日新聞〈朝〉28面 「文化・文芸」 語る ー人生の贈りものー 「キラキラキラーッな山崎さんと」 役者 樹木希林〈13〉 より抜粋 )

  • 追記Y ( アリの生活 ) ネタバレ

    2018/5/24 15:44 by さくらんぼ

    漆黒の大宇宙の中に、天文マニアは、見えないほどの小さな星を見つけます。

    無線家は、ノイズだらけの音をサーチしていても、信号音の混じったノイズだけを聴き分け、(素人には区別がつかないが)受信ダイヤルの手を止めることが出来ます。

    弓から放たれた矢は、水中を泳ぐ魚のごとく、クネクネとうねりながら、飛んでいきます。通常、スローモーションでしか見えないそれが、弓の選手には、肉眼でも見える瞬間があるのです。

    熊谷守一さんは、庭を歩いていて、一枚の葉っぱに気づき、「おまえ…居たのか!?」と驚くシーンがありました。

    それぐらいの集中と、長時間の観察があれば、「アリが歩きだす時、どの足を最初に出すか」も分かるのでしょう。映画にはそんなエピソードもありました。

  • 追記Z ( 大人です ) ネタバレ

    2018/5/24 15:50 by さくらんぼ

    でも、熊谷守一さんは2歳児ではありません。

    子どもの絵を評価してほしいと客に言われ、「下手だ」と一言。

    そして、「上手は伸びしろがない。だから、下手で良い」と、確かこんな言葉も付け加えました。

    熊谷さんは大人です。

    ただ、子どもの心を失っていないだけ。

  • 追記[ ( 複数の視点 ) ネタバレ

    2018/5/25 8:45 by さくらんぼ

    ★が少なかった理由は他にもあります。

    草木や生きものが美しくなかったからです。

    私も毎日のように公園を散歩していますが、樹々が生き物のように風にそよぐ姿、陽ざしに輝く一枚の葉っぱ、体格(あるいは人相)のような枝ぶり、幹の皮に刻まれたシワと味わい深い色、根っこの張り具合、そこに生える、小人のような草一本、さえも美しいことに気づきました。

    もし私が監督なら、場合によっては印象派の音楽とともに、その美をフィルムに定着させようとしたことでしょう。

    もちろん熊谷守一さんが、どのような芸術世界を見ていたのか、それは本人にしか分かりません。過度な絵画的忖度は、間違いと失礼の元。

    しかし映画人として、自然の美しさを、フィルムに切り取ろうと試みたはずです。

    池の魚や、アリに対しても、熊谷守一さんが長時間の観察でたどり着いた境地を、カメラはアップやスローモーションなどの特殊撮影で、観客に提示することが出来るはずです。

  • 追記\ ( 舞台劇 ) ネタバレ

    2018/5/26 9:29 by さくらんぼ

    >しかしこれは、往年の人気お笑いバラエティ番組、ザ・ドリフターズ主演の「8時だョ!全員集合」への、オマージュになっているのかもしれません。(追記より)


    実際、ドリフが話題になるシーンでは、天上から金ダライが落ちてきて、ガ〜ンと頭に当たりました。あれはドリフのコントそのままです。

    そこまで、やるならば、この映画「モリのいる場所」も、「舞台劇」という設定だった可能性もあります。つまり、「演技は本物でも、周囲はハリボテよ!」という。

    先日、他の映画のレビューで、「サンダーバード」の、メカの「汚しのリアリズム」について触れました。

    しかし、熊谷守一さんの下駄に、足形のシミがほとんど無いことや、庭から戻って来た足袋の裏が、まだ真っ白だったことの「非リアリズム」、そして「草木が美しく撮られていない」ことも、「それ、舞台だから…」という結末になるのかもしれません。

  • 追記] ( 絵画 ) ネタバレ

    2018/5/26 9:55 by さくらんぼ

    ネットで熊谷守一さんの絵画を拝見しました。

    ホッとさせるような、日本画の匂いがします。

    暖色系であり、朴訥を感じさせるような、枯れた落ち着きもありますね。

    スピーカーで言えば、十分にエージングした、紙コーンのフルレンジ。

    それでいて、どなたかの文章のように、高度に洗練されている。

    子どもの自由で無垢な画とは違い、あれは完璧にコントロールされた大人の作品です。

    スピーカー道楽の終着駅が、フルレンジだと言われている事を思いだしました。

    わが家にも飾りたい、ほどです。

  • 追記11 ( 生ける絵画 ) ネタバレ

    2018/5/26 10:06 by さくらんぼ

    あらためてチラシを見ました。

    フェルトのような、とんがり帽子をかぶった熊谷守一さんが、横になり、石の上のアリを眺めている写真がありますね。

    あれは熊谷守一さんの絵画から受ける「印象」を、再構成したもののような気がします。

    あれこそが、この映画のクライマックスであり、「生ける絵画」だったのかもしれません。

    すると、朴訥であり、裂けたところもなく、平穏、静謐なこの映画の作風は、すべて「生ける絵画」のために、必要だったのです。

    監督の狙いが、やっと少し分かったような気がしました。

満足度データ

モリのいる場所
100点
0人(0%) 
90点
7人(26%) 
80点
11人(42%) 
70点
5人(19%) 
60点
3人(11%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
26人
レビュー者数
9
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
79
満足度ランキング
75位
ファン
4人
観たい人
19人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

多摩センター  渋谷  阿佐ヶ谷 

他の地域

 

この映画のファン

  • エージ
  • hikarururu
  • omodakame
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

モリのいる場所 (特装限定版) [Blu-ray]

  • 定価:5616円(税込)
  • 価格:4584円(税込)
  • OFF:1032円(18%)

モリのいる場所 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集