ただいまの掲載件数は タイトル59028件 口コミ 1146721件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > スリー・ビルボード > 掲示板 > 黒澤映画へのオマージュか

黒澤映画へのオマージュか ネタバレ

2018/2/18 22:39 by さくらんぼ

スリー・ビルボード

同時期に公開された映画「悪女/AKUJO」と同じく、これも「公務員に怒れる女」のお話しです。

ただし、映画「悪女/AKUJO」が冒頭7分の斬新なアクションで魅せるのなら、映画「スリー・ビルボード」は、冒頭数秒、静謐な画面にすでに漂う品格で唸らせます。

そして、これは黒澤監督の名作・映画「生きる」へのオマージュの可能性があります。ストーリーは「病気」以外、大胆に変更されていますが。

映画「悪女/AKUJO」の斬新さについていけない私のような方は、こちらの映画「スリー・ビルボード」が楽しめます。



★★★★☆

 



  • 追記 ( 黒澤映画へのオマージュか ) ネタバレ

    2018/2/19 9:56 by さくらんぼ

    > そして、これは黒澤監督の名作・映画「生きる」へのオマージュの可能性があります。ストーリーは「病気」以外、大胆に変更されていますが。


    映画「スリー・ビルボード」の冒頭、朽ち果てた大きな三つの立て看板が映り、バックにアイルランド民謡「夏の名残のばら」が、まるでオペラのように流れます。このシーンだけで映画好きのオールドファンはノックアウトされてしまいます。これは「正座して観るべき作品だ」と。

    ところで、この名曲「夏の名残のばら」は、映画「生きる」でおなじみの、(いのち短し 恋せよ乙女)名曲「ゴンドラの唄」のつもりなのでしょう。イメージが似ているので選曲されたように思います。

    そして、ヒロインのミルドレッドが次のアクションを起こすとき、ひとり言のように密かに相談していた相手が、履いているウサギのスリッパです。映画「生きる」では、(仕事がつまらないからと)役所を辞めた部下の小田切とよが、今は町工場で「うさぎのおもちゃ」を作っていて、充実した顔で、元上司の市民課長に、「課長さんも何か作ってみたら?」と生きがいについての進言をするシーンがありました。

    課長さんは生きがい探しのために、元部下の若い女性である小田切とよにつきまとっていたのですが、これを「浮気」だと家族に勘違いされるのですね。映画「スリー・ビルボード」でも、ヒロインの夫は、娘のような若い女と家を出て行きました。

    それから、極めつけは、ブランコのシーン。病気とか、犯人探しとか、重要な会話をする時には、ブランコが出てきます。

    探せばもっとあるかもしれませんが、映画「生きる」は昔TVで観たことがあるだけですので。

  • 追記U ( 映画の雰囲気は ) ネタバレ

    2018/2/19 10:01 by さくらんぼ

    映画「プレイス・イン・ザ・ハート」、映画「夜の大走査線」的な雰囲気もあります。

  • 追記 V ( 遠くに見えるクリント・イーストウッド ) ネタバレ

    2018/2/19 11:07 by さくらんぼ

    ヒロインを見ているとクリント・イーストウッドに見えてきます。顔かたちではなく、お芝居の印象が。そんなところも、この映画の格調を上げている理由の一つでしょう。ちなみに顔かたちは私の知人に似てなくもないので(やさしい人です)、人ごとには思えませんでした。

  • 追記W ( 映画「本能寺ホテル」 ) ネタバレ

    2018/2/19 22:43 by さくらんぼ

    先日、映画「本能寺ホテル」を観ました。少しネタバレの話をします。

    あれは「本能寺の変」の前日にタイムスリップしたヒロインが、本能寺で亡くなるはずの信長を助けようと、歴史を教えるのですが、信長は逃げずにそのまま亡くなり、結局、歴史通りになるお話です。

    では、信長はなぜ逃げなかったのか。

    それは、ヒロインが現代の京都から持ち込んだ観光チラシを見て、「未来の人々は、平和に、豊かに、楽しく暮らしているらしい」と知り、「自分が身を引くことが、夢見た諸国統一に役立つ」と悟ったからです。

    もちろん、過去の人間である信長の想像力には限界があり、現代の観光チラシに描かれている事と100%同じではないでしょう。

    しかしベクトルと言いますか、信長の平和への願いは、概ね現代人と同じはずなのです。その時々の担当者によって、時代の文化によって、若干の違いがあるだけで。

    映画「スリー・ビルボード」の主題は、概ねこの話と同じなのでしょう。つまり、「思いは引き継がれる。人や時代を越えて」と言うことでしょう。

    だから、「警察頼み」→「個人的復讐」→「自警団の発生」みたいなシーンにたどり着いたのでしょう。あの一枚ではなく、「関連のある3枚の立て看板」の意味も、きっとそこにあります。

  • 追記X ( 自分でやるか、後進を育てるか ) ネタバレ

    2018/3/4 10:20 by さくらんぼ

    映画「生きる」では、癌の市民課長が、最後の数か月を、一人公園を作ることに専念しました。

    その、はた目には非常識なほどの苦労もあって、めでたく公園は完成しましたが、その手柄を(死人に口なしとばかりに)、恥知らずにも、葬儀の席で自分の手柄みたいに吹聴する上司たちはいても、結局、その思いは職場には根付きませんでした。翌日になると、又、昔の雰囲気に戻ってしまったのです。

    役所の空気を考えると、ある意味それも、仕方ない部分もありますが、やるせない印象を残したことも確かです。

    でも、映画「スリー・ビルボード」では、そこを書き直しているようです。

    癌の警察署長は、そこまで熱心には仕事をせず、それどころか、終末期の苦しみを自分や家族に味合わせたくないと、早々と自殺してしまうのですね。

    でも彼は、立て看板の費用を密かに前払いしていましたし、一見無能な一人の元部下の特質も見抜いており、「あとは頼む。お前は、本当は仕事ができる奴だ」と遺言状まで残しておいたのです。元部下はこれに発奮しました。

    すでに、彼は警察を首になっていたので自警団にしかなれませんが、身を引くにあたって後進を育てようとした警察署長は、市民課長と比べて、別の解を提示したと言っても良いのかもしれません。もちろん、合法的な「延命治療の拒否」ができなかったのか疑問は残りますが。

  • 追記Y ( 「震災遺構」という立て看板 ) ネタバレ

    2018/3/12 9:35 by さくらんぼ

    「スリー・ビルボード」とは「3枚の立て看板」のことです。娘の死を風化させず、犯人を捕らえてもらうために、母はそこへ意見広告を出しました。

    ある意味それは「震災遺構」に例えても良いでしょう。

    東日本大震災から7年。

    マスコミからは、「記憶の風化をどう防ぐか」「私たちは忘れない」とか言った声が聞こえてきます。被災された方の心情を考えると、特に被災直後は、震災遺構など見たくないのは当然の事かもしれません。それは耐えがたいことだと思います。

    でも少し落ち着いた今、「何を残すべきだったのか」の話し合いが、改めて行われても良いのかもしれません。目的は「皆で震災遺構の価値を考えること」。それは、次なる地震への、備えの一つにもなるはずです。

満足度データ

スリー・ビルボード
100点
20人(14%) 
90点
49人(35%) 
80点
43人(30%) 
70点
18人(12%) 
60点
4人(2%) 
50点
2人(1%) 
40点
2人(1%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
1人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
139人
レビュー者数
72
満足度平均
83
レビュー者満足度平均
84
満足度ランキング
9位
ファン
25人
観たい人
83人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

目黒  日の出町 

他の地域

 

この映画のファン

  • Miran
  • jimmy09
  • 小波
  • MyTee
  • よっchan
  • 黒蜜わらびもち
  • ラッキーココア
  • 続・シネマッドマックス/でゅーどの逆襲
  • こんどる
  • stella9151
  • 草莽の志士
  • こむらがえり
  • のんべののん太
  • dakoji1225
  • YYZZOO

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

スリー・ビルボード 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:3227円(税込)
  • OFF:1082円(25%)

 

興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
大人の胸を揺さぶる熱きドラマ 長瀬智也主演の本格社会派ドラマ『空飛ぶタイヤ』ほか、シリーズ完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ