ただいまの掲載件数は タイトル59011件 口コミ 1146573件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ファントム・スレッド > 掲示板 > 香り立つ銀幕

香り立つ銀幕 ネタバレ

2018/5/31 8:14 by さくらんぼ

ファントム・スレッド

映画「初恋のきた道」を連想します。

あるいは、NHK朝ドラ「半分、青い。」。

もちろん、「ファッションショー」であり、

香り立つものがありますから、130分の「オペラ」と言いますか、「名曲アルバム」のようでもあります。



★★★★☆

 



  • 追記 ( 相手を支配するという「愛」 ) ネタバレ

    2018/5/31 8:44 by さくらんぼ

    花嫁衣裳の「白」は、「あなたの色に染まります」という意味だと聞いたことがあります。

    男なら誰でも、大なり小なり、お嫁さんには、そうなって欲しいと思っているもの、ではないでしょうか。

    この映画も、恋人(途中から結婚)にそれを強要する男と、だんだん我慢ができなくなり、逆に、力づくで男をコントロールし始める女が出てきます。

    女がグリーンのドレスを着ているチラシを見てください。

    ドレスは、天才的な仕立て屋である男の作品です。男はその中に恋人を入れようとしました。

    しかし、その恋人は男の影の中に入っています。

    恋人は、自分のアートである、手料理で反撃したのです。少量の毒キノコを混ぜることで、男を一時的に病気にし、心をこめて介抱する事で、深く男の心に侵入したのです。

  • 追記U ( エロい話 ) ネタバレ

    2018/5/31 8:58 by さくらんぼ

    私にはあまり経験がないので良く分かりませんが、料理を作って人に食べさせるという行為、自分の料理が、他人の口から体内に入って行く行為は、ある意味、とてもエロい事だと、どこかで読んだことがあります。女性は日常的に感じているのでしょうか。

    この映画は、高品位の作風でありながら、そんなものが混然一体となっている、希なものなのでしょう。

  • 追記V ( 姑と小姑 ) ネタバレ

    2018/6/4 8:16 by さくらんぼ

    「 小姑一人は鬼千匹に向かう 」。

    こんな“ことわざ”もあるのですね。

    ところで、男の母が幻覚として登場します。そして、男の側には、秘書として、いつも姉がいる設定を考えると、どうやら、姉は母の記号なのかもしれません。つまり男はマザコン。

    毒キノコを食べた男は、なんども嘔吐します。しかし、「ムカつく」のは、「嫌悪感」のボディーランゲージでもあります。

    つまり、表面上は毒キノコ中毒でありますが、深層的には、(男に言わせるならば)女が異常接近してくる事への、悲鳴なのでしょう。

    男の中では、そんな戦争も起こっていたのです。

満足度データ

ファントム・スレッド
100点
0人(0%) 
90点
3人(20%) 
80点
4人(26%) 
70点
4人(26%) 
60点
3人(20%) 
50点
1人(6%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
15人
レビュー者数
8
満足度平均
73
レビュー者満足度平均
75
ファン
2人
観たい人
19人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

吉祥寺  東武練馬  銀座  渋谷  恵比寿  新宿  調布 

他の地域

この映画のファン

  • ペペロンチーノ
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ