ただいまの掲載件数は タイトル59971件 口コミ 1156982件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で > 掲示板 > ブロガー必見、かも

ブロガー必見、かも ネタバレ

2018/1/2 17:56 by さくらんぼ

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で

お色気、愛らしさ満点ですが、ストーリーが前後して、少々(私には)意味不明っぽいところが、映画「ノクターナル・アニマルズ」にも似ていました。

淡々としたドラマ。美しい画面と、それを観ながら、時々、うつらうつらの99分です。



★★★☆

 



  • 追記 ( ブロガー必見、かも ) ネタバレ

    2018/1/3 9:45 by さくらんぼ

    ふつうの子供は、自分で好きな仕事を選べますが、世襲の世界では難しい。子どもが小さなころから、親は無意識にも、世襲が成功するように誘導するからです。

    そのように育てられた子どもは、いつしか「自分の本心が分かりにくい人間に育つ」と、そんな本を読んだことがあります。つまり、「好き」と告白されても、自分は、相手の事が「好きか、好きでないのか」よく分からない人間になりかねないのです。

    映画「ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で」の冒頭には、愛らしい少女がステージに立ち、口パクで歌うシーンがあります。少女時代のヒロイン・ネリーです。

    だんだんと気持ち良くなってきた少女は、いつしか声を出して歌い始めるのですが、最前列でそれを見ていた両親らしき人が、「ダメよ!」とサインを送るのでした。困惑してトーンダウンする少女。

    このエピソードは重要です。彼女がどんな環境で育ってきたのかのエッセンスですから。

    「自分を殺して演技の世界に生きてきたネリー」は、やがて高級エスコートガール(娼婦)になりました。

    そして、それを題材に、実話とも創作ともつかぬ小説を書き、一躍うれっこ作家の仲間入りをするのです。ネリーにとって、それは「抑圧されてきた自己の開放を目指す必然だった」のでしょう。

    しかし、元々自己が分からない彼女は、どれが本物の自分なのか混乱し、病んでいくのです。

  • 追記U ( チラシの写真 ) ネタバレ

    2018/1/3 10:01 by さくらんぼ

    チラシの写真に、作家として成功した彼女が、記者会見みたいな事をしているシーンがあります。

    綺麗なドレスを着て、豪華な宝石をまとっていますが、大きなサングラスをかけ、両手のひらは閉じています。

    そこにあるのは「解放と拒絶」かもしれません。

    どこかの大統領も、あのような手をすることが多いですね。

  • 追記V ( 旅の効用 ) ネタバレ

    2018/1/3 10:05 by さくらんぼ

    ところで私は、先日放送された、NHK・朝ドラ「ひよっこ」の有村架純さんが外国へ行った旅番組で、彼女がぽろり漏らした言葉を思いだします。

    「旅の感動で、自分を取り戻せて、良かった」という(正確ではありませんが、概ねこのような)。

    私はこの言葉で、若くしてうれっこになった彼女の、「俳優業という過酷」を思いました。

    いつもドラマで喜怒哀楽を表現している彼女ですが、それは演技であり、旅にある本物の感動で、久しぶりに「自分と再会できた実感」を持たれたのかもしれませんね。今後のご活躍も応援しています。

  • 追記X ( これは「ネリーの混乱」を表現した映画 ) ネタバレ

    2018/1/3 15:23 by さくらんぼ

    >お色気、愛らしさ満点ですが、ストーリーが前後して、少々(私には)意味不明っぽいところが、映画「ノクターナル・アニマルズ」にも似ていました。(本文より)

    >しかし、元々自己が分からない彼女は、どれが本物の自分なのか混乱し、病んでいくのです。(追記より)


    もしかしたら、映画が「意味不明っぽい」のは、「ネリーの混乱を表現していた」のかもしれません。

    すると、私が混乱したのも、制作者の意図した事かもしれませんね。

満足度データ

ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(50%) 
70点
2人(50%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
4人
レビュー者数
2
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
75
ファン
1人
観たい人
5人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • takappesan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集