ただいまの掲載件数は タイトル56791件 口コミ 1118742件 劇場 585件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ローサは密告された > 掲示板 > ある意味ホラー

ある意味ホラー ネタバレ

2017/9/1 9:35 by さくらんぼ

ローサは密告された

私が海外旅行へ行っていたのは9.11以前でした。入国審査も甘く、アメリカ領であっても国内旅行みたいな気楽な感じでした。古きよき時代。

それでも海外旅行ガイドには、ポッケには必ずお小遣いとは別に「100ドル札を一枚入れておけ」と書いてありました。100ドルというのはだいたい麻薬一回分の値段らしく、強盗に遭ったときはそれを渡し、相手の顔を見ずにすぐ逃げろと。お金の金額はそれ以上だと金持ちだと思われて危険だし、それ以下でも怒らせて危険だと書いてありました。今はどうなのでしょう。

ところで他国には強盗だけでなく、役所・役人でも、あたりまえにワイロを要求する国が在るようですね。もしそんなところに旅行をすることになっても、私は漠然と、やっぱり多くても100ドル札一枚で十分だろうと思っていました。強盗と違って身の危険が無い分だけ安心だとも。

でも、この映画「ローサは密告された」を観ると、その考えは甘かったのだと思わされます。映画の後半は、密告され警察に捕まったヒロイン・ローサおばさん家族が、警察署でワイロを要求される話が続きます。

ワイロは高額な上に、身柄も拘束され、娘のケータイを警官に盗まれたりする。抗議したくても、一つ間違うと暴力までふるわれかねず、ほとんど、どこかの反社会勢力にでも拉致・監禁されたのと同じ。あまりの粘着質で日本では信じられない。

母を人質に取られた子どもたちは、親戚縁者・友人知人へ無心に走り回ります。政府を頼ることのできない国の者たちはファミリーのネットワークを強固にするのが理解できる気がします。そうしなければ生きてはいけないから。

ドキュメンタリーのような作風で、フィリピンの闇の一部を体感でき、映画館を出た後はしばらくボンヤリしてしまいました。ある意味ホラーです。



★★★★

 



  • 追記 ( 「いじめっ子」 ) ネタバレ

    2017/9/1 14:54 by さくらんぼ

    世に「いじめ」という言葉がありますが、この映画の中のフィリピン警察はまさに「いじめっ子」の体です。しかも国家権力だから救いがない。

  • 追記U ( 「腹が減っては戦は出来ぬ」 ) ネタバレ

    2017/9/1 15:06 by さくらんぼ

    かつて「肝っ玉かあさん」という人気TVドラマがありました。タイトルから内容のイメージが想像できると思いますが、映画「ローサは密告された」のローサおばさんもまた「肝っ玉かあさん」なのです。

    チラシにある写真の一枚。手錠をかけられたローサの両手の間から彼女の顔が見えます。

    横を向き、方目しか見えませんが、真剣で少し哀し気です。それは彼女が他事を考えている記号なのでしょう。逮捕されたのは一大事ですが、彼女にとっては自分の逮捕よりも心配しなければならない事が、他に半分あるのです。それは残された家族や店舗のこと。雑貨屋を営む商売に悪影響があったら、家族はどうやって生きていけばよいのか。

    そして映画のラスト、もう少しのところで金策尽きた家族が警察の人質になり、今度はローサが無心に走らされます。彼女は心当たりの家に行き、土下座も辞さないぐらいの勢いで何とか頼み込んでお金の都合をつけてもらいました。

    そして帰りの電車賃が欲しいと言って小銭までねだり、露天で立ち食いをするのです。「腹が減っては戦は出来ぬ」です。その時、偶然隣にあったのが他人の屋台雑貨店。それは彼女の想い出に似た風景なのでしょう。

    ムシャムシャ食べながらその屋台を見つめる彼女には、「屋台から始めて、やっと一軒の店を持ったんだ。こんなことで、負けてたまるか!」のオーラが漂っていました。

  • 追記V ( 「身だしなみ」は大切です ) ネタバレ

    2017/9/2 9:01 by さくらんぼ

    >そして帰りの電車賃が欲しいと言って小銭までねだり、露天で立ち食いをするのです。… (追記Uより)


    映画の冒頭にも、ローサが問屋で大量に食品を仕入れたとき、おつりの小銭がもらえない(「今切らしてるから飴でかんべんして…」との)シーンがあり、ローサは怒っていました。この映画、釣銭に始まり、釣銭に終わるのです。

    その直後のタクシーのシーンでは、スコールが来て土砂降りだというのに、行き止まり(バックが困難みたい)とかで、路地にあるローサの家に直付けしてくれないエピソードがありました。しかたなく重い荷物を持って雨の中を歩くローサたち。「もう少し」が足りないと台無しなのです。

    又、警察署では「一人の警官が身だしなみを整えてから出かけるのを、じっと見つめるローサ」という奇妙なシーンも。警官はベルトのバックルが左に片寄ったまま、みっともなく外出しようとしましたが、ドアを出たときには無事中央に治まっていました。撮影ミスなのかとも思いましたが、意図的なものであった可能性も。これも「些細だが大切なこと」という共通点があるからです。

    さらに…道ばたに置いたタライで洗濯をしていたおばさんが、その石鹸水を道にザ〜っと捨てました。ちょうどそこへ通りかかったローサの娘(金策に走っていた)がすってんころりん。水だって勝手に捨てて、人様に迷惑をかけてはいけません。

    この延長線上には、ローサが自分の手錠ではなく、横を向いて「お店と家族を心配している」あの写真があるのでしょう。自分自身(お札)よりも大切なこと(小銭)という意味で。

    同種のエピソードは探せば他にもあるはずです。

    もうお分かりだと思いますが、小銭のように些細な物、些細な事でも、社会生活に大きな影響を与えます。もしかしたら、それが欠けているのが今のフィリピン社会なのでしょうか(反対に、完璧を求めすぎ、かえって歪になっているのが日本社会なのかもしれません)。映画はそんなフィリピンの問題点を描いています。

    だから警官がワイロを要求し、びた一文まけてはくれなかったのは映画の「ブラックジョーク」であった可能性があります。そして、それは最近の過ぎた麻薬の取り締まり方法に対する批判でもあるのでしょう。

  • 追記W ( 概ね正義 ) ネタバレ

    2017/9/2 9:46 by さくらんぼ

    >もうお分かりだと思いますが、…(反対に、完璧を求めすぎ、かえって歪になっているのが日本社会なのかもしれません)。…(追記Vより)


    例えば、学校の先生が子どもを注意するとき、概ねそれは正義の行使でしょう。至らないところがあったにせよ、誘拐犯が子供に手を出すのとはまったく次元の違う話です。ですから昔なら、父兄は「わが子が悪い。先生すみません」と思うのが普通でした。多少不満があったにせよ、先生に反論する人は少なかった。

    しかし昨今は「概ね」では納得しない人もいるわけです。法律的にもモラルとしても先生に100%完璧を求め、1%の不足があればそれに反論することもあるのです。かくして概ね正義を行使した先生は謝罪し、概ね悪い行いをした子どもは放置されることに。

    たまたま先生を例にとって話しましたが、似たような事は、形を変え、いろんな所で起こっているのではないでしょうか。

満足度データ

ローサは密告された
100点
0人(0%) 
90点
0人(0%) 
80点
2人(40%) 
70点
3人(60%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
5人
レビュー者数
2
満足度平均
74
レビュー者満足度平均
70
ファン
0人
観たい人
7人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

渋谷 

他の地域

この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ