ただいまの掲載件数は タイトル59711件 口コミ 1154513件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 嘘を愛する女 > 掲示板 > 3.11という始まり

ラスト 3.11という始まり ネタバレ

2018/2/8 10:21 by さくらんぼ

嘘を愛する女

映画「嘘を愛する女」とは「嘘つき女」の話だとばかり思っていました。でも実際は「嘘つき男」の話であり、「そんな男を愛する女の話」だったのです。

ですから映画館で私の頭の糸がからまり、しばし「?」の時間を過ごしました。

30分ぐらいたって、やっと、私は落ち着きを取り戻し、映画の世界に入って行きました。皆さまはお間違えにならぬよう、お気をつけください。

長澤まさみさんは、若い女性から、良い女になりました。

しかし私は男のくせに、高橋一生さんと、吉田鋼太郎さんのファンなのです。とくに吉田鋼太郎さんがずっと出ているこの映画を観ることは幸せな時間でした。ただスケール的には、TVの2時間ドラマかな、と。



★★★☆

 



  • 追記 ( 3.11という始まり ) ネタバレ

    2018/2/9 9:22 by さくらんぼ

    病気で家族一人を亡くしても、その喪失感は耐えがたいものがあります。なのに、3.11で突然町ごと消失するという脅威に遭われた方々は、いったいどれほどの悲劇を感じておられるのか。それは、私ごときの想像力ではとても追いつかないほど大きなものだと思います。

    しかし、十分に喪に服したら、いつかは前を向いて歩き始めていただきたいのです。それは、亡くなった方々の望みでもあるはず。

    この映画「嘘を愛する女」は、3.11の哀しみの中にある方々に、それとなく、それを伝える映画であるのだと思います。

    ヒロインの川原由加利(長澤まさみさん)と出桔平(高橋一生さん)が初めて出会ったのは、3.11の日でした。東京では帰宅困難者が大量に生まれ、街が大混乱になっていた時です。

    歩いて帰ろうとして、気分が悪くなった川原を、医師でもあった桔平が優しく介抱し、自分のスニーカーを履かせ帰宅させたのです。川原のハイヒールではとても長距離を歩けませんから。

    それがきっかけで二人は恋に落ちるのですが、あの「男のスニーカーを、女が履く」エピソードは、「ここから二人が、同じ人生を歩き始めた」との記号だったのでしょう。

    つまり、3.11は哀しみであることに間違いはありませんが、振り返ってみれば「終わりであると同時に、何かの始まりでもあった」のです。そして二人は、それを5年後に知ることになるのです。

  • 追記U ( 嘘と誠 ) ネタバレ

    2018/2/9 9:30 by さくらんぼ

    実は桔平、すでに結婚していました。しかし妻子は亡くなったのです。妻はクルマに轢かれ、子は水に溺れて。これは3.11での、家屋の倒壊と、津波の記号でしょう。

    桔平は優秀な外科医だったため、仕事で家を空けることも多く、妻子は大変寂しがっていました。そこで起きた悲劇です。もっと家族を大切にしておけば良かった。それが悔やまれてならないのです。

    一人生き残った傷心の桔平は、つらい思い出から逃れるように東京へ転居し、そこで偶然、川原と出逢ったのです。医者である桔平は、妻と同じような年頃の女性が苦しんでいるのを、見過ごすことは出来ませんでした。

    では、なぜ桔平は嘘をついていたのか。それは、そうしなければ生きていけないほど、重い経験だったからでしょう。人は、あまりに重い経験をすると、心の整理が出来るまでは人に話せないものです。しかし沈黙も出来なかった。だから彼は、密かに日記というか、神に向かって懺悔を兼ねた小説のようなものを書き、癒しを乞うていたのでしょう。

    神に向かって書かれたものだから、嘘は書けず、同時進行の実人生でも、誰かを欺く生き方など出来るはずはありません。

    その「誠」を感じ取った川原は、嘘を許したのでしょう。

  • 追記V ( 愛憎 ) ネタバレ

    2018/2/9 9:47 by さくらんぼ

    亡くなった桔平の妻は、(深層は3.11でも)映画の表層の物語では、子どもを道ずれに自殺したことになっています。

    妻は、自らも飛び回る、やり手キャリアウーマンの川原とは違い、専業主婦であり、メンタル的にも、とても弱いようでした。

    そんな妻は桔平には誠がないと断じ、(たぶん)桔平に復讐したのでしょう。彼の一番大切なものを奪うことで。だから子供を浴槽に沈め、帰宅した桔平がそれを見つけて狼狽したのを確認したのち、今度は彼の目の前で、微笑みながらクルマの前に飛びこんだのです。

  • 追記W ( 映画「麦秋」〈1951年〉 ) ネタバレ

    2018/3/22 21:37 by さくらんぼ

    映画「麦秋」〈1951年〉の追記Wもご覧ください。

満足度データ

嘘を愛する女
100点
1人(1%) 
90点
2人(3%) 
80点
10人(19%) 
70点
15人(28%) 
60点
15人(28%) 
50点
7人(13%) 
40点
1人(1%) 
30点
1人(1%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
52人
レビュー者数
26
満足度平均
66
レビュー者満足度平均
66
ファン
5人
観たい人
41人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • takappesan
  • なつみかん。
  • 詩織
  • クリス・トフォルー
  • zuzuko

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

嘘を愛する女 Blu-ray豪華版

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4614円(税込)
  • OFF:1650円(26%)

嘘を愛する女 DVD通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
木村拓哉と二宮和也の2大スターが豪華共演! 『検察側の罪人』をはじめ、J・ステイサム VS メガロドンの『MEG…』、旬の女優、土屋太鳳&芳根京子の熱演光る『累-かさね-』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!