ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157614件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラプラスの魔女 > 掲示板 > 意味不明

意味不明 ネタバレ

2018/5/6 16:22 by 無責任な傍観者

ラプラスの魔女

わけの分からん物語だった。
・2番目の硫化水素の殺人で、ベンチの上で「眠ったように死んでいた」のすぐ後に、豊川の家族が硫化水素で殺されるて「硫化水素自殺する人は、楽に死ねると考えない方が良い。妻も娘も別人だ。」って台詞は入れないで欲しかった。
・広瀬が保護観察対象で、福士がそうでない理由が分からん。
・高島部隊と公安の行動基準が分からん。どうなったらどう動くんだろう?
・豊川はせっかく出来の悪い家族を殺したのに、なぜ代替の出来の良い家族を見つけなかったんだろう?
・リリー博士は、福士の復讐心や広瀬の母親に対する後悔が必要性となって能力が伸びると判断していた。ということは、手術の汎用性にはかなり疑問があるはずなのに国家プロジェクトとして続く意味が分からん。ラプラス化プロジェクトは8年間も何を目的にどんな行動を取っていたんだろうか?
・広瀬と福士は物理現象に関して乱気流以外は全て分かり、乱気流は分かるか分からないか程度だと関係者は知っているのに、なぜ「世界の未来が分かる」なんてトンチンカンな発言が出てくるんだろうか?
・車は重いんだから、竜巻でもない限りは浮いたりせずに、転がるだろ。最後は、灰原さんが素早く計算して、元太たち三人組が「行っけ〜!」ってやった方が、本作より10倍は物語として説得力があるね。

 



  • Re: 意味不明 ネタバレ

    2018/5/6 20:05 by 無責任な傍観者

    書き忘れた。
    ・物理法則の完璧な活用による計画殺人と、オツムのいかれたサイコ映画監督の思いつき殺人が、同等の完全犯罪。スゲー無駄で意味のない天才の使い方だよね。こんなラプラスって価値あるの?

満足度データ

ラプラスの魔女
100点
1人(2%) 
90点
0人(0%) 
80点
4人(8%) 
70点
4人(8%) 
60点
15人(30%) 
50点
10人(20%) 
40点
4人(8%) 
30点
4人(8%) 
20点
4人(8%) 
10点
2人(4%) 
0点
1人(2%) 
採点者数
49人
レビュー者数
24
満足度平均
51
レビュー者満足度平均
46
ファン
3人
観たい人
47人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • piromiii
  • @SOTA
  • hiryuden24

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ラプラスの魔女 DVD 通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

ラプラスの魔女 DVD 豪華版(3枚組)

  • 定価:7020円(税込)
  • 価格:5218円(税込)
  • OFF:1802円(25%)

ラプラスの魔女 Blu-ray 豪華版(特典DVD2枚付3枚組)

  • 定価:8100円(税込)
  • 価格:6100円(税込)
  • OFF:2000円(24%)

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集