ただいまの掲載件数は タイトル59758件 口コミ 1155090件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ラプラスの魔女 > 掲示板 > GWを彩る3パターンを予想する〜まだ観て

GWを彩る3パターンを予想する〜まだ観て ネタバレ

2018/4/22 11:12 by PAPAS

ラプラスの魔女

【GWを彩る3パターンを予想する〜まだ観ていません〜】
「GW」を彩る「3作品=3大ワンパターン作品」を
大胆にも、傲慢にも、
観ていないにも関わらず(試写会にも行っていません)、
予想します。

今までに公開された作品から、
「お馴染みのワンパターン作品」の「出来栄え」を推察します。
恐らくそんなに「的外れ」にはならないのでは。

「アベンジャーズ インフィニティ・ウオー」
「となりの怪物くん」
「ラプラスの魔女」
を作品別に、それぞれの「レビュー」でコメントします。

ここでは、「ラプラスの魔女」。たった6点。

【駄作の条件がそろいました
〜これではどうしょうもありません〜】
「駄作」になる「悪夢」の4条件がそろいました。

「すず」=また出てきました。せっかく「ちはやふる」を忘れかけていたのに。映画出演が途切れることがありません。
それほどの「女優(タレント?)」でしょうか?
終了した「連ドラ(視聴率が良くなかったとのこと。週刊誌には「すずでさえ…」とありましたが違います。「すず」だからこそダメだったのです)」を
「坂元裕二」の脚本だったのでつい見てしまいました。
また「CM(「教師」がこぞって大嫌いな「SB」のCM)」でさんざん見かけます。
さらにまた「番宣(し過ぎです最近は。TV局の「陰謀」で出ているようですが、その分作品に力を注いで欲しい。自身もおいしいし出たい?)」で見かけることになるでしょう。
予告で「魔女は私」というセリフを吐いていますが、「魔女」ほど「能力」も「魅力(どうしてもあのしゃべり方は媚を売っているように聞こえてしまいます)」も「美しさ(個人的には「鼻と目と唇」が好きになれません。大変「上から目線」の厳しいことを言いますが、これは「選りすぐられた女優」というレベルだからこそです。すみません。「女優」でなければ言えることではありません)」もありません。

「福士蒼汰」=「曇天に笑う」は大コケでした。
「笑顔」だけです。もう少し「作品・監督」を選びましょう。

「櫻井翔」=あっちこっちの「映画」に引っ張りだこの「ジャニーズ」です。人材がそれほど不足しているんでしょうか?
「歌手(ええっ?)」・「タレント(いかにも)」・「ニュースキャスター(ケイオー出てるから?他のタレントにはできないことをしてるという意味では評価しています)」と「TV」で見かけない日がありません。

結構なことですが、忙しすぎるのでは。
「作品」に打ち込めるのでしょうか?「役作り」は充分できたのでしょうか?
インタビューで「現実的には俳優ではないし、芝居の勉強もしたことがない」と答えています。そっそれは。
何故しないんですか?
何故させないんですか?
何故「勉強・訓練」をしてきた「役者」よりもいい役を与えられるんですか?
それが「芸能界」であり「社会」であり「人生」ですか?
「ジャニーズ」を好まない理由の「NO1」です!

結局は「顔」ですか?「ルックス」ですか?
という「才能」ですか?
それは批判し続けます。
どんなに「クレーム」をぶつけられてもガマンできません。
実際に「社会・人生」を「努力」して「勉強・訓練」をして生きていく多くの人たちのために。

「才能に恵まれないものが・環境に恵まれないものがひたむきに努力して・生きて、才能に恵まれたものを・環境に恵まれたものを超える。素晴らしい。これこそ教育です。文学です。人生です。」ということを「教え子」たちに強く訴えてきたことを踏まえるとガマンできません。堅苦しくて不器用ですが。
「ファン」の方々には申し訳ありませんが。

また「役」が「ガリレオ」に似ているような気がするのですが。同じですか?

そして「監督」です。
映画に詳しくない人でも、少しでも人より「映画」を観る人ならおわかりでしょう。
そうです「三池崇史」です。
作品を紹介します。
「無限の住人(キムタク)」「ジョジョ(山賢)」「テラフォーマーズ(伊藤英明・山P・武井咲)」「土竜の唄(生田斗真)」「神さまの言うとおり(福士蒼汰)」「愛と誠(妻夫木聡)」「悪の教典(伊藤英明)」「ゼブラーマン(哀川翔)」「クローズシリーズ(小栗旬・東出昌大)」「ヤッターマン」「妖怪大戦争」などです。

「ジャンル」にとらわれず、「多作・ハイペース」で作り、「アイデア」と「ユーモア(笑えません)」に富むという評判です。
つまり何にでも食いつき、「自分」を持っていないのです。
「多作・ハイペース」の理由は明瞭です。
「製作・演技」に「時間」をかけない「北野武」と同じ「作り方」なのです。
これは「致命的」です。つまり前述と同様です。
「汗」と「涙」の「ひたむきな努力(努力・訓練)」の末に作り出すということができないのです。
これではとても「応援・評価」はできません。

多くの「映画レビュアー」に「酷評」されながらも作品を任される理由は、どうやら「人格」に魅力があるようです。
多くの「役者」から、「三池組」への参加を希望されているそうです。したがって「キャスト」が豪華になりがちです。この作品も。

ここに「映画人」と「観る側」に大きな「ギャップ」が生まれてしまいます。
この「ギャップ」を「映画人」は肝に銘じなければいけません。
いくら「映画人」に好まれても「観る側」に好まれないと。
これはどうにかしないとこれからの「映画」は…。

緻密に絡んだ「ストーリー展開」を主とする、当たる外れの多い「東野圭吾」作品を実写化する「監督」としてふさわしいとはとても思えません。

この「悪夢」の4条件で、この作品が「駄作」になることを叫びます。

もう一度、何となく最近「観客」が減ってません?∞∞∞

 



  • ルール違反ではないでしょうか。

    2018/4/22 13:48 by odyss

    まだ鑑賞していないのに、予想だけで点数を付けるのはルール違反ではないでしょうか。

    この種の投稿をなさりたいなら、フリートーク板でなさることをお薦めします。

満足度データ

ラプラスの魔女
100点
1人(2%) 
90点
0人(0%) 
80点
4人(8%) 
70点
4人(8%) 
60点
14人(29%) 
50点
10人(20%) 
40点
4人(8%) 
30点
4人(8%) 
20点
4人(8%) 
10点
2人(4%) 
0点
1人(2%) 
採点者数
48人
レビュー者数
24
満足度平均
50
レビュー者満足度平均
46
ファン
3人
観たい人
47人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • piromiii
  • @SOTA
  • hiryuden24

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ラプラスの魔女 DVD 通常版

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

ラプラスの魔女 DVD 豪華版(3枚組)

  • 定価:7020円(税込)
  • 価格:5218円(税込)
  • OFF:1802円(25%)

ラプラスの魔女 Blu-ray 豪華版(特典DVD2枚付3枚組)

  • 定価:8100円(税込)
  • 価格:6100円(税込)
  • OFF:2000円(24%)

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!