ただいまの掲載件数は タイトル59442件 口コミ 1151574件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 勝手にふるえてろ > 掲示板 > これは映画「ゼロ・グラビティ」に近い

これは映画「ゼロ・グラビティ」に近い ネタバレ

2017/12/28 22:07 by さくらんぼ

勝手にふるえてろ

芥川賞「蹴りたい背中」で綿矢りささんがデビューされた時、AKBかと思うような方なので驚きました。エンドロールで知ったのですが、この映画「勝手にふるえてろ」も綿矢りささん原作なのですね。

そして脚本・監督が、女ハードボイルド映画「恋するマドリ」の大九明子さん。

女性の原作を、女性が脚本・監督していて、女心の神秘が、個性的な演出でいろいろと描かれています。まさに「女子なんとか、かんとか」なのです。

そして深層的に、これは映画「ゼロ・グラビティ」に近い。あるいは映画「ツリー・オブ・ライフ」。

つまるところ進化の映画なのです。



★★★★

 



  • 追記 ( これは映画「ゼロ・グラビティ」に近い ) ネタバレ

    2017/12/29 10:17 by さくらんぼ

    映画「ゼロ・グラビティ」では、水中の生物が進化の過程で上陸する様子を、宇宙と地球を使って描いていました。

    この映画「勝手にふるえてろ」も似ています。ただ、それを「中学時代から引きずっていた片思い相手“イチ“」と「突然告白してきた会社の暑苦しい同期“ニ“」を使って描いたわけです。

    ヒロイン・ヨシカは、視界の端で見るのが得意です。まさに人間魚眼レンズ。水中の世界。

    そして映画の中盤には、ゾウやキリン・ゴリラなどの、実物大の模型が置いてある広場で“ニ“とデートするのです。そこは陸上ですね。

  • 追記U ( 「勝手にふるえてろ」って ) ネタバレ

    2017/12/30 17:47 by さくらんぼ

    >ヒロイン・ヨシカは、視界の端で見るのが得意です。まさに人間魚眼レンズ。水中の世界。

    >そして映画の中盤には、ゾウやキリン・ゴリラなどの、実物大の模型が置いてある広場で“ニ“とデートするのです。そこは陸上ですね。(追記より)


    「勝手にふるえてろ」って、どういう意味でしょう。

    たぶんそれは…

    釣り上げたばかりの魚を地面に置くと、「ピチピチ飛び跳ねます」ね。ですから、ほんとうは「勝手に飛び跳ねてろ」、あるいは「勝手にピチピチしてろ」だったのでしょう。

    でも、それでは「元気良すぎ」。

    もっと、こう、初めて上陸した魚の「悲鳴に近いもの」を表現したかった。だから「勝手にふるえてろ」にしたのでしょう。

    では、誰がふるえていたのか。

    ラストのラブシーンは、着衣の「騎乗位」に近いです。寝転んでいる男は「魚」の記号。両脚を使ってまたがっている女は「陸上生物」の記号でしょう。それを考えると、ふるえていたのは魚である男になります。一瞬で立場が逆転したのです。

    もちろん映画の中盤に、「女は誰ともつきあった経験が無い」とか言われて傷つくエピソードがありました。でも、いざとなったら女は怖い、いや強い。

    それに対して、積極的に女を追いかけまわしていた男も、あまり女性とのお付き合いの経験は無いようでした。豹変した女を見たら、並みの男はビビってしまうのです。

  • 追記V ( チラシの写真 ) ネタバレ

    2017/12/31 9:01 by さくらんぼ

    チラシでアップのヒロイン・ヨシカ(松岡茉優)は何のつもりでしょう。

    涙目のヨシカは「生きた化石」であるので、彼女が愛した「アンモナイトの化石」のつもり、なのでしょう。

    少しウエーブのかかった髪が、アンモナイトのギザギザ貝殻のつもりかもしれません。

  • 追記W ( 「女子的生活」 ) ネタバレ

    2018/1/11 10:35 by さくらんぼ

    NHKドラマ10「女子的生活」で、志尊淳さんが演じるトランスジェンダーが、zokuzokuするほど美しすぎて困惑します。

    彼、いや彼女が、なにげに演ずる女子的生活も、興味深く、とても勉強になります。

    どこか、それは、映画「勝手にふるえてろ」の女子的生活も思いだします。

満足度データ

勝手にふるえてろ
100点
2人(3%) 
90点
11人(21%) 
80点
22人(42%) 
70点
12人(23%) 
60点
2人(3%) 
50点
0人(0%) 
40点
1人(1%) 
30点
1人(1%) 
20点
1人(1%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
52人
レビュー者数
21
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
77
ファン
10人
観たい人
37人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • 佳辰
  • 赤野
  • cinerama
  • のんべののん太
  • ペペロンチーノ
  • DDDDD
  • こむらがえり
  • あやパンダ
  • チャイルドロック
  • クリス・トフォルー

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

勝手にふるえてろ [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3956円(税込)
  • OFF:1228円(23%)

勝手にふるえてろ [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3132円(税込)
  • OFF:972円(23%)

勝手にふるえてろ(初回生産限定盤) [Blu-ray]

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4836円(税込)
  • OFF:1428円(22%)

 

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
今度のオーシャンズは“豪華でド派手”! 豪華女優陣に華麗に騙される 『オーシャンズ8』ほか、S・ローナン主演の儚く美しいラブストーリー『追想』など続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!