ただいまの掲載件数は タイトル59928件 口コミ 1156736件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 孤狼の血 > 掲示板 > 映画「ダーティハリー」が普通に思える

映画「ダーティハリー」が普通に思える ネタバレ

2018/5/16 18:07 by さくらんぼ

孤狼の血

かつて、映画「ダーティハリー」が公開された時は、「なんとダーティーな刑事だ」と言われましたが、今観ると、「それほどでも…」な感もあります。

しかし、この映画「孤狼の血」は、初めてハリーの世界観に触れた、あの興奮を思いださせてくれる佳作です。



★★★★☆

 



  • 追記 ( 改元一年前だからこそ、生まれた映画 ) ネタバレ

    2018/5/17 7:52 by さくらんぼ

    表面がダーティーだからと言って、内面までそうだとは限りません。むしろ正反対の場合もあるのです。

    役所広司さんは、映画「日本のいちばん長い日」で、昭和天皇を助ける陸軍大臣を演じました。

    この映画「孤狼の血」でも、深層的には、天皇陛下と改元にまつわる何かを語っていたようです。

    ですから、あと一年で「平成」が終わろうとしている、まさしく今の映画でもあるのです。

  • 追記U ( 最高権力の承継 ) ネタバレ

    2018/5/17 8:43 by さくらんぼ

    昭和63年は昭和天皇崩御の前年です。気がつくとニュースでは、「下血」という言葉が毎日のように流されていました。その重く、沈痛な空気感は、映画「64-ロクヨン- 前編/後編」にも、しっかりと刻み込まれていましたね。

    ですから、映画「虎狼の血」の舞台が昭和63年だと知った時、「もしかしたら…」という気持ちが湧いたのです。でも、それだけでは「単なる時代背景の説明」かもしれません。

    しかし映画の中盤、(この映画には、対立するヤクザ・警察・右翼・堅気が出てきますが)右翼幹部の家で、妻がTVにしがみつき、「下血」のニュースを見るシーンが出てきたのです。

    そして映画のクライマックス。新人の日岡(松坂桃李さん)と右翼が仕組んだヤクザ同士の抗争で、ヤクザの幹部を逮捕した時、その舞台となった宴会場のカーペットには、「菊花紋章」のような柄がありました。

    さらに映画のラストには、ベテラン刑事・大上(役所広司さん)の形見である「孤狼柄のライター」で、今まで吸わなかったタバコをふかす、新人の日岡(松坂桃李さん)がいました。正しく最高権力の、「血」の承継が行われた記号です。

    このラストまで観たとき、映画の深層を少し覗けた気がしたのです。

  • 追記V ( 公務員の仕事 ) ネタバレ

    2018/5/17 9:26 by さくらんぼ

    映画「羊の木」には、6人の殺人犯を住民として受け入れる、市役所の若い役人が出てきます。しかし彼は及び腰であり、6人のコントロールが上手に出来ませんでした。

    無理もないでしょう。若いだけでなく、彼は事務屋として就職したつもりだったのですから。でも役所の仕事というものは、住民相手、人間相手ですから、事務屋と言えども、デスクワークばかりしている訳にはいかないのです。

    ましてや警察ともなれば、それもマル暴担当になれば、それこそ、一見どっちがヤクザか分からない、みたいな世界観も、まんざら嘘ではないようです。もちろん映画には誇張がありますが。

    災害時の避難所で、派遣された役人の仕事は、災害対策本部と住民との「連絡調整役」が主でしょう。

    映画「羊の木」でも、映画「孤狼の血」でも、主人公は「基本的に連絡調整役」として動いていました。管理下にある人間が、罪びとにならず、平穏に暮らせるようにです。

    つまり映画「孤狼の血」の主人公も、ある意味、公務員の仕事をしていたのです。

  • 追記W ( 「新約聖書」のことば ) ネタバレ

    2018/5/18 7:20 by さくらんぼ

    7:1 人をさばくな。自分がさばかれないためである。


    7:5 偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。


    7:6 聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。


    7:7 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。


    7:15 にせ預言者を警戒せよ。彼らは、羊の衣を着てあなたがたのところに来るが、その内側は強欲なおおかみである。


    7:16 あなたがたは、その実によって彼らを見わけるであろう。茨からぶどうを、あざみからいちじくを集める者があろうか。


    7:18 良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない。


    ( 「ウィキソース」 マタイによる福音書〈口語訳〉 より抜粋 )

  • 追記X ( 聖人 ) ネタバレ

    2018/5/18 8:24 by さくらんぼ

    >7:6 聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。(追記Wより)


    映画の冒頭、「裸電球」と、ダンゴみたいな「豚の糞」が出てきます。

    「裸電球」とは「真珠」の記号であり、聖なるもの、この映画の場合は、法律、警察手帳、孤狼のライターなどを指しているのでしょう。

    「豚の糞」は、金銭的な損得など、それ以外の価値観の記号として登場しているようです。

    お釈迦様の言葉にも「人を見て法を説け」というものがあります。この言葉は今も生きているはず。役人になったら、先輩・上司から一度は教わる教訓でしょう。

    つまり、例えば「法律を受け入れない人を、損得で善に誘導してみる」という手法も、あるのかもしれないのです。これが、ベテラン刑事・大上(役所広司さん)が行っていたことの一つなのでしょう。

    彼は服装こそヤクザでした。でも、それに騙されてはいけません。あれは彼の仕事着です。お医者様が白衣を着るのと同じ。

    むしろ彼の語り口は、人情味のある、模範的なほど穏やかな役人でした。もちろん、むやみに暴力も振るいません。

    彼は、この世の法律を、ヤクザとは違った意味で超越した、イエスのように聖なる存在として、描かれていたのかもしれません。

    そして彼の魂は、弟子に乗り移って復活したのです。

  • 追記Y ( ヤクザの皮をかぶった、役人 ) ネタバレ

    2018/5/18 8:56 by さくらんぼ

    もし、元・ヤクザの俳優さんがいたとして、その人がヤクザを演じたら、きっと滲み出るものが違うと思います。

    元・区役所職員の役所広司さんは、本物の役人として働いた経験があるから、地が生かされたというか、内面的な演技が、演技ではなくなっているような上手さがありました。

  • 追記Z ( 権力争い ) ネタバレ

    2018/5/18 11:08 by さくらんぼ

    >そして映画のクライマックス。新人の日岡(松坂桃李さん)と右翼が仕組んだヤクザ同士の抗争で、ヤクザの幹部を逮捕した時、その舞台となった宴会場のカーペットには、「菊花紋章」のような柄がありました。(追記Uより)


    このとき何が起こっていたのか…

    最高権力者である大上(役所広司さん)が殺られたので、ある意味、この町は無政府状態になったのです。

    すぐに権力争いが始まります。

    そこで、正統的な弟子である新人の日岡(松坂桃李さん)が、立ちあがったわけです。

    彼は大上さん直伝の、いや、それをしのぐ手法で、後継者としての地位を確保し、秩序の回復を図ったのです。

  • 追記[ ( 訂正のお知らせ ) ネタバレ

    2018/5/19 9:18 by さくらんぼ

    レビューに、映画「虎狼の血」と書いた個所がありますが、正しくは映画「孤狼の血」でした。お詫びします。

  • 追記\ ( 日岡のスパイ活動 ) ネタバレ

    2018/5/20 7:54 by さくらんぼ

    ダーティーな大上の相棒に、なぜ一流大学出の新人・日岡がやってきたのか。

    上司が日岡に言った、「おまえ…まさか俺に、内偵かけてるんじゃないだろうな…ミイラ取りがミイラになってどうする…」という言葉がヒントになります。

    日岡が途中から「大上への内偵」を始めたのはご覧の通りですが、もしかしたら上司たちは、最初から(新人でクリーンだから)、密かにその計画を立てていた可能性もありますね。大上を潰すために。でも日岡はミイラになってしまった。

    この構図は、役所広司さんと岡田准一さんの映画「蜩ノ記」にも少し似てますね。役所さんが好きな構図なのかな。

    誰でも、生きていく間には、大なり小なり、汚れて行くものです。「サンダーバード」のマシンでさえ、汚しのテクニックが話題を生んだように、それは、なかなか避けられない。

    しかし「ぼろは着てても心は錦」なのです。死ぬ前には、世界で一人だけでも良いから、それを分かってもらいたい。そして、出来ればスピリットの承継者も欲しい。

    贅沢な「おじさんの承認欲求」とも言えますが、それ、私も分かる気がします。

  • 追記] ( 日岡を手のひらで泳がせる ) ネタバレ

    2018/5/20 8:32 by さくらんぼ

    >日岡が途中から「大上への内偵」を始めたのはご覧の通りですが、もしかしたら上司たちは、最初から(新人でクリーンだから)、密かにその計画を立てていた可能性もありますね。大上を潰すために。(追記\より)


    極度の警戒態勢が日常的になっている大上は、当然それに気づいていた。それを知ったうえで、様子見というか、日岡を手のひらで泳がせる度量・力量があったのです。

    映画の前半、パチンコ店で、大上が日岡に「あいつ(ヤクザ)に喧嘩を売ってこい」と命ずるシーンがあります。

    大上は「危険になったら助けてやるから…」と言いましたが、結局ボコボコにされるまで、ほかっておかれました。あのとき大上の心の中には、一滴の、「これで、シッポをまいて逃げだしてくれれば、それも良いさ…」みたいな気持ちがあったのかもしれません。スパイもいなくなるし、そうでなくとも、ヤワでは間に合わないから。

    ご承知のとおり、「弟子入り希望者は、すぐに受け入れず、三日三晩は、門前払いする」みたいな話は珍しくありません。試すのですね。そして、それを乗り越えた者だけが、門の中に入れてもらえるのです。

  • 追記11 ( 昭和天皇と陸軍大臣 ) ネタバレ

    2018/5/20 8:38 by さくらんぼ

    >誰でも、生きていく間には、大なり小なり、汚れて行くものです。「サンダーバード」のマシンでさえ、汚しのテクニックが話題を生んだように、それは、なかなか避けられない。

    >しかし「ぼろは着てても心は錦」なのです。死ぬ前には、世界で一人だけでも良いから、それを分かってもらいたい。そして、出来ればスピリットの承継者も欲しい。。(追記\より)



    映画「日本のいちばん長い日」の、昭和天皇と陸軍大臣(役所広司さん)にあったであろう心の交流も、そうだったのかもしれませんね。

  • 追記12 ( 男の映画なのか ) ネタバレ

    2018/5/20 9:01 by さくらんぼ

    私には、「女心のひだを繊細に描いたような映画」がよく分かりません。だから、きっと女性の方の中にも、「男心を描いた映画」がよく分からない方も、いらっしゃるのだろうと、想像します。

    昔、 スティーヴ・マックィーンの映画「栄光のルマン」が公開された時、私は劇場で観て、ぶっ飛びました。最高にかっこよかった。

    私の友人も、デート映画に選び、「すごく感動した」と言っていました。しかし彼女さんの方は、「どこが良いのか分からない…」ようだったと。

    だから、もしかしたら、この映画「孤狼の血」も、女性にとっては、映画「栄光のルマン」みたいなのかなぁと。

  • 追記13 ( 「ぼろは着てても…」 ) ネタバレ

    2018/5/20 14:31 by さくらんぼ

    >しかし「ぼろは着てても心は錦」なのです。死ぬ前には、世界で一人だけでも良いから、それを分かってもらいたい。そして、出来ればスピリットの承継者も欲しい。(追記\より)


    我を忘れた日岡が、スーツ姿のまま、豚小屋で腹ばいになり、素手で小屋中の糞をかき分けて、最後に、形見になったライターを発見するエピソードは、まさに、この映画を語っていましたね。

満足度データ

孤狼の血
100点
15人(18%) 
90点
27人(33%) 
80点
22人(27%) 
70点
9人(11%) 
60点
5人(6%) 
50点
1人(1%) 
40点
1人(1%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
80人
レビュー者数
48
満足度平均
84
レビュー者満足度平均
84
ファン
18人
観たい人
55人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

大森 

 

この映画のファン

  • 草莽の志士
  • fsnt
  • エージ
  • hiryuden24
  • みかずき
  • takappesan
  • はっぴーぴあ
  • uちゃん。
  • ラッキーココア
  • こはみ
  • ささみず
  • ジョコーソ
  • リュウ、
  • ボラボラ-go
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

孤狼の血 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3051円(税込)
  • OFF:1053円(25%)

孤狼の血 [Blu-ray]

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:3853円(税込)
  • OFF:1331円(25%)

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集