ただいまの掲載件数は タイトル59971件 口コミ 1157002件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > シェイプ・オブ・ウォーター > 掲示板 > さあっどっちだ!

ラスト さあっどっちだ! ネタバレ

2018/3/2 22:21 by さくらんぼ

シェイプ・オブ・ウォーター

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」と「スリー・ビルボード」、さあっどっちだ!

みたいな広告が目につく今日この頃ですが、めずらしく両方観た私としては、黒澤監督の映画「生きる」へのオマージュらしい、「スリー・ビルボード」の方が腑に落ちると言うか、面白いと感じました。女性が観れば、また違った感想になるかもしれませんが。

「シェイプ・オブ・ウォーター」は、とても丁寧に作ってありましたが、なぜか、もうひとつ感情移入できなかったのです。あのグロテスクな水中生物との恋愛センスは、欧米人のもののような気もします。よく見れば、オメメが可愛くて、昔飼っていた愛犬を思いだしましたが。



★★★★

 



  • 追記 ( これは映画「2001年宇宙の旅」+映画「プレードランナー」 ) ネタバレ

    2018/3/2 22:41 by さくらんぼ

    映画「シェイプ・オブ・ウォーター」とは何だったのか。

    ある新聞によると、昔の映画のリメイクらしいですが、その映画は観ていませんので、別の角度から解釈します。

    これは、表層的には大人版の映画「E.T.」でしょう。それも女性向けの。

    そして、深層的には映画「2001年宇宙の旅」+映画「プレードランナー」だと思います。ウエイトは6:4ぐらいで映画「2001年宇宙の旅」にあり、オマージュの可能性があります。

    あの水中生物はHALでありレプリカントの記号です。

    これは、機械の進歩と、人間の医療進歩が、未来にはクロスし、境界線がおぼろになり、かぎりなく一体化していくお話しです。

    2次元との恋愛が可能なら、ロボットとも恋愛ができるかもしれませんが、そのときの人間の恋心を、ロボットは人間とおなじように、痛みとか震えとかを持って、感じてくれるのでしょうか。

  • 追記U ( 映画「崖の上のポニョ」 ) ネタバレ

    2018/3/3 10:05 by さくらんぼ

    > 「シェイプ・オブ・ウォーター」は、とても丁寧に作ってありましたが、なぜか、もうひとつ感情移入できなかったのです。あのグロテスクな水中生物との恋愛センスは、欧米人のもののような気もします。よく見れば、オメメが可愛くて、昔飼っていた愛犬を思いだしましたが。


    肉食狩猟民族ではなく、どちらかと言えば淡泊な農耕民族である日本人てきな水中生物なら、愛らしい映画「崖の上のポニョ」を思いだします。

  • 追記V ( 電気羊は「胸キュン」の夢を見るのか ) ネタバレ

    2018/3/3 10:10 by さくらんぼ

    >2次元との恋愛が可能なら、ロボットとも恋愛ができるかもしれませんが、そのときの人間の恋心を、ロボットは人間とおなじように、痛みとか震えとかを持って、感じてくれるのでしょうか。(追記より)


    これは劇中、ヒロイン・イライザが、連れだした水中生物と仲むつまじくテーブルで食事をしている時、ふと漏らした不安な気持ちですね。

    すでに、二人は仲良しになっていたのだけれど、自分が感じている恋の痛みを、相手は分かってくれているのだろうか。この水中生物の中に、はたして人間と同じ、恋愛という高度な観念は存在するのだろうか。それとも生存本能だけなのか。

    ちなみに、恋して胸キュンになるのは、胸の中央にある第4チャクラ(愛のチャクラ)が活性化するためだと言われています。このチャクラが健全か否か事も、その人の幸福感に影響を与えるようです。

    すると第4チャクラが存在しないロボットは、いかに進歩しようとも、胸キュンになる事はないのです。頭キュンになる事があっても。でも、それって頭痛とどう違うのか。

  • 追記W ( 電気羊は、羊なのか、ロボットなのか ) ネタバレ

    2018/3/3 10:20 by さくらんぼ

    >これは、機械の進歩と、人間の医療進歩が、未来にはクロスし、境界線がおぼろになり、かぎりなく一体化していくお話しです。(追記より)


    映画の終わり、ヒロイン・イライザにもエラが生まれ、水中でも呼吸ができるようになる場面があります。ポスターにもなっている水中で抱き合うシーンですね。あれは、ロボットと人間が、限りなく近づいて行くことを暗示しているのでしょう。

  • 追記X ( 「電気ショックの警備棒」とは ) ネタバレ

    2018/3/3 11:03 by さくらんぼ

    >そして、深層的には映画「2001年宇宙の旅」+映画「プレードランナー」だと思います。ウエイトは6:4ぐらいで映画「2001年宇宙の旅」にあり、オマージュの可能性があります。

    >あの水中生物はHALでありレプリカントの記号です。(追記より)


    「電気ショックの警備棒」をもち、水中生物を拷問する男がいます。彼は反撃した水中生物から指を二本噛み切られました。あわてて縫合しましたが、上手くいかず、やがて腐って落ちます。

    あの警備棒は、映画「2001年宇宙の旅」に出てきた「猿が放り投げた骨」のつもりでしょう。指が無くなるのは、道具の発達によって人間の体は退化するからでしょう。

    彼は水中生物と同じくグリーンのクルマを買います。カーマニアですね。そのマシンをこよなく愛していました。これは、ヒロイン・イライザがレプリカントを愛したのと相似形になっています。

    水中生物はHALでありモノリスでもあります。私の解釈ではモノリスとはコンピュータのことです。

    コンピュータにはデジタル信号が流れています。映画「2001年宇宙の旅」のラストには、「すごい、降るような星だ!」という謎のセリフが出てきましたが、あれはコンピュータのデジタル信号を視覚化して「星」で表現したのでしょう。

    そして今回、映画「シェイプ・オブ・ウォーター」では、水中生物の体に、ときどき「クリスマスイルミネーション」のような青白い光が点滅するのです。これもデジタル信号ですね。

    さらに、ヒロイン・イライザのアパートの階下には映画館があって、そこに逃げだした水中生物が一人立っているシーンがあります。周囲にはシートの四角い背もたれた林立していて。

    そして、スクリーンには古代ローマ時代に、石切り場で働いている人々のような映像が。

    あの、スクリーンの内と外で、サルたちの中に出現
    したモノリスを描いていたように思います。

    そして何よりも、この映画の舞台設定そのものが、宇宙旅行を見据え、それに耐えられるよう人間の改造を研究している機関の話なのです。

  • 追記Y ( 「ある日突然」 ) ネタバレ

    2018/3/4 9:13 by さくらんぼ

    >すでに、二人は仲良しになっていたのだけれど、自分が感じている恋の痛みを、相手は分かってくれているのだろうか。この水中生物の中に、はたして人間と同じ、恋愛という高度な観念は存在するのだろうか。それとも生存本能だけなのか。(追記Vより)


    そして、この映画からは、トワ・エ・モアのヒット曲・「ある日突然」が思いだされました。

    水中生物の瞳の奥を覗くイライザ。

    あの写真から。


    「 ある日突然 二人だまるの

    あんなにおしゃべり していたけれど

    いつかそんな 時が来ると

    私には わかっていたの

    ある日じっと 見つめ合うのよ

    二人はたがいの 瞳の奥を

    そこに何があるか 急に知りたくて

    おたがいを 見る 」


    ( 「ある日突然」 歌:トワ・エ・モア 作詞:山上路夫 作曲:村井邦彦 より抜粋 )

満足度データ

シェイプ・オブ・ウォーター
100点
10人(5%) 
90点
31人(17%) 
80点
65人(36%) 
70点
47人(26%) 
60点
15人(8%) 
50点
5人(2%) 
40点
4人(2%) 
30点
0人(0%) 
20点
2人(1%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
179人
レビュー者数
82
満足度平均
76
レビュー者満足度平均
80
ファン
19人
観たい人
81人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • みかずき
  • ペペロンチーノ
  • 高城剣
  • Miran
  • FOXHEADS
  • リュウ、
  • エテ吉
  • オフェリア
  • cinerama
  • よっchan
  • miyakosan
  • jimmy09
  • みどりケロン
  • ラッキーココア
  • のんべののん太

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

 

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集