ただいまの掲載件数は タイトル57355件 口コミ 1123862件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パターソン > 掲示板 > 片岡義男さんがいた青春

片岡義男さんがいた青春 ネタバレ

2017/9/4 22:32 by さくらんぼ

パターソン

1970年代の後半、私はあまり仕事に乗り気ではなく、毎日がブルーでした。でも、その気分を紛らわすため、良いことを思いついたのです。

@当時はバス通勤でしたが、夢中になっていた片岡義男さんの小説にある詩情を真似し、車窓から見える何気ない風景を言葉にして楽しんでいたのです。いえ、楽しむというよりも、そこに「ひと時の救いを求めていた」のでした。

Aそしてリタイアした今は、毎日のように近所の公園で体操したりウオーキングしたりしています。樹木が芽吹き、新緑になり、やがて紅葉を迎えて散り、冬木立になる。そんな毎日の移ろいを楽しんでいます。

@については、苦しみの中、美に向けられた感度だけを一時的にUPしていました。

Aについては、リタイアしたせいもあり、苦しみというノイズが減ったので、相対的に視野が開け、何でもない景色が美しく見えるようになりました。

私にはカメラやポエムの、趣味も能力ありませんが、この様に若いころからパターソンのような視点を模索していましたので、彼の世界観をことさら新鮮にも、斬新にも感じませんでした。

ただ、この映画はどこか哀しいのです。その哀しさがどこから来るのか、そこに映画の正体があるのでしょう。



★★★☆

 



  • 追記 ( 哀しみの正体 ) ネタバレ

    2017/9/5 9:39 by さくらんぼ

    少し大胆な仮説を立ててみます。映画のチラシに、「カーテンのすき間から射し込む朝日の中、まだベッドで微睡んでいる二人の写真」があります。二人とブルドッグ一匹があの家のファミリーです。

    しかし映画「シックスセンス」のように、彼は存在しても、存在しないのかもしれません。それがこの映画に流れている哀しみの正体なのかも。

    あるいは映画「ローマの休日」のアン王女みたいな存在。国を代表するアイドルでも、国民との真の交流はなかなか叶わない。だから彼女も国民も哀しい。

    私は映画「パターソン」から、この二本の映画を連想しました。

    映画「パターソン」に出てくる主人公の名もパターソン。彼はここで生まれました。そして、町と同じ名を与えられ、ここで暮らし、働いています。町中を動き、人々を、町を見つめるバスの運転手をして。

    上手く説明できませんが、きっと彼は「町の精」のような存在なのでしょう。映画では擬人化、視覚化されていますが、ほんとうは「見えない町の精」。彼は町に住む人たちの「心の中にだけ存在」するのです。

  • 追記U ( 犬だけが知っている ) ネタバレ

    2017/9/5 10:22 by さくらんぼ

    ペットのブルドッグ君は、パターソンが仕事から帰宅してもまったく喜ばないのです。まるで彼が存在しないかのように無反応。犬を飼ったことのある方ならその異常に気づくはずです。

    パターソンは仮にもご主人。何かの理由で、彼をあまり好きでなかったにせよ、ご主人が帰宅すれば一定の御愛想をふりまくはずなのに。それに散歩もさせます。犬は散歩させてくれる人が大好きなのに。

    そして映画の終わりには、犬がパターソンの椅子に座っているシーンがあります。「そこは彼の席でしょ。おりなさい」と優しく言う妻。しかし犬は動きません。きっとパターソンは彼女の妄想だからでしょう。

    では、なぜ犬とパターソンは対立しているのか。散歩の途中、毎度バーで休憩する彼を待つ、その腹いせなのかもしれませんし、女をめぐっての嫉妬なのかも。でも、それよりも単純に、犬は散歩すると町中にオシッコなどしますね。犬は町に対してあまり敬意を払っていない生きものだからでしょうか。

  • 追記V ( 感性もいろいろ ) ネタバレ

    2017/9/5 15:33 by さくらんぼ

    1990年代の前半、安いLDプレーヤーを手に入れたので、輸入盤LDの「いわゆる環境ビデオ」を買ってみました。海岸と森林の映像集です。しかし、あまり癒されませんでした。

    今度は日本人が作ったものを買いました。そうしたらとても良かったのです。結局あれは、作り手と受け手の「感性のミスマッチ」だったのでしょう。日本人は手つかずのジャングルのような骨太の大自然よりも、いくらか人間の手が入った山里の風景や、繊細な詩情に、やすらぎを感じるのではないでしょうか。

    この映画「パターソン」にも映像によるポエムがたくさん出てきました。もちろん言葉の詩も出てきますが、劇中で「詩を翻訳する愚」が語られているように、ダイレクトに映像からポエムを感じ取って欲しいようです。しかし、その映像もどちらかと言えば輸入盤の世界のようでした。

  • 追記W ( 旅人が求めているもの ) ネタバレ

    2017/9/6 8:37 by さくらんぼ

    もし宇宙人がやってきたら、交渉する地球人代表は誰になるのでしょう。国連代表になるのか、米国大統領になるのか。映画「地球が静止する日」では、一人の科学者と市民が、偶然その大役を務めました。

    この映画でも「敬愛する詩人のゆかりの地として、パターソンの町を訪問した旅行者(彼も詩人)」役で、永瀬正敏さんが出てきます。そしてパターソンと会話するのですが、パターソンが「町の精」ならば町の代表としても適役ですね。

  • 追記X ( 良き理解者がいない孤独 ) ネタバレ

    2017/9/6 10:26 by さくらんぼ

    この映画が少し分かったような気がします。

    「天才の孤独」とか「上に立つ者の孤独」とかいう言葉があります。

    この映画には象徴的な記号として「双子」が出てきます。きっと「双子ほど良き理解者はいない」という願望なのでしょう。

    そんな中、双子でもなく、バスの運転手をしているアマチュア詩人のパターソンには、詩について語り明かせるような、心底心通う友はいないのです。画家の妻がいますが、やっぱり詩とは似て非なるもので、どこかに壁を感じます。

    また家族の一員でもあるブルドッグ(豚の記号)は、まったく芸術を理解せず、したがってパターソンの価値を正しく判断できず、それどころか留守中には彼の書きためた詩のノートをびりびりに破ってしまいました。

    詩人の孤独がいかほどのもなのか、それがラストエピソードに現れています。わざわざ日本から詩人ゆかりの地パターソンの町を訪問した詩人役の永瀬正敏さんです。

    ところが「豚に真珠」の直後で元気のないパターソン。でも永瀬さんは阿吽の呼吸で何かを察知し、彼に「これに詩を書いて…」とまっさらなノートをプレゼントして、元気よく去って行ったのでした。


    「 聖なるものを犬にやるな。また真珠を豚に投げてやるな。恐らく彼らはそれらを足で踏みつけ、向きなおってあなたがたにかみついてくるであろう。」

    ( ウィキソース 「マタイによる福音書(口語訳)」 7章6より引用 )

  • 追記Y ( 映画「10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス」 ) ネタバレ

    2017/9/6 10:35 by さくらんぼ

    > … 彼は存在しても、存在しないのかもしれません。それがこの映画に流れている哀しみの正体なのかも。(追記より)


    この監督の作品に、映画「10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス」がありました。以下にそのレビューを少し載せます。

    「 女優の彼女は忙しいロケの合間にトレーラーの中で10分間の休憩をもらう。でも彼女はあのトレーラーの中には存在しなかったのである。10分間のほとんどを。… 」 ( 私のレビュー「ラジカセとケータイ」より抜粋 )

    二本の映画の共通点は「主人公が存在しない」点です。これが、この監督の共通テーマのようですね。

    この「存在しない」は、「理解されない」「心通わない」などと置き換えても良いかもしれません。

  • 追記Z ( 逃げれば良い ) ネタバレ

    2017/9/6 16:29 by さくらんぼ

    理解しあえる親友のいない孤独な人は、どうしたら満たされるのでしょう。

    映画「パターソン」のチラシには、

    「 毎日が、新しい。」

    「 妻にキスし、バスを走らせ、愛犬と散歩する、いつもと変わらない日々。それは美しさと愛しさに溢れた、かけがえのない物語。」

    「 自分らしい生き方をつかむ手がかりは日々の生活にある 」

    などと書いてあります。

    9.1問題ではありませんが、要するに何気ないそこへ「逃げれば良い」のです。

    1人も親友がいなければ、10人の友人知人のところへ、1ヶ所で10%しか満たされなければ、10ヶ所の癒しポイントを回ればよいのです。お遍路さんを思いだしてください。救いを求める人々を浮気者と呼びたくはありません。

    映画によれば、バーに行ったり、滝を見たり、バスの運転手になって町中を散歩しつつ、乗客の会話に耳を傾けるのも一つの方法かもしれません。


    「 でも彼女は逃げる術を知っていた。偶然かかってきた電話の中へ避難していたのである。彼女の心は彼女の体を離れて、遠く離れた電話の相手の所へ行っていたのである。10分間のほとんどを。… 」

    ( 映画「10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス」 私のレビュー「ラジカセとケータイ」より抜粋 )

  • 追記[ ( トランプの壁 ) ネタバレ

    2017/9/8 9:11 by さくらんぼ

    >少し大胆な仮説を立ててみます。映画のチラシに、「カーテンのすき間から射し込む朝日の中、まだベッドで微睡んでいる二人の写真」があります。二人とブルドッグ一匹があの家のファミリーです。(追記より)


    この映画の最深層は「トランプの壁批判」だったのかもしれません。

    パターソンが大好きな、とある「マッチ箱のデザイン」。四角い箱に「青で斜めの文字」が書いてあります。残念ながらチラシにその写真が無いようですが、代わりに青い斜め文字で「パターソン」と書いてあります。

    さらに彼の好きな場所が「滝の見える公園」なのです。その滝の写真はチラシにありますので見てください。これこそが「トランプの壁の記号」でしょう。

    ただしトランプの壁とは違い、こちらは「滝の断面(壁)が斜め」になっており、すきまから水が漏れ落ちてきます。「壁は半開きにしておきなさい。水(人)は完全にせき止めてはいけない」と言っているのです。

    そしてこの公園で、有色人種の日本人詩人(永瀬正敏さん)に声をかけられ、不愛想に心を半開きにして対応するパターソン(犬にノートを破られ傷心でもありましたが)。しかし、その出会いがパターソンを救いに導くのです。

    そしてチラシにある「ベッドの二人」の写真。恋人同士や夫婦は、最初は二人で一つになろうとするかもしれませんが、生まれも育ちも違う人間には難しいことです。そんな内面を表現したかのような写真ですね。左右が微妙に「潮境」(しおざかい)状態です。

    二人は向き合ったり、彼が彼女を抱いたり、彼女が彼を抱いたり。

    テーブルの置き物も違いますね。

    枕の色も違います。彼女の枕(青)は斜めになっており、滝やマッチと符号しています。朝日も彼女の側から斜めに射しています。彼女が女神だという記号でしょう。

    彼女は絵のアーティストです。モチーフは「白と黒」(たぶん「人種」の記号。パターソンには黒人の知人が多いことや、モノクロの古い映画を観に行くのも同じ記号です)。そして、この色を使って芸術的な作品を模索している彼女はパターソンの理想像。

    しかし、そんな彼女とでも完全には同化できない(「潮目」が出来る)。それがパターソンが日々感じる夫婦の小さな違和感になっています。もしかしたら、これは男性視点であり、女性視点からでは気づかないかもしれませんが。

    ちなみにパターソンの妻を演じたゴルシフテ・ファラハニさんの、顔だちとか、名前が気になって調べたら、イラン・イスラム共和国の女優さんだという事が分かりました。

  • 追記\ ( かたむく郵便受け ) ネタバレ

    2017/9/8 9:20 by さくらんぼ

    >しかし、そんな彼女とでも完全には同化できない(「潮目」が出来る)。それがパターソンが日々感じる夫婦の小さな違和感になっています。もしかしたら、これは男性視点であり、女性視点からでは気づかないかもしれませんが。(追記[より)


    これをもっと分かりやすく視覚化したものが、郵便受けのエピソードでしょう。

    ブルドッグはパターソンが帰宅する頃になると、玄関前に立っている郵便受けに飛びついて「傾ける」のです。

    すると直後に帰宅したパターソンがそれを「垂直」に立てなおします。

  • 追記] ( 理想世界と「神」 ) ネタバレ

    2017/9/8 13:50 by さくらんぼ

    >さらに彼の好きな場所が「滝の見える公園」なのです。その滝の写真はチラシにありますので見てください。これこそが「トランプの壁の記号」でしょう。(追記[より)


    そして滝はまた、半開きの「パターソン自身」なのでしょう。

    そして名曲「イマジン」にあるように、国も宗教も無い世界が理想なら、「パターソン」とは「神」のことだったのかもしれません。

    6日間で世界を作り(バスで町を回り)、豚(犬)に聖書(詩のノート)をやぶられ、7日目には有色人種(日本人)に慰められ、聖書(詩)を書き直すための紙(白紙のノート)をプレゼントされて、半開きの壁(滝)の前で放心している。

満足度データ

パターソン
100点
10人(19%) 
90点
10人(19%) 
80点
12人(23%) 
70点
11人(21%) 
60点
6人(11%) 
50点
2人(3%) 
40点
0人(0%) 
30点
1人(1%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
52人
レビュー者数
29
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
85
満足度ランキング
39位
ファン
6人
観たい人
34人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

大森  有楽町  渋谷 

他の地域

この映画のファン

  • shiron
  • 小波
  • ママデューク
  • jimmy09
  • saku*
  • 佳辰

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』無料特別上映会ご招待!
まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ