ただいまの掲載件数は タイトル56384件 口コミ 1112460件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マイ ビューティフル ガーデン > 掲示板 > 「人生がときめく片づけの魔法」

「人生がときめく片づけの魔法」 ネタバレ

2017/4/10 8:53 by さくらんぼ

マイ ビューティフル ガーデン

美女と善人と綺麗なお庭が出てくる映画です。

さながら、これは映画「バクダッド・カフェ」+「アメリ」=「人生がときめく片づけの魔法(近藤麻理恵 著)」 ですね。 それに「天使のいる図書館」にもちょっと似てるかな。

春らしい映画が観たかったあなたに、「今年の春の想い出」を作ってくれます。

映画の着地点も微妙に意外性があり、「そこなのか!」という感じで…それが、おじさんにも少々嬉しいですし。



★★★★

 



  • 追記 ( 「人生がときめく片づけの魔法」 ) ネタバレ

    2017/4/10 9:35 by さくらんぼ

    チラシの写真を見ると、花壇の花にまじってヒロインの顔があります。まるで一輪の花のように。そしてキャッチコピーには「美しい庭は人生の意味を教えてくれる。」と。

    解釈すると「荒れ放題だった庭をビューティフルガーデンにする」ことで、「ヒロインの人生(人間関係)も好転した」となるのでしょう。

    これは、こんまり先生の「人生がときめく片づけの魔法」を思いださせますし、たぶん「風水」や「禅」にも同様な考え方があるのではないでしょうか。

    会社経営でも太った重役に厳しい目が向けられた時期もありましたね。「自分の体重も管理できない人間に会社を任せられるか」と。

    掃除も同じ。私は重役ではありませんが、在職中も今もデスクはゴチャゴチャしてます。こんな人間だから人生も混乱するのでしょう。

    映画のラストに「ジャパニーズメープル」が出てきました。そう言えばどこかで「お寺は桜ではなく紅葉」というお坊さんの話も聞きました。

    この映画もどこか深いところで「禅」とつながっているような気もします。

  • 追記U ( スローフード ) ネタバレ

    2017/4/10 14:35 by さくらんぼ

    隣のオヤジが、自分が隣家に追いだしたコックを返せとゴネます。

    変なエピソードだと思いましたが、きっとファーストフードよりもスローフードの方が「より片づいた料理」(健康的)だと言っていたんですね。

    きれい好きの「坊さんのようなオヤジ」にとって、三食ファーストフード生活は耐えられなかったのでしょう。

    私が家にいる時はインスタントラーメン+サイドメニューのランチ生活です。近所に安くてうまい食堂も点在しているので、3日に一度でも良いから周遊しようと思っていますが。

  • 追記V ( 夢は身を助ける ) ネタバレ

    2017/4/10 15:03 by さくらんぼ

    「庭が汚い」と言って「退去か掃除か」を迫った大家さんが、イングリッシュガーデンへの整備途中にまたやってきて、何とかかんとか文句をつけだしました。困ってしまったヒロイン。

    そのとき隣家のオヤジがやっきて、大家さんを陰に呼びヒソヒソ話。すると大家さんは無言ですぐに帰って行きました。「なんて言ったの?」とヒロイン。でもオヤジさんは微笑むだけ。

    ほんとうに何と言ったのでしょう。

    実は図書館司書ヒロインの夢はライターになることだったのです。だから、こんな話をしたのかもしれません。

    「彼女はもうすぐ本を書くぞ。庭作りの話もきっと書く。君は、彼女にチャンスをくれた恩人として登場したいのだろ…」などと。

    彼女の本は最後に出てきます。それを読んだ図書館の鬼の先輩は、安心したように微笑み、そっと書架へ戻したのでした。

  • 追記W ( 妄想から恐怖は生まれる ) ネタバレ

    2017/4/10 21:45 by さくらんぼ

    >「彼女はもうすぐ本を書くぞ。庭作りの話もきっと書く。君は、彼女にチャンスをくれた恩人として登場したいのだろ…」などと。(追記Vより)

    >彼女の本は最後に出てきます。それを読んだ図書館の鬼の先輩は、安心したように微笑み、そっと書架へ戻したのでした。(追記Vより)

    そして公園への捨て子だったヒロインも、そのトラウマから一見無秩序に見える植物を恐れるようになっていました。だから庭いじりが大の苦手だったのです。

    つまり「妄想から恐怖は生まれる」がもう一つの主題かもしれません。

  • 追記X ( 植物にある秩序 ) ネタバレ

    2017/4/10 22:09 by さくらんぼ

    >そして公園への捨て子だったヒロインも、そのトラウマから一見無秩序に見える植物を恐れるようになっていました。だから庭いじりが大の苦手だったのです。(追記Wより)


    ヒロインにはトラウマが有ったのでしかたありませんが、私には植物が無秩序には見えません。ほんらい彼らの生産性は最高レベルのはず。戦火から逃れられない人間よりは秩序だった生き物だと思います。

    クラシック音楽のモチーフはさまざまでしょうが、あの時代にはあふれていたであろう樹々を見ると、私にはシンフォニーを感じます。それからレタスの味にも。

満足度データ

マイ ビューティフル ガーデン
100点
0人(0%) 
90点
6人(42%) 
80点
4人(28%) 
70点
3人(21%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
1人(7%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
14人
レビュー者数
11
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
83
満足度ランキング
69位
ファン
1人
観たい人
13人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

他の地域

この映画のファン

  • ぶんず

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。伝説の殺し屋キアヌがかえってきた! パワーアップしたガン・フーが炸裂する『ジョン・ウィック〜』ほか『忍びの国』『パワーレンジャー』など7月公開作更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝