ただいまの掲載件数は タイトル56188件 口コミ 1109728件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 22年目の告白−私が殺人犯です− > 掲示板 > 謎

ネタバレ

2017/6/12 7:26 by 無責任な傍観者

22年目の告白−私が殺人犯です−

そういえば、この作品で意味不明な点が多かったんで書いておきます。
分かる人がいたら教えて。

・仲村は友人が目の前で絞殺されたことによるPTSDで犯行に及んだんだよね?そういう時って、時効があるかどうかで犯行を止めることが出来るの? 五人殺したら気が済んで、PTSDも自然治癒した?(笑)
・伊藤妹を殺す時、対面目撃者(藤原前身)を仕立てて殺すことが出来たはずなのに、なぜやらなかった?伊藤は妹が婚約者とともに同居していることを隠していないので、ちょっと下調べすれば分かったはずなのに。
・警察はなぜ伊藤妹が行方不明と言うことを発表しなかったの?普通は行方情報を得るためにも発表するし、事件と関係なく発表しても状況からして大騒ぎになるよね。

製作者はこの事件をキチンと考えたんだろうか? 何かこう、理屈のための理屈を並べ立てて、論旨がどうなろうとお構いなしで、相手を言い負かしたら満足、って屁理屈こねるガキと発想と同じで、状況やキャラの言動の整合性は考えずに、ストーリーの辻褄が合ってどんでん返しがあれば良い、的な安っぽい火曜サスペンス並みの三文ドラマですね。

 



  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/12 13:06 by odyss

    本当はノベライズしたものを読んで答えたほうがいいのでしょうが、とりあえず、思いつく範囲で。

    > ・仲村は友人が目の前で絞殺されたことによるPTSDで犯行に及んだんだよね?そういう時って、時効があるかどうかで犯行を止めることが出来るの? 五人殺したら気が済んで、PTSDも自然治癒した?(笑)

    要するにそういう設定になっているから、としか答えようがないと思います。PTSDだから全てに抑制が効かない人間になっているとすると、キャスターの仕事だってできなかったはずですしね。この作品ではPTSDは犯人の動機を説明するための便法に過ぎず、実際のPTSDの症状はどうだと議論するのは野暮だろうと考えます。

    > ・伊藤妹を殺す時、対面目撃者(藤原前身)を仕立てて殺すことが出来たはずなのに、なぜやらなかった?伊藤は妹が婚約者とともに同居していることを隠していないので、ちょっと下調べすれば分かったはずなのに。

    犯人は伊藤刑事を狙ったわけで(実際には上司が死んでますが)、兄が爆死するところを妹に見せる、ということだったのではないでしょうか。妹を殺したのはそのついで、という扱いでしょう。伊藤刑事に傷を負わされたのでそれへの復讐だったわけですから、原則に忠実ではなかったのではないかと。

    > ・警察はなぜ伊藤妹が行方不明と言うことを発表しなかったの?普通は行方情報を得るためにも発表するし、事件と関係なく発表しても状況からして大騒ぎになるよね。

    この点には、同意します。

  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/12 16:50 by 10年目のソフィ

    こんにちは。
    この作品、たしかに様々あらは見られますね。
    2番目の疑問については、「彼のルール」で言えば当初の予定では妹さんの役割は目撃者のみで、殺す予定ではなかったのでは?
    目的が果たせなかったことで、妹さんは犠牲者になり結果的にその行動で時効不成立になってしまったし。
    私の最大の疑問は、時効不成立がわかったのが後から(妹さんの現場動画から)であったことを考えると、二人が行動を起こしたのが(表面上の)時効前ではなく成立後であったことです。
    もちろん時効前にそのまま出たら逮捕されちゃいますが・・・

  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/12 18:28 by ありりん

    >私の最大の疑問は、時効不成立がわかったのが後から(妹さんの現場動画から)であったことを考えると、二人が行動を起こしたのが(表面上の)時効前ではなく成立後であったことです。
    もちろん時効前にそのまま出たら逮捕されちゃいますが・・・

    10年目のソフィさんのこの疑問ですが、妹さんは生きているか死んでいるかも分からない状況だし、時効前に犯人が検挙できればそれでいいけど、結局このまま分からずじまいになる可能性が大であることを考え、時効後であれば真犯人がイラついて、あるいは油断して尻尾を出すこともありかと考えて時効後に行動を起こしたのではと想像してます。結果、新たな手掛かりである動画が出たし、セリフにもそんなやり取りがありましたもんね。時効前に行動したら警察は必ず動くから絶対真犯人は尻尾を出さないでしょうからね。

    > ・仲村は友人が目の前で絞殺されたことによるPTSDで犯行に及んだんだよね?そういう時って、時効があるかどうかで犯行を止めることが出来るの? 五人殺したら気が済んで、PTSDも自然治癒した?(笑)

    仲村がこの連続殺人事件を(自分の犯行を)検証する立場で追い続けてるうちに自身のジャーナリストとしての地位が確立されていったことで、次第に心が満たされたからでしょうかね。5人も殺していったらマスコミもうるさいし警察も厳重警戒するし、また仕事柄自分の周りから人がいなくなることがなく単に機会がなかったからでしょうか?

    > ・伊藤妹を殺す時、対面目撃者(藤原前身)を仕立てて殺すことが出来たはずなのに、なぜやらなかった?伊藤は妹が婚約者とともに同居していることを隠していないので、ちょっと下調べすれば分かったはずなのに。

    これは私も「あれ?原則から外れるんじゃ??」と疑問に思いましたが、生きる気力を失ったやつが許せん、だから殺したみたいなことを言ってましたよね。かなり無理筋かな〜。

    > ・警察はなぜ伊藤妹が行方不明と言うことを発表しなかったの?普通は行方情報を得るためにも発表するし、事件と関係なく発表しても状況からして大騒ぎになるよね。

    拉致されてることは間違いない、下手に刺激して殺されても困るし、ってことかしら。説明不足にも程がある。

    > 製作者はこの事件をキチンと考えたんだろうか? 何かこう、理屈のための理屈を並べ立てて、論旨がどうなろうとお構いなしで、相手を言い負かしたら満足、って屁理屈こねるガキと発想と同じで、状況やキャラの言動の整合性は考えずに、ストーリーの辻褄が合ってどんでん返しがあれば良い、的な安っぽい火曜サスペンス並みの三文ドラマですね。

    えへへ、ごめんなさい。私は飛びついちゃいました。藤原竜也くんがあまりに悪そうな顔してたもんで(笑)

  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/12 21:52 by 10年目のソフィ

    ありりんさま

    ありがとうございます。そう、理屈としてはそうなのですが、二人の思いからは、それを計算してというのがどうもしっくり来なくて。
    という意味では、疑問というよりも違和感かなぁ。最愛の妹、婚約者を奪われた二人なら時効で逃げ延びられる前に死に物狂いで賭けに出る、というもんじゃないかなぁ、と。
    もちろんそれでは全く別のストーリーになっちゃいますがww

  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/13 6:17 by 無責任な傍観者

    皆さん、書き込みありがとうございます。

    >要するにそういう設定になっているから、
    >この作品ではPTSDは犯人の動機を説明するための便法に過ぎず

    まあ、典型的ね、良い悪いでは無く、単なる作品擁護のための屁理屈という奴ですね。

    >兄が爆死するところを妹に見せる、ということだったのではないでしょうか。
    >目的が果たせなかったことで、妹さんは犠牲者になり

    作中の犯人(だったかな?)の説明によると、伊藤が死んで平田が目撃者になるはずが逆になった。と言ってましたね。
    あれだと部屋に入った人が死んだと分かるだけで、伊藤が死んだかどうかは分からないし、殺害したところを「目撃できませんね。」
    仲村の別荘で藤原が「殺害を全て録画している」と言ってましたが、あれだと、「爆破」を録画しているだけで、
    犯人がこだわった「目の前で絞殺する」という原則を破って目撃者がいない殺害といういわば出来損ないを録画しただけです。

    >自身のジャーナリストとしての地位が確立されていったことで、次第に心が満たされたからでしょうかね。

    これなら殺害をやめたことへの原因としてはあり得ますが、一日単位で時効成立のために合わせた、ということと、見つかったら自分を殺させようというPTSDを引きずっていることが不自然です。

    つまりこの製作者は、自分で設定したことが最後まで発想が浮かばずに俗に言う「ご都合主義」で結末に合わせたという、「ミステリー」としては極めて低レベルな出来損ないと言うことです。

    >時効不成立がわかったのが後から(妹さんの現場動画から)であったことを考えると、二人が行動を起こしたのが(表面上の)時効前ではなく成立後であったことです。

    製作者の意図は、藤原の怪我からの回復に月日が掛かって、治った時に思いついた、時効が成立したから安心して名乗り出てこれるだろう、名乗り出てきたら殺そう、今回は伊藤が時効不成立を発見したので結果的に殺さなかった、ということなんでしょう。

    >最愛の妹、婚約者を奪われた二人なら時効で逃げ延びられる前に死に物狂いで賭けに出る、

    この製作者は、どんでん返しとか意外性だけが目的で、人間心理とか深さとか全く考えてない(というか考える能力が無いんでしょうが)ですから…

    >えへへ、ごめんなさい。私は飛びついちゃいました。

    ありりんさんが好きなことは気にしません。私自身がこういう出来の悪いプロットが嫌いなだけです。

  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/13 11:59 by odyss

    いつもながらの無責任な傍観者さんだな、と思いました。
    鋭いところと、すっぽり抜け落ちているところが混在している。

    で、今回の場合に抜け落ちているところとは何かというと、どんなジャンルも約束事があるという基本です。

    ミステリーの約束ごととは何か? 特に謎解き(犯人は誰か、或いは密室殺人などならいかなる方法を用いたのか、など)が主眼のミステリー(いわゆる社会派ではないミステリー)の場合、犯人がなぜそれをやったのかというのは二次的な問題であり、しばしば「犯人が狂人すれすれだったから」で片付けられてしまう、ということです。そうでないと、なぜ犯人が犯行に及んだのかについてまた長いストーリーを書かなくてはならなくなる。

    ドイルの有名なホームズ物の長篇『緋色の研究』や『恐怖の谷』は、犯罪の背景を説明するために、謎解きの主要部分のあとに長い別の物語を付けたさなければならなくなった例ですね。エラリー・クイーンの『エジプト十字架の謎』やヴァン・ダインの『グリーン家殺人事件』は、犯人が連続殺人を犯したのは半ば狂人だったから、で済まされる例です。

    この映画でPTSDが説明の便法として使われていると私が言うのは、そういうジャンルとしての特性をふまえた上でのこと。要は何だっていいわけですよ。犯人が犯行に及ぶことが大事なので、理由は重要ではないのです。そこに「深さ」を求めるのは、喩えて言うならアニメを見て「実物の人間と顔が違う」とイチャモンをつけるようなものでしょう。だから私は「野暮」だと言ったのです。

    一方、社会派ミステリーなら、犯人の境遇をリアリスティックに描かないとジャンルとしての特性に反することになる。そういう作品について「人間の心理」や「深さ」を言うなら、それは理由が十分にあると言えます。

    それから無責任な傍観者さんが最初に提示した疑問の第二点について付け足すなら、伊藤刑事のアパート爆破はそれまでの連続殺人とは位相を異にすると思います。その直前で犯人と伊藤刑事がもみ合いになり、犯人は肩を撃たれる。いわばその復讐のための犯行でしょう。予定にはなかったと思う。
    また、本来なら、妹を殺してそれを伊藤刑事に見せる、というのが犯人からすれば望ましい方法だったはずです。しかしそれ以前の犠牲者と違って伊藤刑事は若くて体力もある男性かつ警察官であり、それまでのように簡単に縄で縛ることが難しいと判断したのではないか。犯人はその前に肩を撃たれている(つまり肉体的な力を十全に発揮できない状態にあった)わけですから、なおさらのこと。それで簡単な爆破という手段に訴え、妹に見せて苦しめ、最後には妹も殺して憂さ晴らしを完了する、という展開になったのではないかと考えます。むろん、伊藤刑事が殺されてしまうとこのミステリー自体が成り立たなくなる、という作り手の都合も多々あるとは思いますが、それを言っても仕方のないことでね。

  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/14 7:39 by 無責任な傍観者

    >ミステリーの約束ごととは何か?

    本作ではわざわざ、犯人は友人が目の前で殺されたトラウマでそれを模倣した殺人を繰り返す、完璧主義、自信家、殺す現場を撮影する、という特殊な設定を自分からしています。

    約束ごとというのは、自分で定めた設定を守ることです。

    >妹を殺してそれを伊藤刑事に見せる、というのが犯人からすれば望ましい方法だったはずです。しかしそれ以前の犠牲者と違って

    つまり、特殊な設定をしたのは良いけど、それを最後まで貫くだけのアイディアがない無能な製作者が不完全なままご都合主義満載で映画にしちゃった、てことですよ。

    子供騙しのC級の娯楽ジェットコースタームービーと言うなら、odyssさんの擁護でなんの問題もありませんが、ミステリーとしては完全な欠陥商品です。
    仮にこんなクソをミステリー小説として売りだそうとしたら、「お前はアホか?」の一言で、誰にも相手にされないでしょう。

  • Re: 謎 ネタバレ

    2017/6/16 19:05 by 未登録ユーザヴィル

    まず、正解なんてありませんので、私なりの解釈と考えてくださいね。

    (1)なぜ5人目で殺人が終了したか
    基本的には5人目の殺人は伊藤の殺害に失敗しはじめて計画通りに行かなかったこと、伊藤妹の反応が仲村の想定と異なっていたことが次の殺人への衝動を失わせたと感じました。

    (2)伊藤妹はなぜルール通りに殺されなかった?
    これは、もともと殺すつもりではなかった、むしろ生かす対象だったからと思います。だけど、兄が死んだかもしれないのに、生きる気力のない人間であるがゆえに、これまでの事件と異なる反応を示したことが仲村には許せなかったと感じました。
    藤原前身が、なぜ、その場にいなかったのか、わかりませんが、そのあたりはなんとでも理屈はつけれる気がします。ただ、その説明は映画内で欲しかったと思います。

    (3)伊藤妹の行方不明を警察はなぜ発表しなかったのか
    これは別のサイトで読んだのですが、伊藤は自分が捜査から外されるのを恐れて、妹がその場に来ていたこと、行方不明になっていることを警察に報告しなかったということです。
    これで、妹の行方不明を隠せるというのはおかしいといえばおかしいのですが、阪神大震災で近しい人の多くを失っており、行方不明になっていることに気づかれなかったというストーリーだと感じました。
    ただ震災後だからこそ、生き残ってることの目撃者は神戸にいるはずな気もするので、ちょっと無理のある設定かという気もします。

満足度データ

22年目の告白−私が殺人犯です−
100点
13人(18%) 
90点
15人(21%) 
80点
24人(34%) 
70点
9人(12%) 
60点
3人(4%) 
50点
1人(1%) 
40点
2人(2%) 
30点
1人(1%) 
20点
1人(1%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(1%) 
採点者数
70人
レビュー者数
39
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
81
満足度ランキング
36位
ファン
7人
観たい人
49人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

池袋  渋谷  東武練馬  木場  大泉  南大沢  品川  平和島  六本木  豊島園  府中  多摩センター  亀有  昭島  豊洲  武蔵村山  西新井  日の出町  錦糸町  新宿三丁目  立川  日本橋  新宿  二子玉川  お台場 

他の地域

 

この映画のファン

  • 佳辰
  • ラッキーココア
  • ☆HIRO☆
  • 三日酔い
  • みつきー
  • でぐち
  • ayt0

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

日米完全同時放送!『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』特集
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝