ただいまの掲載件数は タイトル60310件 口コミ 1159936件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > あなたの旅立ち、綴ります > 掲示板 > ラジオと古いレコード

ラジオと古いレコード ネタバレ

2018/3/13 9:50 by さくらんぼ

あなたの旅立ち、綴ります

@地元の若い新聞記者・アンの趣味はラジオを聴くこと。

Aビジネスで成功を収めた老婦人・ハリエットの趣味は古いレコードを聴くこと。

映画館に貼ってあるポスターに、そんな自己紹介みたいな記述がありました。

私もラジオが大好きで、TVを見ない日はあってもラジオを聴かない日はありません。その上で申し上げるのですが、さり気なさ過ぎて、@は趣味と言えるのだろうかと思いました。

そしてAについては、CDではいけないのかしら、古い音楽ならCDでも聴けるものがあるはずなのに。それともレコード自体に価値を感じているのでしょうか。そんなことを思いました。

もしかしたら、これは時期について語っているのかもしれませんね。@は現在です。ラジオはリアルタイムと繋がった媒体です。ラジをを聴くという行為は、ある意味レーダーを回しているのと同じ。

対してAは過去です。時代をくぐりぬけてきたレコードとその音楽の総体は、その人の人生とも言えるのかもしれません。

ちなみに映画はまだ観ていません。

 



  • 追記 ( 「スピーカーの意志的沈黙」 ) ネタバレ

    2018/3/13 10:40 by さくらんぼ

    作家の五味 康祐氏は、自他ともに認めるオーディオマニアでした。ある日彼は、自慢のステレオでLPを聴こうとしたとき、最初の無音部分で涙を流したのです。

    そこには「スピーカーの意志的沈黙」がありました。彼の到達点とは、この「沈黙を味わうこと」だったのです。

    それは楽園への入り口であり、やすらぎの前奏曲。

    よろしければ、一度「スピーカーの意志的沈黙」でググってみてください。五味 康祐氏の名文があります。

    簡単には分からない話も書いてあります。技術的に説明がつきそうな部分もありますが、「期待なしには鑑賞はありえない 」という部分に注目したいと思います。それは「期待というバイアス」のことでしょう。

    そのバイアスの中、装置とレコード、音楽と知識が、リスナーの詩心に、「スピーカーの意志的沈黙」という名文を書かせたのかもしれません。風鈴の音が涼しさを喚起させるように。

  • 追記U ( 「スピーカーの意志的沈黙」A ) ネタバレ

    2018/3/13 11:05 by さくらんぼ

    あえて技術的な部分を要約すれば、とかく音が良いと言われているLPですが、アナログという言葉に象徴されるように、デジタルに比べ不安定な要素が大きいのです。その不安定要素も、ときに意志的沈黙とポエムすることが出来そうです。

  • 追記V ( 「スピーカーの意志的沈黙」B) ネタバレ

    2018/3/13 11:22 by さくらんぼ

    五味 康祐氏は4チャンネルステレオより、2チャンネルステレオを推していましたが、他にもワイドレンジよりナローレンジな音を、ステレオよりモノラルが好きな人がいます。その方が雑味が無くなって「静かな感じ」がします。

    その感性で言えば、FMよりAMの方が音が良いと感じます。音数が減ることで、より音楽の核心部分に近づくからでしょう。ある意味俳句の世界。あの文章で五味 康祐氏の語っている事は多岐にわたっています。

  • 追記W ( 「スピーカーの意志的沈黙」C) ネタバレ

    2018/3/13 15:25 by さくらんぼ

    多くの方には意味不明だと思いますので、少々具体的に書きますが、針を降ろした直後のLPの無音部分を、大型ステレオで聴いたことのある方なら、「小さな針音と、吸いこまれるような位相感をともなった、独特の無音」が聴こえてくるのをご存じのはず。私は、あれが一番分かりやすい「スピーカーの意志的沈黙」だと思います。

    私の直感ですが、五味 康祐氏が「スピーカーの意志的沈黙」を書いた「種」はここにあると思います。彼は、これに肉付けしてあの名文を創ったのでしょう。

  • 追記X ( 女性版・映画「マイ・インターン」 ) ネタバレ

    2018/3/15 9:11 by さくらんぼ

    さっそく観てきました。

    名女優シャーリー・マクレーン。

    彼女が出れば、画面が締まるだけでなく、往年の名画を観ているような、至福の時間を味合わせてくれます。歳相応にしわが目立ちますが、それでも共演の若い女優さんよりもオーラがあるのはさすがです。

    特に冒頭あたりのシーンでは、膝を正したくなるほど名画してます。

    しかし後半は…少し散漫な感じも。これは彼女のせいではなく、シナリオかもしれません。

    チラシに「現代版『クリスマス・キャロル』だ。」と書いてありましたが、残念ながら私は観ていません。そんな私には女性版・映画「マイ・インターン」に見えました。



    ★★★★

  • 追記Y ( 伊勢湾台風 と ピアノ ) ネタバレ

    2018/3/15 9:16 by さくらんぼ

    被災者の私ですが、当時幼かったせいもあり、知りませんでした。ありがとうございました。


    「 … 1959年、日本を襲った伊勢湾台風の際には、義援金を基に日本の福祉団体を通して東海地区の小学校にピアノを寄付した逸話が残る[6]。」

    ( ウィキペディア 「シャーリー・マクレーン」 来歴・人物より抜粋 )

  • 追記Z ( どうやらオマージュか ) ネタバレ

    2018/3/15 9:55 by さくらんぼ

    >チラシに「現代版『クリスマス・キャロル』だ。」と書いてありましたが、残念ながら私は観ていません。そんな私には女性版・映画「マイ・インターン」に見えました。(追記Xより)


    表面的には「ハリエットの世話を焼く話」ですが、実は、「ハリエットが、才能ある若者たちを選別し、教育する話」なのです。

    劇中、ハリエットが弟子にした(自分の頭で考える)才能ある黒人の子を、「マイ・インターン」と紹介するシーンもありました。そしてアンもまた、文才を見込まれハリエットに選ばれた人間なのです。

    映画「マイ・インターン」の舞台は古巣でしたが、映画「あなたの旅立ち、綴ります」でも、過去の物語を共有することで古巣を表現しています。

    映画「マイ・インターン」では、最初の仕事はデスクの掃除でしたが、映画「あなたの旅立ち、綴ります」でも、汚部屋と化した、アンのクルマからゴミを放り出していました。

    そしてアンですが、映画「マイ・インターン」のヒロインは、アン・ハサウェイが演じていたのです。

    他にも色々あるかもしれません。どうやら、オマージュだと言っても良いような気がします。

  • 追記[ ( 思考のリミッターを外せ ) ネタバレ

    2018/3/15 10:30 by さくらんぼ

    ハリエット家にあるオーディオセット。スピーカーが床に直置きでした。

    普通のスピーカーを直置きすると、床が反射板になり、指向性のない低音が増強されます。さらにツイーター(高音専用スピーカー)が、イスに座った人の耳より下になるため、指向性のある高音は聴こえにくくなります。

    結果、「ボン、ボン」と低音だけが膨らんだ、バランスの崩れた音になります。だから、何か頑丈な台に置かなければなりません。これはマニアの常識ですが、そこまで注意が回らなかったようです。

    そんなハリエットですが、、ラジオ局へ「私をDJとして雇いなさい」と、強気で自ら売り込みに行くのです。そのとき「あなたの放送はコンプレッサーをかけていない」(だから音が良い)と、アンバランスにも専門的なことまで言うのです。

    ちなみに、「音 コンプレッサー」でググると良く分かりますが、「コンプレッサーをかけないと、ピアニッシモからフォルティッシモまでの幅が大きくなり、生音に近づく」のです。もちろん弊害がないわけではありません。要はTPOです。

    そして、これは映画の主題へと繋がります。

    要するに、「(既成概念など)思考のリミッターを外せ」と言っているのでしょう。厳密に言えば、「コンプレッサーとリミッターは別の話」ですが。

  • 追記\ ( 処世術 ) ネタバレ

    2018/3/15 10:47 by さくらんぼ

    >劇中、ハリエットが弟子にした(自分の頭で考える)才能ある黒人の子を、「マイ・インターン」と紹介するシーンもありました。そしてアンもまた、文才を見込まれハリエットに選ばれた人間なのです。(追記Zより)


    そしてハリエットが黒人の子供に、自戒を込めて「バカは相手にするな」と、そんな意味の話をするシーンがありました。これも映画が伝えている重要なことです。

    老婦人・ハリエットの周囲には、彼女の事を良く言う人はほとんどいません。それから来た自戒でしょう。

    では、どうしたら。

    才能のある人は、才能のある人(才能に理解のある人)と組んで仕事をすれば良いのです。そうすれば、イラつくことも少なくなるでしょうし、結果、あまり敵も作らずにすむのでしょう。

    この映画は、それを実践し始めた、晩年のハリエットのお話でもあります。

  • 追記] ( 処世術A ) ネタバレ

    2018/3/15 15:30 by さくらんぼ

    >私の直感ですが、五味 康祐氏が「スピーカーの意志的沈黙」を書いた「種」はここにあると思います。彼は、これに肉付けしてあの名文を創ったのでしょう。(追記Wより)

    >そしてハリエットが黒人の子供に、自戒を込めて「バカは相手にするな」と、そんな意味の話をするシーンがありました。これも映画が伝えている重要なことです。(追記\より)


    「そんな意味の話」と書いてある通り、「バカは相手にするな」はセリフ通りではありません。

    日本語訳のセリフを正確には思いだせませんが、「あなたは、これからの人生、たくさんのバカに出会います。その時は、自分もバカだと思いなさい」だったと思います。

    私たちは普通、何かにつけ、自説と違う話(行動)をする人を見ると、「それは違う」と教えてあげたくなるものです。よい機会があれば、それも有りでしょう。しかし、ほとんどの場合、「説得する義務」まではないのです。

    そんな時は、「自分もバカだ」と思うことで、気持ちを切り替えることが出来そうです。そしてスマイルを浮かべて相手の話を聴けるようにまでなれば(落ち着ければ)大成功。

    それを「バカは相手にするな」と意訳しました。もし可能なら、異論を唱える人にも敬意を持ちたいと思います。

    哀しいかな、多少上から目線ぎみかもしれませんが、激情して大声で口論(下手をすると喧嘩)し、破滅するよりも良いと思います。

  • 追記11 ( LPのあつかい方 ) ネタバレ

    2018/3/15 15:45 by さくらんぼ

    古いレコードが好きなハリエット。強気でDJになった彼女でしたが、LPをあつかう手先が、どうも乱暴でした。

    あの五味 康祐氏は、LPのヒゲ(穴の周りにできやすい、ヒゲのようなスリ傷)が一本でもあると、あるまじき行為とばかりに、持ち主を軽蔑していました。しかしハリエットの所作では、ヒゲどころではなく、下手をすると音溝にも傷がつきそう。

    でも、映画「波の数だけ抱きしめて」に出てきたDJ・田中真理子(中山美穂さん)の所作は、安心感もある素晴らしいものでした。

  • 追記12 ( 「論語」から ) ネタバレ

    2018/3/16 9:01 by さくらんぼ

    >日本語訳のセリフを正確には思いだせませんが、「あなたは、これからの人生、たくさんのバカに出会います。その時は、自分もバカだと思いなさい」だったと思います。

    >私たちは普通、何かにつけ、自説と違う話(行動)をする人を見ると、「それは違う」と教えてあげたくなるものです。よい機会があれば、それも有りでしょう。しかし、ほとんどの場合、「説得する義務」まではないのです。(追記]より)


    古典にも似たような話があったと思ってさがしたら、論語にありました。「忠告して之を善道し、不可なれば則ち止む。 自ら辱めらるることなかれ。」です。

    友への忠告、一回は良いが、しつこくすると、あなたが不愉快な思いをする事になる、そんな意味でしょうか。

満足度データ

あなたの旅立ち、綴ります
100点
1人(2%) 
90点
7人(20%) 
80点
12人(34%) 
70点
10人(28%) 
60点
4人(11%) 
50点
1人(2%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
35人
レビュー者数
21
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
77
ファン
2人
観たい人
19人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • Miran
  • ラッキーココア

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

あなたの旅立ち、綴ります[Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3772円(税込)
  • OFF:1304円(25%)

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『インクレディブル・ファミリー』特集
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”