ただいまの掲載件数は タイトル60646件 口コミ 1162413件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト > 掲示板 > 路上ライブ

情報 路上ライブ ネタバレ

2016/10/9 8:07 by さくらんぼ

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト

2025年には「大阪万博」を誘致しようとの話がありますが、前回は2005年に「愛知万博」(愛称は「愛・地球博」)がありました。

その「愛知万博」の7月25日、長久手会場・EXPOドーム において、スペインイベント「パコ・デ・ルシア ギターコンサート」がありました。

これは、ちょうどその前後、名古屋市内でのお話しです。

休日の大須商店街を、路上ライブをするアマチュアの若いロッカーやフォークシンガー、それに曲芸師などが賑わせていました。

ところがその日、私は近くの若宮大通(いわゆる100メートル道路)を横断中、「道路の中州にある公園」で凄いものを見つけてしまったのです。

中年の欧米人が座り、クラシックギターでフラメンコのような音楽をガンガンかき鳴らしていました。脇では助手らしき中年男性が一人、CDを数枚箱に並べて売っていました。

PAなし、超絶技巧です。私もフォークギターをかじったことがありますので、すぐにあのテクニックは神業だとわかりました。

若い女性ロッカーらしき2人も、ギターを抱えたままフリーズしていました。でも客はその三人だけ。沢山の人が通り過ぎるけれど、足を止める人はほとんどいません。

そのとき私が感じた違和感。

「売れない音楽家は沢山いるけど、ほとんど若者だ。売れなければ中年になる前に、生活の為にカタギの仕事に着くはずだ。中年になってまで、カタギの生活を捨て、大金を使って異国にまで来て、音楽の夢を追いかけている人などいるのか。

あんなに神業(超絶技巧)で中年になるまで頑張っても路上ライブしかできない(売れない)のか。なんで日本人は、みんな無関心を装って通り過ぎるのだ」。

私はそんなことを感じつつも、やはり帰りの地下鉄に乗るため、後ろ髪をひかれながら、そこを後にしました。

そしてプラットホームに掲示されていたポスターを見て「あっ」と声を上げそうになったのです。それは「パコ・デ・ルシア ギターコンサート」のもの。そして、そのポスター写真は路上ライブの彼にそっくりだったのです。

私は思いました。

彼がもし、もしも本人ならば、名古屋市内の一流ホテルに泊まり、コンサートの前後には、街を散策したのかもしれない(大須商店街にも行ったのかも)。

そのときにアマチュア音楽家を観て触発され、遊び心で、自分も路上「ゲリラライブ」という腕試しをしたのではないか。

ちなみに彼はその世界では超一流です。ロックで言うと、サンタナやエリッククラプトンが路上ライブをするようなもの。

「はたして日本人は私の音楽(スペイン音楽)をどれだけ理解してくれるのだろう」。おそらく彼はそうやって極東の島国、日本を試したのでしょう。でも彼は、少し落胆して帰って行ったような気がします。

もちろん本番の「パコ・デ・ルシア ギターコンサート」は満員御礼・大盛況だったのですが、日本の大衆には無名であり、彼の音楽が理解できない事を路上で証明してしまったのですから。

彼が本人だったのかは謎のままです。私はまだこの映画「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」を観ていませんが、忘れがたい思い出として、ここに記させていただきます。



( これは2014/2/11映画「小さいおうち」追記(路上ライブ)に、加筆再掲したものです。)

 



  • 追記U ( 訃報 ) ネタバレ

    2016/10/9 11:38 by さくらんぼ

    新聞を開いてびっくりしました。フラメンコギターの世界的巨匠であり、情熱的な超絶技巧のスペインのギタリスト、パコ・デ・ルシアさんが、心臓発作のため66歳で死去されたと、2月26日にAFP通信などが伝えたそうです。

    2月11日に彼のことを書いたばかりなのに…これも「シンクロニシティ」なのでしょうか。

    10年ほど前、私が日本の公園で出会った謎のギタリストは、年齢的にも近く、風貌も、頭部が禿げ上がり(失礼)、眼光が鷹のごとく鋭く、爆竹がはじけるごとくの超絶技巧でフラメンコを弾きながら、でも異様なぐらいのゆとりと、自信にあふれ、威圧感を漂わせて、あたりを見渡していました。

    例えれば、元レーサーのダイ・ハードな敏腕刑事が、時速300キロ出るスーパーカーに乗りながらも、高速道路を時速100キロで巡航、獲物を狙いながら、ゆとりでパトロールしているような感じです。

    同一人物だとの確証はありませんが、獲物にされた、いえファンになった一人として、パコ・デ・ルシアさんのご冥福をお祈りします。



    ( これは2014/3/1 映画「小さいおうち」追記V(訃報)に、加筆再掲したものです。)

  • 追記V ( 「矢場とん」 ) ネタバレ

    2016/10/9 11:41 by さくらんぼ

    > ところがその日、私は近くの若宮大通(いわゆる100メートル道路)を横断中、「道路の中州にある公園」で凄いものを見つけてしまったのです。


    ちなみにその中州とは、名古屋名物の「味噌かつ」で有名な、「『矢場とん』矢場町本店」のすぐ北、横断歩道を一つ渡ったところ、噴水のある公園です。

  • 追記W ( あの時私はどうしてあげたら良かったのだろう ) ネタバレ

    2018/1/5 18:15 by さくらんぼ

    青年期に発症した難病のため、車イスで、言葉も不自由な友人がいました。何回か聞き返さないと理解不能なほどに。

    そんな彼と、2年ほど前、偶然町で会い、ランチに付き合うことになりました。カフェで、彼はオムライス、私はコーヒーです。すでに私はランチを終えていましたから。

    車イスが入れるように、テーブルを移動したり、メニューを選んであげたり、ひとしきり店員さんと私でザワザワとしました。

    そして、料理が運ばれてきました。

    ところが彼は上手に食べられないのです。スプーンを口に運べば、半分はこぼしてしまいます。テーブルも服も、汚れてしまいました。それでも、彼は苦労して食べ続けていました。

    私は、スプーンを持って、赤ちゃんにするみたいに、食べさせてあげようかと思いました。しかし知恵遅れではなく、先輩・目上であり、自動車の運転をしているほどの大人なのに、(若い女性ばかりの)公衆の面前で、それは失礼にあたるのではないかとの気持ちから、手が出せず、黙って見つめるしかありませんでした。見られていた彼も辛かったはずですが、私も辛かった。

    人の何倍もの時間をかけ、あちこち汚しながら食事を終えた彼は、汚れた服のまま電車で帰って行きました。

    私は今でも、自問自答しています。あの時私はどうしてあげたら良かったのだろうと。障害者と健常者の気持ちは違いますから難しい。

    その彼が亡くなったとの知らせが年末に届きました。平均寿命まで後15年は生きられたはずなのに。彼が亡くなって、私の中には大きな喪失感が生まれました。彼もまた、どこか寅さんみたいな人でしたから。

満足度データ

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト
100点
1人(16%) 
90点
1人(16%) 
80点
1人(16%) 
70点
3人(50%) 
60点
0人(0%) 
50点
0人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
6人
レビュー者数
1
満足度平均
80
レビュー者満足度平均
70
ファン
0人
観たい人
4人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”