ただいまの掲載件数は タイトル56571件 口コミ 1115633件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ハドソン川の奇跡 > 掲示板 > 清濁併せ呑む

清濁併せ呑む ネタバレ

2016/9/12 21:26 by さくらんぼ

ハドソン川の奇跡

新聞を見たら、映画のチラシにも使われている「水面に浮かぶ飛行機を、正面からとらえた写真」が掲載されていました。全面広告の映画「ハドソン川の奇跡」です。

映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」では「鳥」が象徴的に使われていましたので、水面に浮かぶ飛行機は鳥かと推理してみましたが、違うようです。鳥にも似ていますが、こちらは「天秤ばかり」でしょう。

乗客が飛行機の左右ドアから出て、主翼の上に半数づつ乗っています。左右のバランスを上手くとらないと、重い方の主翼は水面下に沈み、上客は溺れてしまうかもしれませんから。

この「天秤ばかり」が映画の主題かもしれません。つまり「清濁併せ呑むことが必要である」と。これは「機長の着水判断」のことでもありますし、「機長を裁く人たちの見識」のことでもあります。

勝手なこと書きましたが、私はまだ映画を観ていませんし、予備知識も新聞広告程度しかありません。だから、このレビューもよっぱらいの戯言だと思ってください。映画を観ることできましたら、また追記したいと思います。

 



  • 追記 ( 「空港物語」 ) ネタバレ

    2016/9/29 21:18 by さくらんぼ

    映画「ターミナル」は「法律のすき間に落ちた、一人の旅行者の話」でした。

    ならば映画「ハドソン川の奇跡」は「英雄と罪人とのすき間に落ちた、一人の機長の話」なのです。

    これにて「空港物語」の完結か。

  • 「奇跡」は二度起こっている ネタバレ

    2016/9/29 22:16 by さくらんぼ

    @ サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、従軍時代、トラブルの起きた高価な戦闘機(ファントム)を壊すまいと、無理して飛行場まで操縦してきたことがありました。実際、その様な事例では墜落することも多く、その一件が彼の隠れた「トラウマ」にもなっています。

    今回のハドソン川の旅客機不時着では、ぎりぎりの飛行場へ着陸挑戦するのではなく、吸い込まれるように眼下の川に不時着しました。機長はその決断を「やもうえない事」として頑として譲りませんでしたが、実は、決断の「遠因」は、従軍当時の「トラウマ」だったのかもしれません。

    A 国家運輸安全委員会の厳しい追及では、フライトシミュレーターを使って検証が行われていました。

    そして、いろいろあった後に、サレンバーガー機長の、「人的要件が考慮されていない」との反論で、「35秒間の思考時間」を入れて、つまり「35秒間、何もしない時間を入れて」再検証しました。

    そうしたら、フライトシミュレーターが「墜落警告」を発したのです。そのとき副操縦士が「フラップを下げますか?」と尋ねましたが、機長は「いいえ、このままにします」とつぶやく様に答えました。やがて飛行機は滑走路に届かず墜落します。

    B サレンバーガー機長は「英雄なのか罪人なのか」。世論の大勢は「英雄」と見ていました。「9.11の、悪夢の再現を防いだ神」そんな功績がニューヨーカーならず米国民を狂喜させていたのです。

    いろんな要素があり、上手く全部は書ききれませんが、もしかしたら、この映画「ハドソン川の奇跡」は、映画「ターミナル」と同じく、一人の主人公の「人徳」からスタートしたものが、世論の後押しを受け、国家運輸安全委員会の風向きまでも変えてしまう映画なのでしょう。

    彼らが断固として糾弾するつもりなら荒捜しはできた。しかし事実上、彼らは途中で追及をやめてしまったのです。とくにシミュレーターの、さりげない「フラップ」のシーンは意味深でした。

    つまり「ハドソン川の奇跡」とは「ダブル・ミーニング」 であり、「風向きが変わる奇跡」の軌跡にこそ、この映画の真骨頂が隠されているのではないでしょうか。155人が無事だったことの他にも露骨に語られない「宝石」が隠されてるのです。

  • 追記V ( 点数 ) ネタバレ

    2016/9/30 7:22 by さくらんぼ

    映画「ハドソン川の奇跡」では、9.11のような墜落映像が何度も出てきますが、あれは「ファントムのトラウマ」も指示していたんですね。

    映画のラストには実際の機長も登場しましたが、拝見するとトム・ハンクスよりも「繊細な感じがする、優しそうな人」でした。でも過去の「トラウマ」が人々を救うこともあるのですから、人生は分かりませんね。

    3.11でも、怖がって「津波てんでんこ」で逃げた人は助かっても、「そんな大津波は、まさか来ないだろう」と思った人の中には逃げ遅れた人もいたようですから。

    点数をつけ忘れました。

    ★★★★

  • 追記W ( 米国民のトラウマ ) ネタバレ

    2016/9/30 8:32 by さくらんぼ

    米国の世論は「9.11の、悪夢の再現を防いだ神」として、サレンバーガー機長を罪人にする事を許しませんでした。でもそれは「米国民の9.11のトラウマ」を証明したようなものです。だから、この映画は「トラウマの映画」だと言っても良いのかもしれません。

  • 追記X ( 下げなかった「フラップ」 ) ネタバレ

    2016/10/1 6:40 by さくらんぼ

    >彼らが断固として糾弾するつもりなら荒捜しはできた。しかし事実上、彼らは途中で追及をやめてしまったのです。とくにシミュレーターの、さりげない「フラップ」のシーンは意味深でした。

    野暮を承知で「フラップ」についてもう少し書いておきます。いつも通り、これは私の「夢想」です。

    サレンバーガー機長に「私のママがファンです。ママは独身ですと言って、いきなり抱きつき、これはママの代わり」と言うシーンや、「いきなり抱きついて頬にキスするシーン」があります。

    機長も困惑し、別室で「なんなんだ、これは?」と友人に言うと、友人は「若い女がいきなり抱きついたんだ!」と、答えになっていない答えをしたのでした。これは伏線かもしれません。

    特にこの「なんなんだ、これは?」は、「試験に出るぞサイン→」だと思います。その「→」はどこを指しているのかと言うと、女性つながりで、国家運輸安全委員会のシミュレーターを操縦していた「機長役のおばさん」でしょう。機長に抱きついた女性の母だとは断定されていませんが、年齢的には母ぐらいに設定されています。

    サレンバーガー機長を世論は「神」だと思っているし、飛ばし屋のあのおばさんにとっても「偉大な神」です。でも、お役目とはいえ、そんな機長を糾弾しなくてはならない。その悶々とする不条理。

    そして査問会の日。機長をハメるため、卑怯にも当局からシミュレーションは17回も事前練習させられたのに、それを知ったサレンバーガー機長からは、思いやりのある言葉をかけられ、こらえきれず寝返るのです。

    「墜落警報」が鳴った時、副操縦士が「フラップを下げますか?」と言ったのに、「いいえ、このままにします」とつぶやく様に答えたのは、「今からサレンバーガー機長の味方をする」という「密かな決心」だったのかもしれません。そして想定どうり墜落。

    その後、国家運輸安全委員会の面々は別室で審議することになりますが、当然「なんでフラップを下げないんだ!」という質問が出たはず。

    ご存じのとおり「フラップ」は「飛行機の揚力をアップさせるもの」。しかし空中に浮かんでいる飛行機の操縦はそんなに単純なものではありません。不用意に「フラップ」を下げることでバランスを失うこともあるはずです。彼女は声高にそう主張し、あの状況下で、そんな「奇跡」が可能なのは「サレンバーガー機長」だけだと断固主張したのでしょう。

    この一言で審議の流れが変わりました。

    なにしろ世論の大勢は「機長を罪人にすることは神を裁くに等しい」と憤慨していたから、国家運輸安全委員会の面々も「悪魔役にならずにすんだ!」と「内心ほっとして」、その風に流されることにしたのです。

    査問会のラストでは、先ほどまで苦虫を噛み潰したような顔をしていた面々が、「機長、あなただからこそ奇跡が起こせたんです!」と言って、心底嬉しそうに微笑むシーンが印象的でした。

    この前後に、片方のエンジンが止まっていたとか、いなかったとかの調査報告がなされますが、それ以前に、一人のおばさんが審議の流れを変えてしまったことが「奇跡」なのです。

    そして真実がどうであれ、審議で「結論が出た」のですから、ときに証拠がそれに合わせて微調整されることがあるのは、どこの国の、どんな事例でも、似たようなものかもしれません(ほんとに?)。ある意味「初めに結論ありき」の体に変化したのかも。ただし、少なくともその結論は「正しい見識」下のものでなければなりません。

    初めにも言いましたが、ここに書いたのは映画をヒントにした私の夢想です。まったくもって事実ではありません。

  • 追記Y ( 「第五チャクラ」 ) ネタバレ

    2016/10/2 7:41 by さくらんぼ

    >乗客が飛行機の左右ドアから出て、主翼の上に半数づつ乗っています。左右のバランスを上手くとらないと、重い方の主翼は水面下に沈み、上客は溺れてしまうかもしれませんから。

    このチラシの中央には「横を向いて喉に手のひらを当てた」機長が、「もやもやとした曇天」のような背景の前に立っています。まるで防犯カメラに写った「指名手配の写真」みたいに。

    もしこれがキリストだったら「まばゆい光の中、優しいまなざしで正面を向いている」でしょうし、「スーパーマン」だったら「青空をバックに、キリっと腕を組み、仁王立ちになって正面を向いている」ことでしょう。

    チラシからサレンバーガー機長には「まだ語っていない何かがある」のが伺えます(それは従軍時代のファントム故障のトラウマでしょうか)。

    ちなみに「喉」は「第五チャクラ」であり、「コミニュケーションや自己表現」のエネルギーセンターです。その影響で「長期間言いたいことを我慢していると喉が痛くなることがある」とも言われています。

  • 追記Z ( まとめ ) ネタバレ

    2016/10/2 7:58 by さくらんぼ

    この映画には「ファントムのトラウマから逃げるサレンバーガー機長」、「9.11のトラウマから逃げる米国民」、「フラップを下げることから逃げるおばさん機長」、「世論を敵に回すことから逃げる国家運輸安全委員会」が出てきます。

    そして最後には「みんなの思惑が一致」して「新たな価値」を生んだわけです。

    もしかしたら、これは「経営学の話」でもあったのでしょうか。

    そう言えば映画の前半、サレンバーガー機長が副業で密かに「会社経営」しているような話がチラリと出ていたような。

  • 追記[ ( 別表記 ) ネタバレ

    2016/10/3 5:58 by さくらんぼ

    > そして最後には「みんなの思惑が一致」して「新たな価値」を生んだわけです。


    「−1」×「−1」×「−1」×「−1」=「1」

    あるいは…

    「赤信号みんなで渡れば怖くない」。

  • 追記\ ( 制服とネクタイ ) ネタバレ

    2016/10/14 10:01 by さくらんぼ

    >チラシからサレンバーガー機長には「まだ語っていない何かがある」のが伺えます(それは従軍時代のファントム故障のトラウマでしょうか)。(追記Y より)


    私が人事異動で新しい職場へ行った直後の話です。夏でクールビズになり、ノーネクタイでもOKでしたが、私はネクタイを外せませんでした。まだ新しい仕事に自信がなかった分だけ「ネクタイで威厳を保とうとした」のです。特に接客するときは。

    映画「ハドソン川の奇跡」では、飛行機が無事に不時着した直後、全員を避難させた機長は、「制服」を着て機外へ出ます。

    寒かったせいもあるでしょう。でも、たしか後に副操縦士からの、「何でネクタイなんかしてるんだ」という言葉にもあったように、「制服にこだわる姿」は、自信ありげな外面とは裏腹に、「内面の心細さ」の記号でもあったのだと思います。

満足度データ

ハドソン川の奇跡
100点
50人(21%) 
90点
68人(29%) 
80点
74人(32%) 
70点
31人(13%) 
60点
5人(2%) 
50点
2人(0%) 
40点
0人(0%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
230人
レビュー者数
115
満足度平均
85
レビュー者満足度平均
88
ファン
33人
観たい人
105人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • クリス・トフォルー
  • ウータン麺
  • tack
  • すかあふえいす
  • まさと丸
  • なつみかん。
  • 佳辰
  • DALEDALE
  • みかずき
  • jimmy09
  • いちまるよん
  • よっchan
  • ☆HIRO☆
  • 81rock
  • ぱおう

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.3『あさひなぐ』特別試写会合計415組830名様ご招待!
遂にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にスパイダーマン本格参戦! 映画論評・批評の新コーナー“critic”。夏のアクション大作『スパイダーマン:ホームカミング』『トランスフォーマー/最後の騎士王』ほか『エル ELLE』など8月公開作更新中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝