ただいまの掲載件数は タイトル57371件 口コミ 1124158件 劇場 594件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 君の名は。 > 掲示板 > もしかして、ときソバ詐欺?

質問 もしかして、ときソバ詐欺? ネタバレ

2017/11/13 15:16 by 未登録ユーザ リア重がない?!

君の名は。

このお話でボクがもっとも不思議だなぁ?と思うところは、
どうして入れ替わっている間にしたことや、相手の名前を忘れてしまうんだろうか?
ということです。

確かに、夢を見た後に、夢の中でしたことや、夢に登場してきたヒトの名前や顔形が分からなくなることはありますが、このお話みたいに、何回も、何日にもわたって、同じ町で、同じ人たちと関わり、その人物として行動していたのなら、たぶん、ボクなら忘れないと思うんだけど…。

むしろ逆に、というか、映画の中で主人公達もそう考えたように、
「それは夢だったのか?現実だったんじゃないか?」
を確かめたくなるほど、詳細かつ鮮明に記憶してしまうような気すら…。

それに、あのおばあちゃんでさえ、自分も遙かな昔に「そういう夢を見たことがある」と覚えているのに、つい最近見た高校生たちが、ほぼ「次の瞬間には忘れてる」っていうのは、なぜ?

そしてそれを、観客が恐らくは全く不自然に感じていないというのも、非常に気になります。

この点、ボクが思うに、
入れ替わった相手が「自分の代わりに」したことと、
入れ替わった相手として「自分が」行ったことを、
観客に「混同させている」のではないか?疑惑がある気がします。

つまり、入れ替わった時にしたことは、外観上は相手がしたことですが、主観的には紛れもなく「自分のしたこと」なので、当たり前ですが、忘れないハズです。
なのにこれを、
「夢の中の出来事のようだ」ということと、
入れ替わった相手が(自分の姿で)したことは覚えていない(というか、正確には相手のしたことなので知ってるハズない)」だから「スマホに記録しておこう」という主人公達の行動を利用して、混同させているのでは?
という疑惑です。

ま、端的に言ってしまうと、
もしかして「時そば詐欺?」っという感じ、です。

あと、記憶にムラがあるのも、ご都合主義と申しますか、大変に気になるところです。
瀧クンと先輩のデートの後、二人が入れ替わらなくなって2〜3週間は、瀧クンの記憶は鮮明で、その記憶に頼って、町の風景を詳細に描いたり、彼女の町を探したりなどしています。
にもかかあらず、
ご神体にお供えの御神酒を飲んで、再び入れ替わることが出来た後は、1分も記憶が保たない、というのはなぜなのでしょうか?

新海誠監督。
そもそもリアルではない作り話を、切れば血が出ると思え、血の出る痛みすらリアルに(絵だけでなく、演出なども)表現し、観客に伝える人だったのに、「そもそもファンタジーですよ」と最初から宣言しているような本作であるとは言え、思いっきりテキトーに作ったように思え、とても残念です。

ま、ある意味、それで助かりましたが、ワタシは。

 



  • ある時から急に、名前を忘れ始める、その時点の件。 ネタバレ

    2017/11/13 16:53 by 未登録ユーザリア重がない?!

    記憶がなくなる件について考えいたら、「これ、やばいよね。おかしいよね」と思うに到ったので、その点だけ追加。

    主人公達二人は、「ある時、突然に」記憶をなくし始めますよね。
    その時点までは、全然普通に相手の名前を呼んだり、ある場所の存在やそこへの行き方、道順などもしっかりと覚えています。
    ま、先にワタシが書いた通り、夢の中のようであるとは言え、「自分の身(他人の体だけど)に起こったこと」なので、覚えていて当たり前、ではあり、覚えていること自体は変ではないのですが…。

    しかしその、「ある時点」以後、突然に、その「当たり前のこと」を忘れ始める訳です。
    その時点と言うのが、
    「忘れないように、互いの名前を書いておこう」と瀧クンが言った時点なワケです。

    その直前まで、彼女の名を呼び、姿を探し、発見して彼女であると認識できた瀧クンが、そんな台詞を吐くこと自体も、そもそもオカシイですが、そのシーンを見て観客が、恐らく誰も「あれ?おかしくネ?」と思わない、というのが更に不思議に思えます。

    とはいえ、かく言うワタシも、そのシーン以後、「あれ?どうして名前を忘れる?」とは思いましたが、その時点で「はッ?」とは思わず、今頃きづいているワケですが…。

    もしこれがボクの勘違いでなければ、この疑問は、この作品の致命的矛盾かも知れません。
    ま、ボクの勘違いの可能性、大、ですが。
    ゴメンね、ボクの勘違いだったら…。

  • 「突然に忘れ始める」について考えた、諸々の件。 ネタバレ

    2017/11/14 11:04 by 未登録ユーザリア重がない?!

    「突然に忘れ始める」に絡んでつらつらと考えたことが、自分的に面白いと思えたので、書いちゃいます。

    まず、この作品って、次の3つのパートを、やや強引にくっつけたような構造になってますよね。
    つまり、
    1.彗星落下により突然に終わる、高校生男女の入れ替わり物語
    2.彗星落下による大災害からの町民救出、大避難作戦
    3.何かを、誰かを探している気がする、男女の物語
    です。

    で、完全なるワタクシの独断による結論として、
    1が3の前提かつ根拠であって、それだけで実はお話が完結していたのに、後から2の部分を無理にくっつけた?という印象を、ワタクシ個人的に強く持つに到りました。

    つまり、三葉の霊的な傾向(能力)により、その片割れであり赤い糸(紐)のパートナーである瀧クンと繋がったが、何らかの理由で、三葉がその能力を失うなど、二人は繋がりを失い、結果として3の「誰かを捜す男女」のパートへとなだれ込むハズ、だったんじゃないのかな?元々は、っという印象なワケです。

    こういう話だと、二人の繋がり(結び?)は、三葉の霊的能力に頼っている訳ですから、これを失えば「当然に」失われ、結果、互いに互いを忘れるって事に、ある程度納得が行くかな?と思う訳です。
    だって、赤い糸の相手なんて、元々誰にも分からないし、知る術はないワケですから、ふつうは…。
    元に戻るだけ、なワケです。

    が、ここに「もう少し劇的な展開が欲しい」とか「二人の結びが切れる理由をもっとドラマチックにできないか?」みたいな発想から、彗星が落ちてきたのではないか?と。
    で、どうせ彗星が落ちるなら、仲良し三人組の高校生男女が大活躍!みたいな展開が受けるんじゃネ?ってアイデアが出て、2のパートが完成したのかな?っと。

    かくして、
    1.高校生の男女が入れ替わる話がはじまり、
    2.二人の繋がりは彗星の落下により切れ、二人は互いを忘れ、
    3.誰かを捜している男女がすれ違いを繰り返した末、遂に出会う
    みたいな話が完成したのかなぁ?…なんてね。

    もしそうだとしたら?
    という、完全妄想モードの思考方法に基づいて考えてみますが、もしそうなら“元々の”“本来の”二人の繋がりは、非常に霊的な雰囲気の伴う、幽かな、まさに夢を見ているような幻想的な体験だったんじゃネ?って思うのであって、その記憶は朝起きたらすぐに忘れてしまう。一生懸命に、記憶に留めておこうと努力しても、どうしても留めておけない、みたいな、そんな幽かな記憶、ちょっとした違和感みたいなものではなかったか?などと想像します。

    なので、高校時代にこんな不思議な体験をした二人が、大人になって、第3パートへ突入するような話なら、新海誠モード全開であって、切れば血の出るリア重に、観客が苦しみ抜くお話になったのではなかろうか?と。

    ところがここに、町民救出大作戦!!を接続せねばならないとなると、そんな「幽かな体験」では困るワケで、重要事項をキチンと伝え、計画、命令、実行と、作戦は完璧に遂行されねばならず、従って当然に二人の連携には、確かで、絶対に忘れたりしない、明確な繋がりが必須になってしまったのでは?と、ワタシの妄想は言っとります。

    そうした経緯を経て、
    あんなに詳細で鮮明で確実だった瀧クンと三葉の繋がりは、彗星落下後には、なぜか突然に消滅し始め、第3部を成立させうるための「不自然な展開」とならねばならない羽目になったかと。

    現実に、この映画は、実力以上の(個人の見解です)大ヒットとなりましたが、その大ヒットの最大の功績は、実は第3パートの「切れば血の出そうなリア重の切なさ」にあるのでは?と、ワタクシ考えていたりするワケですが、この部分こそは、実は思いっきり新海誠ワールド展開の部分なワケで、多くの観客に新海誠監督が支持されていることは間違いなのかな?とは思っております。

    返す返すも残念なのは、この新海誠ワールドへの「接続部分」、ここに極めて修復困難な、不自然極まりない「突然忘れ始める」という要素を挟まねばならなかったこと、ではなかろうか?というのが、ワタクシの個人的結論でございます。

    ご免なさい。広告のウラモノの、独断と偏見の塊を書き殴ってしまいました。
    大変に失礼をば、致しました。

  • Re: もしかして、ときソバ詐欺? ネタバレ

    2017/11/14 12:47 by 10年目のソフィ

    こんにちは。
    基本的に同意です。というか、グズグズした頭の中を整理いただいたみたいで、ありがとうございましたww

    私はこの映画をあまり評価できなかった少数派ですが、同様の書き込みをみてもあげていただいた2番の差し込みが、東日本大震災を思い起こさせる事態を安易に取り扱ったことや、タイムリープもののタブーともいえる亡くなる運命の方々を救ってしまった展開にも関わらず爽やかな側面のみ描かれる展開に、ストレートには感動できない、という感じなのではないでしょうか。
    君の名は、というコンセプトに繋ぐ過程にしっくりこなかった1人なのでした。
    お邪魔しました。

満足度データ

君の名は。
100点
122人(23%) 
90点
115人(22%) 
80点
121人(23%) 
70点
65人(12%) 
60点
37人(7%) 
50点
16人(3%) 
40点
9人(1%) 
30点
0人(0%) 
20点
7人(1%) 
10点
15人(2%) 
0点
5人(0%) 
採点者数
512人
レビュー者数
238
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
78
ファン
76人
観たい人
222人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ジンジャー
  • うめお
  • wywykiki
  • 男のこだわり
  • DDDDD
  • marimo32e
  • pineapple
  • MOMO518
  • 084
  • hisashin
  • フィガロママ
  • ゆりだい
  • 川上少年
  • バナナジュース
  • chokobi

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.4『オリエント急行殺人事件』無料特別上映会ご招待!
まるでおじいちゃん版『オーシャンズ11』!?『ジーサンズ はじめての強盗』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
物語、演出、キャスト三拍子揃ったエンタメ快作! 関ジャニ・丸山隆平主演『泥棒役者』ほか『火花』『gifted/ギフテッド』など11月公開の話題作更新! 映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ