ただいまの掲載件数は タイトル59278件 口コミ 1149217件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 君の名は。 > 掲示板 > 映画「宇宙戦艦ヤマト」を思いだしました

ラスト 映画「宇宙戦艦ヤマト」を思いだしました ネタバレ

2016/10/13 10:01 by さくらんぼ

君の名は。

映画の後半に、その後の東京が映ります。ビルに「彗星落下から8年」と書かれた看板が一瞬見えました。

そうです。この映画は今から8年前の11月3日に、あの湖に落ちた隕石災害をモチーフに描かれているのです。

あの日はちょうど小学校の文化祭でした。突然あの一帯に隕石警報が発令され、山頂への避難命令が出たのです。政府の分析では、隕石はまもなく湖に落下し、巨大津波の心配がありました。

しかし、それを聞いた小学校の先生は躊躇しました。

「…」(中略)

湖畔の神社だ。そうだ、それがいい。

先生たちがここまでに考えるのに1時間かかりました。

そして、神社へ行く途中に隕石が落下し、先生、生徒、父兄など、80名が巨大津波にのみ込まれてしまったのです。

80名の誰が亡くなっても哀しいですが、その中の70名は小学生でした。家族の他にも、将来結ばれるであろう、赤い糸でつながった大切な人が、全国のきっとどこかにいたはずです。その隠れた哀しみの数を合わせると140名の悲劇とも言えます。

この映画「君の名は。」は、「津波からの救済と、赤い糸の成就」を描き、たくさんの「無念の死を遂げた人々への鎮魂歌」としたものだったのかもしれません。映画「宇宙戦艦ヤマト」シリーズが「水上特攻をした戦艦大和と乗員への鎮魂歌」であるように。

映画を観た夜、そんな夢をみました。そうです。今書いたのは「看板」で見た私の夢想です。現実でも事実ではありません。

そしてチラシの「彗星と二人のカット」に意味があります。この映画は「彗星が割れる、人が入れ替わる」等で、「想定外→想定外を乗りこえる力」も描いていたと思います。そして映画はそのときの「混乱」も疑似体験させてくれました。

その「目まぐるしさ」に、おじさんは、ついていけないほどでしたが、それが映画の狙いだったのかもしれません。



★★★★★

 



  • 追記 ( 上りと下り ) ネタバレ

    2016/10/13 13:36 by さくらんぼ

    映画「君の名は。」には、高校生の二人が、階段ですれちがうシーンがあります。映画のラストにも大人になった二人が、階段ですれちがうシーンが。

    「上りと下り」。

    このワードは、映画「君の名は。」で重要なポジション占めているようです。

  • 追記U ( 魂の片割れ ) ネタバレ

    2016/10/13 14:19 by さくらんぼ

    「赤い糸」で思いだしましたが、世の中には「ソウルメイト」とか「ツインソウル」などと言う、いわゆる「魂の片割れ」話があります。

    私は今まで何回も恋愛をし、振られてきましたが、過去に一だけ、「恋愛とは異質な引力」を感じたことがあります。

    20年ぐらい前の話。その人は10歳ぐらい年上の女性でした。失礼ながら正直に申せば、目立つ美人ではありません。プロポーションもモデル並みとは申せません。服装も地味です。ひと言で言えば「もし、お見合い写真を見ても、何も感じないかもしれないタイプ」。

    でも実際は、初対面で「ドキドキ胸が高鳴ってしまった」のです。あれが本当の「意味不明」というもの。もう「『気』のレベルで共鳴」したとしか言えないものでした。彼女も何かを感じていた、と私は思います。

    でも、それっきりです。仕事関係ですから。しかしこの世には、美人だとか、可愛いとか、そんな「恋愛とは違うレベルの引力」が存在すると知った貴重な体験でした。

    主人公たちが言っていたように「出逢えば分かる」のです。

  • 追記V ( 震災以降でなければありえなかった作品 ) ネタバレ

    2016/12/7 17:53 by さくらんぼ

    映画「君の名は。」がNHK・ニュースを始め、あちこちで取り上げられています。「高校生の恋物語」「男女が入れちがう」だとか、「舞台になった岐阜が聖地としてにぎわっている」とか。

    もちろん岐阜がにぎわうのは結構なことです。しかし東北が話題と無縁になっている感があります。この作品は「3.11から生まれてきた」とも言えるのです。その根っこのところも忘れないようにしたいと思います。


    「 …新海誠(以下、新海) 『君の名は。』は、震災以降でなければありえなかった作品だと思います。とはいえ、物語を考える過程で、自然に出てきたモチーフでした。

    新海 直接的に震災を描いてはいませんが、僕らには、知識や体験として震災がある。2011年以降、僕も含めて、多くの日本人が「明日は自分たちの番かもしれない」あるいは「なぜ(被災したのは)自分たちじゃなかったんだろう」という思考のベースに切り替わっていったように思います。… 」

    ( 『君の名は。』新海誠インタビュー後編 震災以降の物語/『シン・ゴジラ』との共時性? KAI-YOU 2016.09.09 21:00より抜粋 )

  • 追記W ( ミュージカル ) ネタバレ

    2017/3/13 15:30 by さくらんぼ

    映画「アナと雪の女王」の魔法シーンの映像表現が「シンフォニーしているミュージカル」なら、この映画「君の名は。」もミュージカルだったのかもしれません。

    「君の名は。」では異例の「映像展開のスピード感がロック」してます。

    ともに「聴覚を視覚で表現」したのです。

  • 追記X ( 三葉の父が「町長」である理由 ) ネタバレ

    2018/1/29 10:41 by さくらんぼ

    ヒロイン・三葉の父は町長です。この設定に物語のキーがあると思います。

    娘だからこそ、役場で強面の町長に気軽に面会でき、「彗星が落ちるから、すぐに町民を避難させて」と、意味不明の事を強く言えるのです。

    さらに、娘と友人二人は、防災無線を乗っ取っただけでなく、爆破事件まで起こしました。普通なら警察沙汰になっていたでしょう。

    しかし町長は、「抜き打ちの避難訓練」をしました。そうしなければ防災無線乗っ取りが問題化するからですね。そして、爆破事件は彗星落下でウヤムヤになったようですが、問題化すれば、それも町長がもみ消す予定だったのでしょう。

    だから、町長の娘である必要があった。

    こうして、この映画「君の名は。」は、男女出会いの話が、クライマックスには避難の話になったのです。

  • 追記Y ( 避難訓練 ) ネタバレ

    2018/1/29 11:08 by さくらんぼ

    >しかし町長は、「抜き打ちの避難訓練」をしました。そうしなければ防災無線乗っ取りが問題化するからですね。

    町長は、まだ完全には彗星落下を信じていませんでした。しかし避難訓練ぐらいは、せざるを得ない状況になったのです。「避難訓練」で逃げる先は、都合よく、津波の来ない「学校の校庭」でした。

    しかし、もし学校も水没する心配があり、三葉たちが逢瀬した「裏山の山頂」逃げてと言った場合、町長はそう指示を出したでしょうか。あんな険しい山、老若男女が全員登れるわけではありません。又、「避難訓練」で怪我人でも出たら大変ですから、躊躇すると思います。

  • 追記Z ( 大人の事情 ) ネタバレ

    2018/1/29 11:19 by さくらんぼ

    そして映画は、訴えています。

    もし緊急時に、行政などが「大人の事情」で“もたついて”いたら、君たち「無垢な若者」も発言し、行動しなさいと。

  • 追記[ ( 映画「はじめてのおもてなし」 ) ネタバレ

    2018/2/1 10:24 by さくらんぼ

    映画「はじめてのおもてなし」の追記V ( 救世主は、無垢な若者 )もご覧ください。

  • 追記\ ( 映画「宇宙戦争」〈1953年〉 ) ネタバレ

    2018/2/3 10:34 by さくらんぼ

    映画「宇宙戦争」〈1953年〉のレビュー(「無垢」の効用)もご覧ください。

満足度データ

君の名は。
100点
122人(22%) 
90点
123人(22%) 
80点
134人(24%) 
70点
74人(13%) 
60点
43人(7%) 
50点
17人(3%) 
40点
9人(1%) 
30点
1人(0%) 
20点
7人(1%) 
10点
16人(2%) 
0点
5人(0%) 
採点者数
551人
レビュー者数
248
満足度平均
79
レビュー者満足度平均
77
ファン
79人
観たい人
232人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ま ろ ん.
  • なつみかん。
  • kumikumi13886
  • chokobi
  • mi-toai
  • ゆりだい
  • wywykiki
  • あらぼ〜
  • MJオリエ
  • Gaku
  • 葉秋らん☆
  • らぴゅたん
  • しょっぱい犬の冒険
  • ジンジャー
  • hisashin

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
15周年となる今年はココが違う!《SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018》 特集
『サマーウォーズ』の細田守監督が描く新たな“家族”の物語 『未来のミライ』ほか、スペインの若き新鋭監督の長編デビュー作『悲しみに、こんにちは』や人気舞台の映画化『ゴースト・ストーリーズ…』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
未来の映画監督たちよ、ここに集え!