ただいまの掲載件数は タイトル57053件 口コミ 1121486件 劇場 592件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > この世界の片隅に > 掲示板 > 「真珠の海」の無知

議論 「真珠の海」の無知

2016/12/31 13:17 by odyss

この世界の片隅に

荒らしは放置、というご意見があるのは承知していますが、タチの悪い荒らしにはしっかり反論することも大切だと思う。(もっとも、このサイトの管理人は、荒らしは放置して、荒らしを批判する書き込みを削除したりするので困りますけど。)

サッカーでも、スタンドの人種差別的なヤジなどには、放置(観衆の良識にゆだねる)ではなく、罰を与えるという方針でやっています。

この作品の荒らしについて言えば、以下のような特徴があります。

1.投稿者は登録はしているがその場限りのステハンと同じで、この作品しか投稿歴がない。つまり、映画ファンがたまたま政治的な見解を述べているのではなく、最初から政治的な意図で投稿している。

2.返信欄をクローズして、批判を封じこめようとしている。つまり、堂々と議論をする自信も覚悟もない臆病者のしわざ。

で、以下、「これでは慰安婦像が増えるわけですよ。」なる投稿の無知を指摘します。

>ドイツでたとえると「ナチ党員の家族に焦点をあてて

ドイツには軍人(国防軍)やその家族がいた。ナチ党はこれとは別の組織。なぜ日本の軍事関係者やその家族が「ナチ党員の家族」になるのか。「真珠の海」なる人物は基本的な知識すら持っていない。

>ドイツが作るべき映画って「ナチ党員が被災した話」なんでしょうか?

ナチ党員を日本の軍事関係者になぞらえるのが誤りであることは上に指摘したとおりだが、ドイツでもヒトラーやナチ犯罪を一方的に断罪する映画ばかり作っているわけではない。最近の作品なら、『帰ってきたヒトラー』にはヒトラーとは我々自身であるというメッセージが籠められているし、『顔のないヒトラーたち』では、戦後にナチ犯罪を追求する若手検事をヒーローにしながらも、その家族や友人を通じて、当時ナチに関わらないことがほぼ不可能だったという視点をも提示している。
『ドレスデン 運命の日』(2006年)は、連合軍によるドイツへの空爆のひどさを明らかにした映画。ドイツはこういう映画もちゃんと作っている。

>これじゃね、慰安婦像を増やされても仕方がない

なぜ突然慰安婦の話になるのか不明だが、これまた基本的な知識がないせいだろう。基本的な知識とは、以下のとおり。

1)朝鮮半島は戦時中は日本の一部だった。敵として日本と戦ったわけではない。
2)慰安婦制度はどこにでもあった。それを騒いでいるのは韓国人に常識がないから。
3)安倍首相は妥協して(愚かな妥協だと私は思う)慰安婦に関してお金を出して日韓合意に至ったが、この合意に違反して慰安婦像を作っている韓国は国と国との約束を守るという基本的なマナーに完全に欠けている。つまり、まともな国ではない。

>もっと日本は「戦争を起こしてしまった側だ」という認識を持ったほうが良い

戦争は古代から現代に至るまで、人類の歴史と共にあった。現代でも戦争は(戦争と呼ばずとも)起こっている。なぜか。戦争とは、政治の最終的な手段だからだ。話し合いや経済制裁などで決着がつかない場合は、戦争しかないのである。戦争はなるべく起こさないほうがいいには違いないが、起こしたから悪という論理は成り立たない。

 



  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/1/22 14:31 by 悶mon

    odyss様
    悶monです。

    いつもレビューを読ませていただいています。
    また、正論を貫かれる姿勢にも共感しています。

    さて、今回「真珠の海」さんについて、議論を立ち上げられたことに、私も賛同します。
    このような悪意のあるレビューは何とかならないものかと、かねてより、思っていました。

    私が、今気にしているのは、PC画面でトップレビューに掲げられている「良心の塊」さんのレビューです。
    どうして、このようなレビューに賛同する票が入るのか、不思議ですが、やはり悪意のあるレビューではないでしょうか。

    太平洋戦争の始まりが真珠湾の奇襲であったことや、それ以前に、中国に侵略戦争を始めていたことは、私のような人間でも知っています。
    つまり、戦争を始めたことで、その国は、被害者にも、加害者にもなるということです。

    でも、この映画は、物語的に日本の被害者の側面しか描きようがないでしょう。
    それなのに、加害者の立場を忘れるな、とは、単なる悪意のあるレビューとしか思えません。
    なお、この「良心の塊」も、レビューは今回のみで、返信はクローズされているという悪質なものです。

    odyssさんは、多分ご存知かと思いましたが、賛同者がいるという意味も込めて、投稿させていただきました。

  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/1/22 15:32 by odyss

    悶monさん、こんにちは。

    「良心の塊」なるユーザーのレビューにはすでに他の方も(本人のレビューはクローズされているので別の場所で)反論しておられますね。

    「共感した」票が多いのは、そのためにだけユーザー登録するなどの工作のためでしょう。
    要するに、まともな映画ファンのレビューや共感票ではなく、ためにするレビューおよび共感票だということです。

    私のこのアニメについての見解は、自分のレビューに書いておきましたけど、要するに昭和初期庶民の日常生活を描いた作品、ということです。たまたま戦時中だったわけで、ですから戦争被害の描写もそれなりにありますが、決して「戦争は悲惨だから二度と起こしてはいけない」というようなプロパガンダを行うためのアニメではありません。そういう作品であれば、これほど高い評価を得ることはなかったろうと思います。

    それから、真珠湾攻撃が本来は宣戦布告をしてから行うはずが、日本の外務省の無能のために宣戦をあちらに通知するのが遅れた、という事実は今では広く知られています。
    そもそも、宣戦布告をせずに始める戦争なんかいくらでもあるわけで、「宣戦布告をしなかったから卑怯だ」というのはアメリカが自国民を鼓舞するために行った宣伝に過ぎません。アメリカの宣伝工作を真実と思うのは無知なヤカラのすることです。

    また、中国大陸への日本の侵略行為にしても、侵略なんて世界史が始まって以来ずっと続いているってことを心得ておいたほうがいい。中国の清王朝だって北方民族の侵略でできた王朝だし、アメリカ合衆国だって白人が先住民を騙したり殺したりして作った国家、つまり侵略国家ですからね。だいたい、真珠湾攻撃とはハワイに対する攻撃ですが、ハワイはもとももと独立国家だったのが、アメリカが侵略して自国領してしまった島嶼なんです。

    「侵略」を、日本についてだけ大声で非難するヤカラは、世界史を勉強し直したほうがいいでしょう。

  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/1/23 18:04 by エテ吉

    個人的にステハンは正直どうでも良いんですけど、
    返信欄クローズして批判する奴は
    人とまともに話せない奴なんだなと思って可哀想になりますね。

  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/1/23 19:01 by 悶mon

    早々のレスありがとうございます。

    要は、歴史をきちんと学ぶべし。ということだと思います。

    今回いただいた回答はすべて、もっともなもので、私としては、満足しています。

    今後とも、このぴあの良心として、レビューやコメントをされることを願っています。

  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/1/25 23:47 by みかずき

    こんばんは。悶monさん。
    みかずきです。

    私も一言。

    本作のメッセージは、
    ”戦争の不条理に翻弄されても、それでも人は強かに生きることができる”です。

    空襲のシーン、原爆のシーンで、アメリカを想起することはありません。戦争というものの不条理に強い憤りを覚えます。

    本作は、戦争責任云々、戦争加害者云々、太平洋戦争云々といったものではなく、普遍的に戦争そのものの本質に迫っています。

    無心になって本作を観て評価して頂くことを希望します。

    失礼しました。

  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/3/21 11:51 by soukyuu0080

    自分で票を入れて必死に工作している良心の塊さんもそうですが、単純に可哀想だなぁ、と思います。

    あの人達は映画館に足を運んで、お金を払って、2時間座っているのに映画も、主題さえも見えていないんだな、って。

    あの2時間を、眉間に皺寄せて、肩を怒らせて鼻息荒く自分の世界の構築に勤しんでいただけなのかと思うと哀れみすら感じます。そんな人生、楽しいのかなぁ?って。

  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/9/24 21:16 by Dotcca

    原作者は中沢啓治よりはましだけど、ちょっと左寄りのひとです。ただ、正当な戦争批判なので、今の日本では許容範囲だと思います。
    「夕凪の街 桜の国」もまっとうな意味での左寄りでしょう。
    すずの設定も、ちょっと頭のゆるい人、広島から呉へ嫁に行ったなど、この物語が成立するための重要なポイントです。それを理解できないと、間違った批判をすることになるでしょう。
    この夏、太平洋戦争もののDVDを見まくった上での結論としては、軍人の無能もさることながら、政治家の無能が戦争の成否を決すると言えること。これは、日露戦争と太平洋戦争の一番大きな違いでしょうね。

    この映画は、戦争を描いたのではなく戦時下の日常を描いたものだと理解できない人は、批判する権利はないと思う。この映画の問題点は、監督の力量不足だけじゃないかな?

    原作未読のため正確には言えないけど、最後の母と子の描写は原作にはないか、違った描写になっていると思う。

  • Re: 「真珠の海」の無知

    2017/9/24 22:11 by odyss

    >「夕凪の街 桜の国」もまっとうな意味での左寄りでしょう。

    そうでしょうか。あの映画は全然物事を突き詰めて考えていない作品だと思います。詳しくはあの作品につけた私のレビューをお読み下さい。

    >すずの設定も、ちょっと頭のゆるい人

    すずは、当時にあってごくふつうの人間でしょう。「頭のゆるい」というのは、不当な評価だと思う。

    >軍人の無能もさることながら、政治家の無能が戦争の成否を決すると言えること。これは、日露戦争と太平洋戦争の一番大きな違いでしょうね。

    そういう面もあることは確かですが、アメリカに戦争をしようという意思が強くあったという面を見ずに、日本だけを見ていては、日米戦争の原因を知ることはできないでしょう。戦争は、それを行う双方の側を均等に見なければ判断を下すことは不可能です。

満足度データ

この世界の片隅に
100点
129人(41%) 
90点
77人(24%) 
80点
62人(19%) 
70点
20人(6%) 
60点
5人(1%) 
50点
1人(0%) 
40点
1人(0%) 
30点
2人(0%) 
20点
3人(0%) 
10点
10人(3%) 
0点
3人(0%) 
採点者数
313人
レビュー者数
168
満足度平均
86
レビュー者満足度平均
87
満足度ランキング
1位
ファン
44人
観たい人
127人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2017 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

有楽町  新宿三丁目  調布 

他の地域

 

この映画のファン

  • musitochi
  • Blue Rose
  • 萌吉
  • y_touch_04
  • stargazer
  • 81rock
  • とっぽ
  • らぴゅたん
  • fukushitarao
  • のんべののん太
  • 葉秋らん☆
  • to-ko
  • 出木杉のびた
  • 桂日之石
  • よっさん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

ぴあ Movie Special 2018 Winter ぴあ映画特別号 冬号登場! 冬の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
98%が「後篇が早く観たい」と回答!『あゝ、荒野 前篇』試写会レポート
早世した激情の女性作家ネリーの半生を描く『ネリー・アルカン 愛と孤独の淵で』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
アウトレイジ(極悪非道)たちの狂宴遂に最終章!『アウトレイジ 最終章』ほか最恐ホラー『アナベル 死霊人形の誕生』『エルネスト』など10月公開作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ