ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157614件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > シン・ゴジラ > 掲示板 > 動物は進化するもの

動物は進化するもの ネタバレ

2016/8/3 7:01 by さくらんぼ

シン・ゴジラ

1954年の初代・映画「ゴジラ」は「核兵器」から生まれました。今回の映画「シン・ゴジラ」は、それに加え「3.11」への怨念も流し込まれています。

ボートを蹴散らし、海から川を遡上しながら上陸してくる姿は「津波」の記号なのでしょう。

そしてゴジラが海中だけでなく、陸上でも生息できるように短時間で「進化」したのは、「想定外にも対応できるように、人間側も進化すべきだ」というメッセージだと思います。この映画は「人間が主役」です。

「放射能の塊」であるゴジラが東京でフリーズしたのは「原発を東京に置いたらどうなるのか、他県になら置いても良いのか」というメッセージでしょう。今回のゴジラは「原発」の記号でもあるのです。

放水車のようなクルマをたくさん使い、血液凝固剤をホースで口から飲ませフリーズさせてしまうのは、3.11で「原発に放水して冷却した」ことの再現。

その出陣式で「諸君には被爆の危険があるが…」と檄を飛ばすシーンは、「フクシマ50」や「自衛隊員」に対する感謝の気持ちの永久刻印でしょう。あの時、彼らはある意味「特攻隊員」だったのです。映画「永遠の0」の世界だけでなく。

そしてゴジラの造形も素晴らしい。何にでも「本家本元」というものがありますが、「これぞ made in Japan」と言いたくなる出来ばえです。「ギャオス」と「キングギドラ」のパフォーマンスも秘め、過去のどのゴジラ、どの怪獣とくらべてもトップクラスのカッコよさ。CGで度肝を抜いた舶来のあのゴジラも「もどき」であったことが世界中の人に理解されることでしょう。

形だけ真似ても、技術だけあっても、そこに魂がなければ、人を感動させるものは作れないのです。



★★★★

 



  • 追記U ( 後編の匂い ) ネタバレ

    2016/8/3 22:02 by さくらんぼ

    ゴジラは血液凝固剤でフリーズしました。映画はそこで終わります。

    もし、この映画「シン・ゴジラ」が興行的に成功すれば、たとえば「高い放射能のために血液凝固剤が変質し、無力化され、ゴジラは覚醒」するという「想定外」が起こるのでしょうか。

    これは私の妄想ですが「後編が隠されている」匂いがするのです。

    そのときには米軍による「東京核攻撃のカウントダウン」が再び始まる。そして「芹沢教授」みたいな悲劇のヒーローも。

    私は後編が観たい。だから、前半だけで終了という「想定外」が起きないようにと願っています。

  • 追記V ( 色気 ) ネタバレ

    2016/8/3 22:19 by さくらんぼ

    この映画「シン・ゴジラ」には「色気がない」と思います。「★」ひとつ足りない理由の多くはそれです。

    この場合「色気」とは「女っ気」ではありません。

    サーカスにおける「ピエロ」。あるいは映画「ダイ・ハード」における「ビル外の無名の黒人警官」のようなもの。

    メインストーリーだけの「殺伐」、「乾燥」、「緊張」などを潤してくれます。サイドストーリーだけれど、それが無くては美味しい味噌汁が作れない「ダシ」のようなものでもあります。

  • 追記W ( 女は意味深 ) ネタバレ

    2016/8/3 22:39 by さくらんぼ

    もしかしたら「石原さとみ」さんの「本来の任務」は、その「色気」だったのかもしれませんが、なんでしょう、ドラマとしての突っ込み不足か、キャラがマッチしていないのか、残念ながら、うまく成功していません。

    ただ、その「石原さとみ」さんが、ラストで、政府関係者の男との別れ際に「私を好きにして」みたいなセリフを言うのです。

    ゴジラも退治できたし、お別れの前に「遠まわしの愛の告白」でもしたのかな、と思いましたが、無反応の相手の男性には聴こえたのか!?、それとも私の勘違いか。

    いずれにせよ、女性は突然、意味深なセリフを吐くものです。私のような凡人は、リアルでは早くとも2〜3日後にならないと、気づかない。

  • 追記X ( 1954年「ゴジラ」への献辞 ) ネタバレ

    2016/8/4 5:47 by さくらんぼ

    オープニングの「東宝マーク」は二つ出ますね。2つ目は「レトロ」なものです。

    そしてラストの音楽も、有名な伊福部さんのものが、たぶん「オリジナル」と思われるような「レトロ」な音質で登場します。音の粒子感が粗く、お菓子の「白いラクガン」みたいな質感。真空管で言えば「2A3シングルアンプ」みたいな感触。

    これらはみな1954年初代ゴジラへの「献辞」なのでしょう。

    最後の音楽で一段と盛り上がりましたね。むかし「007」で伝統のテーマ曲を使えない作品がありましたが、あれは味気なかった。いかに映画音楽が重要かが分かりました。しかし今回の映画「シン・ゴジラ」はその真逆であり、ファンにはたまりません。

  • 追記Y ( ドラマ監督 ) ネタバレ

    2016/8/4 6:04 by さくらんぼ

    これにかぎらず、怪獣映画における「人間ドラマ」には独特の感触がありますね。「薄っぺらさ」とでも言いましょうか。映画「クライマーズ・ハイ」、「ダイ・ハード」などの「重厚」と比べると分かると思います。なぜ怪獣映画で、それが撮れないのか分かりませんが、なにか因習的な意図的演出なら改善が必要ですし、そうでないのなら「特撮監督」だけでなく「ドラマ監督」というポジションも作るのはどうでしょうか。

  • 追記Z ( 避難民の内面描写 ) ネタバレ

    2016/8/4 6:18 by さくらんぼ

    住民・避難民の顔が見えない(内面描写が不足)のもそうですね。たとえばゴジラが変態(進化)前の状態のとき、武装ヘリによる攻撃チャンスがありましたが、ゴジラ近くの橋を渡る一組の人影が見えたので中止しました。

    ゴジラの変態前は皮膚が柔らかいと思われたので(立ち上がるときに、自重で潰れないよう、甲殻類のような頑丈な装甲になったのだと思います。)、攻撃のチャンスでしたが、それを逃しました。止めなければ倒せた可能性もあるのです。

    あんな描写でも「避難民の内面描写」が入っていれば、観客はもっと苦しく胸に迫るものになったはず。

  • 追記[ ( まずは炎から ) ネタバレ

    2016/8/4 6:31 by さくらんぼ

    ゴジラが米軍から「バンカーバスター」で攻撃された後、まず「ガメラ」みたいに口から炎が出せるようになり、やがて火力が上昇し、最後は「ギャオス」のレーザーメスみたいなものになりました。

    私は「気功」をやって経験したことですが、あれが「肉体の変化」だと思います(もちろん炎は出せません)。あれがマシンではない生きものの変化です。だから、あのシーンはゾクゾクするほどリアルに感じました。絶賛に値します。

  • 追記\ ( 非常時の正しい判断 ) ネタバレ

    2016/8/4 6:46 by さくらんぼ

    東日本大震災の時、「たくさんの生徒を連れた学校の先生が、大津波警報で避難するときに、裏山ではなく、海の近くへ行ってしまい、多くの犠牲者が出た話」があります。常識的に言えば、誰が考えても「大津波警報が出ているのに海の近くへ避難するのは非常識なこと」ですが、往々にして「想定外の状況の中では誤判断」がおきるのです。「非常時の正しい判断」がいかに難しいのか、けっして人ごとではありません。

  • 追記] ( 風が吹けば… ) ネタバレ

    2016/8/4 7:01 by さくらんぼ

    「ゴジラ」とは「地政学的リスク」の一つであり、ゴジラの生息地になることで「株」が大暴落したり、「経済損失」が発生したり、国連の名の元に米軍から「核」攻撃されることもあるのですね。子どもの頃は「ビルが壊れ得るだけ」だと思っていましたが。その「風が吹けば桶屋が…」的な話をもっと聴きたいと思いました。

  • 追記11 ( 「エヴァンゲリオン」のポエム ) ネタバレ

    2016/8/4 8:30 by さくらんぼ

    映画「シン・ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」の類似点をあげる人も多い。私もエヴァ映画を観たことがありますが、とかく「難解」だと言われるエヴァには意外にも「ポエム」があふれています。作り方によっては「ポエムは人物が黙って立っているだけでも生まれる」のです。

    映画「シン・ゴジラ」では、ゴジラに狂言師・野村萬斎さんの動きをモーションキャプチャで反映させているのも、そんな理由からなのでしょう。

    しかしながら、「ポエム」において映画「シン・ゴジラ」はエヴァ映画に追いつけなかったのは残念なことです。アニメでは無かったからでしょうか。

  • 追記12 ( 喧嘩するほど仲がいい ) ネタバレ

    2016/8/4 14:28 by さくらんぼ

    TVドラマ「最後から二番目の恋」の再放送を観ています。中井貴一さんと小泉今日子さんは「恋人でもないのに喧嘩するほど仲がいい」のです。それに嫉妬して「私にも同じようにして欲しい」とゴネル片思いの娘もいました。映画「シン・ゴジラ」は今年観るべき一本に違いありません。

  • 追記13 ( 「オンカロ」のマーク ) ネタバレ

    2016/8/5 7:05 by さくらんぼ

    「 赤に黒いシルエットでゴジラ 」。

    映画「シン・ゴジラ」のチラシなどに出てくる絵ですが、これが意味するものはなんだ。もしかしたら「核関連施設」と関係あるのではないか。そう思ってググってみました。

    そうしたら「オンカロ」のマークがヒットしたのです。「ゴジラマーク」はあれをモチーフとしたものなのかもしれません。

    「オンカロ」とは、

    「 …使用済み核燃料に含まれるプルトニウムの半減期は2万4000年。生物にとって安全なレベルまで放射能が下がるにはおよそ10万年の月日を要するという。それまでの間、10万年にわたって「オンカロ」は地下に封鎖され続ける。… 」

    ( エキサイトニュース 「人類が生んだ最も危険な廃棄物の最終処分場『オンカロ』を知っているか? 」 スゴモリ 2012年7月23日 20時29分 〔2012年8月2日 18時39分 更新〕 より抜粋 )

    エキサイトニュースに「マーク」は載っていませんが、「オンカロ マーク」で別にググると出てきます。今の言語が通じないかもしれない、数万年後の人類に対して、危険を知らせるための「絵によるマーク」の一案のようです。

    これらのことからも映画「シン・ゴジラ」に出てくるゴジラは「メルトダウンした原発」であることが伺えますね。

  • Re: 動物は進化するもの ネタバレ

    2016/8/5 12:42 by 悶mon

    ちょっとここの掲示板と異なるかもしれませんが、思いついたことをひとつ。

    映画の後半、「ヤシオリ作戦」なるものが遂行されますが、これは、古事記で有名な八岐大蛇を退治するため、飲ませた酒に由来するものとのこと。

    鈴木三重吉の古事記物語によれば、「からだは一つでございますが、頭と尾は八つにわかれておりまして、その八つの頭には、赤ほおずきのようなまっかな目が、燃えるように光っております。それからからだじゅうには、こけや、ひのきやすぎの木などがはえ茂しげっております。そのからだのすっかりの長さが、八つの谷と八つの山のすそをとりまくほどの、大きな大きな大じゃでございます。その腹はいつも血にただれてまっかになっております」とあり、今回のゴジラの造形(特に幼体)に近いものがあります。

    現代のクリエーターたちは、日本古来の伝承もかなり研究しているでしょうから、こうした事象も無視できないと思えますが、如何でしょうか?

  • Re: 動物は進化するもの ネタバレ

    2016/8/5 13:31 by さくらんぼ

    悶mon さま、こんにちは。

    お声掛けありがとうございます。その可能性も大きいと思います。そのような「モチーフ」から創造したほうがより「日本」らしさを入れることが出来ますから、むしろクリエーターとして自然なことかもしれませんね。「八岐大蛇」は幼いころ映画で見ました。タイトルも知りませんし、特撮のレベルも低かったはずですが、幼心に「剣で立ち向かう勇者の姿」を覚えています。

  • Re: 動物は進化するもの

    2016/8/9 23:35 by 未登録ユーザ成層圏

    > 幼心に「剣で立ち向かう勇者の姿」を覚えています。

    映画「日本誕生」のエピソードですね。三船敏郎が演じていたと思います。

  • Re: 動物は進化するもの ネタバレ

    2016/8/10 6:35 by さくらんぼ

    > 映画「日本誕生」のエピソードですね。三船敏郎が演じていたと思います。

    成層圏さま、こんにちは。

    情報ありがとうございました。私も記憶を頼りに調べてみようかと思っていたのですが、なかなか手つかずで…。

  • 追記14 ( 「現実」対「現実」 ) ネタバレ

    2016/8/19 10:20 by さくらんぼ

    海を騒がせているのは「沢山の船」ではなく、「一匹のしっぽ」だ。

  • 追記15 ( 「シンデレラ」 ) ネタバレ

    2016/8/22 22:18 by さくらんぼ

    映画「シン・ゴジラ」。

    もちろん観たことはありませんし、ストーリーも知りません。でもTV「ミュージックフェア・AKB特集」の「恋するフォーチュンクッキー」を聴いたとき、これだと思いました。これをエンディングテーマにしたいと。

    表層では人々を勇気づけ、深層ではゴジラをはげます歌として。だから「地味な花」とは「ゴジラちゃん」のこと。


    「…まわりを見れば大勢の

    可愛いコたちがいるんだもん

    地味な花は気づいてくれない

    Yeah! Yeah! Yeah!…」


    ( 「恋するフォーチュンクッキー」より抜粋 歌:AKB48 )


    追記

    でも、ゴジラには躍らせないでほしい。


    ( 以上は「2016.6.18」にマイページに書いたブログの抜粋です。)


    *********


    そして映画「シン・ゴジラ」の「シン」の意味については、いろんな説がありますが、もしかしたら「シンデレラ」から来ているのではないかと、本日ふと思ったのです。

    第五福竜丸が米国・水爆実験の「死の灰を浴びた」。そしてその事が、記念すべき第一作・映画「ゴジラ」の、誕生のヒントになったことは、あまりにも有名です。

    そして「シンデレラ」も別名「灰かぶり姫」と言います。

    やっぱり「ゴジラちゃん」は「女の子」だったのかもしれません。そう言えば、川を津波のように遡上してくるときのゴジラちゃんは、無邪気で可愛い幼子のような顔をしていました。

    彼女はただ帰宅して東京を歩いていただけなのですが、そんな彼女をイジメるお姉さま方が、人間なのです。やがて美顔を集中的にミサイル攻撃されたり、体ごとビルの下敷にされたりして、文字通り「灰かぶり姫」にされてしまいました。


    「 シンデレラ (英: Cinderella) は、童話の一つ。また、その主人公。仏語で『サンドリヨン(仏: Cendrillon)』。和名は『灰かぶり姫』あるいは『灰かぶり』」。

    ( ウィキペディアの「シンデレラ」より抜粋 )

  • 追記16 ( 映画の最深部にあるもの ) ネタバレ

    2017/11/15 15:09 by さくらんぼ

    >1954年の初代・映画「ゴジラ」は「核兵器」から生まれました。今回の映画「シン・ゴジラ」は、それに加え「3.11」への怨念も流し込まれています。

    長い駄文に自分でも呆れていますが、もう少し追加させてください。

    映画の終わり、米国エージェント・カヨコ(石原さとみ)と、日本政府リーダー・矢口(長谷川博己)が、二人で話し合うところがあります。

    カヨコ:「私が米国の大統領になるときは、あなたも日本の総理でいてほしい」みたいな話を。これを翻訳すると「矢口君は、カヨコのポチになるのよ!」となるのかもしれません。

    その時、背景の壁には「無数の☆マークの飾り穴」がありました。

    私はあれを観たとき「星条旗の星だ」と思ったのです。

    すると米軍のバンカーバスターで、ゴジラの体に空いたたくさんの穴も、「星条旗の星」だったのかもしれません。

    すると、その穴から出た放射熱線は「星条旗の横線」になるのです。

    それもご丁寧に、まず「喉に光の星」、続いて「赤い火炎→白っぽい熱線」と、星条旗の「星と赤白ライン」を、色と形の変化でも見せてくれました。

    ならば「無人新幹線爆弾」「無人在来線爆弾」「ポンプ車」も、ラインの記号なのでしょう。

    改めて考えてみると、この映画「シン・ゴジラ」では、「日本はアメリカの属国」だとか、「アメリカに3度目の核兵器を使わせてはならない」とか言って、「いつのまにかゴジラではなく、核兵器を使わせないための戦いに、すり替わっていた」感があります。

    もしかしたら、この映画の最深部では「(事実上、ゴジラの生息地かも知れないが、ゴジラの好き勝手にはやらせない)事実上、米国の属国であることは認めざるを得ないが、米国の好き勝手にはやらせたくない」という、「日本人が無意識に持っているであろう葛藤」を描いていたのかもしれません。

    つまり「ゴジラ自体も、この映画の最深部ではアメリカの記号」だったのです。

  • 追記17 ( カヨコがゴジラになる日 ) ネタバレ

    2017/11/16 8:45 by さくらんぼ

    >カヨコ:「私が米国の大統領になるときは、あなたも日本の総理でいてほしい」みたいな話を。これを翻訳すると「矢口君は、カヨコのポチになるのよ!」となるのかもしれません。


    カヨコは米国エージェントの仕事を的確にこなしがらも、日系人であるためか、心情的には日本の味方でした。

    それを加味して再考すると、「矢口君と二人で、日米を共同統治しましょ!」となるのかもしれません。つまり「属国からの格上げ」です。

    もちろん、どこかの国で、党首に国籍疑惑があった事とは無関係だと思います。

  • 追記18 ( 歩く星条旗 ) ネタバレ

    2017/11/17 9:33 by さくらんぼ

    映画「シン・ゴジラ」の追記18については、映画「この世界の片隅に」の追記]へ書きました。

    ご面倒で申し訳ありませんが、よろしければご覧ください。

  • 追記19 ( 返礼 ) ネタバレ

    2017/11/17 18:23 by さくらんぼ

    映画「シン・ゴジラ」の追記19については、映画「GODZILLA ゴジラ」(2014年)の追記Yへ書きました。

    お手数かけて申し訳ありませんが、よろしければご覧ください。

  • 追記20 ( 弔い ) ネタバレ

    2017/11/17 21:55 by さくらんぼ

    もしドイツが、「ホロコーストなんて無かった。アウシュヴィッツ? あれは病院だよ。ドイツはユダヤ人たちを助けていたんだ」などという映画を作ったら、世界中の避難をあびて大変なことになるでしょう。

    でも、米国は「ゴジラは核兵器のせいで生まれた」という点を、「核兵器は偶然発見したゴジラを殺すために使用しただけ、でも効き目はなかった」と描いた映画「GODZILLA ゴジラ」(2014年)を作ったのです。歴史の改ざんと言われかねない事を。

    それは事実上、「広島・長崎の、核兵器による死傷者は0である」と言ったことになる、かもしれないのです。

    死者に対する冒涜。

    これに対する映画「シン・ゴジラ」からの返戻は、冒頭に描かれた「人が消え、折り鶴折だけが残された」というところから始まります。ご承知のとおり「折鶴」は、被爆者への祈りの象徴でもありますね。

    そして、その「折鶴」は、ゴジラを凍結させる薬品を解明するカギとなる、「折り紙状の設計図」のモチーフとなりました。

    あの、最後に出てきた、「凍結されたゴジラのしっぽに見える、沢山の黒い人影」。あれは「核兵器の被害者たち」ですね。黒くなってしまった人間です。あろうことか、ゴジラはしっぽに隠していたのです。

  • 追記21 ( 西も東も ) ネタバレ

    2017/11/17 22:05 by さくらんぼ

    「 日本の高校生の演説見送り、中国の反対が背景 軍縮会議

    2014年から毎年8月、国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)の軍縮会議で、日本の高校生が政府代表団の一員として演説してきたのが今年見送られた問題で、背景に中国による強い反対があったことが複数の日本政府関係者の話でわかった。中国は国連などの場で日本が第2次世界大戦の被害を強調することに反発を示しており、こうした異論も踏まえて判断したという。… 」

    ( 「朝日新聞デジタル」 北京 2017年11月17日09時08分 より抜粋 )

  • 追記22 ( 「現実 対 虚構」 ) ネタバレ

    2017/11/19 22:03 by さくらんぼ

    チラシにあるこの言葉、

    「 現実 対 虚構 」( ニッポン 対 ゴジラ )。

    何か仰々しく、垢抜けしない、違和感を感じるコピーだと、ずっと思っていました。

    でも、ゴジラが「歩く星条旗」なら、解読できるわけです。

  • 追記26 ( 「量子コンピューター」 ) ネタバレ

    2017/11/20 8:52 by さくらんぼ

    「ゴジラ凍結作戦」の時、世界中のスパコンを結んで研究していたのを思いだしました。

    「 スーパーコンピューターをはるかに超える高速計算を実現する『量子コンピューター』の試作機を、国立情報学研究所などが開発し、27日から無償の利用サービスを始める。世界的な開発競争が進むなか、試作段階で公開して改良につなげ、2019年度末までに国産での実用化を目指す。… 」

    ( 朝日新聞デジタル 「国産量子コンピューター試作機、無償公開へ 改良目指す」 杉本崇 2017年11月20日05時05分 より抜粋 )

  • 追記27 ( あれが続編のお知らせ、か ) ネタバレ

    2017/11/24 14:21 by さくらんぼ

    >カヨコ:「私が米国の大統領になるときは、あなたも日本の総理でいてほしい」みたいな話を。これを翻訳すると「矢口君は、カヨコのポチになるのよ!」となるのかもしれません。(追記16より)


    このあと映画「シン・ゴジラ」のラストシーンになりますが、カヨコが去ったビルの屋上で、矢口君が一人、手すりにもたれかかって数秒間フリーズします。

    矢口君の横、はるか遠くには、同様にフリーズしたゴジラが、ポチぐらいに小さく見えています。

    数秒後、矢口君は起動し、去って行きます。

    残されたのはゴジラだけ。

    これがラストです。

    この映画の文法を解くと、「次に起動するのはゴジラ」なのでしょう。

    奴もいつか暴れだします。

  • 追記28 ( オタク、ゴジラになる ) ネタバレ

    2017/11/26 8:57 by さくらんぼ

    気功の「スワイショウの2」をやっています。

    (細かい動作はネットでご覧いただきたいのですが)直立して、両手のひらを、前後に水をかくように動かすものです。

    そのとき、両手のひらで集めた「気」を、背中(背骨に沿って)に送り込むようにイメージするのです。

    最初の頃はパントマイムです。何の変化もありません。なんで健康に良いのかと思うはず。

    でも、毎日のように数年やると、気感(「気」を感じる能力)が覚醒し、両手のひらに水をかくような抵抗を感じるようになります。

    さらに修行にはげむと…

    私の読んだ本には、「背骨に『気』が入ると『背骨が磁化されたように感じる』」と書いてありましたが、まさにそれを体験します。

    私の解釈では、「気」にはメントールのような清涼感がありますから、それが背骨に入ると、「ヒンヤリとした接着税で固定されるような感覚」を味わうのだと思います。

    そのヒンヤリとした感覚は、イメージとして「日本刀のようにピカピカと光り、かつ青白い」のです。

    私は「あっ! 今、ゴジラの背びれ…」と思ってしまいました。

  • 追記29 ( 「ダブルミーニング」 ) ネタバレ

    2017/11/26 9:15 by さくらんぼ

    >それは事実上、「広島・長崎の、核兵器による死傷者は0である」と言ったことになる、かもしれないのです。

    >あの、最後に出てきた、「凍結されたゴジラのしっぽに見える、沢山の黒い人影」。あれは「核兵器の被害者たち」ですね。黒くなってしまった人間です。あろうことか、ゴジラはしっぽに隠していたのです。(追記20より)


    映画のラストに、こんなセリフがありました。

    「たくさん人が犠牲になった。政治家はその責任を取らなくてはいけない」。

    これは、もちろん映画「シン・ゴジラ」の中での事でしょう。

    でも、もしかしたらこのセリフは、同時に、映画「GODZILLA ゴジラ」(2014年)に向けて発せられたものかもしれないのです。

  • 追記30 ( 役所言葉の甘い誘惑 ) ネタバレ

    2017/11/26 14:12 by さくらんぼ

    「無人新幹線爆弾」、「無人在来線爆弾」は、なぜだか分かりませんが、萌えるネーミングですね。もしかしたら幼少期の「○○ごっこ」を思いだすからでしょうか。「無人…」とつける当たりは、「特攻隊じゃないよ」という意味でしょうが。

    たぶんこれは、役所が作った作戦計画書の言葉なのです。商売っ気も、センスもないと言うか、そんな事考えたこともない人たちが、「取り急ぎ事務的につけた言葉」なのでしょう。それが新鮮に響いた。

    映画の中に「作戦名が長すぎるなぁ〜」、「ヤシオリ作戦にしましょう」という言葉が出てきます。でも、爆弾名までは考える余裕がなかったのでしょうね。

  • 追記31 ( 「無人在来線爆弾」のこだまは聞こえたのか ) ネタバレ

    2017/11/26 14:32 by さくらんぼ

    今年の夏、近所のビル屋上から、花火大会を楽しみました。ちょうど映画の作戦司令所みたいに。いつもは自宅の窓から見ているだけなので、360度開けた屋上で見るのは新鮮でした。

    そうしたら「音の反響」が凄いんです。

    「前方」で鳴った花火の音が、「左右」、「後方」へこだましていきます。山で「ヤッホー」と叫ぶと、「ヤッホー」と返ってくるのと同じです。

    ただの残響ではなく、ちゃんと言葉として帰ってくる。このリアルが映画「シン・ゴジラ」にはあったかどうか、戦場に居た興奮のためか、ちょっと記憶がありません。今の映画、ソフト、ハードともに、それが出来るはずですが。

    ラストの「無人新幹線爆弾、「無人在来線爆弾」など、花火に似ていると思いまして。

    今、ラジオから、竹内まりやさんの「元気を出して」が流れてきました。懐かしい歌です。

  • 追記32 ( 竜を仕留めて記憶を戻す ) ネタバレ

    2017/12/13 16:07 by さくらんぼ

    映画「シン・ゴジラ」追記32につきましては、映画「GODZILLA ゴジラ」(2014年)の追記Zに書きました。お手数で申し訳ありませんが、お読み頂ければ幸いです。

  • 追記33 ( 彼女の首飾り ) ネタバレ

    2018/2/18 9:36 by さくらんぼ

    >そして「シンデレラ」も別名「灰かぶり姫」と言います。

    >やっぱり「ゴジラちゃん」は「女の子」だったのかもしれません。そう言えば、川を津波のように遡上してくるときのゴジラちゃんは、無邪気で可愛い幼子のような顔をしていました。

    >彼女はただ帰宅して東京を歩いていただけなのですが、そんな彼女をイジメるお姉さま方が、人間なのです。やがて美顔を集中的にミサイル攻撃されたり、体ごとビルの下敷にされたりして、文字通り「灰かぶり姫」にされてしまいました。(追記15より)


    映画「シン・ゴジラ」で、川を遡上する子どものゴジラちゃんは可愛いですが、映画の中ほど、叫び声をあげる大人ゴジラの中にも、(女の「しな」を見たみたいに、背中がモゾモゾするほど)妙に可愛いシーンがあるのです。

    ずっと、あれは何だと思っていましたが、直後のシーンと関連づけることで腑に落ちました。そこには、こちらに歩いてくるゴジラ正面のシーンがあって、首の周りに「きれいな青白いリング」があるのです。あれは首飾りでしょう。あるいはドレスのフリル。だから、あの叫び顔の愛らしさは、やはり「彼女だったから」で良かったのです。たぶん。

    すると、冒頭のボートに残っていた「靴」と、「ゴジラの凍結作戦」が、二つ合わせて「ガラスの靴」だったり、(帰ったり来たりの)ゴジラや、(核攻撃タイムリミットの)人間側がせわしく動かされていたのも、「時間制限」のあるシンデレラの世界観を連想させるのです。

満足度データ

シン・ゴジラ
100点
90人(19%) 
90点
106人(22%) 
80点
114人(24%) 
70点
74人(15%) 
60点
33人(7%) 
50点
21人(4%) 
40点
13人(2%) 
30点
6人(1%) 
20点
3人(0%) 
10点
5人(1%) 
0点
5人(1%) 
採点者数
470人
レビュー者数
204
満足度平均
78
レビュー者満足度平均
76
ファン
52人
観たい人
158人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • のんべののん太
  • 葉秋らん☆
  • 儀助
  • 0141gohan
  • チャイルドロック
  • スラバ
  • ジャサ
  • ぺー太郎
  • 冬眠
  • er4560er
  • 鶯谷畳一畳
  • y_touch_04
  • GOKU
  • ぷらは
  • yakan63

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:5182円(税込)
  • OFF:2円

シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組

  • 定価:9504円(税込)
  • 価格:9300円(税込)
  • OFF:204円(2%)
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集