ただいまの掲載件数は タイトル60033件 口コミ 1157637件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > あん > 掲示板 > そこにも承認欲求はある

そこにも承認欲求はある ネタバレ

2015/6/2 18:00 by さくらんぼ

あん

たとえはハワイ旅行…

飛行機で海上を飛んでいると、眼下に、小さな無数の波が、見えることがあります。

そんな時、私はいつも、彼女(どれか一つの波がしら・海だから女性)に視線が行くのです。

一瞬で、彼女は生まれ、砕け、消える。

わずか1秒ほどの人生ですが、その一生を目撃するのです。

「あぁ、あの大海で、あの無数の波の中で、今、彼女を見ていたのは、世界中で私一人にちがいない」。

その瞬間、暗黒の宇宙空間に一人流されているような、胸がつぶれるような、さみしさを感じて…

映画「あん」は、「万物の承認欲求の物語」でした。

桜は満開になり、花吹雪を舞わせることで、己の承認欲求を満たします。

小豆にも、生きてきた物語がありましたね。だから徳江は、さかんに小豆の声を聴こうとしていました。

黄色いカナリヤも、徳江に声を聴いてもらい自由の身になりました。

もちろん徳江自身もそうです。

半生を施設の中で過ごした彼女は、半世紀をついやして作り上げた秘伝の「あん」を、外界のどら焼き屋に食べさせて、己の承認欲求を満たしたのです。

そして、その形見の道具とともに、秘伝は、息子みたいな千太郎に受け継がれました。彼女にも外界に弟子ができたのでした。

過去のある、雇われ店長の千太郎は、オーナーと徳江たちとの板挟みになっていました。千太郎は、誰にも語れない、その苦しい胸のうちを理解してくれ、これからの人生の指針を与えてくれる師を求めていました。のちに、これが徳江になります。

徳江は、ある意味、悟りを開いた、やさしいお坊さんのようでしたね。

対して、どら焼き屋オーナーの妻は、塩をまきたいような、俗物の象徴です。

オーナーの妻は、甥を連れてきて、次期店長にしたがりました。これは徳江の弟子探しの話と対になっているみたいです。承認欲求ですね。彼女には自慢の甥っ子であるようですが、はた目にはダメ男。千太郎もそう思ったようで逃げだしました。

あの、貧しくて高校にいけない少女は、食費節約のため、失敗作のどら焼きをもらっていました。この秘密を店長と共有することで、承認欲求が一つ成就ともなりますし、失敗作のどらやきでも、食べてやることで、どら焼き君のそれも満たしてやれます。

少女の母は、少女から聴いた、ハンセン病のことを、吹聴してまわりました。それが、さみしい彼女の承認欲求だったのです。なにか、すぐに人の陰口悪口を言いたくなる点で、私も他人事だとは思えず、このエピソードは胸に刺さりました。

河瀬直美監督らしい、あまり観客に媚びない語り口と、樹木希林さんの、ふと喜劇タッチを感じさせる名演技との、絶妙のバランスが美味しい映画でした。

私は樹木希林さんの代表作の一本になったのではないかと思います。

良い映画を勧める時に「食事を一回抜いてでも」と言う言葉がありますが、この映画は「食事を二回抜いても、二回は観たい」。それほど美味しい映画でした。

老若男女にお勧めです。特に若い学生さんには栄養満点。

そして今、私が書いた事だけでは無く、色々な角度から感想を語ってみるのも良いかもしれません。それが可能なほど、中身は濃いと思います。

テーマ曲では無いですが、先日から、こんな歌が、頭の中を回っていますのでご紹介しておきます。しっくり、きますから。

「糸」

なぜ めぐり逢うのかを

私たちは なにも知らない

いつ めぐり逢うのかを

私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの

遠い空の下 ふたつの物語


縦の糸はあなた 横の糸は私

織りなす布は いつか誰かを

暖めうるかもしれない (抜粋)

( 歌:中島みゆき )


★★★★★

 



  • 追記U ( どら焼きは皮が命 ) ネタバレ

    2015/6/8 8:49 by さくらんぼ

    映画「あん」には、既製品のあんを使っているのを見た徳江が「どら焼きは、あんが命でしょう」と店長を諌めるシーンがありました。

    これは、きっと「人間は内面が命でしょう」と言っていたのです。

    ハンセン病で皮膚の見た目が悪くなってしまった徳江たちの、承認欲求を描いたワンピースだったのかもしれません。

    だから、あのドラマでは主題上、必要なセリフだったのです。

    でも、ドラマを離れ、純粋にどら焼きの魅力を考えたときに、私の拙い経験で言えば、個人的独断では「どら焼きは皮が命」なのです。

    もちろん、あんなど、どうでもいいと、言っているわけでは無いですよ。ただ「あん<皮」だと言っているのです。

    どら焼きの皮は、触覚で言えば「ひと肌の温もり」を味わうもの。

    ( あるいは共感覚的に聴覚と視覚で言えば「チェロの胴鳴り・飴色」なのです。もちろん胴鳴りには、ガリっという、弓が弦をひっかくときのコンクリート・ブロックみたいに刺激的な高音も付随していますが、今回は、その後に来る、うわ〜ん、と言う音のみを指しています。

    CDなどで聴くリアルなチェロの音では無く、イメージ上の音に近いもの。これは、人にりんごの絵を描かせると、実際よりも、赤く色を塗ってしまうのと似ています。あくまでもイメージ上の話。感覚上の話です。写実の世界の話ではありません。)

    話が脱線しかけましたが、「ひと肌の温もり」の話に戻ります。

    偶然、本日のNHK連ドラ「まれ」にも「恋と、ひと肌」みたいなセリフが出てきまして、タイムリーでした。

    そして、どら焼きを食べるとき、私たちは両唇で「ひと肌」どら焼きと「愛撫の交換・セックス」をしているのです。

    だから、あんは脇役だと感じます。

    ある意味あんは、「日の丸弁当の梅干」。

    あれは、ご飯を食べるものであって、梅干(あん)を食べるものではありません。

    あんを食べるなら、やっぱり最中でしょう。

    最中ではあんが主役で、パリッとした皮は口直ではないでしょうか。アイスクリームにおける、ウエハースと同じ。

    私もどら焼きファンのはしくれ。

    つい、つまらぬ話をしてしましました。

  • Re: そこにも承認欲求はある

    2015/11/14 8:36 by GXY

    ありがとうございます。
    とってもよく分かります。


    > たとえはハワイ旅行…
    >
    > 飛行機で海上を飛んでいると、眼下に、小さな無数の波が、見えることがあります。
    >
    > そんな時、私はいつも、彼女(どれか一つの波がしら・海だから女性)に視線が行くのです。
    >
    > 一瞬で、彼女は生まれ、砕け、消える。
    >
    > わずか1秒ほどの人生ですが、その一生を目撃するのです。
    >
    > 「あぁ、あの大海で、あの無数の波の中で、今、彼女を見ていたのは、世界中で私一人にちがいない」。
    >
    > その瞬間、暗黒の宇宙空間に一人流されているような、胸がつぶれるような、さみしさを感じて…
    >
    > 映画「あん」は、「万物の承認欲求の物語」でした。
    >
    > 桜は満開になり、花吹雪を舞わせることで、己の承認欲求を満たします。
    >
    > 小豆にも、生きてきた物語がありましたね。だから徳江は、さかんに小豆の声を聴こうとしていました。
    >
    > 黄色いカナリヤも、徳江に声を聴いてもらい自由の身になりました。
    >
    > もちろん徳江自身もそうです。
    >
    > 半生を施設の中で過ごした彼女は、半世紀をついやして作り上げた秘伝の「あん」を、外界のどら焼き屋に食べさせて、己の承認欲求を満たしたのです。
    >
    > そして、その形見の道具とともに、秘伝は、息子みたいな千太郎に受け継がれました。彼女にも外界に弟子ができたのでした。
    >
    > 過去のある、雇われ店長の千太郎は、オーナーと徳江たちとの板挟みになっていました。千太郎は、誰にも語れない、その苦しい胸のうちを理解してくれ、これからの人生の指針を与えてくれる師を求めていました。のちに、これが徳江になります。
    >
    > 徳江は、ある意味、悟りを開いた、やさしいお坊さんのようでしたね。
    >
    > 対して、どら焼き屋オーナーの妻は、塩をまきたいような、俗物の象徴です。
    >
    > オーナーの妻は、甥を連れてきて、次期店長にしたがりました。これは徳江の弟子探しの話と対になっているみたいです。承認欲求ですね。彼女には自慢の甥っ子であるようですが、はた目にはダメ男。千太郎もそう思ったようで逃げだしました。
    >
    > あの、貧しくて高校にいけない少女は、食費節約のため、失敗作のどら焼きをもらっていました。この秘密を店長と共有することで、承認欲求が一つ成就ともなりますし、失敗作のどらやきでも、食べてやることで、どら焼き君のそれも満たしてやれます。
    >
    > 少女の母は、少女から聴いた、ハンセン病のことを、吹聴してまわりました。それが、さみしい彼女の承認欲求だったのです。なにか、すぐに人の陰口悪口を言いたくなる点で、私も他人事だとは思えず、このエピソードは胸に刺さりました。
    >
    > 河瀬直美監督らしい、あまり観客に媚びない語り口と、樹木希林さんの、ふと喜劇タッチを感じさせる名演技との、絶妙のバランスが美味しい映画でした。
    >
    > 私は樹木希林さんの代表作の一本になったのではないかと思います。
    >
    > 良い映画を勧める時に「食事を一回抜いてでも」と言う言葉がありますが、この映画は「食事を二回抜いても、二回は観たい」。それほど美味しい映画でした。
    >
    > 老若男女にお勧めです。特に若い学生さんには栄養満点。
    >
    > そして今、私が書いた事だけでは無く、色々な角度から感想を語ってみるのも良いかもしれません。それが可能なほど、中身は濃いと思います。
    >
    > テーマ曲では無いですが、先日から、こんな歌が、頭の中を回っていますのでご紹介しておきます。しっくり、きますから。
    >
    > 「糸」
    >
    > なぜ めぐり逢うのかを
    >
    > 私たちは なにも知らない
    >
    > いつ めぐり逢うのかを
    >
    > 私たちは いつも知らない
    >
    > どこにいたの 生きてきたの
    >
    > 遠い空の下 ふたつの物語
    >
    >
    > 縦の糸はあなた 横の糸は私
    >
    > 織りなす布は いつか誰かを
    >
    > 暖めうるかもしれない (抜粋)
    >
    > ( 歌:中島みゆき )
    >
    >
    > ★★★★★

  • Re: そこにも承認欲求はある

    2015/11/14 10:38 by GXY

    皆、何らかの形で承認欲求を満たすことを求めるのですが、それが満たされないとき、ひとはどうするのでしょうか?メンタル的に具合が悪くなる、人から承認されることを求めない、自分で処理する・・・

  • Re: そこにも承認欲求はある ネタバレ

    2015/11/14 13:16 by さくらんぼ

    GXY様

    お声掛けありがとうございます。

    そして、お気に入りに登録してくださり恐縮です。誠に申し訳ありませんが、現在私はこの機能を使用おりませんので、あしからずご了承ください。又、マイページにもありますが、私は思うところあって、ご挨拶以外の返信・議論などは控えております。そんな、つまらぬ者ですが、これからも、よろしくお願いいたします。

    追伸

    承認欲求を求める人々の生き様を、映画を観て学ぶのが楽しみです。

満足度データ

あん
100点
31人(18%) 
90点
45人(26%) 
80点
55人(32%) 
70点
22人(13%) 
60点
11人(6%) 
50点
0人(0%) 
40点
2人(1%) 
30点
0人(0%) 
20点
2人(1%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
168人
レビュー者数
74
満足度平均
83
レビュー者満足度平均
83
満足度ランキング
9位
ファン
33人
観たい人
103人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


上映情報

木場  多摩センター  吉祥寺 

他の地域

 

この映画のファン

  • のんべののん太
  • かりゆし
  • こゆなみ。
  • あおはるりん
  • 一畳×24=上野
  • Snufkin
  • クリス・トフォルー
  • にゃんちゃん
  • WaiNeco
  • Blue Rose
  • GXY
  • てぃーたん
  • 豆ごはん
  • らぴゅたん
  • hello3

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連DVD

あん Blu-ray スペシャル・エディション

  • 定価:6264円(税込)
  • 価格:4969円(税込)
  • OFF:1295円(20%)

あん DVD スペシャル・エディション

  • 定価:5184円(税込)
  • 価格:4010円(税込)
  • OFF:1174円(22%)

あん DVD スタンダード・エディション

  • 定価:3456円(税込)
  • 価格:2742円(税込)
  • OFF:714円(20%)

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集