ただいまの掲載件数は タイトル59928件 口コミ 1156713件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マッドマックス 怒りのデス・ロード > 掲示板 > スタントマンさんに花束を

スタントマンさんに花束を ネタバレ

2015/7/26 18:32 by サイバイマン

マッドマックス 怒りのデス・ロード

いきなりの爬虫類を食事にすることで、
食べ物や水に不自由している様子がわかりますね。
そして、カーチェイスが始まりますが、
元のクルマやバイクが、なんなのか分からないというのは仕方がないのです。
きっと日本製は多く残って使われているだろうな、現実の未来の世界でも。
女性主人公でもある、シャーリーズ・セロンさんは、片腕義手を装着している設定。CG?VFXでしょうが、それと見えない技術の高さはすごいです。
前作までを見ていなくても、分かる様にできていますが、主人公が、どういった経緯で家族を失い、孤独のまま放浪しているのかは描かれていません。
ただトラウマになっていて、終始、日中には幻覚、夜は悪夢と、うなされまくっている。
相対する敵は、醜く歳を重ね、自己顕示欲と、自分の(肉体的に優秀な)息子だけを溺愛して、神格化しようとしている哀れな老人という訳で、いい迷惑ですね。
敵側の構成は、支配者家族と、戦闘部隊の長、
その部下であるウォー・ボーイ(?)戦闘員。遺伝的身体欠陥で短命みたいですな。
基地内部の従事者が、野菜の栽培、戦闘車両の修理改造なんかもしてます。
あとは、その基地のお膝元にテントやバラックなんか、住んでいる一般市民。大概、飢えと渇きに悩んで苦労している感じ。豊富にある水も管理されて、一般市民になはどうにもならない状態は可哀想である。

作中に出てくる、戦士が死んで、あの世で祝福されるというような、『ヴァルハラ』の北欧神話と、バイキングの思想というものとか、
貞操帯というものを現代の若者が知っているとは思えないけれど、どうだろうか。
シリーズ第1作当時とは全く異なり、
すべてが電子制御で、携帯、テレビ、インターネットだらけの今の世界とは、
かけ離れた実態を、今の若い子は、理解し得るだろうかなー。
マッドマックスの世界では、
銀行、株屋、IT関連、電話に通信・・・・・。これらの職の方は皆、失職ですよ。

そうそう、沼地みたいなところで、「ミュージカルライオンキング」のキリンよろしく、
長い棒を手足にはめた人間は、あれが移動手段なのか?何かを採取しているのか、そこにはまって抜けられなくなった人間から、上前をはねる感じなのだろうか・・・・。
うーん。主人公のマックス。私の個人的な目には、影が薄い。
まー、最初から、ラストは、そっと人知れずその場を去っていく、マックスの姿を思い描いていたので、他の登場人物に注目しすぎていたのかも知れません。(;´▽`A``
痛々しいカーチェイスを演じたスタントマンさん達に、拍手と花束を贈りたいです。、

 



満足度データ

マッドマックス 怒りのデス・ロード
100点
91人(27%) 
90点
69人(20%) 
80点
83人(25%) 
70点
47人(14%) 
60点
20人(6%) 
50点
9人(2%) 
40点
3人(0%) 
30点
1人(0%) 
20点
4人(1%) 
10点
1人(0%) 
0点
2人(0%) 
採点者数
330人
レビュー者数
123
満足度平均
82
レビュー者満足度平均
82
ファン
59人
観たい人
146人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • hirondop
  • nsdisk
  • TPC
  • オーンショー
  • chibisen
  • Jny5
  • ぶどうの木
  • KI-ki
  • 青いイナズマ
  • ピリカ
  • なつみかん。
  • すかあふえいす
  • ニコラ
  • 豆ごはん
  • 魔人ブウ*

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連DVD

世界的人気のクライムサスペンス、その日本版が再び!
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集