ただいまの掲載件数は タイトル64275件 口コミ 1171227件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 華麗なるギャツビー > 掲示板 > 希望はバブルを生む

ラスト 希望はバブルを生む ネタバレ

2015/5/16 9:34 by さくらんぼ

華麗なるギャツビー

人事異動が内定した時、Aさんは新しい係にいるBさんに急接近しました。

今からBさんと親しくしておけば、異動後は何かと力になってくれるはずだと思って。

AさんはBさんと廊下やトイレですれ違うたびに、満面の笑顔を向けて、挨拶し、話しかけるようになりました。

Bさんは最初は「?」と思ったけれど、満面の笑顔には勝てないので、やがてAさんの希望どおり、友達になっていきました。

どこにでも、そんな話の一つはあるでしょう。

映画「華麗なるギャッツビー」(2013)では、映画の前半、謎につつまれた主人公のギャッツビーが、満面の笑顔でニックの前に登場します。

「挨拶が遅れたね。友よ、私がギャッツビーだ」のセリフとともに。

あの満面の笑顔の長回し…

ニックの(あれ、いつのまに、友になったの?)などと言う不安は、あの包容力のある笑みの前には、バターのように溶解していくのです。

「友よ」あるいは「お友達になりたい」と言う素直なセリフは、だれにも参考になるかもしれませんね。

「友達だよ」と言うメッセージを伝えないで急接近すると、相手は漠然とした不安を感じて、反射的に逃げる心配がありますからね。「友達だから接近しているんだよ」と、最初からハッキリさせておいた方が、お互い安心かもしれません。

ところで、映画でも描かれていましたが、あの、だれでも友にしてしまう技!?は、かつて貧しいギャッツビーを拾ってくれた男から学んだものです。

人間力と言いますか、ギャッツビーは、その後、その技を駆使して人脈をつくり、お金を稼いだのです。もちろん、他にもいろいろ画策したでしょうが。

それは、もちろん、かつての恋人デイジーを獲得するためです。

すべてが、そのための、壮大な計画でした。

そのかいあって、やがて、ギャッツビーもお金持ちになりましたが…

この映画「華麗なるギャッツビー」(2013)は、株のバブルと、恋の破局を、同じモチーフとして描いていました。

つまり主題は「希望はバブルを生む」でしょう。

株のバブルは言うまでもありませんが、恋の片思いや、ジェラシーや、そういう一方的な想いは、現実を越えて膨張し、誤解も生み、バブルになることもあるのです。いや、そもそも恋そのものが、ある意味バブルなのかもしれない。

そう言えば、あの名曲「真夏の果実」も、ひと夏の恋の傷(果実)であり、バブル(果実)を描いていたのかもしれません。

「身体を湿らす恋をして

めまいがしそうな真夏の果実は

今でも心に咲いている

遠く離れても黄昏時[たそがれとき]は

熱い面影が胸に迫る」

( サザンオールスターズの「真夏の果実」より抜粋 )


★★★★(感覚的にはロバートが主演した方が好きなので…ちなみに「真夏の果実」は★10点)

追記

ギャッツビーが「友よ」と呼んだニックは、ギャッツビーの死後も、ギャッツビーの評判が地に落ち、デイジーも含め、沢山の知人が消えて、文字通り、世界を敵に回してしまった後も、「親友」として変わらぬ友情を持ち続けたのです。

だから、この話が悲恋に終わっていても、そんな親友が一人でもできたのなら、彼の人生も、ある意味、羨ましい人生だと、言えるのかもしれませんね。

 



  • 追記 ( ギャッツビーのお見合い ) ネタバレ

    2015/5/18 8:02 by さくらんぼ

    AさんとBさんの話をしました。

    あの話には続きがあります。

    Aさん(友達宣言なし)は、Bさんと同じ係になると、計画通りBさんの助力を得て仕事をしていましたが、その係を出ると同時に、Bさんとの交友関係も捨てました。

    そのとき、初めて、利用されていたことに気がつくBさん…

    ところで映画「華麗なるギャッツビー」(2013)では、ギャッツビーがニックを力技(友達宣言あり)で友にします。

    はたして、あれは、デイジーを獲得するためだけの策略だったのでしょうか。単なるビジネスの一部だったのでしょうか。

    私は違うと思いたい。

    なぜならギャッツビーは、お屋敷の上から、日々熱心にニックを観察していたからです。

    その姿に「熱き心の存在」を見ました。

    ギャッツビーにはビジネス仲間は沢山いても、心許せる親友はいなかった。

    成金になるほど、さみしさも際立ってきた。

    そのギャッツビーは、同じように孤独なニックに、シンパシーを感じたのでしょう。見下ろすニックはギャッツビーの過去の姿でもありました(見上げれば未来の)。

    さらに、自分の生涯計画の核心部分を話すためには、相手が本当に信頼できる人でなければいけません。

    何年もかかり、血のにじむような努力をして、現在までのし上がってきても、最後の最後で、しくじっては、何にもなりませんから。

    ギャッツビーはニックが、それに値する人間かどうかを見極めるために、自分の全存在をかけて、毎日観察していたのです。

    そして、やっと一次審査(釣書)合格と認め、ただ一人だけ、正式なパーティー招待状(VIP宣言)を送ったのです。

    そこから、水上飛行機だの、ランチだの、いろいろ誘って、事実上の「お見合い」をした。

    私は映画「セッション」の追記(エネルギー不変の法則)で、恋愛で告白(恋愛感情の宣言)されて、NOではないがYESと答える材料もなく、返事に困る場合は、返事の前にお見合いランチをすればよい、と言いましたが、まさに、それをギャッツビーとニックもしていたわけです。

    そして最終審査も合格。

    いよいよギャッツビーは、秘密をニックに打ち明け(親友の証)、デイジーと再会の、協力を依頼することになります。

    映画のラスト、ギャッツビーは、ひき逃げ犯の汚名の中、無残にも殺されてしまいましたが、仮に、ハッピーエンドの結末だったとしても、ニックは大切な親友のままであったに違いありません。

  • 追記U ( 子供のためにも ) ネタバレ

    2015/5/18 13:52 by さくらんぼ

    デイジーには夫との間に子供(女の子)がいるのです。出演こそしませんでしたが、死んだとも言っていませんので、お屋敷のどこかにいる設定なのでしょうね。

    その話がでたときに、デイジーは言いました。

    確か…「女の子で良かった」、「女は可愛くておバカさんがいちばん」と。

    これは、何と解釈したら良いのか。

    この映画「華麗なるギャッツビー」(2013)では、デイジーは善人であり、悲劇のヒロインとして描かれています。(1974)では、すれっからしの悪女を感じましたが。

    (2013)では、デイジーは今でもギャッツビーを愛していたのです。

    でも、ギャッツビーがそばにいなかったので、人生設計の打算で、無理やり大富豪との結婚の道を選んだ。そして結婚後は、子供が出来たので、子供のために、いまさら離婚が出来なくなってしまった女なのです。

    でもギャッツビーが現れてデイジーは悔やみました。

    もしも自分が、人生設計などできない愚かな女だったら、ずっとギャッツビーを待ち続けただろうし、そうしたらギャッツビーと結婚できたはず。

    だから「女は、可愛いおバカさんがいちばん」。

    そう思ったのでしょう。

    「女の子で良かった」は、女の子なら兵役もないし、可愛い女の子なら、勉強しなくとも、働かなくても、ただ、玉の輿で大富豪と結婚さえすれば良いのだ、と思ったからでしょう。

    もちろん、現在の価値判断からすれば、かなり違いますが…

    この(2013)のデイジーは、とても魅力的な女です。

    私も映画が終わるころには、その魅力に絡めとられていました。それも、そのはず、彼女はキャリー・マリガンだったのです。映画「わたしを離さないで」で哀しきヒロインを演じ、日本でも大好評の女優さん。

    彼女なら、ギャッツビーみたいに、私も人生を棒に振ってしまうかもしれない。

    そんな女と再会できて、触れなば落ちんばかりの態度を見せられれば、ギャッツビーならずとも、もう抵抗は不可能でしょう。

    デイジーが最後のお葬式にも姿を見せなかったのは、やはり、賢い女だったからですね。ギャッツビーが罪をかぶってくれたのなら、デイジーはギャッツビーと無関係を演じるしかなかったのでしょう。

    子供のためにも。

満足度データ

華麗なるギャツビー
100点
21人(8%) 
90点
22人(9%) 
80点
64人(26%) 
70点
62人(25%) 
60点
43人(17%) 
50点
16人(6%) 
40点
5人(2%) 
30点
1人(0%) 
20点
3人(1%) 
10点
2人(0%) 
0点
1人(0%) 
採点者数
240人
レビュー者数
84
満足度平均
72
レビュー者満足度平均
74
ファン
25人
観たい人
156人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ぴけ
  • titi
  • Marienewyork
  • リジュ
  • MH
  • かおおうじ
  • でぐち
  • novemberist
  • よよたん
  • Anzu
  • おほほ
  • ぽるて
  • うさやま
  • なつみかん。
  • hatchan

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

  • 定価:4093円(税込)
  • 価格:3755円(税込)
  • OFF:338円(8%)

 

ディズニーの名作が新たな物語で実写化!『ダンボ』特集
ひげガールのレコメンド対決に投票しよう!  MC-1(見逃したシネマ)グランプリ
“絶対に見逃せない”新ヒーローが登場『キャプテン・マーベル』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】