ただいまの掲載件数は タイトル61119件 口コミ 1165411件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > きっと ここが帰る場所 > 掲示板 > ロックは反抗の音楽

ラスト ロックは反抗の音楽 ネタバレ

2012/8/3 13:21 by さくらんぼ

きっと ここが帰る場所

ロックは反抗(これも苦悩のひとつ)の音楽とか申します。主人公のシャイアンは父に反抗したエネルギーでロッカーになったのでしょう。それが、たまたま成功したために、そのままロッカー(苦悩の人)の人生を突っ走ってしまいました。

そして、ふと、気がつけばもう中年です。ロックを始めた時はあんなに若かったのに、今は歳をとったことにグチをたれるオジサンになっていました。このグチは「僕の半生は幸せではなかった」という哀しい告白です。染められた人生ですから当然です。

ここで「これはビジネスですし、音楽仲間も食わせなきゃなりませんから」などと悟りを開き、さらにロック街道をまい進するアーティストがいても、それは、ひとつの見識ですが、シャイアンは「何かが変だ」との気持ちに素直に従って、一切活動を停止してしまいました。再び流れに反抗したのです。

しかし、そうは言ってもまだロッカー扮装のままです。気持ちは完全にはふっ切れていないのですね。あの、いつも転がしているキャリーバッグは、心にはまだ重石があることの記号なのでしょう。キャリーバッグの話しはキャリーバッグの考案者に、重石のことは重石の原因となった人に話すと良いのですが。

なぜ、ふっき切れていないのか。

それは、シャイアン自身が父への反抗心からロッカーになったことに気づいていないからでしょう。でも、とうとう気づく時が来たのですね。

シャイアンの父が亡くなるのです。父とロックと自分自身に向き合う時が来たのです。表面的には気づいていなくても深層心理では人生の節目になるべき重大な出来事であることを知っています。それが段々とシャイアンにも分かってきた。シャイアンはそれに導かれるかように、父の心の軌跡をたどる旅に出たのでした。

私は他の作品のレビューで時々「就職前の若者の自分探し」に対して「リタイア後の中年になってからの第二の自分探し」にふれていますが、この映画「きっとここが帰る場所」はまさにそれを描いた作品ではなかったでしょうか。

30年間も父から逃げていたシャイアンが、ここへ来て初めて父の内面と向き合うことが出来たのです。それで、段々と癒やされていきました。苦悩の真の原因と対峙し、それを知ることは開放(癒し)へとつながりますから。

映画の終わりに出てきたナチSS隊長も、実は罪悪感に苦しんで生きてきたのですね。でも、それは認めたくはなかった。自己否定ですから。でも今回シャイアンと出会い、その原因と真摯に対峙し、さらに屈辱的な裸をさらした。あれで少しは癒されるのでしょうか。

映画のラストではロッカーの扮装を脱ぎ捨ててさっぱりしたシャイアンも帰ってきました。満面の笑みを浮かべて。やっと父の呪縛からか解放されて心身ともに自由になった記号です。本当の自分が誕生したのでした。これは曇天から快晴の青空になったような気分でしょう。

たとえ逝く前の一年間だけでも良いのです。ドッグ・イヤーではないですが、それは、それまでの何年分にも匹敵する幸せでしょう。シャイアンの様に本当の自分を見つけたいものです。

映像がとても美しく、ショーン・ペンが圧倒的に良かった。

ロッカーの扮装をしていても、旅先で出会った人と会話するセリフは、人生酸いも甘いもかみ分けた大人の分別に満ちていました。そんな、矛盾して崩壊寸前の彼だから「何かが変だ」と人生に疑問符を突きつけたのですね。また、セリフを言わずに、たたずんでいるだけでも、それがにじみ出てくるんです。そんな無言の演技も良かった。

★★★★★

 



  • 追記 ( 韓国とハワイ ) ネタバレ

    2019/1/7 9:46 by さくらんぼ

    私は韓国とハワイに行ったことがあります。

    そうしたら、韓国には郷愁を、ハワイには夢を感じました。

    言いかえれば韓国には過去を、ハワイには未来を感じたのです。

    なぜだか考えてみました。

    私は生まれも育ちも日本人で、帰化した先祖など知りませんが、もしかしたら、遠い祖先は渡来人だったかもしれないと思い至ったのです。

    さらに私は、琵琶湖に不思議な郷愁も感じています。特別な思い出など無いのに。

    後で知って驚きましたが、司馬遼太郎さんの紀行文集「街道をゆく」の「湖西のみち」には、朝鮮半島からの渡来人たちが、琵琶湖を通って南下した様子が書かれていました。あちこちの琵琶湖畔に遺跡があるのです。

    その渡来人たちの多くは、日本に永住することを選んだのでしょう。

    そして、さらに朝日の昇る太平洋へ船出していった友を想い、ハワイの方向を眺めていたのだと思います。

満足度データ

きっと ここが帰る場所
100点
4人(8%) 
90点
4人(8%) 
80点
16人(32%) 
70点
14人(28%) 
60点
6人(12%) 
50点
3人(6%) 
40点
1人(2%) 
30点
0人(0%) 
20点
1人(2%) 
10点
0人(0%) 
0点
1人(2%) 
採点者数
50人
レビュー者数
27
満足度平均
72
レビュー者満足度平均
69
ファン
6人
観たい人
43人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • 中村潤之介
  • hatchan
  • arienaidesho
  • 小波
  • エージ
  • moxa

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など! 映画論評・批評の新コーナー“critic”