ただいまの掲載件数は タイトル59711件 口コミ 1154562件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 英国王のスピーチ > 掲示板 > 在るがまま受け入れるのが愛である

ラスト 在るがまま受け入れるのが愛である ネタバレ

2011/3/11 11:34 by さくらんぼ

英国王のスピーチ

エドワード8世は、シンプソン婦人を在るがまま愛しました。その為には王冠を捨てることも厭わなかったのです。世の常識で言えば、色々問題もなくは無かったのですが、「在るがままなり」との信念で、それを超越するのが愛というものです。

アドルフは、幼いころ父から愛されなかった。今で言う家庭内暴力の被害者だったのです。家庭内暴力を受けた被害者は、心に傷が残ると、大人になり親になってから、今度は自分が加害者になる事があると言います。

画家になりたかった(自分の殻に閉じこもる逃避行為か)アドルフなのですが、なまじ演説も上手だったので、それを軍部が利用し…気が付くと、彼の心の傷が目覚め、大量虐殺の加害者へと豹変していったのです。

ジョージ6世は、厳格な王室ゆえの悲劇か、幼い頃「在るがままなり」な存在を父から許されず(愛されず)、左利きを矯正され、脚も矯正具をはめられて苦痛の日々を送ったのです。これでは父から肉体的暴力と精神的拒絶を受けたのと同じでしょう。彼は自信をなくし、今で言えば心療内科の範疇になるのでしょうが、吃音まで発症しました。

ここで、ジョージ6世がアドルフを成敗するために勇気を持って立ち上がる物語の真の意味が見えてきました。似た傷を抱えたもの同士、アドルフは傷を利用されて悪魔になり、ジョージ6世は傷を癒やされて、アドルフに宣戦布告する神になったのです。

この映画は歴史を謳いあげながら、在るがままに愛する事の真の大切さを描いていました。十人十色、人は人、自分は自分、と知っていても、いざ自分の子供が生まれると、子は自分の所有物だと錯覚し、子の個性を自分の好みに染めようとするのです。さらには虐待など論外です。

もちろん半分は、王に自信を付けさせるための演技でしょうが、王と対等に渡り合うセラピストも素晴らしかった。よい映画を観たと充実感を味わえる佳作でした。

★★★★☆

 



  • 追記 ( 感情転移 ) ネタバレ

    2011/8/27 9:39 by さくらんぼ

    傑作映画「アナライズ・ミー」では、神経症のギャングを偶然診察することになった精神分析医の悲喜劇を描いていました。ギャングから「先生は名医だ!」と感激され、親友扱いされ、追いかけまわされるのです。

    ところで映画「英国王のスピーチ」では、英国王ジョージ6世の言語障害を診察した専門医ライオンとジョージ6世との、医師とクライエントとの垣根を越えた友情物語として語られることがあります。本当に友情が有ったのか否かは知りませんが、美談としても喜ばれるのでしょう。

    私は専門家ではありませんが、そもそも心のお医者さんの場合、クライエントが心を開いてくれなければ満足な診察はできないのではないでしょうか。外科医ではないのですから。でも心を開くとクライエントが医者に友情・恋愛感情などのプラス感情を誘発することもあります。(ときには敵意などのマイナス感情もあります。)それを「感情転移」と言うそうです。それが極端に表れたときにはカウンセリングが中止になることもあるようです。

    だから、クライエント側のマナーとしては、できれば「感情転移」の存在を心得ておき、過度のものは理性で抑える必要があるのかもしれません。つまりクライエント側から「先生は親友だ!」と言って接近することはご法度なのです。もちろん医者側は仕事ですから不用意クライエントに接近することはないでしょう。

    映画「アナライズ・ミー」のギャングはロバート・デニーロが好演して魅力的な人物に仕上がっていましたし、映画「英国王のスピーチ」のジョージ6世も観てのとおり魅力的な人物です。でも片方はNOで、もう片方ならOKでは、これは美談ではなく、単に医者のエゴだと言われかねない危険もあるのだと思いました。

満足度データ

英国王のスピーチ
100点
66人(8%) 
90点
126人(16%) 
80点
249人(33%) 
70点
183人(24%) 
60点
76人(10%) 
50点
24人(3%) 
40点
11人(1%) 
30点
5人(0%) 
20点
2人(0%) 
10点
8人(1%) 
0点
2人(0%) 
採点者数
752人
レビュー者数
167
満足度平均
76
レビュー者満足度平均
77
ファン
87人
観たい人
517人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • ツィトローネ
  • 魔人ブウ*
  • よこだて
  • Husky7
  • 鳴海
  • 優駿
  • Qkch
  • 姫桃
  • Jny5
  • ブランコ
  • ハバティーニ
  • harizo
  • miyamasumire
  • har-u
  • Cagliostro24653

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:2480円(税込)
  • OFF:1624円(39%)

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:4568円(税込)
  • OFF:508円(10%)

 

映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!