ただいまの掲載件数は タイトル64754件 口コミ 1175981件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > 武士の家計簿 > 掲示板 > 役不足はいつか正される

ラスト 役不足はいつか正される ネタバレ

2011/1/2 21:21 by さくらんぼ

武士の家計簿

直行は帳簿を審査し、米俵事件の不正を見抜きましたが、それを告発しようとしても上役に止められてしまいました。

そればかりか、うるさい奴だ、と思った上役は、直行を左遷しようとします。正義感と能力があっても、権限の無い下級の役人では戦えないのです。

でも、不正は別ルートから明るみに出てしまいます。殿様の耳にも届き、上役たちは処分され、さらに直行には、能力に相応しい権限が与えられていない、とばかり、異例の抜擢、昇進が与えられました。

役不足はいつか正されるのでした。

この映画のエピソードの多くは、その者(物)が適正なポジションについているか、という主題に基づいて作られているように思いました。

自分は社会で正当に評価されていない、などと不満がでるのは人の常ですが、世間様は案外正当に評価しているものなのですね。

 



  • 追記 ネタバレ

    2011/1/2 21:27 by さくらんぼ

    淡々と進む物語ですが、映像にたるみ感は無く、そればかりか軽い緊張感さえあふれ、大変良い感じでした。

    オレがオレがとシャシャリ出て出世を目指すのではなく、与えられた職務を淡々とこなすうちに周りが評価してくれる、という、いかにも日本的な美学にかなう生き方を描いた映画でした。好きな物語です。

    ★★★★

  • 追記U ( 龍馬 ) ネタバレ

    2011/1/5 22:45 by さくらんぼ

    > オレがオレがとシャシャリ出て出世を目指すのではなく、与えられた職務を淡々とこなすうちに周りが評価してくれる、という、いかにも日本的な美学にかなう生き方を描いた映画でした。

    後半で「黒船が来たから俺もじっとしてはいられない」みたいな話をして家を出て行った直吉でしたが、現地で仰せつかった役目は、そろばん、でした。鉄砲を撃つ者は沢山いるが、そろばん侍は少ないからです。稀有な能力を買われて出世した訳です。

    これも主題に基づいたエピソードですが、もしかしたら、この映画は、さわがれ過ぎた龍馬へのアンチテーゼでもあったのかもしれません。

    龍馬にあこがれるのは分かりますが、龍馬みたいな人ばかりいては、船頭多くして船なんとやら、になりかねません。そして龍馬以外の、その他大勢の無名の人たちの支えがあってこそ、龍馬も安心して船頭役ができるのですから。

  • 追記V ( 役場という要 )

    2011/12/30 10:20 by さくらんぼ

    TVで自衛隊の3.11での活躍をほめたたえる報道が後を絶ちません。警察、消防の方々の活躍も同様に報道されています。彼らについては私も頭が下がる思いです。現場の方々は本当に大変です。

    では被災地の役場事務職員はどうでしょうか。彼らも自衛隊員に負けず不眠不休で働いています。家を流され家族を失っている人もいます。

    しかも彼らは、救出作戦など素直に感謝されやすい自衛隊の仕事とは違い、被災者などからの苦情などを受け付ける窓口仕事などに従事しているのです。苦情があっても、さまざまな制約から願いを100%は受入れられないでしょう。その時の彼らの心中の苦しさを察します。

    さらに休日もままならぬため精神的ストレスで体調をこわす人も出ていたらしいです。彼らには、防災行政無線に従事し、津波から逃げ遅れて殉職、でもしないかぎりスポットライトが当たらないのでしょう。

    とかくインパクトのある自衛官などの仕事ばかりが報道されますが、映画「武士の家計簿」の精神を理解するならば、地味な役場の、無名事務職員たちの、被災地での働きぶりも公平に想像してあげたいと思います。

  • Re: 役不足はいつか正される

    2011/12/31 14:33 by ekoeko

    史実では
    直之はその抜き出た実務能力とともに
    「正直者」として藩内では非常に高く評価されたそうですよ。

  • Re: 役不足はいつか正される

    2011/12/31 20:58 by さくらんぼ

    ekoekoさんこんばんは。
    お声がけありがとうございます。
    ekoekoさんは元日(映画の日)は映画館へ出かけられるのでしょうか。また素敵なレビューを楽しみにしています。

  • 追記W ( 新聞から )

    2012/2/3 9:49 by さくらんぼ

    東北の被災地で働く公務員の、心と体が心配だ。

    自治体の職員は、経験したことのない復興や原発事故対応に携わる。警察官や消防署員は、いまなお行方不明者の捜索にあたる。学校の先生は、くじけそうな子はいないかと目を配る。医師や看護師は、住民の健康を見守る。

    社説では、復旧・復興の制度作りに目がいきがちで、それを現場で担う生身の人間のことはなかなか取り上げられない。だが、彼らの多くも、家族や同僚を亡くし、家も失った被災者だ。

    「3.11」のその時から、自分たちのことは後回しにして、被災住民のために働いてきた。その張りつめた心が、被災1年や年度末という節目で、ぽっきりと折れてしまわないか。そんな懸念が関係者の間で広がりつつある。

    被災者と直接向き合う自治体職員は、不満やイライラのはけ口になりやすい。仮設住宅の抽選の場で、罹災証明書の発行の窓口で、「お前ら何やってんだ」と罵声を浴びた。

    仮設で暮らす職員たちの多くは、いつの間にか「苦情窓口」なってしまい、ようやく休めるようになった日曜日でも気が休まらない。

    想像を絶する数の遺体を清め、検死した警察官も、時がたつほどショックが重くのしかかってくるのだという。

    専門家によると、心の傷は時を経ても消えない。心の奥にしまっておこうとすればするほど、外に出ようとする圧力が強くなる。

    それでも、彼らは公に奉仕する仕事に就いた使命感で乗り切ろうとする。

    40人近い同僚を失った宮城県南三陸町の職員の言葉が、心に残る。

    「ここで逃げたら、職員として人生が終わってしまう。病院で診断書を書いてもらえば仕事は休めるけど、それはできない」

    全国の自治体からの応援やボランティアも被災地を支えている。だが、復興への長い道のりを最後まで歩くのは、地元で働く人たちだ。

    この人たちの心のケアは、自治体任せでいいのだろうか。

    宮城県岩沼市や南三陸町、岩手県釜石市など、大学などと連携して職員のメンタルヘルスの維持に努めるところもでてきた。だが、小さな自治体の努力には限界がある。

    「復興庁の支所が地元にできるなら、職員をケアする窓口もつくって」。南三陸町の副町長の訴えはもっともだ。

    彼らを、孤立させてはいけない。

    (政治社説担当)

    (朝日新聞 2012.2.2朝刊 国分高史氏の社説余滴「被災地の公務員 心のケアを」より転記)


    素晴らしい社説の余滴を見つけましたのでご紹介しました。復興・復旧の要になる自治体職員ですから、本当に孤立させてはいけないと思います。それは、とりもなおさず被災住民のためにもなることですから。

  • 追記X ( 名古屋市の特筆すべき支援スタイル )

    2012/2/6 10:57 by さくらんぼ

    名古屋市、陸前高田の再起支援

    大規模派遣で行政丸ごと

    震災と津波は、陸前高田市役所も直撃し、行政組織そのものが壊滅的なダメージを受けた。再起への道は険しいが、名古屋市が行政機能回復を丸ごと支援する。

    陸前高田市は庁舎が破壊され、行政資料のほとんどが流失した。職員295人のうち68人が死亡・行方不明。菊池満夫企画部長は「行政サービスなんて何もできない。半年程度で行政が正常化するのは無理。どれくらいかかるのか想像もつかない」と話す。今の行政機能は市給食センターと、8畳ほどのプレハブ16棟に集約されている。

    名古屋市は、壊滅した役所の再建には「市の機能をそのまま移せば効果的」との発想から、水道などの現業部門にとどまらず、都市計画や総務、戸籍などの中枢部門にも専門性の高い職員を長期にわたり送り込む。1年程度の長期派遣も視野に入れており、発案した河村たかし市長は延べの派遣人数が「数千人になるかも」と意気込みを示した。

    まず5月上旬から、保健指導や介護保険、児童福祉など現地のニーズが高い分野の職員を派遣する。先行して7人が現地入りしており、必要な人数や派遣期間の細部を詰めている。

    (中日新聞2011年4月12日より転記)


    名古屋市が、のべ数千人規模で職員派遣をすれば、被災地の自治体職員のフォローができるでしょう。被災者も助かるはずです。そして、それが職員の心身ケアのサポートの、助力にもなれば幸いです。

満足度データ

武士の家計簿
100点
7人(2%) 
90点
17人(6%) 
80点
54人(19%) 
70点
81人(28%) 
60点
71人(25%) 
50点
29人(10%) 
40点
13人(4%) 
30点
6人(2%) 
20点
2人(0%) 
10点
1人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
281人
レビュー者数
86
満足度平均
66
レビュー者満足度平均
69
ファン
19人
観たい人
188人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • uminochika
  • うしぶー
  • ほわいとさん
  • yoshimi964
  • いっちゃん
  • ばってら
  • hatchan
  • kknakano
  • こめじろう
  • erikinha
  • てるてる13
  • 高速猫ぱんち
  • ママン
  • かふか
  • nori34156

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

武士の家計簿 スペシャルプライス版 [DVD]

  • 定価:2700円(税込)
  • 価格:2565円(税込)
  • OFF:135円(5%)

武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:3180円(税込)
  • OFF:1896円(37%)

武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [Blu-ray]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:2010円(税込)
  • OFF:3066円(60%)

 

正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
歴史に残る“クライマックス”を見逃すな!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ