ただいまの掲載件数は タイトル64968件 口コミ 1178437件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ファイヤーウォール > 掲示板 > 「正義」の“行使”

「正義」の“行使” ネタバレ

2006/5/3 23:10 by 最大素数

ファイヤーウォール

事前情報はできるだけ避けていますが、主演H・フォードと知れば“あの手”の話しかとつい思ってしまいます。
ところが彼の役どころはコンピュータ・セキュリティの専門家という何とも違和感ありまくりの設定。これは、さすがに肉体アクションはきつくなってきてのイメ・チェン作戦一号かと、にしても似合わねーことおびただしく、ま、それでもそれはそれで微笑ましく思いつつ観ていたら、あらら、なんだやっぱりそーいう路線なのねの“大活躍”でありました。

で。苦笑いを漏らしてエンディングかと言うとそうでもなく、結構違和感を抱えてしまったのでした。違和感のもとは、役どころ云々ではなく、強盗団全滅の内容です。

主人公が“敵”をバタバタと殺しまくって大団円というお話しはいくらでもあり、と言うよりある意味「王道」なわけですが、そのハッピー・エンドがカタルシスに繋がるには、相手が正真正銘の悪人だったり、悪人であっても「人」としての造形が明確ではない“記号”としての悪者(いわゆるザコ・キャラ)であって、要は、“殺されて当然”とのコンセンサスが成り立っていなければならないのです。そういう「敵」でなければ、事故とか自死など“不幸な”死の演出が用意されるのです。
本作では、強盗団は全員が血も涙もない極悪非道の悪人という“記号”で一括りされているのではなく、各人に、ちょっとドジなところがあるとか人情味をみせたりとか淡いながらもそれなりの人物造形が施されており、一応“人間”として扱われています。ボスのビル(P・ベタニー)はジャック(H・フォード)に濡れ衣を着せるために殺人を犯すような掛け値無しの悪人ですが、他のメンバーは、作戦途中で「遂行は無理。人質を解放して撤収しよう」てなことを言ったりして必ずしも殺人OKキャラではありません。
それでも、悪党は悪党、最後は全員死んでしまうという展開に違和感はありません。
しかし、「家族を守る正義のヒーロー」であるべきジャック(H・フォード)自身が手を下してしまうというのはどうかと思うのです。あ、極悪非道のボスはいいのです。最後の湖畔でのサラ救出の際に車ではね飛ばしてしまうのも不可抗力の内で良しとしましょう。
自宅に帰ったときに遭遇したメンバーと格闘になり、最後はジョッキ・グラスで殴り殺してしまった件は別なのです。
「私達が嫌い(憎い、だったっけ)?」と訊いたサラに「何とも思っていない」と答えていた彼は、確たる悪意を持っていたのでも心底悪人というわけでもなく、積極的に傷つける意志があったとは思えず、何らかの理由で金が欲しかっただけなのです。それでも、悪事は悪事、死による決着もやむなしということならそれはそれでいいでしょう。
が、「正義のヒーロー」がそういう決着を付けさせる、という展開には違和感を覚えるのです。
違和感、と言うよりはある種の“薄気味悪さ”です。
いつから、こんな、家族の救出のためには相手の“事情”を慮っているわけにはいかないというようなメンタリティがアリになったのでしょう。“テロ”にうったえるような輩の“事情”などはどうでもいいのでしょうか。
「アメリカの正義」の“行使”を暴走と呼べなくなる日が来るのかも知れません。あ、既に来ている、とか。

一応お断りしておきますが。
「正義のヒーロー」(という設定)に、「正義のヒーロー」には似つかわしくない行動・発言をさせることで「正義」とはなにか、「ヒーロー」とはなんなのかというような問題提起を目論む場合はありますが、本作はそんな作りではありません。
 

 



満足度データ

ファイヤーウォール
100点
0人(0%) 
90点
4人(3%) 
80点
5人(4%) 
70点
24人(23%) 
60点
36人(35%) 
50点
15人(14%) 
40点
12人(11%) 
30点
3人(2%) 
20点
3人(2%) 
10点
0人(0%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
102人
レビュー者数
30
満足度平均
59
レビュー者満足度平均
58
ファン
1人
観たい人
30人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


関連ニュース

 

この映画のファン

  • CA〜PO♪

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ファイヤーウォール [Blu-ray]

  • 定価:4980円(税込)
  • 価格:4481円(税込)
  • OFF:499円(10%)

ファイヤーウォール [Blu-ray]

  • 定価:2500円(税込)
  • 価格:1285円(税込)
  • OFF:1215円(48%)

ファイヤーウォール 特別版 [DVD]

  • 定価:1543円(税込)
  • 価格:1350円(税込)
  • OFF:193円(12%)
進化し続ける4DXの魅力をレポート!4DXニュースまとめ
正統派時代劇『武蔵−むさし−』が公開!
映画ファンなら見逃してはいけないSFスリラー『クローバーフィールド・パラドックス』 『アナイアレイション −全滅領域−』特集
『ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2019』特集
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号登場!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

WOWOW『連続ドラマW 悪党 〜加害者追跡調査〜』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ