ただいまの掲載件数は タイトル59063件 口コミ 1147125件 劇場 586件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > セブン > 掲示板 > 強引な解釈ですが、ご意見ください

強引な解釈ですが、ご意見ください

2005/2/4 4:23 by you-go

先日中古ビデオ店で300円で発見し、10年ぶりに見てみようか〜と思って衝動買いしました。
いったい何をどう勘違いしていたのか、モーガン・フリーマンが真犯人だと思い込んでいて、予想外の新鮮さを楽しめました(大汗)

この板の他のスレでも疑問に感じてらっしゃる方がおられるようですが、
私も「トレイシーがどういう意味で殺されたのか?」、
「憤怒したはずのミルズがなぜしんでいないのか?」など気になり、いくつか私なりの仮説をたててみました。

ただ、私はキリスト教の教義に詳しいわけではありませんし、はじめに結論ありきで解説は後付けに近いので、無理やりな解釈や推測に基づく推測など、強引な論法もありますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

-----------------------------------------

仮説1 トレイシーは「嫉妬の殺人」、ジョンは「憤怒の殺人」である。
ジョンの計画では、必ずしも大罪を犯した本人が死ななければならないのではなく、「7つの大罪」になぞらえた「7つの殺人」計画を完遂させるのが目的であった。
つまり7人の罪人が裁かれるのではなく、7つの大罪をテーマにした7つの殺人事件が起きればよく、「嫉妬」をテーマにした殺人(トレイシー)、「憤怒」をテーマにした殺人(ジョン)が発生して「7つの殺人事件計画」は無事完成。ミルズまで殺すと8人目の死で計画に合わなくなる。という解釈。
パッケージにも『「7つの大罪」は7人の死で完成する−』と書かれてますし。

-----------------------------------------

仮説2 トレイシーを殺害したのは、残りの2つの殺人を実行させるための準備作業で、「7つ」の中には含まない。

ジョンは「嫉妬」の罪を犯したことにより殺害され、
ミルズは「憤怒」の罪を犯したことにより、「社会的に抹殺」された。
考えようによってはピストルで撃たれるなどの方法で「肉体的に」苦痛(死亡)を味わうよりも、
「殺人犯のレッテル」と「妻と生まれてくるはずだったわが子を失った悲しみと怒り」を一生背負って生きなければならない苦痛のほうが大きいかもしれません。

「社会的抹殺」という表現がややオーバーに感じるのと、あくまでも肉体的に死んでいないという点が気になりますが…。

---------------------------------------------

仮説3 トレイシーは「怠惰」の大罪を犯したことにより殺害された(ジョン・ミルズに関しては仮説2に同じ)。

「怠惰」の件でベッドに横たわっていた男(ビクター)は発見時まだ生きていて、その後の劇中でも死亡したとは言及されていないので、警察の保護の中、命をとりとめたと推測。

何よりジョン本人が「助けて(あげてくれ)」とメッセージを残していますし、始めから殺すつもりはなく、操作の攪乱のための工作だったのではないでしょうか?

ではなぜトレイシーが「怠惰」の罪に問われたのか?

ジョンがミルズの写真を撮っていた点から、ジョンはミルズに「憤怒の殺人」をさせようと考えていたことは推測できます。
その推測から、ジョンはミルズやその家族をつけまわし、トレイシーとサマセットの喫茶店での会話を聞いていた。
その会話の中で、「私は小学校の教師だった、いくつかの学校を見学したけど…ここの状況はひどすぎる。」
サマセットに「私立は行ってみた?」と聞かれ、
「どうかしら…」とごまかすトレイシー。

この会話を聞いたジョンはトレイシーは働く能力・資格があるにも関わらず、職場を探す努力を無精し怠り働いていない、怠惰な人間だと判断したのではないでしょうか。
「sloth」という単語について辞書で調べてみると、

sloth [sl, slou|slou]
------------------------------------------------
1 怠惰, 無精, ものぐさ.
2 ナマケモノサルに似た哺(ほ)乳動物;熱帯アメリカ産.
-------------------------------------------
[ 新グ●ーバル英和辞典 提供: 三●堂 ]

と記載されていました。
主婦業は働くうちに入らないのかと怒られそうですが、ジョンがトレイシーを「怠惰な人間」だとして殺害したとすれば、強引ですがトレイシーの罪については一応説明がつくと思います。

------------------------------------

どの仮説にしても、全体的にしっくりくるかと言われればそうではないと思いますが、皆さんはどう思われますか?
ぜひ皆さんのご意見・解釈をお聞かせください。
否定意見でも全くかまいません。こうではないんだな。と納得して仮説を撤回できますので。

以上、わかりにくい文章かと思いますが、ご一読、ご一筆いただければ幸いです。

 



  • Re: 強引な解釈ですが、ご意見ください ネタバレ

    2012/11/12 18:39 by 未登録ユーザヤツテツ

    好きな映画なので5回以上は観たとおもいます。
    最近、友人が「あの映画の真犯人はサマセット」であるとの情報を入れ、作品を見直してみたけどサマセットが犯人という事が解らなかったようです。
    私も気になり、色々と細かく調べた結果、ある結論に至りました。you-goさんと同様、かなり強引な説ですが、理屈がすべて通ると思います。

    まず、タイトルの7(セブン)について、多くの人がこのタイトル通り、また、作品内のサマセットの犯行の解説で7つの大罪になぞらえた犯罪!であると意識づけられたと思います。7つの大罪について調べたところ、キリスト教の用語ではありますが、起源は4世紀エジプトの8つの枢要罪が始まり、6世紀後半に7つに改正(映画内の罪のとおり)されたとあります。詳細は怠惰と憂鬱が怠惰1種類に集約。放漫と虚飾が放漫の1種類に集約されて、嫉妬が追加されて7つの大罪となりました。
    大罪の数を改正前後をすべて合わせると全部で9つの大罪となります。@暴食、A強欲、B怠惰、C憂鬱、D色欲、E放漫、F虚飾、G憤怒、H嫉妬

    この映画、生死は関係なく何かの罪があるから罰として何かをされる!ということであれば、トレーシーは何をして殺された??という疑問が私も残りました。その疑問はyou-goさんと同様であり、私は怠惰というよりは憂鬱という罪で殺されたという結論に至ります。トレーシーの役はまさに憂鬱状態でしたから。お腹の子供に関しては後程述べます。

    そこから掘り下げていくと、9つあるうちの後一つの虚飾が残ってしまいます。(残っているというより、該当者がいなければ不自然)虚飾=「実質の伴わないうわべだけの飾り」。言葉の通り、ジョンドー同様に社会に不満を持ちながら警察を続けていたサマセットが該当するのではないかと推測しました。一番強引になりますが、サマセットがジョンドーと操っていたのではないかと思いました。
    罪を負わされたのはサマセットを除く合計8人になりますので8つの大罪と一致します。
    そういった目でサマセットをの言動を良く観察すると、下記点がやけに不自然に映ってきます。
    @自分の退職7日前に7つの大罪にそった犯罪が都合よく起きたこと。
    A前半、ミルズの正義感の強さを逆なでして事件にのめり込むよう仕向けた言動をしていたこと。
    Bトレーシーに子供を堕胎するならミルズには黙っていろといったことや、過去に自分の子供を堕胎させていたこと。
    C最後の場面で自分の銃を捨ててミルズを止めようとしたこと。本当に止めるなら捨てないと思うし、むしろ、「早く撃ってしまえ!」と言わんばかしの止め方であった。
    Dジョンドーはトレーシーを殺した理由は嫉妬といったがトレーシーの罪は言わなかった。トレーシーが鬱であったことはサマセットしか知らない。
    Eヘミングウェイの言葉の引用。「『この世は素晴らしい、戦う価値がある。』後半にはには賛成だね。」というのは、前半に対しては否定であり、置き換えるなら「この世は絶望的だ、戦う価値がある」になると思う。絶望的=罪を持った人々に罰を与えることに価値があるように聞こえる。

    などなど、最初から気になることが多々あり、完璧主義者のデビットフィンチャーがモーガンに最後まで虚飾を演じさせ切っていれば、観てている側の我々は最初から最後までモーガンが犯人だと疑うことも感じることもないと思う。まさに虚飾だと思います。
    お腹の子供については、子供にはまったく罪がないことは明らかで、罪のない子供を殺すことはジョンドーの話す計画では矛盾があったと思う。それがサマセットの考えなら、こんな絶望的な社会に生まれてくるなら憂鬱という罪を持った母親と死んだほうが良いという理由で殺されたのではないかと思います。
    以上が私の見解です。デビットフィンチャーが続編の制作を問われた時にあり得ないと回答したのも納得できます。サマセットが真犯人ならすべての大罪は完成・完結した訳ですから。
    芥川龍之介のミステリー作品を思わせるような作品であるとも感じました。
    何年も前の投稿へのコメントですが大丈夫でしょうか?

  • Re: 強引な解釈ですが、ご意見ください ネタバレ

    2015/2/9 3:14 by 未登録ユーザDDSoul

    残念ながらサマセットは犯人ではないでしょう。

    7つの大罪は飽くまで7つ大罪。
    起源を辿る事は無意味で、キリスト教圏である欧米では7つである事で充分意味を成す訳です。

    確かに面白い見解ではありますが、
    >@自分の退職7日前に7つの大罪にそった犯罪が都合よく起きたこと。

    これは単にご都合主義なだけで映画的都合です。

    >A前半、ミルズの正義感の強さを逆なでして事件にのめり込むよう仕向けた言動をしていたこと。

    自分自身も若い頃はミルズの様に野心家だった故に、早く退職したいサマセットは少しでも早くミルズにちゃんとして欲しかっただけ。

    Bトレーシーに子供を堕胎するならミルズには黙っていろといったことや、過去に自分の子供を堕胎させていたこと。

    これは、この世の中に絶望しているサマセットが、こんな世に子供を産む事を嫌がっているトレイシーに共感しただけで、もし産むなら思いっきり甘やかせてやれとも言っています。
    また堕胎するなら黙っていろと言う言葉はミルズを解っているからでしょう。もし、ミルズに判れば離婚にもなり兼ねない話だからです。

    C最後の場面で自分の銃を捨ててミルズを止めようとしたこと。本当に止めるなら捨てないと思うし、むしろ、「早く撃ってしまえ!」と言わんばかしの止め方であった。

    銃を捨てたのは、適対しない為です。銃を捨てる事で少しでも危険を回避した行動です。

    Dジョンドーはトレーシーを殺した理由は嫉妬といったがトレーシーの罪は言わなかった。トレーシーが鬱であったことはサマセットしか知らない。

    トレイシーを殺したのはジョンドューにとって自身の罪の帰結であって、トレイシーの罪で無い事は明らか。罪の無い者を殺す事で罰せられる程の罪を背負った事が彼にとっての罰。

    Eヘミングウェイの言葉の引用。「『この世は素晴らしい、戦う価値がある。』後半にはには賛成だね。」というのは、前半に対しては否定であり、置き換えるなら「この世は絶望的だ、戦う価値がある」になると思う。絶望的=罪を持った人々に罰を与えることに価値があるように聞こえる。

    これは、「この世は素晴らしい」に対して否定しただけ。戦う価値がある事を肯定した訳ではない。

    ミルズが憤怒の罪で何故死なないのかと言うのは、ジョン・ドューが車の中で言ったように、人々の心に永遠に残る神の作業を行いたかったからです。ただのサイコキラーで終われば、最初は騒がれてもいつかは忘れ去られる。それを避ける為だった訳です。

    ミルズは生きていても、死ぬより辛い人生をこの先送っていかなくてはなりません。当然警察は退職させられ、子供を身籠った妻も無残に首を切り落とされ、容疑者を本人の思惑通りに殺してしまった。これは、殺されるよりも酷い罰でしょう。

    ジョンは、罪を犯した者は自分でさえも許さない、そして罪を犯した者を殺すだけが目的では無いと示した事で、人々の記憶に永遠に残ると考えたのです。

  • Re: 強引な解釈ですが、ご意見ください ネタバレ

    2018/3/7 22:03 by 未登録ユーザ蟻蟻蟻蟻蟻

    奥さんが身籠っていることはサマセットしかしらなかったはずですジョンは警官が漏らしたと言っていましたが該当するのがサマセット以外にいないように思えました。奥さんは他に警官で話せる人はいたとは思えません、この街に信用できるのはサマセットしかいないと言っていたほどなので、映画に映るサマセットは他の警官らと会話もせず漏らす相手の候補になる描写しかありませんでした。

満足度データ

セブン
100点
103人(13%) 
90点
143人(18%) 
80点
218人(27%) 
70点
167人(21%) 
60点
94人(11%) 
50点
29人(3%) 
40点
13人(1%) 
30点
9人(1%) 
20点
2人(0%) 
10点
8人(1%) 
0点
2人(0%) 
採点者数
788人
レビュー者数
105
満足度平均
77
レビュー者満足度平均
73
ファン
153人
観たい人
355人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • GSP
  • cinerama
  • kasca
  • あるきち
  • kowalsk1
  • azuna
  • 遙
  • 道楽バンド
  • sae*
  • ジッジ グル
  • Ura
  • hiden
  • as
  • ぱんてょ
  • みゅう2

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

セブン [DVD]

  • 定価:1980円(税込)
  • 価格:1781円(税込)
  • OFF:199円(10%)

セブン ブルーレイ スチールブック仕様(数量限定生産) [Blu-ray]

  • 定価:4309円(税込)
  • 価格:4270円(税込)
  • OFF:39円
「“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト」始動!一般選考員を大募集!!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる夏号が7/10発売!
興収1000億円超えのシリーズがついに完結! 『メイズ・ランナー』大ヒットの秘密に迫れ!
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
総製作費100億円の超大作、待望の新章が日本最速独占放送!『ウエストワールド シーズン2』特集
新たなる青春映画の傑作誕生 ティーンの繊細な心をとらえた『レディ・バード』ほか、P・T・アンダーソン×D・デイ=ルイスの『ファントム・スレッド』、L・ラムジー監督作『ビューティフル・デイ』など話題作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
未来の映画監督たちよ、ここに集え!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ