ただいまの掲載件数は タイトル59707件 口コミ 1154382件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > マルサの女 > 掲示板 > 心は小ならんことを欲し、胆は大ならんことを欲す

心は小ならんことを欲し、胆は大ならんことを欲す ネタバレ

2018/4/9 8:49 by さくらんぼ

市区町村役場の職員にも「向いている人、向かない人」があります。あれは事務職だと思っている方が多いと思いますが、ある意味、彼らは「営業職」です。

電話で、窓口で、実地調査で、たくさんの初対面の、さまざまな階層の老若男女と、一日中接しながら事務をしているからです。

だから、それが苦手で、引きこもってコツコツ事務だけしていたい人が役場職員になると、仕事をする以前に苦しむことになりかねません。もちろん、営業は自分に向いてないと思っていても、やってみたら、意外と向いてた、と思う人もいますが。

たしか村上龍氏著の「13歳のハローワーク」にも、「人と接することが、苦にならない人が向いている」という趣旨の事が書いてあり、「さすが先生!」と思った記憶があります。

映画「マルサの女」。

これも参考になります。別に税務署職員でなくとも、あのヒロインのように、繊細に、大胆に、どこでも物怖じせず、平気でどんどん入って仕事ができるような、(なにわのおばちゃん、みたいな)人が向いているのです(失礼)。


「 最後に、この言葉で締めくくりたいと思います。

心は小ならんことを欲し、胆は大ならんことを欲す。

心は細心に、そして、謙虚に。肝っ玉は、大胆に。国家公務員の仕事は、国の骨格をつくる仕事です。仕事の結果は国民全てに影響が及びます。我が国を代表して各国と交渉を重ねることもある。生易しいものではありません。」

( 平成30年4月4日 第52回 国家公務員合同初任研修開講式 安倍内閣総理大臣訓示 より抜粋 )



★★★★☆

 



  • 追記 ( 仕事の結果は国民全てに影響が及びます ) ネタバレ

    2018/4/9 17:16 by さくらんぼ

    先日のニュースで、「申告漏れがあり、税務署から追徴され、(追徴分の収入の元になった)顧客に謝罪した会社」がありました。でも、顧客に謝罪するだけで良かったのでしょうか。

    余談ですが、精力的に働けば働くほど、顧客から嫌われる仕事があります。かつて「西郷さん」もやっていた税務職員等です。

    そんな税務職員等は、何を心の支えにしているのかと言えば、それは、「大多数の真面目な納税者が、味方になってくれているという思い」です。

  • 追記U ( 愛憎の念 ) ネタバレ

    2018/4/10 9:46 by さくらんぼ

    映画のラスト、脱税を見つかった男が、ヒロインに、「今んとこ(マルサを)辞めて、俺んとこ来ないか」と誘うのです。これにはヘッドハンティングだけでなく、微かな恋愛感情も漂っています。

    無表情で男を見つめ、黙ったまま、ゆっくりと首を横にふるヒロイン。

    すると、男はポケットから、女物のハンカチを取りだしました。それは、かつてヒロインが税務調査の際、男の家に忘れたもの。

    男はナイフを取りだすと、自分の指先を切り、滴り落ちる血で、そのハンカチに数字を書いたのです。驚くヒロインにそれを渡し、「貸金庫のナンバーだ、3億円ある」と言いました。

    あれは何だったのでしょう。

    映画の前半にヒントはあります。

    男が愛人たちとHをしたあと、ティッシュを何枚もとって、女の股間へ。女はティッシュを挟んだまま、すっ裸でバスルームへ行きました。

    事が済んだ後は、隠し通帳の保管の話題になります。通帳は愛人が隠し持っているのです。

    再び映画のラストに戻ります。

    男はヒロインを新たな愛人にして、(金には不自由させない、とでも言いたげに)3億円を隠蔽しようとしたのです。指先は男性のシンボル、血は体液、ハンカチはティッシュ、あれは屈折した男の愛憎の念だったのかもしれません。

    余談ですが、映画「パッチギ」では、ヒロインが敵対グループから、(記号化された男性のシンボルである)万年筆のインクをかけられ、大げんかになりました。

  • 追記V ( プロポーズ ) ネタバレ

    2018/4/12 8:52 by さくらんぼ

    >映画のラスト、脱税を見つかった男が、ヒロインに、「今んとこ(マルサを)辞めて、俺んとこ来ないか」と誘うのです。これにはヘッドハンティングだけでなく、微かな恋愛感情も漂っています。

    >男はヒロインを新たな愛人にして、(金には不自由させない、とでも言いたげに)3億円を隠蔽しようとしたのです。…(追記Uより)


    私は「愛人」と書きましたが、これは「結婚してくれないか」と、言っていたのかもしれません。プロポーズです。

    男は片脚が不自由のようで、歩くと体が大きく揺れました。(誤解の無きよう申し添えますが、私はこのような方に差別感情は持っておりません。これからお話しすることは、あくまでも映画の記号論のつもりです。)あの脚は、男の生きざまが真直ぐではない、つまり堅気ではない記号なのでしょう。

    それに対して、男の子どもは、真直ぐな性格をしていました。だから、親子の中が良くありません。男はそれを、内心悩んでいました。

    そんなところに、ヒロインが言ったのです。

    「子どもの事を考えるのなら、財産を残すより、あなたのたくましさを、残すことを考えた方が良いわ」と。

    男は父子家庭、

    ヒロインは母子家庭です。

    その時男は、雷に打たれたように気づきました。

    「この女は、俺たち親子の財産になる」、と。

    真直ぐなヒロインが、子どもの母親になってくれたら、それが一番子供のためになるし、自分も、そして自分と子どもの関係も、再生できるかもしれないと。

    だからプロポーズした。

    3億円は結納金だったのです。

  • 追記W ( 映画「刑事コロンボ」 ) ネタバレ

    2018/4/13 15:45 by さくらんぼ

    よろしければ、映画「刑事コロンボ」のレビューもご覧ください。

  • 追記X ( 放てば手に満てり ) ネタバレ

    2018/6/18 8:16 by さくらんぼ

    >その時男は、雷に打たれたように気づきました。

    >「この女は、俺たち親子の財産になる」、と。

    >真直ぐなヒロインが、子どもの母親になってくれたら、それが一番子供のためになるし、自分も、そして自分と子どもの関係も、再生できるかもしれないと。

    >だからプロポーズした。

    >3億円は結納金だったのです。(追記Vより)



    滞納者との信頼関係など、あまり築こうとは思わないクールなヒロイン。

    しかし滞納者の子どもには優しく、彼が失踪した時には、本当の親のように心配して探しまわりました。さらには、「子どもの事を考えなさい」と滞納者に説教まで。

    でもその滞納者からは、皮肉にもしっかりと信頼されたのです。事実上の「プロポーズ」までされたのでから。

満足度データ

マルサの女
100点
6人(3%) 
90点
14人(9%) 
80点
50人(33%) 
70点
43人(28%) 
60点
26人(17%) 
50点
6人(3%) 
40点
1人(0%) 
30点
2人(1%) 
20点
1人(0%) 
10点
2人(1%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
151人
レビュー者数
15
満足度平均
72
レビュー者満足度平均
77
ファン
10人
観たい人
67人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • ketchup
  • chikashi
  • 星空のマリオネット
  • 北溟 僚
  • hatchan
  • Garbera
  • 鶯谷畳一畳
  • タランって〜の
  • でっぱら
  • Ryuta

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

マルサの女をマルサする〈周防正行監督作品〉 [DVD]

  • 定価:4104円(税込)
  • 価格:3591円(税込)
  • OFF:513円(12%)

伊丹十三 FILM COLLECTION Blu-ray BOX

  • 定価:24840円(税込)
  • 価格:18630円(税込)
  • OFF:6210円(25%)

マルサの女 [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:4441円(税込)
  • OFF:635円(12%)
映画ファンが注目ポイントはどこ? 『プーと大人になった僕』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』まとめ
『インクレディブル・ファミリー』特集
木村拓哉と二宮和也の2大スターが豪華共演! 『検察側の罪人』をはじめ、J・ステイサム VS メガロドンの『MEG…』、旬の女優、土屋太鳳&芳根京子の熱演光る『累-かさね-』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まとめ
未来の映画監督たちよ、ここに集え!