ただいまの掲載件数は タイトル63468件 口コミ 1167951件 劇場 589件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ソウ > 掲示板 > アダムってもしかして…

アダムってもしかして…

2005/3/15 20:28 by 未登録ユーザ Hiro

ちょっと思ったのですが、はっきり言って直感みたいなひらめきなので、ご意見をお伺いしたいです。

ちなみに、僕はアダムは共犯者でも主犯(真犯人)とも思っていなくて、被害者。んでもってラストは死んでしまう(ゲームに負けた)と思っています。

では本題。

ラストシーン。
ゴードンがあの部屋を出て、アダムだけが残る。
そのときにジョンが起き上がるじゃないですか。
気になったのは、何故ジョンが正体をばらしたのが、面識があって一番恨んでいたであろうゴードンではなく、自分を知らないアダムだったんだろうかということ。
そもそも、ジョンがゲームのターゲットとしてゴードンを選んだのは分かる。(自分の主治医としての態度に不満だった)
けど、その相方としてアダムを選んだ理由がない。
アダムはゴードンを強請る相手として知っていたからアダムとゴードンの関係はあるけど、ジョンとアダムの関係は直接無い。
だけど、ジョン(ジグソウ)の扱い的にはゴードンと同格。ジョンにはアダムに対してゴードンと同じくらいの恨みがあるのではないかと思いました。

で、思ったのがジョンがゴードンに言った科白。
「俺にも家族がいる。でも会ってない。償わなければ…」みたいなこと。(詳細は忘れてしまいましたが)
唐突で、ちょっと浮いていた科白だと感じましたが、ゴードンの状況がそれどころではなかったので聞き流してました。

ジョンって、アダムの父親なのでは?

自分が末期の癌におかされているのに、合いにすら来ない薄情な息子。
自分の命を蔑ろにしている。(「生」を感謝していない)
ジョンのアダムをゲームに引き込んだ動機はそれだったのではないでしょうか?

だとすれば、最後の正体を明かしたときのアダムの衝撃は、とんでもないものだったのでしょう。

うーん、ちょっと無理がありますか?

 



  • アダムは無自覚の共犯者でしょう。

    2005/3/15 21:29 by 未登録ユーザ素子様命

    DVDが発売されたせいか、また投稿増えてますね「ソウ」。

    アダムがゲームに引き入れられたのが何故なのか、
    悩む方が多いようなのですが、
    私には少しも不思議には思えません。

    質問/議論の別スレッドでも書きましたが、
    アダムはジグソウが最も同族嫌悪を感じる存在のはずです。
    彼らは同じ、他人の生活を覗き見している者同士なのですが、
    ジクソウはある種の使命感で行動しています。
    命を大事にしない奴に
    正義のお裁きを下そうと思っているわけで、
    自分の行動を正統化する回路がすっかりできあがっています。

    これに対してアダムはそんな使命感は微塵も無く、
    他人の生活の覗き見を他人に売りつけてお金に換えているわけで、
    プチ神様気分の人から見たら、「とんでもない奴」なわけですね。

    なので彼を利用しつつも、
    いずれはきっついお裁きを下そうと考えていたわけで、
    ああなったのは至極当然に思えます。

    共犯関係については、
    アダムは無自覚の共犯者であったろうと思います。
    自分では自由に動きまわれなかったジグソウは
    (↑充分動きまわってるじゃんという声も聞こえてきそうですが、
    ターゲットの選定や、
    ターゲットを事件に巻き込むスキを見つけるための、
    日常生活24時間監視みたいなことまでは、
    さすがにできなかったはず。)
    アダムにそれを委託しており、
    そのことは映画内でも明かされていたはず。
    ターゲット全員がアダムに
    事前につけられていたかどうかまでははっきりしませんが、
    そういうことをしていたことは説明されています。
    電話や手紙(またはメール?)委託のような形で、
    アダムは依頼者の顔を知らなかったようですがネ。

    どうせロクでもないことに使われる
    そんな調査を依頼してくる相手のことなど、
    詳しく知らずに済んだ方が良心も痛まないわけで、
    払いさえよければ、
    依頼者の正体が分からず、
    調査内容を何に使っているのかも分からないことは
    アダムにとっては好都合だったはずです。

    そしてそのことが余計にジグソウのお裁き気分を
    盛り上げてしまうのです。
    「ええい、なんて下賎なヤツ!!!」ってね。(^▽^笑)

  • ありがとうございます。

    2005/3/15 23:01 by 未登録ユーザHiro

    素子様命様、ありがとうございます。
    ご指摘のとおり、僕はDVD鑑賞です。
    ただ、映画館で見なくて良かったとも思ってます。
    ゴードンが足を切るシーンでアダムと一緒に声に出して嘆願してましたから(笑)
    「やめてくれ」って。

    さて、本題です。
    ご指摘くださったところが気になって再度見直してみました。
    アダムが共犯であるというのは僕にはちょっと納得できないです。(スミマセン)
    アダムにゴードンの動向を見張るように依頼したのはジョンではなくタップ刑事でしたよね。
    「(依頼者は)黒人の大男で喉に傷があった」とアダムの科白にありました。
    おそらく、タップ刑事のゴードンが犯人であろうか犯人につながる人物であるという執念がさせたことでしょう。

    この映画は短くて無駄が無い印象です。
    どんなに細かい部分でも必ずオチというか意味がある。
    繰り返し強調されるのが、「命を粗末にする」と「家族への裏切り」の二つに思えます。
    対応するジョンの科白が「生に感謝しない」と「感謝を知らん連中に苛立つ」

    ジグソウの犠牲者はゴードン達の前に4人。
    1.自殺志願者
    2.放火殺人犯
    3.麻薬中毒者(生き残れましたが)
    4.麻薬中毒者に(結果的に)殺された男の人。

    4の人に対する説明が明確に無いのですが、シチュエーションからして3のアマンダの知り合い(あえてこじつけて「家族」)でしょうと推測します。
    彼は麻酔で動けず何も喋れず死にました。
    これは彼に対するジグソウの罰でしょう。アマンダが命を粗末にしている(麻薬を使用している)ことを彼は知っていて何もしなかったし何も言わなかったのではないでしょうか。だから何も出来ず喋れない状態で殺された。
    これを「家族に対する裏切り」への制裁と考えるのは無理がありますか?
    それにゴードンの家族。彼女達もジグソウの被害者です。
    しかし、彼女達こそ何の落ち度もありません。
    彼女達の死はゴードンの「家族への裏切り」に対する制裁ではないでしょうか。
    そうするとアダムの家族に触れた科白もどこかに繋がるのではないかと思います。
    アダムはゼップの死体から鍵を探し出そうとしてテープレコーダを見つけてショックを受けます。
    ゼップが犯人であると思っていたのです。
    なのに、ジョンの顔をみてとても驚き恐怖します。
    アダムが共犯でジョンの正体を知っていれば、驚いた理由も分かるのですが、そうするとゼップのテープを見つけてショックを受けるところと矛盾します。
    ジグソウの正体を知らない共犯者だった場合はジョンの顔を見て恐れる理由がわかりません。(驚くだけならともかく)
    以上の点から、ジョンとアダムはお互い顔を知っている仲だったということになりませんか?

    そして最後。ラストシーン。
    もうここまで来ると「アダムはジョンの息子」という自分の説に洗脳されてしまって、中立で見られていないかもしれませんが、
    「GAME OVER」といってジョンが扉を閉めて暗転。
    アダムの絶叫。
    このときに意味の無い絶叫と共に「ゴードン」と「ダッド」という言葉が聞こえるような気がしました。

    ということで、二度目の鑑賞で、僕は「ジョン、アダム親子説」をますます強めてしまいました。
    もし、お暇があれば確かめてみてください。
    皆さんのご意見も聞きたいです。

    長くなってしまいまして申し訳ありません。
    このサイトへの投稿最長記録です(笑)

  • Re: アダムってもしかして…

    2005/3/16 12:47 by 未登録ユーザ素子様命

    DVD所持者ではないので、
    事細かなセリフまでは憶えていないのですが、
    アダムへの調査依頼者は刑事であると断定された場面はあったでしょうか?
    刑事役俳優さんがアダムと会う具体的な場面があったか?ということです。
    私にはなかったように思うのです。

    それにアダムのセリフ「黒人の大男で喉に傷があった」なんですが、
    刑事さんは大男でしたでしょうか?
    小柄なアジア系刑事やこれまた小柄なゼップと並んだ場面は
    少なくなかったのですが、
    とりたてて大男という印象を抱かせる存在ではなかったように思うのですが...
    あの映画の中でガタイのいい人といえば、
    ゴートン医師とジグソウの二人がすぐに浮かんでしまいます。
    (ところで大男の英単語はなんでしたか?
    長身を意味する単語であったのなら、
    長身ではあったかもしれない。)

    それに刑事といえば尾行と身辺調査のプロ。
    なにもその筋ではアマチュアのゴシップ・カメラマンに
    仕事を依頼せんでも良いでしょう。
    現に彼は自分で24時間自宅監視体制をひいていましたし。

    ジクソウはアダムに顔を知られるわけにはいきませんでした。
    従って仕事の依頼に無関係の人を一時的に使ったとか、
    変装したとかは充分考えられます。

    とまぁ、私も自説に拘ってみましたが、
    基本的にこの映画はこうしたそれぞれの視点の違いを
    浮き彫りにするものであり、
    観客をアチコチにミスリードすることを目的として作られています。
    製作者はこうした様々な解釈を楽しみ、
    正解は胸に秘めて教えてくれないのでしょう。(^▽^笑)
    また、思わぬ新解釈に感動し、
    そっちを正解にしてもいいな、なんて思っているかもしれません。

  • Re: アダムってもしかして…

    2005/3/16 21:03 by 未登録ユーザHiro

    返信多謝です。

    まずはご質問の答えから。
    アダムの依頼人がタップ刑事であると断定できるシーンがあったかというと、映像としてそういうシーンがあったということではないです。
    ゴードンとアダムとの会話の中から彼らの結論がそうなったということです。
    G:「アダムの依頼人が犯人だろう。依頼人の特徴は?」
    A:「(最初は知らないといっていたが追求されて)大柄な黒人の男で喉に傷があった」
    G:「タップ刑事だ。自分が事件に関係あると思い込んでいる」
    【タップ刑事のアップのカット】
    A:「依頼人は刑事じゃなかった」
    G:「彼は警察を首になった。相棒(シン)を殺されて精神がおかしくなったんだ」

    要約するとこんな感じです。
    仮にアダムが依頼人と直接接触しないで依頼を受けたのであればそのことを言うはずですし(「依頼は電話だけで受けたんだ」とか。)、タップ刑事のことを知らないアダムが彼の特徴を知っているはずが無いとおもいます。

    ちなみに「大男」という表現は僕の記憶違いでした。
    字幕では「大柄」なで英語では「Tall」でした。
    言わずもがな、喉の傷はジグソウに切られた傷ですね。

    タップ刑事はゴードンに顔を知られています。
    しかも、自分が疑っていることも知られています。
    あまり表立って近づいては自分が監視していることが露見してしまうと思ったのかもしれません。
    だから、ゴードンの家の近くに部屋を借り、こっそりひっそり監視することにしたのではないでしょうか。
    そして彼は警察を首になっています。仲間の刑事に協力を要請することは出来ません。
    タップ刑事の部屋には写真が山のように張ってありましたよね。あれが依頼の結果なのではないでしょうか。
    自身が監視しているのであれば証拠はそれほど必要無いでしょう。もう刑事ではないし。法を遵守しようという意志も無いようでしたから、証拠を得た時点で復讐を実行したのではないでしょうか。

    以上のことなどから、警察としての権限を失ったタップがアダムに依頼をすることは不思議でないと思います。
    ジョンがタップに変装してあったとか、アダムが嘘をついているということも考えられなくは無いですが、それを言ってしまってはこの手の映画は成り立たなくなってしまうので、ルールとして否定するシーンが無ければ彼らの言動は真実であると考えています。

    と、僕の意見はこんな感じです。

    とはいえ、素子様命さんの説を否定したいわけではありません。
    僕はこう考えて楽しんでますよ、ということで。
    それは素子様命さんと同じです。
    こういう映画は感動や共感を得られない代わりに、こういう楽しみが出来るんですよね。
    まさにパズルのピースのように、映画の中からいろんな要素をあつめてひとつの絵を完成させる楽しみ。
    そこに何が書いてあるのかは、作った人それぞれ、ということですね。

  • おじゃまします

    2005/6/23 22:56 by rabbit

    DVD観終わったあと、こちらを見て、へー!と思い早速確かめてみました。

    たしかに…「ゴーーッ、ダーーッ」と聞こえます。
    もしかしたらGod、Dad…を曖昧に含ませてるのかも?

    設定上2人がどういう関係なのかは推測する以外ないですが、「アダム」という名前も、聖書で神様が最初につくった人間の名前(でしたよね?)だし…制作者は彼等の関係に父子を暗示してる(比喩だろうか?)という気が…してきました。

    何人か他の方も仰っていますが、なぜ犯人は鑑賞場所に、あんなキュウクツな場所を選んだんでしょう?ゲームに犯人も参加したかったから?と考えてみたりしたのですが、だとしたら何故このゲームにだけ「参加」したのか。…??
    父子という観点から読み解けば何か分かるような気もするのですが…今のところ何にも思い浮かびません。。

  • Re: アダムってもしかして…

    2005/11/5 18:15 by 未登録ユーザXman

    アダムの最後の絶叫は、
    「don't close the door !」
    の「ドーンット」
    と言っていると思いますよ。
    「Dad」とは全く言ってませんね。

  • Re: アダムってもしかして…

    2005/11/5 22:14 by rabbit

    >アダムの最後の絶叫は、
    >「don't close the door !」
    >の「ドーンット」
    >と言っていると思いますよ。
    >「Dad」とは全く言ってませんね。

    ああ、とするとゴーッって聞こえたのもGOかも。。
    「don't go」行かないで。

  • Re: アダムってもしかして…

    2007/4/5 23:47 by 未登録ユーザ

    みなさん想像力豊かですね。
    DVD見てるんなら、日本語吹き替えを見ましょうよ。

    アダムの最後のセリフは
    「やめろー、置いて行くなー、死にたくないー」です。

    いくら目茶な翻訳でも
    「Dad」をこんな日本語に訳さないでしょう。

  • Re: アダムってもしかして…

    2012/7/15 10:19 by 未登録ユーザもしかして

    ジョン:ヨハネの英語表記。

    ゼップ:裁きの書であるゼファニヤ書(Zephaniah)の略。創世記1章1節だと、Gen1:1と書くように、ゼファニヤ書1章1節は、Zep1:1と書く。

    アダム:神の子

  • Re: アダムってもしかして… ネタバレ

    2019/1/19 17:40 by 未登録ユーザ今更

    >ゴードンの奥さんが、電話で「アダムはいる!?」
    「アダムは信じるな」みたいなセリフがあります。

    奥さんは何故アダムを知っているんでしょうか?
    ゴードン盗撮の本当の依頼主でしょうか?

    そうすると、ゴードンが問いただした時に、濁したことも納得できます。
    大柄の黒人は、たまたま見かけた人を適当に言ったとか。ゴードン医師の周りをうろついてる人を。
    メインストーリーに関係無さそうですが、奥さんが、アダムを知っている理由がわかりません。
    ネットでいくら探しても見つかりません。
    公開されて何年も経ちますが、誰も気にならなかったのかなー?

満足度データ

ソウ
100点
95人(12%) 
90点
167人(22%) 
80点
188人(25%) 
70点
138人(18%) 
60点
65人(8%) 
50点
21人(2%) 
40点
10人(1%) 
30点
7人(0%) 
20点
9人(1%) 
10点
32人(4%) 
0点
4人(0%) 
採点者数
736人
レビュー者数
174
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
78
ファン
116人
観たい人
251人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2019 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


 

この映画のファン

  • しょーちゃん
  • みさっち
  • kasca
  • バトルコサック
  • モシモーノ
  • lunasol
  • よっしぃー
  • machboy
  • ぽねごん
  • takam
  • t-suku
  • きりこ
  • みぃヌン
  • toshi3280
  • キリヒト

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ソウ クアドリロジーBOX(4枚組) [Blu-ray]

  • 定価:15980円(税込)
  • 価格:14381円(税込)
  • OFF:1599円(10%)

ソウ 【廉価版1,890円】 [DVD]

  • 定価:1944円(税込)
  • 価格:1849円(税込)
  • OFF:95円(4%)

ソウ [DVD]

  • 定価:2500円(税込)
  • 価格:2249円(税込)
  • OFF:251円(10%)

 

その内容に業界激震!“最速・最短”全国劇場公開プロジェクト『岬の兄妹』緊急特集
ど迫力の海中バトルがヤバい!『アクアマン』4DX体験レポート
又吉直樹原作、衝撃の舞台が映画化!『凜−りん−』特集
日本映画界屈指の俳優陣が集結! 『赤い雪 Red Snow』 永瀬正敏&菜葉菜インタビュー
明太子に秘められた感動物語とは?『めんたいぴりり』特集
DCヒーローの動向をチェック!『DCコミック映画』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】