ただいまの掲載件数は タイトル60556件 口コミ 1161937件 劇場 588件

映画情報のぴあ映画生活 > 作品 > ペパーミント・キャンディー > 掲示板 > たすけてあげたい

たすけてあげたい ネタバレ

2015/11/23 6:59 by さくらんぼ

心に傷を負った男の物語など掃いて捨てるほどあります。

しかし、これほどの痛みを感じさせる映画を他に知りません。

ドラマは時間を逆行して、まるで推理小説のように、男を苦しめた事件に近づいて行きます。

この映画を作った韓国の健全さに敬意を表し(軍隊教育の批判に)。また映画人の才能には拍手を贈りたいですね。

映画を見て、もしも心にかすり傷を負ってしまった人は、同じ韓国映画の「美術館の隣の動物園」を観るのが良いですよ。

きっと心を癒してくれます。

ところで、この映画の主人公の苦しみが理解できない人も多いでしょう。「よくわからん!」と言う人はある意味健全です。

私はメンタルの専門家ではありませんので、あくまでも、素人の戯言、素人の映画解釈として読んでほしいのですが。

私が思うに…

あれは「五つの傷」リズ・ブルボー(著)に書かれている「拒絶による傷」のために、「逃避する人」の仮面をかぶった人の苦しみにも似ていると思います。

主人公のヨンホは、20歳の頃、柔和な好青年で、写真家になりたいという夢を持っていました。映画の中にも、穏やかで幸せそうな若き日のヨンホが出てきます。

やがて、そんな彼も軍隊に入り、軍人教育の中で、あるいは軍隊のイジメの中で、芸術家の繊細な神経を破壊されていったのです。芸術家の繊細な神経では生きられない軍隊は、「ヨンホの個性が拒絶される」世界になるのだと思います。

もちろん、心の傷にもいろいろなレベルがあり、同じ「拒絶による傷」の場合でも、傷が浅い場合は日常生活には差支えがありません。でも、この映画では、不幸にも深すぎた場合を描いているようです。このレベルではもはや医師による治療が必要になると思います。

でも、彼はそれを受けていないですし、自己分析をするゆとりもないので、自分が何で苦しいのかもわからず、ただ、ただ、のたうち回って苦しんでいたのだと思います。やがて、それは周りの人をも巻き込み、不幸を増やしていきました。

ちなみに「五つの傷」に書かれている話は、「誰かさんのことで、自分には関係ない」と思っておられる方が大多数だと思います。

でも著書の中で、メンタルの専門家であるリズ・ブルボーさんご自身の子どもさんにも、「心の傷」があったと話しておられるように、およそ誰の心にも、ひとつ、ないしは複数の「心の傷」があると思った方が良いのです。自己分析では、私にも2〜3つの浅い傷がありそうです。純粋培養に成功した子どもなんて、まずいないのです。

ただ皆さんの傷も浅いので、それを自覚しないか、自覚しても「単なる個性」だと誤解しておられる場合がほとんどなのだと思います。



★★★★☆

( これは2001/2/5 by まちのひ「さくらんぼの旧H.N」のレビューを 加筆再掲したものです。)

 



  • 追記 ( 心の傷は、繰り返し語ることで癒される ) ネタバレ

    2015/11/23 8:57 by さくらんぼ

    よく映画などで、心に傷を負った人たちが集まり、輪になって、1人づつ自分の体験談を語りあうシーンが出てきます。

    私にはその経験がありませんが、直感的に、基本的には、あれは良い行為だと思います。

    あの会では、1人が語っている時には、他の者は静かに傾聴します。そして否定的な意見を言ってはなりません。受け入れて、慰めるのです。

    そんな場所はリアルでは他にほとんど見当たりませんからね。親友だと思って、安心してつい話してしまうと、逆に説教や、求めてもいない意見をされたりして、あげくの果てに、めんどうな奴だとして、捨てられたりもします。

    でも、あの会なら大丈夫そうです。あの会で、胸のうちを、何回も、何回も、吐き出すことで、誰かに聴いてもらうことで、だんだんと、人は癒されていくのです。

    吐き出すものがまだ残っている人に、口を閉ざさせる言動をしてはなりません。それは医療に逆行する行為だと思います。それは「まだガンバル力のない人に、ガンバレと腕をひっぱるにに等しい、無節操な言動」です。

    そもそも、吐き出すことができるのは、回復期にある証拠だと思います。「吐き出すことは幸先が良い」のです。ほんとうに深刻な事態の時は、吐き出すこともできない。何を吐き出すべきかも自覚できない。映画「ペパーミント・キャンディー」のヨンホみたいに。

    そうやって苦しみを何度も何度も吐き出して、もう吐き出すものが無くなった時、人は癒されたのです。それ以後は、もう苦しみを口にすることも少なくなるのでしょう。ほかっておいても、自分でおもしろい未来を探し始めるでしょう。

    私が映画などを題材にして、この様な話をくりかえし書いているのも、ある意味、あの語りと同じなのです。いえ、私だけでなく皆そうでしょう。自分の琴線(それが心の傷の場合もある)に触れる作品を求め、そして、それをレビューに書くのです。

  • 追記U ( 映画「たそがれ清兵衛」 ) ネタバレ

    2018/9/13 22:25 by さくらんぼ

    > 心に傷を負った男の物語など掃いて捨てるほどあります。
    > しかし、これほどの痛みを感じさせる映画を他に知りません。


    映画「たそがれ清兵衛」の後半に生まれた清兵衛の苦しみは、あちらでは詳しく語られていませんが、この映画「ペパーミント・キャンディー」を観ると、良く分かる気がするのです。

満足度データ

ペパーミント・キャンディー
100点
12人(26%) 
90点
5人(11%) 
80点
11人(24%) 
70点
3人(6%) 
60点
7人(15%) 
50点
1人(2%) 
40点
3人(6%) 
30点
0人(0%) 
20点
0人(0%) 
10点
3人(6%) 
0点
0人(0%) 
採点者数
45人
レビュー者数
30
満足度平均
75
レビュー者満足度平均
81
ファン
4人
観たい人
9人

 

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
オプション この作品のお知らせメールを受け取る(返信をお届けします)
 

掲載情報の著作権は提供元企業などに帰属します。
Copyright©2018 PIA Corporation. All rights reserved.

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活


この映画のファン

  • クリス・トフォルー
  • ツィトローネ
  • えとろん

 

ユーザ登録をするとこの映画のファンに加わることができます

関連動画

関連動画がありません

関連DVD

ペパーミント・キャンディー [DVD]

  • 定価:5076円(税込)
  • 価格:4441円(税込)
  • OFF:635円(12%)

 

ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる冬号が12/1発売!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』 4DX体験レポート
あの映画の“核心”に迫る!話題作のキャスト・スタッフに直撃!【インタビュー記事まとめ】
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『インクレディブル・ファミリー』特集
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる秋号が10/1発売!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ
音を立てたら即死!? 全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』をはじめ、あの“くまのプーさん”を実写化した『プーと大人になった僕』、豪華キャスト集結の『食べる女』など新作続々更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”