ただいまの掲載件数は タイトル56842件 口コミ 1119290件 劇場 587件

映画情報のぴあ映画生活 > 掲示板一覧

フリートーク掲示板» 印象に残るシーン、いいセリフ

フリートーク:印象に残るシーン、いいセリフ

印象に残るシーン、いいセリフ

2013/3/12 22:25 by EGライダー

映画を観てると何故か印象に残るシーン、
いいセリフがありますね。

ラストシーンや核心部分などネタバレにならなければ
なんでも結構です。
映画に限らず、日常のちょっといい話、いいセリフもOK
あなたが感じたことを自由に書き込んでください。

 



  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/13 7:10 by IKA

    銭形@宮崎ルパンの最後のキメぜりふです。
    なむあみだぶつ……

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/13 13:14 by ペンギン

    「桑畑…三十郎。もうぼちぼち四十郎だがな」。
    黒澤明監督「用心棒」で、名前を問われた素浪人が眼下の桑畑を見ながら答えた台詞。
    「名乗るほどのものじゃ…」というのが定番だけど、こんな格好いい交わし方は後にも先にも聞いたことがない。
    おっと、後にはひとつだけ、姉妹編で同一人物だと思われる件の男がまたもや同じ手を使う「椿三十郎」。
    黒澤監督、タイトルにするぐらいだから、よほど気に入ったんでしょうね。

    ペンギンでした。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/13 17:16 by PURNA 100%

    ご無沙汰です、EGライダー様。

    ありきたりですが、

    やっぱし、

    ショーシャンクのラストシーンが良かったダスな〜〜〜!!!

    と、

    レオンのラストも好きだすな〜〜〜〜!!!
    「レオン・・・・・」

    あと、

    ハンナのラストなんか、
    「ブラ外した、、、パン!」なんて、

    んッ???(@_@;)チョッと違う???



    因みにワタスのアイコンもグッと来るでっしゃろ〜〜〜!!!

    アハハハ(^^ゞ

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/13 17:28 by GOKU

    エクスペンダブルズ公開当時、
    来日したスタローンとラングレン。

    この二人にインタビューアが、
    「お二人の怖いものは?」の質問に、

    スタローンは「・・・ワイフかな」と。

    で、ラングレンは、

    「・・・シラフの時間が怖い」と。


    スタローンの答えは、まぁよくある回答例だが、

    ラングレンのは・・・深いな(笑)


    本作の中での台詞は・・・
    傑作ぞろいで逆にスグ思いつかないなぁ。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/13 19:18 by .

    お邪魔します。

    『ペパーミント・キャンディー』の

    “人生って素晴らしい”



    『愛と青春の旅立ち』の

    “メイヨネーズ”


    です。

  • 「大脱走」の日本語吹き替え版

    2013/3/13 22:14 by ありりん

    ちょっとばかり無責任になりつつある記憶力ですが…、

    「大脱走」で脱走用トンネルに順番に入っていくシーン。ジェームズ・コバーン扮するオーストラリア兵がでっかいトランク持って小さな穴に入ろうとするところで傍にいた人のセリフ、
    「なんだよ、カンガルーでも入ってんのか?」

    これ、字幕版だと
    「ピアノでも入ってるのか?」
    になっていて…。

    再確認の必要はあるけど、もし記憶に間違いなければ、これに関しては日本語吹き替え版のセリフ作った人、ナイスな意訳だと思います。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/14 22:38 by EGライダー

    みなさん、こんにちは
    レスありがとうございます。
    お名前を見なくても、文体と内容だけで
    よーく分かります。(^^;)

    夢寝さん、重複スレがあったようで申し訳ない。
    ただ、「名セリフ」でなくてもいいんです。
    「迷セリフ」でも印象に残るものや、印象に残るシーン、
    印象に残るキャラ、印象に残るエピソード
    印象に残った日常のワンシーンなど・・
    自由に語るスレですので気軽に参加してください。

    私も印象に残ったことを述べていきますので、
    よろしくお願いします。

  • Re: 印象に残る形跡

    2013/3/14 23:38 by PURNA 100%

    先生〜〜〜〜〜!!!!!


    昨日〜、


    DVDレンタルショップの〜、


    アダルトコーナー内に〜、


    股、股〜、


    精子が垂れてたんですけど〜、


    今度は〜、







    踏んで滑った形跡がありました〜〜〜!!!

  • 意外にもワルのセリフが的を得る

    2013/3/15 15:18 by EGライダー

    >今でも、いや、今だからこそ身に凍みる名セリフ

    悪役のセリフ・・今も昔もインパクトがありますね。

    『燃えよドラゴン』の悪役ハンのセリフ(要約)
    「強さを持たないがために多くのものが滅びてしまった」
    「現実は甘くない。誤解のないようにしてもらいたい」
    「勝利は心地よい・・だが勝ち続けることは不可能」
    「負けたときの準備もしておくことが必要なのだ」


    >DVDレンタルショップの〜、
    >アダルトコーナー内に〜、
    >精子が垂れてたんですけど〜、
    >今度は〜、
    >踏んで滑った形跡がありました〜〜〜!!!

    え〜!! 誰もケガ人は出なかったんですか!?
    某柔道の先生が「受身などしてたら勝てない」って言って
    ましたけど、
    やっぱり受身はマスターしとかなあきませんね。

    ちなみに、印象に残ったある判例
    「転倒は○○で足を滑らせたことによると推認できる」
    「店側は巡回を強化するなどして○○が落下した状況を
    生じさせないようにすべき義務を負っていた」
    いや・・お店も大変な時代になったように感じます。

    それよりマトモなコーナーにも行ってくださいよ。

  • 判例、で思い出した。

    2013/3/15 17:52 by GOKU

    判例って言えば、
    アメリカだったと思うけど、

    他人の家の屋根を歩いてた泥棒が、
    屋根を踏み割って落下して、
    で、その家主を訴えた、らしい。

    「歩いたぐらいで壊れる屋根のせいで怪我をした、治療代に慰謝料をよこせ」

    盗人、猛々しい、の具体例でした。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/3/15 19:51 by GOKU

    あ、印象に残った台詞、でした。

    『ファイトクラブ』で、
    ブラピ演じるタイラー。

    「頭いいなアンタ、それで何か得したか?」

    「忘れんな!いつか、必ず、死ぬ、って事を!」

    「ケツに羽根挿したって鶏にゃなれねぇ。」

    記憶に頼って書いたんで若干違うかも、だけど。
    タイラーは、もう絵に書いたようなナイスガイ、俺的に。

  • Re: 印象に残る記憶

    2013/3/16 2:16 by PURNA 100%

    先生〜〜〜〜〜〜!!!!!



    本当は〜〜〜〜〜!!!!!



    踏んで滑ったのは〜〜〜!!!



    ワタスでした〜〜〜〜〜!!!!!



    アハハハ(^^ゞ

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/16 10:45 by .

    お邪魔します。
    映画の出来は別として、

    「力道山」(2004年作品)

    “たった一度の人生、善人ぶってる暇がどこにある?”

  • みなさん、レスありがとうございます

    2013/3/17 10:24 by EGライダー

    >「歩いたぐらいで壊れる屋根のせいで怪我をした、治療代に慰謝料をよこせ」

    これはビックリ・・もはやギャグ。
    ドロボーさんも権利を主張する時代なんですか。

    >「忘れんな!いつか、必ず、死ぬ、って事を!」

    「死は老人だけではない。全ての人、貴方のすぐ横にもいるのだ」
    誰のセリフかは忘れました。

    >先生〜〜〜〜〜〜!!!!!
    >本当は〜〜〜〜〜!!!!!
    >踏んで滑ったのは〜〜〜!!!
    >ワタスでした〜〜〜〜〜!!!!!

    そうでしたか!
    まあ、私なんか年中スベってます!!

    >“泰平の世は、ありがたいですな”

    これは懐の深いセリフでもありますね。
    最近、ちょっとした「男のオイタ」でも容赦なく
    新聞沙汰・・社会的抹殺をしてるじゃないですか。
    どんどん世の中に余裕がなくなっていく気がします。

    >“たった一度の人生、善人ぶってる暇がどこにある?”

    あ、これはいいセリフ。
    でも、悪人ぶってる暇もないとも言えますね。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/17 21:15 by ekoeko

    最後から二番目の変身が「私の一番なりたいものにな〜れ」。
    最後の変身が「私にな〜れ」。
    『ひみつのアッコちゃん』。
    DVD買いました。
    また泣きました。

  • 『スナッチ』のジェイソン・ステイサム。 ネタバレ

    2013/3/18 21:26 by GOKU

    今、ステイサムと言えば殺戮マシンのイメージだが、

    でも『スナッチ』では大人しい。
    銃器には関わってないから。

    ちょっとバットで人様のアタマをヒットしてたぐらい。

    一応、マフィアだが、
    弟分がたった一人の二人きりのグループ。

    その弟分がフトコロに拳銃を隠し持ってるのを見つけて、

    「何で銃なんか持ってる?」って咎めてた。
    (↑アンタがソレを言うのか)

    で、弟分が「護身用さ」って言ったら、

    「何から身を守る?ドイツ兵か?」って。


    ま、別に何てコトのない台詞なんだけどね。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/20 17:53 by EGライダー

    >『ひみつのアッコちゃん』

    アニメ版も実写版映画も観たことないのですが、
    印象に残るイイ作品のようですね。
    個人的に印象に残るアニメは『妖怪人間ベム』
    最終回はジーンときました。

    >ちょっとバットで人様のアタマをヒットしてたぐらい。

    どこが大人しいんですか。(^^;)

    >「何で銃なんか持ってる?」って咎めてた。

    そういえば昔、TVでアメリカ大陸をキャンプツーリングしてるライダーをインタビューしてたな。
    そのライダー、デカい口径の拳銃を二挺もってるんですよ。
    理由が「何をされるか分かったもんじゃない」
    『イージー・ライダー』を観てたのでしょうか。

    実際、キャンプしていた夫婦が襲われた事件もありました。
    まあ、ステイサムさんなら理解してくれることでしょう。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/20 21:33 by PURNA 100%

    > 同時に俺から知らぬは当人だけである複数登録ユーザー氏へ贈る言葉。

    本人のところへ直接書き込めば?

    気が小っちゃいのね!

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/20 23:24 by EGライダー

    みなさん、こんばんは
    活発なご意見に元気が出ます。
    それでは私も投稿といきますか。。

    『幸せの黄色いハンカチ』のワンシーン
    健さんが出所後、定食屋でビールを飲み干す場面
    こんなにビールが旨そうに感じるシーンは見たことがありません。
    セリフは一切ないけれど、その演技は秀逸!
    このシーンを観たらビールがほしくなる!

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/20 23:59 by PURNA 100%

    お晩です、EGライダー様。

    読んでいて思い出しましたが、

    『山口組三代目』のワンシーンで、家を飛び出して腹ペコな健さんが、

    田中邦衛にドンブリ大盛り飯とたくあんをもらい、ガッツいて食べたのですが、

    健さんは美味しそうに食べているのですが、麦混じりの冷や飯とたくあんなので、

    ど〜〜〜〜も、こっちは美味そうに見えない。

    やっぱり贅沢病なんでしょうかね〜〜〜!?

    アハハハ(^^ゞ

  • 喰いたい・・・ ネタバレ

    2013/3/21 20:16 by GOKU

    旨そうって言えば、
    『カリオストロの城』の山盛りパスタ。
    で、マンガ繋がりで、
    『ギャートルズ』のマンモスの肉。

    更に、ルパン三世繋がりで、
    『ルパンvsクローン』の印象に残る台詞。


    ちぇっ、な〜んでぇなんでぇ〜っ!
    さんざん人を誘惑しといてよぉ〜!

    あ〜あ、どーせ俺ぁ、
    アラン・ドロンにゃなれねぇよ。

    あ〜ヤダヤダ。
    そんなに歯の浮く台詞が聞きたいのかね〜っ!


    そう言えば、
    コレ言ってた時のルパンが食べてたのも旨そうだったなぁ。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/23 18:07 by ペンギン

    名台詞というか、かなりのインパクトを受けた台詞。

    「ジョゼと虎と魚たち」で、ラブホテルのベッドの中で池脇千鶴が妻夫木聡に言う台詞。

    「この世で一番エロいこと、してエエよ」。

    かなり前にみたので詳細は違っているかもしれませんが、こんな事言われてみたい。

    ペンギンでした。

  • Re: 印象に残るエロシーン、エロゼリフ

    2013/3/23 19:37 by PURNA 100%

    お初です、ペンギン様。


    おおおぉぉぉ〜〜〜!!!


    ワタスもそんな事言われてみた〜〜〜い!!!


    特に、こんな看護婦さんに!!!


    アハハハ(^^ゞ

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/24 16:11 by EGライダー

    >健さんは美味しそうに食べているのですが、麦混じりの冷や飯とたくあんなので、
    ど〜〜〜〜も、こっちは美味そうに見えない。
    やっぱり贅沢病なんでしょうかね〜〜〜!?

    PURNAさん、いやそれはアレ・・
    たぶん、健さんは最高の調味料を使ったんですよ。
    前述「黄色いハンカチ」の定食屋シーンでも実際に使用したとか。。
    「空腹」という調味料を。(2日間断食したらしい)

    >あ〜あ、どーせ俺ぁ、
    アラン・ドロンにゃなれねぇよ。

    アラン・ドロン・・ちょっと例えが古いような。
    若い方には分かりにくいかもしれません。
    せめてゲイリー・クーパーくらいじゃないと。

    >饗応接待による一時的な利益は最終的に己自身を滅ぼす

    まさに「タダより高いものはない」ですね。

    >「この世で一番エロいこと、してエエよ」。

    おお〜!!こ、これは・・
    ○○○なことも、△△△なことも、□□□なことも・・・
    想像力と知性と感性が飛躍的に向上して人生が豊かになるいいセリフと思います。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ、いいコマーシャル

    2013/3/26 22:02 by PURNA 100%

    お晩です、EGライダー様。

    あのシーンを否定しているわけではありません!

    いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、

    あのビールを飲むシーンは最高ダス〜〜〜!!!

    おおおぉぉぉーーー!!!

    思い出したら美味いビールが飲みたくなってきた!!!

    えッ?

    「いつ?」だって???



    今でしょッ!!!



    アハハハ(^^ゞ

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/30 21:25 by EGライダー

    >あのシーンを否定しているわけではありません!
    はい、分かっています。(グビグビ、プハー)

    >“音楽4流、笑いは素人、これがドリフターズだ”

    シロートじゃあんなに長期間、ナマ番を維持できません。

    話は変わりますが・・
    またまた『燃えよドラゴン』から
    「考えるな、感じるんだ!」の後のセリフ
    「いわば月を指差すのと同じだ」
    「指にこだわっているとその先にある大切なものを見失ってしまう」
    国会で得意げに質問する議員を見てフトそう感じました。
    いや・・ただなんとなく。。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/30 23:01 by うなぎいぬ

    月並みですが…
    「隠し砦の三悪人」のクライマックス、
    「裏切り御免!!」
    カタルシスという言葉はこの瞬間のためにある!といいたくなるような名場面。

    「天空の城ラピュタ」の要塞脱出のシーンで、この場面を思い出した。あとでよく考えたら、脱出の瞬間を寄りの絵で見せてパッとロングに切り替わる、その爽快感が似ているのですね。

  • ゲイリー・オールドマン。 ネタバレ

    2013/3/31 14:22 by GOKU

    『フィフス・エレメント』で、
    ゲイリー・オールドマン演じる悪役。

    コレが無能な部下の度重なるミスに業を煮やして、
    自分で行動して言うセリフ。


    「いい仕事をしたかったら自分でする事だ」

    うん、イイ事言うなぁ。悪党だけど。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/31 17:50 by .

    お邪魔します。

    「戦争のはらわた」の主人公シュタイナーの一言。

    “神はサディストだ。しかし、それに気づいていない。”

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/3/31 22:49 by カメラマンのあっきー

    おじゃまします。

    真面目で申し訳ないのですが
    一昨年の『REILWAY 〜愛を伝えられない大人たち』
    から

    「これからの人生あまり長くないと思っているだろう。長いぞー、これから…」

    「女房と喧嘩したとき自分が原因ならば謝る。もし自分が原因でなかったならば自分に悪いところがなかったか考える」

    「好きなことでメシが食えるほど世の中甘くないという時代だったんだ」

    もうこの映画、自分の人生訓が見事に表されていて脚本は僕の中でナンバーワンです。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/1 22:08 by カメラマンのあっきー

    昨日に引き続いてまたまたお邪魔です。

    今日観てきた『相棒シリーズ X DAY』で
    とても印象に残るいいシーンが有りました。
    いつもブルドックみたいな顔で誰にへつらうこともなかった内村刑事部部長が伊丹刑事に力なく言います。
    「頼む…今回だけは」
    このシーンがいいんだなー。
    このワンシーンだけで
    1時間半の良質な映画1本分の重みがありました。

    夢寝さん。
    御歳83歳。よく頑張りましたね。
    お気を落とさないように…夢寝さんも頑張ってください。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/2 22:41 by カメラマンのあっきー

    本日フィルムセンターで80年前の映画を観てきました。
    『與太者(‘よたもの’と読むようです)の感激 與太者と海水浴』という松竹蒲田の作品です。
    もちろんサイレントです。
    地獄のような苦しみでした。

    そんな映画の中で「海底でタオルで顔を拭く」シーンがありました。
    この喜劇的な感性に脱帽です。想像もしていなかった。このナンセンスぶりのぶっ飛びかたは尋常じゃない。すごいシーンですよね。

    時に夢寝さん…

    > 一昨日亡くなり(誤)
    一昨年の秋亡くなり(正)

    相当印象が違いますねー(笑)
    笑っちゃいけない話なんだけど夢寝さんらしいなーと微笑んでしまいました。失礼…。
    それがまた夢寝さんの誕生日だったとは…劇的ですね。

  • でっかいオトコ♪ ネタバレ

    2013/4/4 19:27 by GOKU

    念のため死亡遊戯≠ナはありません。
    死亡的遊戯の方、G・O・D。

    この映画の中で黒い巨人<nキムとの少々のやり取りの後、

    ハキム「・・どういうつもりだチビ、勝てると思ってるのか?」

    の問いに対して、

    リ―「ああ、お前よりでかい男だって、見せてやるよ」

    同じリ―でも、
    死亡的@V戯の方のリーは結構お喋り。

    寡黙なリ―もイイけど、
    饒舌なのもイイ。
    ってかリ―なら何でもイイの俺は。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/5 10:15 by EGライダー

    IKAさん、獅子王さん、ペンギンさん、PURNAさん、小拳王さん、よんきび。さん、夢寝さん、ありりんさん、ekoekoさん、うなぎいぬさん、カメラマンのあっきーさん

    あらためてお礼が言いたいです。
    みなさん、レスありがとうございます。
    楽しく読ませてもらっています。

    >寄りの絵で見せてパッとロングに切り替わる、その爽快感

    たしかにこの手法、印象に残りますね。

    >「いい仕事をしたかったら自分でする事だ」

    分かるけど、部下が育たないというジレンマも

    >“神はサディストだ。しかし、それに気づいていない。”

    え〜!神は試練を与えてくれていると思ったけど
    Sだったんですか!
    じゃあ・・・Mになって頑張ります!

    >「これからの人生あまり長くないと思っているだろう。長いぞー、これから…」

    「短すぎる人生があるならば、長すぎる人生だってあるはずだ」
    by某掲示板から

    >1930年生まれの英語圏BIG3

    マックィーン、イーストウッド、コネリー
    この3人なら印象に残るシーンだけで1冊の本になりそうですね。

    >「海底でタオルで顔を拭く」シーン

    私もこういうナンセンスジョークが大好きです。

    >リ―「ああ、お前よりでかい男だって、見せてやるよ」

    はい、たしかに見せてもらいました!
    それにしても、あの飛び蹴りの高さは何なのだ。

  • Re: 印象に残るビビッたシーン

    2013/4/6 0:51 by PURNA 100%

    先生〜〜〜〜〜〜!!!!!!


    ここのところ超〜〜〜多忙で、ジェン、ジェン映画が観られなかったのですが〜〜〜、
    久〜〜〜しぶりぶりにレンタルショップに行って、アダルトコーナーに直行したのですが・・・・・


    な、なんと・・・・・・・・


    若〜〜〜〜〜い女の子が一人で入って選んでました〜〜〜〜〜〜!!!!!


    コッチの方がビビッて出てきちゃいました〜〜〜〜!!!!!


    最近の若い女の子(それも結構カワユ〜ス)は大胆なのねッ!!!!!(@_@;)

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/4/6 20:07 by GOKU

    たしか『ホットショット2』だったと思うけど、

    フセイン大統領に激似な悪役に、
    『ランボー』のトラウトマン大佐が・・

    ま、どっちも名前は変えてた、とは思うけど、

    でその大佐に大統領が拷問するシーン。

    大統領「・・・どうやら苦痛には慣れてるらしい」

    大佐「・・・ワケがある。」

    大統領「ほう・・・」

    大佐「結婚している」

    大統領「・・・なるほど」

    大佐「・・・二回だ」

    大統領「オゥ・・・」

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/7 14:25 by EGライダー

    >最近の若い女の子(それも結構カワユ〜ス)は大胆なのねッ!!!!!(@_@;)

    ひょっとして、その方はAV女優サンなのでは?
    本当に美しい方が多いですから。
    「あなたのファンです!!」と言えばよかったのに。
    (・・後の展開は責任持ちません(^^;)

    >「・・・どうやら苦痛には慣れてるらしい」
    「結婚している」「・・・二回だ」
    「オゥ・・・」

    この苦痛に敵味方ナシ。国境ナシ。
    あの敵役の「オゥ・・」の表情がまたイイですね。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/4/7 15:18 by EGライダー

    『ドラゴンへの道』
    ブルース・リーvsチャック・ノリス

    印象に残るベスト格闘アクションは?と言われたら
    真っ先にこれが思い浮かびます。
    お互い言葉は一切交わさないけれど、その表情、
    体の動き、眼の配りだけでお互いの感情が手に取るように鮮明に表現。。

    そして印象に残るのが、意外にも闘いの後・・
    間違っても相手にツバを吐きかけたりするような後味の悪いことはしません。

    悲しそうな表情でフロントチョークをキメる。。
    ノリスの道着をスッと戻すシーンは相手の健闘を称えているようでした。

  • Re: 映画の歴史に残る格闘シーン

    2013/4/7 23:15 by PURNA 100%

    この格闘シーンは他のアクションとは次元が違うのであ〜る!

    この格闘シーンの中には起承転結の物語が存在するのであ〜る!

    伏線を張り、どうしてその技を出すのか、意味が存在するのあ〜る!

    それまで、ここまで武道性を高めた映画での格闘シーンはないのであ〜る!(たぶん)

    それでいて、マニアックになり過ぎず、一般にも受け入れられる様にまとめられているのであ〜る!

    ただ派手に、アクロバチックに取って付けた羅列アクションとは訳が違うのであ〜る!

    裏広場での戦いが、良い前菜になっているのであ〜る!

    つまり、格闘シーンの最高峰であ〜る!



    ところで、


    アダルトコーナーの件ですが、
    以前、若いカップルがいたのは数回、
    おばさん数回、
    ガキんちょ数回、
    若いオナゴが一人でいるのは初めてだったので、それも堂々と選んでいたので面食らいました〜〜〜!!!

    >「あなたのファンです!!」と言えばよかったのに。



    アハハハ(*^。^*)



    無理!(・o・)

  • んな簡単に悟っちゃツマランでしょ(笑) ネタバレ

    2013/4/10 20:22 by GOKU

    超B級映画『餓狼伝』
    なにしろ、このサイトでレビューがたったの一件。
    つまり俺のだけ。

    主人公のケンカ空手の丹波文七役は、
    なんと八巻健二氏。

    きっとEGライダーさんならご存知かと。

    で、印象深いシーンですが、

    丹波がプロレスラーに敗れ、
    それがきっかけでサンボを学び、
    そのサンボを試すために竹宮流柔術の道場を訪れ、
    そこで泉宗一郎(本郷功次郎)と立ち会います。

    そこでの遣り取り。


    丹波「受けて貰って感謝するぜ」

    泉「挑戦されて受けなければ武道家ではない」

    丹波「・・いつ始める?」

    泉「・・もう始まっている」


    ↑ココ、です。渋いんだぁコレが。

  • 訂正と補足。 ネタバレ

    2013/4/11 18:50 by GOKU

    八巻健二⇒建志でした。
    ちなみに今現在は八巻建弐。


    相手にツバ、って最近のアノ映画の2ですよね、たぶん。

    確かにアレは余計だった、かな。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/12 17:13 by EGライダー

    >つまり、格闘シーンの最高峰であ〜る!

    ひとつひとつ、そのとーり!と頷いているのであ〜る!

    >無理!(・o・)

    「ファンです!」
    「え?そうなんですか?これ新作です・・」(顔を赤らめながら)
    「感想、聞かせてください。これメルアドです」(さらに顔を赤らめながら)
    (以下、省略)
    という展開になっていたのに残念なことです。

    >八巻健志サン

    恵まれた体格、甘いマスクでカラテ大会でも優勝されましたね。
    そのとき黒澤選手に勝った試合が印象的です。
    日本にもアクションスターが出てほしいところ。

    >相手にツバ、って最近のアノ映画の2ですよね、たぶん。

    はい、たぶんそれです。(笑
    悪い意味で印象に残りました。
    気持ちよくファイトをしてほしかったです。
    なんせ両雄のファンですから。

    >阿部寛が演じた幾つかの暴言から

    笑っちゃいけないけど、面白いですね。
    とくに『結婚できない男』は女性を怒らす台詞が多かった記憶が。。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/12 21:15 by PURNA 100%

    ありゃりゃ、


    股、削除したんだ。


    自分の言葉に責任が持てないんだったら、


    人の批判なんて書かないでよねッ!(-。-)y-゜゜゜

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/14 0:46 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    初めまして。
    宜しくお願い致します。

    印象に残っているセリフは、
    旧日本語吹き替え版「ドランクモンキー酔拳」のラストバトルで、ジャッキー・チェン(石丸博也さん)が、ラスボスの黄正利に対して、オカマ口調(笑)で、「酔八仙だって、酔八仙じゃなくて、自分でミックスして、新しい拳法を編み出したの!ふぎゃ〜」ってセリフが好きですね。
    あのセリフのあと将軍令(音楽)が流れ出して、より一層二人のクンフーバトルが盛り上がり、とても気分が高揚しました。
    「ドランクモンキー酔拳」に関しては、好きなセリフが沢山あるのですが、書ききれません(笑)。
    あと、「プロジェクトA」のジャッキー・チェン(石丸博也さん)がラスボスのディック・ウェイに放った「だから何度も、チョウ言ったでチョウ!!」ってセリフも、楽しくて、最高でした。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/14 15:37 by EGライダー

    アーバン・ブルーさん、こんにちは
    はじめまして
    こちらこそよろしくお願いします。

    >「ドランクモンキー酔拳」

    これは私も好きな映画
    コミカルな雰囲気が好きです。
    暗い仇討ちのパターンじゃないので疲れない。^^;
    石丸博也さんの声もよく合っています。

    後半、ジャッキーがBGMにのってクンフーの型を次々にマスター!
    このシーンがなかなかカッコいい。
    最後のオカマ型はBGMナシ・・カッコワルイ。
    「バカバカしい・・やってられるか!」
    この型だけ放棄するシーンが面白い。

    それとジャッキーの師匠の人
    あの赤鼻の白髪の老人・・高齢なのに動きが凄い。
    名前は知らないのですが、印象に残ります。
    この二人の師弟コンビもよかった。

  • 老師のマメ知識。 ネタバレ

    2013/4/14 19:41 by GOKU

    『ドランクモンキー酔拳』の老師は、
    ユエン・シャオティエン(袁小田)さん、だそうです。

    1912年生まれらしいので、
    1978年製作の『酔拳』の時、
    単純計算で・・な、なんと66歳!

    それであの動き・・・凄ぇ・・。
    ま、今更ですがね。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/14 22:50 by EGライダー

    >『ドランクモンキー酔拳』の老師は、
    ユエン・シャオティエン(袁小田)さん

    ありがとうございます。
    シャオテ・・?・・
    66歳であの動き、日頃の練習の賜物ですね。

    >ま、今更ですがね。

    いえいえ、未見の方がこれをきっかけに観るかも
    しれないですから。

  • 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/4/17 20:02 by GOKU

    『酔拳』の老師って言えばだいたいワカってもらえるのに、
    その俳優の名前、って言われると結構ワカらない事ありますねぇ(笑)

    ぐっさんのフルネーム、って、
    山口・・・何だっけ、みたいなね。

    でも芸人として『ぐっさん』で分かるなら、それでいいと思うけど。

    役者ならまるで実在するかのように役名で呼ばれるのはイイ事なんじゃないかなぁ。

    スタローンならロッキー、とか。
    そう言えば、『ロッキー・ザ・ファイナル』のロケでスタローンがフィラデルフィアに行ったら、
    みんなに『ロッキー』って呼ばれたって言ってた。

    「誰もスタローンって呼んでくれないんだ(笑)」って。

    じゃ、そのロッキーの台詞から。


    どんなにきついパンチだろうと、
    どれだけこっぴどくブチのめされようと、
    休まず前に進み続けろ。

    ひたすら苦痛に耐え、前に進むんだ。

    その先に勝利がある。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/18 16:28 by EGライダー

    >ぐっさんのフルネーム、って、
    山口・・・何だっけ、みたいなね。

    「のどごし生」が真っ先に。。

    >どんなにきついパンチだろうと、
    どれだけこっぴどくブチのめされようと、
    休まず前に進み続けろ。・・・

    『ロッキー・ザ・ファイナル』のあのシーンですね。
    「うまくいかないのを誰かを指さしてソイツのせいにするんじゃない!それは卑怯者のやることだ!」
    (うろ覚え^^;)
    ここの部分も好きなんですよ。

    『エントラップメント』から

    「女は服で変わるというが、それは違う」
    「服が女によって変わるんだ」

    このセリフは他スレでも紹介しましたが、
    単純に女と服という関係だけではなく、
    あらゆることに通じると思います。
    「服」のせいにするんじゃない!ってか・・

  • いいセリフ。 ネタバレ

    2013/4/20 10:44 by GOKU

    例えば服とか、
    タレントの○○さん愛用とかのブランドを真似して着ても、
    その○○さんになれるワケもなく、
    なれないから、って別に服が悪いワケもなく、と。

    前に書いた『ファイトクラブ』のタイラーの台詞、
    「尻に羽根挿したってニワトリにゃなれねぇ」
    ってのも、たぶんソレが言いたい。

    ブルース・リーに憧れて、
    彼の服を真似したり、
    ヌンチャクとか振ってみたりしても、
    残念ながら彼にはなれない。

    イヤそう言ってて俺、やった事あるけども(笑)


    そういえば『燃えよデブゴン』ってあった。
    この映画みたいな男、沢山いたんじゃないかなぁ。

    そのワンシーンで主演のサモ・ハンが、
    ブルース・リー似の俳優(大して似てないが)に侮辱されて返り討ちにしてあとに言う台詞。


    ブルース・リーはな、
    俺の、大事なアイドルなんだっ!
    そんなアクションでイメージ壊すなっ!
    もっと勉強して頭使えっ!


    『燃えよデブゴン』は数あるリ―のリスペクト的映画の中でも一番動きの特徴を捉えている、と思ってます。

    リ―への愛すら感じる。

    またサモ・ハンの見た目とのギャップがたまらないんですよね。

    DVDが出ていないのが実に残念な逸品。

  • Re:いいセリフ

    2013/4/20 12:22 by ペンギン

    小拳王さんの書き込みを受けて思い出した台詞をひとつ。
    これは映画の中の台詞じゃなく、「日曜洋画劇場」での淀川長治さんの忘れられない台詞。

    映画の放映のあと、ひとしきりその作品の解説をされて、来週の作品、タイトルは何だったか忘れたけれど、サモ・ハン・キンポー主演の香港映画の紹介の時。
    「来週の作品は『○○』です。主演はサモ・ハン・キンポー。キとチを間違えるなよ。はははは」と自分でウケて笑ってました。

    日曜ゴールデンであの大先生がまさかのベタな下ネタ。
    あの衝撃は忘れられません。

    ペンギンでした。

  • シーモネ―ター。 ネタバレ

    2013/4/23 9:02 by GOKU

    ま、サモ・ハンの名前って、
    実際は●ンポーじゃなくて、
    ●ン・ポーって切って言うみたいですけどね。

    アレ、分けて発音すると更にエロス?

    で、●ンポーつながりで印象深いのは、
    やっぱり『ターミネーター』かな。

    シリーズ通してフル●ン(笑)

    あと映画とは関係ないけど、
    替え歌思い出した。

    『サザエさん』の歌。
    ♪お魚くわえたドラ猫〜♪
    ・・のアレの替え歌。


    ♪ポコ●ンくわえたサザエさん〜
    ふりはらい〜
    自分で●スかく〜
    陽気なマスオさん♪

    コレ、
    何年も前、深夜のラジオ番組で歌ってましたぜ(笑)

    ピ―音なしで。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/25 16:51 by EGライダー

    >イヤそう言ってて俺、やった事あるけども(笑)

    でも、憧れることはイイことですよ。
    リーになれなくても、近づくことはできますから。

    >またサモ・ハンの見た目とのギャップがたまらないんですよね。

    人は見た目で判断しちゃいかん、という見本ですね。

    >「日曜洋画劇場」での淀川長治さんの忘れられない台詞。

    これは珍しい・・聞きたかったなぁ。
    淀川サンのイメージはどんな作品でもけっしてケナさずホメまくるという印象が強いです。
    ただ『深海征服』という作品は一言「デキが悪い」・・
    興味をもって鑑賞したら「うん、たしかに!」と納得しました。

    >『サザエさん』の歌。
    ♪お魚くわえたドラ猫〜♪
    ・・のアレの替え歌。

    あ、あの〜
    ますます女性ユーザーが来なくなるじゃないですか。^^;

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/27 12:37 by ペンギン

    淀川さんの話でもう一つ。
    以前どっかで書いたような気もするけど。

    80年代にテレビの特番で、昔の名画と最新映画を淀川さんとおすぎさんが交互に紹介するというのをやっていて、番組が終わりにさしかかったあたりでおすぎさんが「先生、やっぱり昔の映画の方が良い作品がたくさんありますねえ」と言ったのに対して、「いいえ、それは違います。一番良い映画は一番新しい映画です。あなたのような若い人がそんなこと仰っちゃダメよ」と仰ったのが印象に残っています。
    どんな監督も旧作よりも良い作品を作ろうとしているんだから,新作の方が良くなくっちゃ嘘です」と言うことらしいです。
    それを聞いたおすぎさんは何も反論できなくてただ頷いていました。

    ペンギンでした。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/28 10:26 by EGライダー

    >「一番良い映画は一番新しい映画です。あなたのような若い人がそんなこと仰っちゃダメよ」

    淀川サンは柔軟な思考をされていたんですね。
    たしかに映像や音響技術など格段に進化してます。
    ・・でも・・「一番良い映画は一番新しい映画」
    うーん・・淀川センセイ、申し訳ないです。
    賛同できません。(^^;)

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/28 18:23 by kotorin

    >「一番良い映画は一番新しい映画です。あなたのような若い人がそんなこと仰っちゃダメよ」

    今の映画を見なさい、は淀川さんの持論だったと思います。
    手元に淀川さんの「日々快楽」という本があるのですが、そこでもおっしゃっていますので、抜粋します。

    映画を観ることは娯楽ではありません。映画は人生の教科書。人間勉強の場なんです。
    〈中略〉
    だから、わたしは一週間に一回ぐらいは映画を観に行ってほしいと思っています。
    なぜ、観て欲しいのか。
    それは映画は現代の教室。”今日のもの”だからなんです。どんな作品でも現代とともに生きているんですね。人間関係の葛藤、生活の匂い、風俗などが今の感覚で描かれていますね。
    ですから、昔の名作をごらんになり勉強なさるのもいいでしょうけれど、新しい作品をどんどん観てほしいんです。
    たとえばスティーブン・スピルバーグの『シンドラーのリスト』という映画。
    〈中略〉
    これを観たとき、今さらどうしてこんな映画をつくるのかと一瞬思いましたねえ。でも、よく考えたらそこが大切なんです。アメリカが大監督を使ってなぜこんな映画をつくる必要があるのか。わたしはあるひとつの想像をしてびっくりしましたけれど、そういう視点で観ることが必要なんです。今、世界の人間がなにを考えているのか。映画はわたしたちにそれを教えてくれているんですね。
    そんなわけで、みなさんも面倒くさがらないで、新しい映画をどんどん観て、ご自分の栄養にしてほしいと思います。



    >淀川サンのイメージはどんな作品でもけっしてケナさずホメまくるという印象が強いです。

    淀川さんは沢木耕太郎さんとの会談で、次のようにおっしゃっています。

    おすぎと僕が対談するでしょ、おすぎはこの野郎とばかり見るの、映画のなにこれいうのが好きなのね。そのほうが面白いもの。僕もそうやりたいけど、『日曜洋画劇場』やってると、できないのね。この野郎っていったら、『日曜洋画劇場』、全部この野郎なっちゃう(笑)。だからね、できないからね。いいとこみつけるくせがついちゃったのね。…いいとこ見つけよう思ったら、どんな映画でも楽しいとこあるの。
    〈中略〉
    人を好きだからね。映画も好きだからね。何かいいところ探したい。


    淀川さん、大好きです。

  • 褒め言葉 ネタバレ

    2013/4/28 20:24 by GOKU

    『日曜洋画劇場』だったかどうかは憶えがないけど、
    淀川さんだったから多分そうだと。

    ジャン・クロード・ヴァンダム主演の『サイボーグ』が放送された時の事。

    「本っ当に蹴ってますねぇ」
    「凄いですねぇ」
    「真似しないでくださいねぇ」って。

    まぁこのDVD持ってる俺が言うのもなんだけど、

    『サイボーグ』ってヴァンダムのキック以外に特に観るべきモノがないから。

    だから淀川さんの解説は、
    言い換えれば「キックしか無い映画」とも聞こえなくもない(笑)

    ま、何もない映画よりは余程マシだと思うが。

    モノは言いようで、
    「アタシは騙されないワッ」
    「こんなの認めないワッ」
    「踏んづけてやるッ」みたいな感情剥き出しの感想聞かされるよりは、
    淀川さんの、
    『日曜洋画劇場』の淀川さんのほうが、
    少なくとも俺は好きだな。


    さて。

    印象深いシーンを思い出したので書き込んでおきます。

    『ルパン三世/ルパンvs複製<クローン>人間』で、
    フリンチ≠チて奴が出てきます。

    ・・・イヤ違うよ?

    シモネタじゃないよ?

    あくまで人の名前だからね。

    で、このフリンチ君、
    なんとあの五右衛門に、
    あの斬鉄剣≠ノ西洋の剣レイビア≠ナ勝負を挑みます。


    斬鉄剣vsレイビア

    五右衛門を、斬鉄剣を知る人なら、
    五右衛門の圧勝を想像する状況だが・・・

    ・・・まぁ、
    観た人なら、きっと解るとおもうし、
    観ていない人にはネタバレは勿体ないという事でここまでにしときます。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/28 22:29 by PURNA 100%

    お晩です、kotorin様。


    なんだか、グッと来ちゃいました。


    やはり、あなたは素敵な人ですねッ!


    それでは股〜!

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/4/29 19:03 by kotorin

    プルナさん、おひさです。

    バイタル、変化ありました?

    淀川さんも、お喜びと思います。

    私も嬉しい!

    股、どこぞで〜

    素敵な看護婦さんのkotorin

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/1 22:51 by EGライダー

    みなさん、こんばんは
    淀川サンの興味深いお話ありがとうございます。

    kotorinさんの淀川サンに対する熱い思いが伝わってきました。
    私の印象が間違っていなかったと再認識。。
    感謝したいと思います。

    ただ、夢寝さんの人間くさい淀川サンも好きですね。
    オードリー・ヘプバーンを叩く??
    『ローマの休日』のヘプバーンと『サウンド・オブ・ミュージック』のジュリー・アンドリュースは個人的に最も印象に残る清純派ヒロイン!

    とは言ってもやっぱり心が広く優しいオジサン、
    映画評論家ではなく、映画愛好家という印象が強いです。
    (けっして釣りではありません)

    >「本っ当に蹴ってますねぇ」
    「凄いですねぇ」
    「真似しないでくださいねぇ」・・・

    ハイ、もう時間きました。
    それでは次週またお会いしましょ。
    さよなら、さよなら、さよなら

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/2 0:29 by PURNA 100%

    お晩です、EGライダー様。

    消えたので、コッチに書きます。

    ブルース・リー先生の水の話は、ワタスもインタビューに答えながら説明している映像を見ました。

    宮本武蔵の五輪書とほぼ同じ内容。

    座頭市にも影響されたみたいだし。

    日本、好きなのかも?

    リー先生の座頭市映画も観たかった。

    それにしても、最近弾けてますなッ!

    EGライダー様、覚醒しだしたのかも?

    アハハハ(~o~)/~~~

  • 印象深い台詞。 ネタバレ

    2013/5/4 10:06 by GOKU

    前に少し触れた、
    アノ映画の2≠フ唾を吐くシーン。

    単なる不快なシーンとしての違和感、
    とは別に、なんか不自然なカットに見える・・・

    何度観ても『取って付けた』感というか・・
    映画だから『撮って付けた』と言うべきか。



    ※以下ネタばれ注意。





    「奴の名は・・なんて呼んでた?」
    ヴァンダム演じるヴィランがこう言って、
    スタローン演じるバニ―が、
    「奴の名はビリー」と、
    で、刺したナイフを更に押し込む。

    そのあとに問題のシーンがあるワケだが・・・

    俺の勝手な空想だけど、
    当初は何か台詞があったのかもしれないな、って思う。

    唾のシーンにはそんな間を感じる。

    「奴の名はビリー」の後、
    で、深くエグッた後に、
    更に一言、って感じな・・・

    「地獄で奴に逢う時思い出せ・・!」


    とかね(笑)


    あとブルース・リーについて、
    彼に「最強の格闘技が?」との問いをした人がいて、

    その答え。

    一対一で邪魔が入らない条件なら柔道だと思う。

    普通なら中国人で、しかも功夫を修めたリ―だから、
    「中国拳法です」って言いそうなモンだし、
    質問する方もソレを期待したんじゃないかなぁ、って思うけど。

    イヤでもリ―らしい合理的解答だと思うし、
    日本武道に対するリスペクトすら感じるのが、
    なんか日本人としては誇らしい(笑)

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/9 21:52 by EGライダー

    PURUNAさん、小拳王さん こんばんは

    >座頭市にも影響されたみたいだし。

    あ、そうなんですか。
    彼は強度の近視らしいので影響はあったかも。

    >日本、好きなのかも?

    それはないでしょう。(^^;)
    『ドラゴン怒りの鉄拳』がその答えです。

    >それにしても、最近弾けてますなッ!

    いえ、最近ハジかれました・・が正解です。

    >一対一で邪魔が入らない条件なら柔道だと思う。

    さすがリー先生は先見の明がありますね。
    現実はジャマが入りまくりですが。
    総合格闘技の試合を予見してたのでしょうか。
    (ミルコのような例外は別として)
    彼は先進的、柔軟、合理的思考の人と思います。
    ちなみにボクシングの実戦性の高さとともにその危険性についても述べています。
    これ以上はスレ違いになるのでこのへんで。。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/10 23:45 by PURNA 100%

    お晩です、EGライダー様。

    その昔、座頭市が香港で視聴率40%だか、50%だか、忘れましたが、爆発的な人気になったそうで、リー先生、その時に影響を受けたらしく、映画での多人数での戦い方の間の取り方は、座頭市を参考にしたそうです。

    そう言われてみれば、‘ドラゴン怒りの鉄拳’の道場での戦いの間の取り方は、そーゆー感じ・・・・・

    そして、その後の作品として、盲目の仕込み杖の剣客の映画を考えていたそうです。
    その写真を見た事がありますが、リー先生、仕込み杖を持って、座頭市そっくりの顔つきでした。


    ところで、
    EGライダー様、怒るかもしれませんが、

    >いえ、最近ハジかれました・・が正解です。


    アハハ↑(^o^)↑ウケた〜〜〜!!!


    チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、\⇔/(・。・)
    気にしない、気にしない。


    それでは股〜(^◇^)/~~~

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/13 14:31 by EGライダー

    >その昔、座頭市が香港で視聴率40%だか、50%だか、忘れましたが、爆発的な人気になったそうで、リー先生、その時に影響を受けたらしく、映画での多人数での戦い方の間の取り方は、座頭市を参考にしたそうです。

    『座頭市』がそんなに影響を与えていたのは知りませんでした。
    その頃だともちろん勝新太郎版ですね。
    またもう一度じっくり観てみたいなぁ。
    デアデビルでしたっけ?盲目のアメコミヒーローもありました。
    それにしてもブルース・リーならスピーディで鋭い市が誕生していたでしょうね。

    >チッ、チッ、チッ、チッ、チッ、\⇔/(・。・)
    気にしない、気にしない。

    ありがとうございます。
    ハジかれるのは慣れているので気にしていません。
    というより、もう忘れてました。^^;

  • ドラゴンと座頭市と大魔神。 ネタバレ

    2013/5/13 19:50 by GOKU

    TV番組で勝新太郎の奥さんの玉緒さんが言ってた、と記憶してますが、

    ブルース・リーは座頭市の大ファンで、
    『ドラゴン怒りの鉄拳』の撮影の時にも共演したかったらしい。
    で、実際にオファーも来た、とか。

    でも当時の勝新のスケジュールの都合で実現せず。

    で、この時、
    勝新は自分の代わりに、
    後輩の橋本力氏を紹介。

    この人が『怒りの鉄拳』のラスボス鈴木≠ナす。

    ・・おお、そうだ。

    ここでの日本刀vsヌンチャク≠印象に残るシーン、に入れときましょう。

    このシーン、
    当初は素手vs日本刀だったのを、

    「スズキは剣の達人だから素手で勝つのは説得力に欠けるのでは?」

    とのブルースの提案でvsヌンチャクが実現した、との説もあり。


    ちなみにこの橋本氏、
    あの『大魔神』御本人でもあります。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/13 23:36 by EGライダー

    小拳王さん、こんばんは

    >ブルース・リーは座頭市の大ファンで、
    『ドラゴン怒りの鉄拳』の撮影の時にも共演したかったらしい。
    で、実際にオファーも来た、とか

    貴重なお話ありがとうございます。

    >で、この時、
    勝新は自分の代わりに、
    後輩の橋本力氏を紹介。
    この人が『怒りの鉄拳』のラスボス鈴木≠ナす。

    え?ええ〜?? そうなんですか?
    あの映画は全員中国人と思っていましたよ。
    この作品、「印象に残るシーン」として
    日本人役の俳優が全員、袴が逆だったので・・
    なんで橋本氏は教えなかったのでしょう?

    >「スズキは剣の達人だから素手で勝つのは説得力に欠けるのでは?」
    とのブルースの提案でvsヌンチャクが実現した、との説もあり。

    さすがリー先生、そのとおりと思います。
    正直言って、ヌンチャクでも難しいと思います。
    居合いの先生の真剣の藁束切断を目の前で見たことがあるのですが、素手では全く勝ち目はないと感じましたです。はい。^^;

    >ちなみにこの橋本氏、
    あの『大魔神』御本人でもあります。

    知らなかったです。
    このサイトにいるといろいろ勉強になります。
    感謝・・

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/13 23:43 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    お邪魔します。

    > 映画に限らず、日常のちょっといい話、いいセリフもOK
    > あなたが感じたことを自由に書き込んでください。

    昔、ディズニーアニメ映画「ライオンキング」(字幕スーパー版)を観に行った時の事なんですけど、僕の左後ろの座席に母親と小さな娘さんの親子が座っていたんですが、映画の最初から最後まで、ずっとお母さんが、小さな娘さんに、まるで、絵本を読み聞かせるように、小声で、字幕(セリフ)を読みあげてたのを、聞いて(見て)とても微笑ましい気持ちになりました。
    なんて優しいお母さんなんだろうなぁ〜って感動してしまいました。
    昔は、今と比べると、日本語吹き替え版の上映回数が少なかった記憶があります。
    僕も、「ライオンキング」は、日本語吹き替え版を観たかったのですが、時間が合わずに、字幕スーパー版になってしまいました。
    やはり、洋画であっても、アニメは、日本語吹き替え版で、観たいですね。
    個人的な意見になりますが。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/14 0:07 by EGライダー

    アーバン・ブルーさん、こんばんは

    >映画の最初から最後まで、ずっとお母さんが、小さな娘さんに、まるで、絵本を読み聞かせるように、小声で、字幕(セリフ)を読みあげてたのを、聞いて(見て)とても微笑ましい気持ちになりました。

    その娘さんが母親になったとき、また蘇るでしょうね。
    お母さんとその映画を観た想い出が。。
    いいお話ありがとうございました。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/14 0:09 by PURNA 100%

    アーバン・ブルー様、カットインして申し訳ありませんが、

    お初です、小拳王様。

    さすがですね〜!!!

    そうです!そうです!

    読んでいて思い出しました〜!!!

    そのとーりです!!!

    リー先生の話の記憶がよみがえり、良い気分〜!!!

    因みに、ワタスの情報は確か、知ってるつもりの‘ブルース・リー編’だったと思います。

    それでは股〜!(^◇^)/~~~

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/14 0:12 by PURNA 100%

    ありゃりゃ・・・・・

    EGライダー様が先に挿入されたのですね・・・・

    失礼しました〜(^_^;)/~~~

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/14 14:08 by EGライダー

    うーん・・イタタ・・
    いいお話を聞いて感動の余韻に浸っていたところ
    急に後ろのドアがバァーン!!と開いて失神・・

    「ありゃりゃ・・・なんでこんなトコで寝てるんですか」
    という映画によくあるシーンの心境・・

  • 力さんの力説(笑) ネタバレ

    2013/5/14 19:23 by GOKU

    橋本力さんは日本人の役者で、
    ハカマの向きも当然知っていました。

    実際「おかしいよ」って忠告もしたそうですよ。

    でも何故だか聞き入れてくれなかった、そうです。

    花魁(おいらん)の太鼓帯と混同したのでは?
    とは力さんの説(笑)

  • ・・・失神? ネタバレ

    2013/5/14 19:54 by GOKU

    上の文章書きこんでから気付いたんですが、
    ・・失神?

    大丈夫でしたか?
    書き込みしてるから大丈夫とは思いますけど。
    頭部のダメージは怖いから気をつけてくださいね。

    あ、怪我で思い出したけど、
    『燃えよドラゴン』の中盤のvsオハラ≠フシーン。

    このシーンでは何人か怪我してますね。
    まずはリハーサルでブルースが。
    相手が持っていた割れた瓶を避け損なって手を切ったそうです。

    この時ブルースは激昂、
    「奴を殺してやる!」って剣幕だったと。

    ブルースの激昂の背景には、
    アメリカ時代の数々の中国人に対する差別を感じていたブルースが、
    このアクシデントでそのモヤモヤが爆発したらしい。

    勿論、オハラ役のボブにそんな悪意はなかった、とは御本人が言っていましたが。

    でリ―の治療、数日後に撮影再開。
    ココでも怪我人が。

    まずは蹴られたボブ。
    胸板をリ―が蹴って吹っ飛ぶシーンですが、
    映像で観てもわかる通り、
    かな〜りヤバい角度、強度で蹴ってます(苦笑)

    「殺されるかと思いました」
    「しばらくの間、息が出来なかったんですよ」

    とは、ボブ本人のコメント。

    しかもボブが吹っ飛んだ先にいた数人が一緒に倒れこんでるんですが、
    ココで1人、腕を骨折しています。

    このシーンのリーは怖い。
    スピードも尋常じゃないし表情が怖い。
    オハラは妹の仇という役どころだから、と当時は思って観てたけど、
    このエピソード聞くと、
    ガチでキレてた可能性が大。

    コレは確かTVの『驚きもものき20世紀』での情報だったと記憶してます。

    まぁ、なにしろ怪我は怖いという事で、
    お互いに気をつけましょう(笑)


    お大事に。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/16 14:46 by EGライダー

    >でも何故だか聞き入れてくれなかった、そうです。

    これは今となっては永遠のナゾですね。
    映画製作者としては絶対にしたくない凡ミスのはずなのに。

    >ブルースの激昂の背景には、
    アメリカ時代の数々の中国人に対する差別を感じていたブルースが、
    このアクシデントでそのモヤモヤが爆発したらしい。

    印象的なエピソードとしては『燃えよカンフー』
    ご存じのとおりブルース・リーが企画立案のテレビドラマシリーズ(未見ですが)
    リーが主役になるはずが、別の白人俳優に・・あら〜
    タイムスリップしてキャスティングした人に考え直すよう意見したい気持ちになります。

    >「殺されるかと思いました」
    「しばらくの間、息が出来なかったんですよ」
    とは、ボブ本人のコメント。

    たしかボブさん、現実ではイイ人と聞いた記憶が・・
    気の毒です。
    でも、そのおかげで迫力あるシーンになりました。

  • ヒリヒリする。 ネタバレ

    2013/5/23 17:44 by GOKU

    オトコ映画『エクスペンダブルズ』から、
    あえてアクション以外から、

    元CIAのモンローとガルザ将軍のケシ畑での会話。

    モンロー「金持ちはいいぞ?どんな下品な振る舞いをしても全て許される」

    将軍「・・だとしても、カネでは手に入らない物もある」

    モンロー「ないね」

    悪党同士がギクシャクしてるシーン。

    この直後のモンローの用心棒役のスティーブ・オースティンが帰り際、
    将軍側の特殊部隊兵役のノゲイラの肩にワザと肩をぶつけていくシーン。

    コレも好き。

  • 300(スリーハンドレッド) ネタバレ

    2013/5/23 20:08 by GOKU

    矢の集中豪雨を盾で受けながら、
    スパルタ兵の1人が爆笑。
    他のスパルタ兵達も笑いだす。

    大爆笑しながら矢の嵐を受け止める男達。

  • 500(のぼうの城) ネタバレ

    2013/5/23 20:20 by GOKU

    舟の上での田楽踊り、のシーン。


    で、前述した300との、
    独断と偏見による度胸対決

    盾も持たず、暗闇で照明を灯し、踊り狂う・・・

    危険度と難易度を考慮しのぼう様≠ノ軍配。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/27 18:29 by EGライダー

    >モンロー「金持ちはいいぞ?どんな下品な振る舞いをしても全て許される」

    >将軍「・・だとしても、カネでは手に入らない物もある」

    >モンロー「ないね」

    このセリフいいですね。
    でも、ミもフタもない気が・・。
    では、気をとりなおし、
    ちょっと元気になるセリフを紹介

    『貧乏というものは決して魅力的なものでも、教訓的なものでもない』
    by チャップリン

    『財布にカネのない者は口に蜜を持たねばならない』
    by モンリュック

    『若い時はカネこそ人生で最も大切なものだと思った』
    『今、年をとってみるとその通りだと知った』
    by オスカー・ワイルド

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/5/27 18:42 by EGライダー

    >舟の上での田楽踊り、のシーン。

    『のぼうの城』
    のぼう様の決死のシーンですよ。これは。
    自責の念とともに後のことも読んだ行動。
    なんとなく頼りなさそうで根はものすごく強い。
    小拳王さんがレビューで述べられたように、
    強さにもいろいろありますね。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/5/28 13:16 by ペンギン

    映画でも映画関連でもないんだけど、今ふと思い出した大好きな台詞がありました。

    漫画「じゃりン子チエ」より、チエちゃんのおばあちゃんの台詞。

    「ひもじい→寒い→もう死にたい。不幸はこの順番でやってきますのや」

    だから悩みがあるときなどには「先ず何か食べなはれ」と言う教え。
    読んだ当時は貧乏で痩せていた二十代だったので、心に沁みました。

    ペンギンでした。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/6/3 14:09 by EGライダー

    >だから悩みがあるときなどには「先ず何か食べなはれ」と言う教え。
    読んだ当時は貧乏で痩せていた二十代だったので、心に沁みました。

    食べ物が関連する漫画で強烈なインパクトのある作品を思い出しました。
    ジョージ秋山原作『アシュラ』
    「生まれてこなければよかったのに」
    なんとも壮絶で凄惨な描写の数々・・・。
    平和な日常に感謝したくなる作品

  • 武士は食わねど・・・ ネタバレ

    2013/6/8 20:51 by GOKU

    勝新太郎主演『座頭市』
    1989年のヤツ。

    緒方拳演じる浪人が陸で朽ちている舟を絵に描いてるシーン。

    通りかかった座頭市がオニギリを食べながら話しかける。

    市「・・・泣いてますね」
    侍「・・・何が?」
    市「・・腹の虫が」

    無言でオニギリを差し出す市。

    侍「いや、拙者は武士だ。施しは受けん」
    市「・・じゃあ、腹の虫さんへ」
    侍「・・・かたじけない」

    オニギリを無言で頬張る浪人。

    侍「ウ・・・ウマいなぁ・・」

    武士は食わねど高楊枝、とは言うけれど、
    やっぱ食ったほうがゴキゲンだわな。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/6/11 15:30 by EGライダー

    >侍「いや、拙者は武士だ。施しは受けん」
    >市「・・じゃあ、腹の虫さんへ」
    >侍「・・・かたじけない」

    それで思い出すのはやっぱり『七人の侍』
    農民から差し出されたメシの背景を知った侍の勘兵衛
    「このメシ、おろそかには食わんぞ!」
    と農民を助ける決心をするシーンは印象的です。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/6/16 14:34 by EGライダー

    「どんなにミジメに落ちぶれても生きろ」
    「人間、生きててナンボだ」

    by『ゴールデンスランバー』

  • 強さこそが全てを可能にする(ハン) ネタバレ

    2013/6/17 19:45 by GOKU

    『ランボー2』より。
    案内役のコ―とランボーの会話。

    コ―のペンダントを指差しながら、

    ランボー「これは?」
    コ―「幸運のお守りよ。貴方のお守りは?」

    ランボー、
    サバイバルナイフを手に取り
    「・・・コレかな」



    『真救世主伝説北斗の拳 ラオウ伝』から、
    原作には無いシーン。

    まだ赤ん坊のケンシロウをトキが抱いてて、
    ラオウが友人のソウガに言う台詞。

    「オイラは誰よりも強くなる。そして皆を守るんだ。」

  • 強大すぎるゆえに・・・ ネタバレ

    2013/6/17 20:16 by GOKU

    そして『ラオウ伝 激闘の章』から、

    ラオウの回想シーン。

    伝承者がケンシロウに決まり、
    ラオウの拳を封じんとする師父リュウケンを返り討ちにした後の会話。

    『夢想転生とは?』と問うラオウに答えて、

    リュウケン「フ・・それはワシにも教えられん(中略)
    ラオウ・・お前がいくら強くなろうとも、この奥義だけは掴めぬ。
    お前は、あまりにも強大すぎるゆえに哀しみを知らぬ。
    それは・・哀しみを背負った者のみが・・」

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/6/24 22:43 by EGライダー

    ラオウの印象に残るシーンは・・・

    ケンシロウと相討ちになったとたん、ラオウの部下たちがみんな逃げ去ってしまう。。
    フラフラになったラオウに愛馬の黒王だけがそっと
    寄り添う。。

    「部下は去り、残されたものはあの馬のみ」
    「やつもまた孤独・・・」 by トキ

    強大な力をもつラオウが可哀そうに感じたシーン

  • 覇王ではなく、拳法家として・・・ ネタバレ

    2013/6/25 19:55 by GOKU

    まぁ、今更だけど、
    小拳王なんてハンドルネーム付けてるぐらいだから、
    『北斗』ではラオウが一番好き。

    『激闘の章』のシーンで、
    覇道のしがらみから解放されたラオウが、
    ケンシロウと対峙して言う台詞。

    「もう天など、どうでもいい」


    かつて純粋に最強を目指した少年が、
    紆余曲折を経て『最強の北斗』に挑む。
    1人の拳法家として。


    ・・みたいな感じが本当にイイ。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/7/2 0:42 by PURNA 100%

    お晩です、EGライダー様。

    東進ハイスクールのCMで「今でしょッ!」

    が、流行っていましたが、ワタスはコッチの方が好きでした!

    「数式は言葉です。“け・い・さ・ん”じゃない」

    アハハハ(^^ゞ

    やっぱし、映画の話じゃない!!!

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/7/3 19:37 by EGライダー

    >『北斗』ではラオウが一番好き。

    私はトキが一番好きですね。
    HNにすればよかった。(トキすでに遅し)

    >「数式は言葉です。“け・い・さ・ん”じゃない」

    ラオウ+ケンシロウ=0

    トキ+ケンシロウ=2

    ユリア+ケンシロウ=3

    数式は愛です。“け・い・さ・ん”じゃない。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/7/13 12:06 by EGライダー

    「私も貴方たちにいい印象は持っていませんでした」

    「だが、貴方たちが変わり、そして私も変わった」

    「誰でも変われるのです!!」

    by 『ロッキー4』



    10年ぶりに会った息子との会話

    息子「大嫌いだ!」

    ホーク「よし・・・そこから始めよう」

    by 『オーバー・ザ・トップ』



    犯人を射殺したコブラ刑事に記者が辛辣に批判
    黙って聞いていたコブラが記者の首根っこを持ち
    シートを外す・・・(惨い遺体が現れる)

    「同じセリフを遺族の前で言え!!」

    by 『コブラ』



    元上官「止めるんだ。もう戦争は終わったんだ」

    ランボー「何も終わっちゃいねえ!!」

    by 『ランボー』



    「もし最終ラウンドでも、立っていられたら・・・

    クズではないことを証明できる」

    by 『ロッキー』

  • 凄い。

    2013/7/18 21:36 by 未登録ユーザスティーブンソーダバーグ

    iのi情のことでしょうか
    オイラーの事でしょうか、
    つくづく凄いなって思います。


    <「もし最終ラウンドでも、立っていられたら・・・

    クズではないことを証明できる」

    by 『ロッキー』

    世代的にリアルタイムで観れたのではないのですが
    凄い映画でした。

    他人と過去は変えられない。
    変えられるのは自分と未来だけ

    あたりまえなのことですが、この映画を観るたびに痛感します。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/7/21 11:21 by EGライダー

    スティーブンソーダバーグ さん
    レスありがとうございます。

    >世代的にリアルタイムで観れたのではないのですが凄い映画でした。

    『ロッキー』にかぎらず、いい映画は世代を超えて
    生き続けますね。
    私はボクシング映画ではなく、ヒューマンドラマとして捉えています。
    ビル・コンティの音楽も素晴らしい。

    >他人と過去は変えられない。
    変えられるのは自分と未来だけ

    自分が変わったら・・
    他人と過去も変わるかもしれません。

    それではまた。。

  • 何のための飛行機だっけ? ネタバレ

    2013/7/29 20:26 by GOKU

    『風たちぬ』より。



    軍からの要請で新型飛行機の開発をする事になった堀越二郎が、
    勉強会で(当時の)最新の技術をふんだんに採用する事をブチあげる。

    その時の二郎のセリフ。


    ひとつ問題があるんだ。
    これだと重すぎるんだよ。
    機関銃を積まなければなんとかなるんだけどなぁ。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/8/1 15:02 by EGライダー

    『風立ちぬ』
    夫婦愛を描いたイイ作品
    ゼロ戦に関しては二郎のそのセリフがすべてかな。
    もっとゼロ戦が勇ましく大空を飛ぶのかと思った。
    でもまあ・・今の日本の状況じゃムリか・・。

    ちなみに『ゼロ戦はやと』とか『紫電改のタカ』とか
    原作読んだことないけど、
    アニメ化してくれないかなぁ。(最新の技術で)
    でもまあ・・これはさらにムリか・・。

  • 俺は高いトコ好きです(馬鹿と煙) ネタバレ

    2013/8/15 14:54 by GOKU

    ジブリ映画の描く飛行機、
    って言うか飛行物体ってなんか好き。

    実際には飛びそうもないデザインのモノもあるけど、
    なんか臨場感がイイ。

    その点『風たちぬ』は実在の人物がモデルなので、より期待したんですが、
    設計士だから本人は操縦しない(笑)

    設定時代も、
    戦争映画っていうより戦争前夜映画かな。

    戦争でも震災でも誰も死なない、
    死んでるシーンを見せない。

    菜穂子の描写で言うトコロの、
    『美しいところだけ見てもらう』
    作品だったのかな。
    二郎だけではなく観客に対しても。

    一見、宮崎監督作品の中ではファンタジー色を極限まで排した作品だけど、
    この点では一番のファンタジー映画、かもね。


    ・・・さて、

    印象に残るシーン。
    『チョコレート・ファイター』のクライマックスシーン。

    ビルの外壁での格闘シーン。

    普通に観てても十分印象深いけど、
    武田梨奈チャンとの対談記事で興味深い記述が・・・

    ジージャー「実は、高所恐怖症なの」

    ・・・だそうです、よ(笑)


    では。

  • ナウシカの飛ぶシーンは◎

    2013/8/18 13:44 by EGライダー

    >一見、宮崎監督作品の中ではファンタジー色を極限まで排した作品だけど、
    この点では一番のファンタジー映画、かもね。

    たしかにそうですね。
    『もののけ姫』は首が吹っ飛ぶシーン・・
    『風の谷のナウシカ』はヒロインが鬼の形相で敵兵を瞬殺するシーン・・
    などが印象に残っています。
    ところが『風立ちぬ』は一切そういうシーンはナシ
    意外に一番ファンタジー色が強いかもしれません。

    >ジージャー「実は、高所恐怖症なの」

    ええ?そうなんですか。意外です。
    個人的にナウシカ=ジージャーというイメージもあったもので。
    それにしても高所恐怖症であの高所アクション・・
    さすがプロです。

  • ジブリ残酷物語。 ネタバレ

    2013/8/19 20:35 by GOKU

    『天空の城ラピュタ』
    今更言うまでも無く傑作なんですが、
    コレも何気にエグいシーンありますね。

    「人がゴミのようだ」のシーンとか。

    アレ、何人死んだんだろ。
    ま、言った本人もゴミのように堕ちてったが。

    宮崎監督作品と言えば子供向けのイメージだが、
    『カリオストロの城』の伯爵の最期のシーン。
    『カチッ』って・・・うわぁ〜・・・

    そう言えば、
    北野武監督が海外のメディアから取材された際、
    「アナタの映画は人が死に過ぎないか」
    みたいな事言われて、

    ダイ・ハード観てみなよ、
    『2』なんて乗客乗った旅客機爆破したじゃねぇか。
    あれ何人死んでんだよ。

    って応じたってTVで言ってましたよ。

  • 母は強し ネタバレ

    2013/8/19 22:01 by すかあふえいす

    私は色んな映画から何ですが、映画の中で力強く生きる女性が好きですね。
    特に母親の子を思う気持ちというか、そんな強さが見ただけで伝わるシーンが好きです。

    例えば「イントレランス」という映画があるんですが、その中に出てくるある母親。
    元はご令嬢で綺麗な顔立ちだったんですけど、それが夫が捕まったり赤ん坊が連れてかれたりと、とにかく不幸な事が続くんですよ。
    顔もクシャクシャになって白髪混じり。
    でもね、母親の「こんな事で負けてられない」
    って姿が心に響きます。
    疲れた顔してますが、「負けるもんかって」眼が輝いているんですよ。
    ああ、強い女性はこんなにも良い顔するんだなって思いました。

    「七人の侍」に出てくる母親は、槍で突かれて瀕死の重傷を負っているんですが、下は冷たい川だし、子供を落とすまいと力を振り絞って歩くわけです。
    そこに助けが来て、その人に赤ん坊を預けて力尽きてしまいます。

    「雨月物語」の「宮木」という女性も印象に残ってます。
    夫を懸命に支えて、夫が行方不明になった後も子供を必死に守るんですよ。
    それで野をさまよう侍の槍から子供を庇って・・・それでも霊になってまで子供を守るし、何より夫の帰りを待つ。
    執念というよりは、愛情が成せる奇跡というか、妙にジーンと来る、そんな場面でした。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/8/21 13:07 by EGライダー

    > 北野武監督が海外のメディアから取材された際、
    「アナタの映画は人が死に過ぎないか」

    統計とったことないので分かりませんが、彼の映画より多く死ぬ作品はいくらでもあるのでは?
    最近観た『高地戦』も上位クラスと思います。


    おんどりゃーさん、はじめまして

    >母は強し
    >特に母親の子を思う気持ちというか、そんな強さが見ただけで伝わるシーンが好きです。

    「母は強し」で印象に残っているのは、やっぱり
    実話の「ジョエルマの奇跡」かなぁ。

    1974年2月に起こったブラジル・サンパウロ市の25階建てジョエルマ・ビル火災

    12階部分で火災が発生、火煙はビル全体に広がり多くの人が次々に亡くなっていく・・・

    15階では3歳の子供と29歳の母親が危機に陥っていた。
    その母親のとった行動が涙を誘います。

    部屋のカーテンを引きちぎる・・
    そのカーテンを子供に巻き付ける・・
    そして子供を抱きしめたまま、15階から死のダイビング!!

    子供を庇うように抱きしめたまま母親は即死
    ・・・だが子供はなんと小傷で助かる!
    普通なら子供を離してしまう衝撃の強さとか。。

    貴方のお話でこの母親のことを思い出しました。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/8/21 14:54 by すかあふえいす

    >>ジョエルマの奇跡

    あ、こちらこそはじめまして。

    その話は始めて知りました。
    うーむ、子供を守るために15階から・・・あ、その話で「タワーリングインフェルノ」のある場面を思い出しました。
    火災で逃げ場が無くなり、女性だけエレベーターで運ばれるという場面。
    しかもそのエレベーター、ガラス張りで外にむき出しのものなのです。
    突然の爆発でエレベーターが止まり、ガラスが破れて人が・・・の所で、別の女性が落ちそうな人を庇って、その女性が落ちてしまうのです・・・その落ちた女性も赤ん坊を抱えていましたが、赤ん坊を別の女性に託して、自分だけ・・・。
    ショックな場面でした・・・。

    後、違う話になりますが、こっちは実際にあった話だそうです。
    地震で瓦礫の中に閉じ込められた親子がいたのですが、食べるものも水も無い状態で、何と母親は自分の腕を切って血を流し、その血を娘さんに与えていたそうなのです。

    普通、そんな事をすれば身が持ちませんが、ギリギリで救助の人が来てくれて親子は助かったそうです。

    娘さんは、お母さんの血を飲まなかったら衰弱死していたとか・・・凄い話です。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/8/22 21:57 by EGライダー

    >その話で「タワーリングインフェルノ」のある場面を思い出しました。

    ジョエルマ・ビル火災が1974年2月1日
    たしか『タワーリング・インフェルノ』が同年12月公開
    作品にも影響があったかもしれません。
    ちなみにマックィーンの消防隊長が印象的だったんですが、見直すと意外にポール・ニューマンも体を張って活躍していますね。

    >地震で瓦礫の中に閉じ込められた親子がいたのですが、食べるものも水も無い状態で、何と母親は自分の腕を切って血を流し、その血を娘さんに与えていたそうなのです。

    たしかに凄い話。
    下手すると失血死の危険が・・
    少し状況は違いますが『アシュラ』の高僧の姿が脳裏に浮かびました。

  • 母は強し。

    2013/8/29 17:39 by GOKU

    確かTVで観たと思うんですが、

    自動車に轢かれて下敷きになった子供がいて、
    その子の母親が、
    な、なんとその車の片輪を持ち上げて救出した、そうです。

    その子供は歩道と車道の段差の隙間に車輪と挟まれていたため、
    大した怪我は無かった・・と記憶しています。

    小柄な女性だったそうですよ。

    D・ラングレンみたいな事するなぁ(笑)

  • 強い母親 ネタバレ

    2013/8/29 17:43 by GOKU

    あ、で、印象深い、強い母親(笑)

    『ターミネーター2』のサラ・コナー。
    (↑物理的に強し)

  • 印象深い、強い母親、アブない母親

    2013/9/5 9:40 by EGライダー

    >な、なんとその車の片輪を持ち上げて救出した、そうです。

    ウェイト・リフティングの選手ですか。
    素人なら凄いこと。まさに子を思う母の力・・

    >『ターミネーター2』のサラ・コナー

    強い母親というより、アブない感じもありますね。

    ・・アブない母親で思い出しました。
    キャスリーン・ターナー主演『シリアル・ママ』
    まだ未見なんですが、ぜひ観たいと思います。

  • 何と言っても、コネリー・ボンドでごんす♪

    2013/9/6 0:41 by くまのマーくん

    EGライダーさん、こんにちは!
    おじゃマーくんです♪
    おいしいセリフ。ありますよ♪

    『007/ゴールドフィンガー』のオープニング。
    任務を終えたボンドが
    『帰る前に片付けておく仕事がある』と言い、踊り子の待つ部屋へ。
    任務と平行して女と遊んでいた。何て男だ♪
    でもって、入浴中の踊り子と抱き合いながらの会話。

    踊り子:なぜいつも銃を持ってるの?
    ボンド:少しコンプレックスがあってね♪

    この作品は、小学生の時にリアルタイムで観ました。
    当時は、このユーモアがわからなかったけど、今聞くと可笑しい♪
    00要員は、劣等感で銃を持つのか!
    さらに、ホルスターを壁に掛けたボンドが振り返って一言。

    ボンド;どこまでだっけ…

    これは子どもでもわかった。大笑いでした♪


    この後、格闘シーンに。
    この格闘シーンは、何度観ても飽きない名シーンだと思う♪
    ボンドが男を浴槽に投げ飛ばし、その浴槽にテーブルスタンドを…
    そして、ボンドが一言。

    ボンド;Shocking!

    『電気ショック』と掛けてるとこが、とってもオシャレです♪
    さらに、部屋を出る時、床に倒れている踊り子を振り返って一言。

    ボンド;Positively Shocking!

    現在のDVDでは、『本当にショック!』という直訳もありますが、
    リアルタイムで観た時は、『女は怖い!』でした♪
    BS放送の時に、『女は怖い!』という訳が出て、懐かしかった♪

    何か、ボンドが言いそうなセリフで、これは名訳かも♪


    一番のお気に入りは…
    ゴールドフィンガーが、アノ犯罪計画を
    アメリカのギャングたちに説明するシーン。
    ここでのゴールドフィンガーの演説は、映画史に残ると思う♪

    人類はエベレストに登り、海底を極めた。
    月へロケットを打ち上げ、奇跡を行った。
    しかし、犯罪の分野だけが立ち遅れている!

    犯罪者が何を言う! と思うのですが… 説得力があります。
    『どんな分野も立ち遅れてはいけない!』という哲学。深い!

    犯罪の分野だけは、立ち遅れたままでいいのですけどね♪
    この分野が進化して、サイバー攻撃になってますから!
    このセリフは、どうしても忘れられません。

    第一作で、ドクター・ノオとボンドがにこやかに食事をするシーンも、
    子どもの時は、なぜ敵と笑顔で食事をするの? と思ったけど、
    このシーンは、ものすごく緊張感があるんですね。粋だし♪

    主役と敵役が、お酒を飲みながら歓談するというスタイルは、
    『ゴールドフィンガー』で完成されたのかもしれない。
    ゲルト・フレーベのゴールドフィンガー。おいしい役です♪

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2013/9/8 22:16 by EGライダー

    くまのマーくんさん、こんばんは
    お久しぶりです。

    歴代のボンド俳優、みんな個性があって魅力的ですが、
    中でもショーン・コネリーはやはりトップかな。
    雰囲気というか、オーラがちょっと違う。

    >踊り子:なぜいつも銃を持ってるの?
    ボンド:少しコンプレックスがあってね♪

    このセリフいいですね。
    DVDだと「小心者でね」とちょっとアッサリ
    ラストも「彼は?」「空を散歩だ」のセリフが好きだったのですが、DVDでは「あの世行きだ」とストレート。
    字幕訳によって面白みも変わってきます。

    >人類はエベレストに登り、海底を極めた。
    月へロケットを打ち上げ、奇跡を行った。
    しかし、犯罪の分野だけが立ち遅れている!

    個人的には「常に先を行っている分野」だと思うんですけど。
    当時は立ち遅れていたのでしょうか。(^^;)

    >第一作で、ドクター・ノオとボンドがにこやかに食事をするシーンも、
    子どもの時は、なぜ敵と笑顔で食事をするの? と思ったけど、
    このシーンは、ものすごく緊張感があるんですね。粋だし♪

    このシーン、ホント緊張感ありましたね。
    ボンドも辛辣なことをポンポン言ってます。
    「メダカがクジラを装う・・アンタみたいだ」
    「自分を絶対視する勘違いヤロー」
    「53年モノのほうが上だ」・・・
    おいおい、そんなこと言っていいのか。
    囚われの身なのに・・と思っていたら・・・

    それにしても第一作『ドクター・ノオ』はボンドカーも秘密兵器もなーんもナシ!!
    徒手空拳で危機を突破するのが印象的です。
    そうそう、初代ボンドガールのウルスラ・アンドレス・・
    役名ハニー・ライダー
    この方の胸・・いや、インパクトも大きかった。

    あと007シリーズは音楽がいいですね。
    中でも『ロシアより愛をこめて』『サンダーボール作戦』『ユア・アイズ・オンリー』・・・
    などが印象に残っています。

  • 宇宙兄貴。 ネタバレ

    2013/9/24 21:17 by GOKU

    『キャプテンハ―ロック』より、

    我らがハ―ロック兄貴のお言葉。

    「己を縛るものと闘え。」


    けど、
    本作に関しては、この言葉、
    自分自身に言った言葉かもしれないかな。

  • オッドジョブの名セリフ♪

    2013/9/26 15:57 by くまのマーくん

    EGライダーさん、こんにちは! マーくんです♪

    『007/ゴールドフィンガー』からもうひとつ。
    ハロルド坂田さん(オッドジョブ役)の名セリフです。

    オッドジョブ:あー あーあー!

    こういうセリフで、映画史に残った人も珍しい♪
    ハロルド坂田さんのオッドジョブ。おいしい役でごんす♪♪
    未だにフィギアが人気とか♪♪♪

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/9/29 21:09 by すかあふえいす

    ハーロック新劇場版にちなんで、劇場版「銀河鉄道999」のハーロックのセリフから。

    「男なら、危険をかえりみず、 死ぬと分かっていても行動しなくてはならない時がある。負けると分かっていても戦わなくてはならない時がある。負けると分かっていても・・・。」

    覚悟を決めたハーロックの名言。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/10/3 13:10 by EGライダー

    >「己を縛るものと闘え」
    >「男なら、危険をかえりみず、 死ぬと分かっていても行動しなくてはならない時がある」

    ハーロック・・
    興味深い名言を言ってるんですね。
    映画は観ましたが、
    あの地球の姿のインパクトが強烈すぎて
    名言がアタマからフッ飛んでしまいました。
    DVD出たら、もう一度じっくり観たいと思います。

    >ハロルド坂田さんのオッドジョブ。おいしい役でごんす♪♪
    未だにフィギアが人気とか♪♪♪

    ハロルド坂田さん、007シリーズでも印象に残る悪役。
    あの不敵な微笑みがいい。
    オッドジョブのフィギアがあるんですか?
    うーん、フィギアなら歴代のボンドガールがイイな。

    印象に残るボンドガール・・・ベスト3
    『ドクターノオ』のウルスラ・アンドレス
    『ロシアより愛をこめて』のダニエラ・ビアンキ
    『死ぬのは奴らだ』のジェーン・シーモア
    ・・・個人的意見です。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/10/5 22:31 by EGライダー

    「私は貴方にもっと普通の仕事をしてほしいの」

    「普通?・・じゃあ、普通っていったい何だ?」
    「・・人は生まれたら死ぬ・・」
    「・・俺も君もみんな・・いつか必ず死ぬ・・」
    「死ぬことは普通のことなんだ!!」

    by『おくりびと』

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/10/8 21:12 by EGライダー

    「人生、生きてるうちが花」

    by 『バレット』

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/10/8 21:39 by すかあふえいす

    「ポセイドン・アドベンチャー」からスコット牧師の魂の叫びを。

    次々と命が散って行く中で、スコット牧師はやり場の無い怒りを神にぶつけます。

    「主よ、助けてくれとは申しません。私の邪魔をしないで下さい・・・!」

    神様は微笑んでも助けてはくれない。
    自分で行動した人間だけが答えを導き出せる。
    そんな魂を揺さぶる場面でのセリフでした。

  • ハ―ロックの(一見)らしくない名言。 ネタバレ

    2013/10/11 20:49 by GOKU

    『キャプテンハ―ロック』の、
    ハ―ロックの名言、と言うと、
    男らしい、勇ましい言葉が多いが、

    その点、
    最新作のハ―ロックは意外とも言える台詞もある。


    アルカディア号が拿捕され、
    ハ―ロックも拘束される。

    鎖で繋がれ、
    ダークマタ―の効力も無くなり、
    衰弱著しいハ―ロックに敵役のイソラが、

    「まさか本当に世界を変えられると?」

    との趣旨の問いに答えて、


    ・・・例え幻と分かっていても・・
    すがらずには居られない時もある・・
    人間なら、誰だって・・・



    イソラ自身、
    ナミのホログラムにすがって生きてきて、
    それを見透かしたようなハ―ロックのこの台詞に絶句。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/10/13 15:01 by EGライダー

    『アフターマン〜5000万年後の動物たち』
    人類滅亡後の動物を描いた作品
    1990年に放送されたテレビ番組
    いろいろな空想の動物たちの世界が面白かった。

    印象に残ったのはラスト・・
    地球の将来を描いたシーン

    赤くヒビ割れた広大な大地が果てしなく続く・・
    「ここはかつて海があったところです」
    「生命は全く見当たりません」
    そして空には赤色巨星と化した太陽が一面に広がる・・

    『ハーロック』のあの地球より怖い。

  • 地球から人類がいなくなったら。 ネタバレ

    2013/10/15 8:37 by GOKU

    EGライダーさんの見たのは、
    いわゆるネガティブな学説に基づく作品ですね。

    でも俺が観たTVでは、
    地球規模ではかなりポジティブでした。

    You Tubeでもご覧になれます。
    『人類消滅後の地球』で探して観ては?

    地球目線なら、
    コッチは怖くないですよ。

    人類は滅んでるのは一緒だけど(笑)



    『ハ―ロック』でヤマが言う台詞。


    何も終わってなんかいない。
    これから始まるんだ。

  • 一応、補足。 ネタバレ

    2013/10/15 13:25 by GOKU

    よ〜く、よく考えたら、

    かたや500万年後で、
    かたや一ケタ年から一万年後の風景で、

    ネガティブもポジティブもないかも。

    ま、どっちにしても、
    人類の終わり=地球の終わり、ではないと、
    そういう事です。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/10/17 17:12 by EGライダー

    >人類がいなくなったら

    これで思い出すのは
    ウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』
    誰もいない世界で一人ぽっちのスミス
    唯一の話し相手は愛犬のみ。

    この作品、とくに前半が印象に残ります。
    戦闘機のハネの上でゴルフかっ飛ばしたり(タダ)
    DVD店に行って、レンタルしたり(何本でもタダ!)
    電気、ガス使い放題・・・(これもタダ!!)

    こんな世界に行ってみたいと思いました。(前半だけ)

  • 瓶詰めのアレ。 ネタバレ

    2013/11/4 16:12 by GOKU

    印象に残るシーンと言っても、
    必ずしもイイ意味とは限らない。

    と言う事で、
    キモいシーンの二連発。

    アントニオ・バンデラス主演、
    『マスク・オブ・ゾロ』

    コレに瓶詰めの生首≠ェ出てきます。
    ハブ酒みたいな感じで酒に浸したヤツ。
    しかもコレを飲んでんの。



    ジェイソン・ステイサム主演、
    『ブリッツ』

    容疑者の部屋においてあった瓶。
    中には『?』なブツが。

    刑事の質問に容疑者が、

    「マイケル・ジャクソンのウン●だ」

    なんでもネットオークションで入手したとかホザいていました。

    ま、このシーンのおかげで、
    この野郎に感情移入する事を防いでいるんでしょう。


    以上、
    印象に残る瓶詰め二連発でした。


    ではでは。

  • 何を見据えていたのか・・・ ネタバレ

    2013/11/14 21:10 by GOKU

    『燃えよドラゴン』

    まぁ、これこそ今更なんですが、
    俺的には、もう全編見所なんですが、

    初めて観た時、
    一番あぜんとしたシーンが、
    冒頭の試合のシーン。

    ショートタイツに、
    オープンフィンガーグローブ、
    すねにはレガース・・

    まるで初期の修斗のよう。
    って言うか、
    そもそも当時は『総合格闘技』って言葉すら無かった。

    だから当時は、
    ほとんど理解できずに、ただ唖然。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2013/11/15 10:20 by すかあふえいす

    凄くマニアックなんですが、溝口健二の「折鶴お千」。

    その中で若かりし頃の山田五十鈴が捕えられ、別れ際に愛する男に向けて放った一言。

    「魂をあげます」と懐にしまっていた大切な折鶴を男に向かって投げるシーン。

    まるで結婚した花嫁が花束を投げるような・・・サイレント映画ながら、その魂の籠ったセリフと字体に惚れ惚れしてしまいました。

    「瀧の白糸」の入江たか子、岡本時彦も最後まで凛々しくて美しかったです。

  • かぐや姫の物語 ネタバレ

    2013/11/26 18:48 by GOKU

    かぐや姫を立派な姫君に育てようと、
    翁(おきな)が世話役『相模(さがみ)』を迎える。

    今で言う家庭教師かな。


    で、当時の貴族の女の身だしなみ、
    眉とお歯黒のエピソード。


    かぐや姫
    「いやよ、眉を抜いて汗をかいたら目に入ってしまうじゃない」
    相模
    「高貴な姫君は汗をかくような事はなさいません」

    で、お歯黒についても

    かぐや姫
    「そんな物ぬったら人前で笑えないじゃない」
    相模
    「高貴な姫君は人前で笑ったりしません」


    で、それを踏まえて、かぐや姫曰く、


    「・・高貴な姫君は人ではないのね」

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2014/3/19 11:26 by EGライダー

    「なぜ私なんか、応援するの?惨敗したのに」

    「挑戦したからよ」

    by『ソウル・サーファー』

  • 「薄れゆく記憶のなかで」の岡村洋一さんのセリフ。

    2014/4/11 2:01 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    お久しぶりの投稿になります。
    宜しくお願い致します。
    あまり有名な映画ではなくて申し訳ないのですが、僕の印象に残るシーン、いいセリフは、
    邦画「薄れゆく記憶のなかで」の
    劇中で、主人公の男子が、あることがきっかけで、彼女に振られそうになり、アルバイト先のたこ焼き屋で、浮かない顔をしながら、たこ焼きを焼いている姿を見て、そのたこ焼き屋の店長が、主人公の男子に言ったセリフ(アドバイス)に、凄く共感しました。
    たこ焼き屋の店長が主人公の男子に言ったセリフ(アドバイス)「ええか・・・男と女は追いかけた方が負けやねん。そんなときは、わざと冷とうして、相手の出方を待ったれや。で、すこしでもこっちにたなびいてきたら、すかさずこう・・・分かるな?」
    このセリフを聞いて、なるほど〜って思いましたね〜。
    ガツガツ行って、余計に、相手に、嫌われるよりも、距離を置いて、相手の出方を待つ・・・。
    仰るとおりだと思いました。
    映画の中では、この作戦が功を奏して、仲直りに成功しています。
    それでは、失礼致します。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2014/4/17 12:29 by EGライダー

    アーバン・ブルーさん、こんにちは
    お久しぶりです。

    『薄れゆく記憶のなかで』
    この作品は未見、青春初恋物語ですか。
    「初恋は実らず」って言いますが、結末はどうなるのでしょう。
    一度観てみたいと思います。

    >「ええか・・・男と女は追いかけた方が負けやねん。そんなときは、わざと冷とうして、相手の出方を待ったれや。で、すこしでもこっちにたなびいてきたら、すかさずこう・・・分かるな?」

    はい、分かります。
    追いかけられたら逃げたくなるし、
    逃げられたら追いかけたくなる・・・
    コレ、自然界の摂理でもありますね。
    森の中でクマに出会ったら、逃げると絶対に追いかけてくるらしい。
    逆に追いかけるとクマは逃げる。実験したことないけど。

    男女の出会い〜別れは多くの映画の定番ですね。
    印象に残るのは『寅さんシリーズ』かなぁ。
    失恋して静かに旅に出る・・・
    引き際の美学が感じられるんですよ。

    ということで、またよろしくお願いします。

  • キル・ビル ネタバレ

    2014/6/1 14:22 by GOKU

    千葉真一演じる服部半蔵の経営する寿司屋。

    そのカウンター壁に飾ってある字。

    『酔生夢死』

    ストーリー自体に全然関係ないけど、
    でもある意味、
    この映画そのもの。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/3/21 10:07 by EGライダー

    『酔生夢死』
    あの織田信長でさえ
    「人生50年、夢幻のごとくなり・・」
    こりゃ普通の人はみんな酔生夢死だわ。
    クヨクヨ悩むこともないってことかな。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/3/21 10:15 by EGライダー

    「くるんじゃない。これは片道キップだ」

    「でも道には違いない。今の俺にはそれもないんだ」

    by エクスペンダブルズ3

  • 信長公について。

    2015/4/12 9:47 by GOKU

    織田信長は大変な人だ。
    俺ぁ大好きなんだがね。

    と、
    今は亡き今東光和尚も言っていましたが、

    勿論、俺も好きです。
    地元の英雄だし。

    で、映画のサイトとしては、
    残念ながら彼を描いた映画で満足いく映像は今のところないです。

    今和尚も、
    「いずれ書いてみたい」って言ってたけど、
    今東光著の信長か・・
    読みたかったなぁ・・・

    宣教師ルイス・フロイスが建設中の二条城で信長公に謁見したことを記していて、
    その記述を今和尚が書いてるんですが。

    「その材木はあっちだ」
    「それはそっちへ持って行け」とか、
    自ら現場の指揮をしてたらしいです。

    その時信長公は、
    抜き身の刀を振って指揮してたらしい。

    サボる奴なんかいるワケない(笑)

    でフロイスが来たら、
    にこにこしながら話し始めて、

    「日本に来て幾日になる?」
    「食事は口に合うか?」
    「日本の坊主はロクでもないからお前らには期待している」

    とか、非常に好意的だったそうです。

    でフロイスは内心、
    (怖い人と聞いていたが優しそうじゃないか)
    って思ったようですが、


    その時、事件が。


    信長公とフロイスがいた近くで、
    女の悲鳴というか嫌がる声が聞こえて、
    フロイスがそっちを見ると、
    1人の兵士が女にちょっかいをかけてて、
    「顔を拝ませろ」とか、
    「いいケツしてんな」とか、そんな感じの悪さをしてて。

    そしたら信長公もそれに気付いて、
    すたすたそっちに歩いて行って、
    持ってた刀でその兵士の首を刎ねた。

    で、その刀を持ったまま帰ってきて、
    フロイスに、
    「この国の水は体に合うか」
    「なんか困った事はないか」って、

    何事も無かったように普通に会話の続きを始めた、らしいです。

    フロイスは世界中を見てきて、
    乱暴な連中も何人も見たらしいですが、
    こんな無造作に殺す人はいなかったらしいですよ。


    こんな信長公、
    誰か映像で観せてくれないかなぁ。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/4/17 14:04 by EGライダー

    >何事も無かったように普通に会話の続きを始めた、らしいです。

    なんか強烈なエピソードですね。
    ルイス・フロイスも目が点になったことでしょう。
    信長公がもし上司なら大変だろうなぁ。
    朝の社訓とかで上司信長がスピーチのとき、
    時計見ながら「ふゎ〜」とアクビしただけで、
    スタスタ歩いてきてズバッと首刎ねられるような気がする。

    >こんな信長公、
    誰か映像で観せてくれないかなぁ。

    信長公を演じられる俳優・・
    今なら誰がいいんでしょうか。
    個人的には伊勢谷友介の信長が見てみたい。

    最も信長が似合う俳優ベストテン(ライブドアニュースから)

    1位 小栗旬
    2位 反町隆史
    3位 及川光博
    4位 渡辺謙
    5位 渡哲也
    6位 江口洋介
    7位 木村拓哉 豊川悦治
    9位 役所広治
    10位 緒方直人 伊藤英明

    これ女性の意見らしいから・・・どうですかね。

    たしか緒方直人が演じる信長
    フロイスの体験と似たエピソードがあったんでは・・

  • 上司としての彼。

    2015/4/17 21:51 by GOKU

    とりあえず伊勢谷友介に一票(笑)

    確か『清須会議』で出てましたね。
    信長役ではなかったけど、親類役で。

    緒形直人のは・・
    残念ながら印象薄いなぁ・・

    上司にしたら怖い、といえば、
    実際に信長公が上司だった人のエピソード思い出した。

    若き日の秀吉、
    藤吉郎の浮気が奥さんのねねにバレて、
    で奥さん激怒して「離縁」の話にまでなって、

    浮気したとはいえ、
    ねねにベタ惚れだった藤吉郎が困り果てて、
    上司の信長公に仲裁をお願いしたそうで、
    信長公、ねねに手紙を出してるんですよ。

    この手紙が現存してるんですが、
    その内容が傑作(笑)

    冒頭『ラブレターか?』と誤解しそう
    なくらいに、

    そなたほどいい女はいない。
    美人で聡明で、
    あのサルにはもったいないと・・・

    みたいな感じで褒めまくってて。

    ところで、
    もう聞き及んでいるとは思うが、
    そのサルがとんでもない事をしたようで・・

    みたいに秀吉をボロクソに言ってて。
    (本当に『サル』って書いてます)

    そなたのような素晴らしい女を妻にしておきながら浮気などと、
    私も非常に憤慨しているので、
    だからそなたの怒るのも無理もないと・・・

    と奥さんの感情に賛同しつつも、


    でも(離縁は)待ってほしい。
    サルのしたことはけしからんのだけど、
    しかしアイツが一番惚れているのは貴女なのは、
    私がよーく知っているから、
    アイツには私からキツく叱っておくので、
    だから許してやってもらえないだろうか。


    みたいな手紙書いて送ってるんですよ。


    怖い人なのは間違いないんだけど、
    以外に面倒見がいい一面もあって。

    こういういろんな面がある人なので、
    脚本が難しいだろうなぁって。

    下手すると二重人格みたいになっちゃうから(笑)

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/4/20 16:46 by EGライダー

    >みたいな手紙書いて送ってるんですよ。

    これは興味深いお話
    信長公、冷酷非情なイメージが強いだけに。
    そういう面倒見の良さ、優しい心づかい・・
    明智光秀にも注がれていたら、歴史は変わっていたかも。

    いろんな面があるといえば、こういう話も・・
    天正4年7月、毛利水軍vs織田船軍
    毛利水軍の焙烙(ほうろく)という爆弾で織田軍の船300隻は炎上、ボコボコにされ大敗北。

    しかしそこからが信長公の真骨頂
    2年後・・ナント、今度は鉄板張りの船が登場!
    全長30m、横12m、大砲3機搭載
    焙烙も火矢もなんのその・・搭載の大砲ドカ〜ン!
    今度は織田軍が勝利を収める。

    これ当時、世界初の鉄板張りの戦艦とか・・
    信長公の斬新性を示すエピソード
    この船を見たヨーロッパの宣教師は「日本で最も大きく華麗」と讃え、日本で作られたことに驚いたという。
    (NHK「その時歴史が動いた」から)

    これを描いた映画・・ないですね。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/4/23 21:16 by GOKU

    vs毛利軍の大敗北もそうだし、

    さかのぼれば今川義元の上洛による桶狭間もかなりの賭けだし、

    あと妹婿の浅井の裏切りによる敗走。
    コレが結構ヤバかったらしい。

    特に『裏切り』に関しては、
    実の弟にまで・・

    まぁ戦国時代だからしょうがないのかな。

    そう言えば、
    過去のいかなる窮地にも決して諦めなかった信長公が、
    本能寺の変ではいやにアッサリしてるような気がしてたんですが、

    その辺の描写が個人的に気に入ってるのが、
    残念ながら映画、ではなくて漫画なんですが、

    工藤かずや原作、池上遼一作画の『信長』
    での本能寺

    何とか脱出させようとする蘭丸に対して言ったセリフ。


    光秀を侮るでない。
    あの男が謀反を決めた以上、
    逃げる道などあろうはずがない。



    このセリフが、なんとも切ない。

    そんなに信頼してるなら、
    もっと大事にすれば良かったのにって。

    イヤむしろ、
    信頼してたからこそ、厳しくしてたのかなぁ・・・

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/4/28 15:39 by EGライダー

    >本能寺の変ではいやにアッサリしてるような気がしてたんですが、

    たしかにそうですね。
    光秀の謀反を知ったときに発した言葉が
    「是非に及ばず」
    浅井長政に裏切られたときにも同じセリフを言ったとか。
    いいも悪いも関係ない、目の前にあることに集中すべし・・
    ということらしい。

    ちなみに明智光秀は謀反者のレッテルを貼られたけど、
    そこに至る経過を知ると同情してしまいます。


    >あと妹婿の浅井の裏切りによる敗走。
    コレが結構ヤバかったらしい。

    姉川の合戦は桶狭間に比べ知名度は低いけれど、
    興味深いエピソードが多いですね。

    とくに印象に残るのが信長の妹お市・・
    戦国時代に翻弄された美しき悲劇のヒロイン
    『ラストサムライ』の小雪さんのようなイメージ
    美しく控え目でしとやかで・・

    『清須会議』で実像(?)のお市さんを観ました。
    パイルドライバーをくらった気分になりました。

  • 迷探偵。 ネタバレ

    2015/5/3 8:43 by GOKU

    光秀の犯行動機。

    @人質に出した実母を結果的に見殺し。
    A人前で罵倒された。
    B領地召し上げ、更に未だ敵地の領土の拝領。

    なんか、こう書くと・・

    裏切って当然とも思える、んですが。

    でもなんか光秀らしからぬ短絡思考とも思える。

    ・・・案外、真犯人は、

    この事件で一番得した奴かも(サスペンス)

    ま、迷宮入りって事で。



    お市さんね・・
    確かにパンチ効いてましたねぇ(笑)

    ま、残念ながらお会いしたことはないんでアレが実像かどうかは分からないけどね。

    願望としてはお美しくあって欲しいけど、
    年齢とか考えればあんなモンだったのかもしれません。

    そう言えば『清須会議』でも冒頭、
    本能寺の変とかで絵巻風ダイジェストで信長公が出てた、ような気が・・

    「熱っ!」とか言ってたような。

    まぁ「熱っ!」は別にしても、
    脇役でチョロっとでる信長公が結構良かったりする。

    映画自体は酷評された『GOEMONN』でも、
    ちょこっと出た信長公、カッコ良かったし(個人的には、だけど)

    ソレ考えたら、
    信長公を主人公にするより、
    例えば藤吉郎とかを主人公にして、
    その上司としてちょいちょい出る感じがいいのかもしれない。

    それにコレなら、
    予算の厳しい邦画でも、
    天下布武の初期ならお手頃価格でイケるんじゃないか、と。

    墨俣城築城の話とかおススメかな。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/5/5 14:22 by EGライダー

    >光秀の犯行動機。

    そのほかにも・・
    C 長宗我部氏への仲介役を台無しにされる。
    D 武士と土地の切り離し大改革への反発
    それと・・
    E暦を尾張のものに統一しようとしたこと。
    当時、暦の制定は天皇が定めるもの。
    つまり信長公は天皇の上に立とうとしたらしい。
    伝統を重んずる光秀は次第に謀反の芽が大きく・・

    でも、一番トクした奴の陰謀も十分ありうる。
    『清須会議』観るとますます奴への疑惑が・・^^;
    うん、あのキャラならやりかねん。
    その意味でじつに印象に残る。

    >脇役でチョロっとでる信長公が結構良かったりする。

    たしかにそうですね。
    信長公は強烈な香辛料みたいなもの。
    ワサビ、コショー、トウガラシ・・
    チョロッと入れるとグンと味が良くなります。

  • 強烈かつ芳醇な香辛料 ネタバレ

    2015/5/5 21:29 by GOKU

    『花の慶次』は信長公が死んだ後が舞台。
    だから当然信長公も思い出でしか出ない。
    でも、
    イヤだからこそひたすらカッコイイ。


    信長公のかつての家臣、佐々成政が、
    主人公・慶次の前で号泣しながら言うセリフ。



    く・・くく・・・
    な・・なぜかの・・・・
    なぜ信長様はわしを残して死んだのじゃ・・・


    うおーーーっ!!

    殿はわしに夢をくれた!
    天下布武の夢じゃ!!

    だから惚れた!
    夢中で戦場を駆けた!!

    ほかの誰でもない!
    殿と天下を見たかったものを〜!!


    こういうキャラが信長公を更に輝かせる。

    もう死んでるのに。
    イヤ死んでいるからこそかな。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/5/10 21:17 by EGライダー

    佐々成政は信長公が死んでから運気も下がり・・
    その有能さが晩年生かされなかったような。
    反抗した秀吉でさえ寛大に接したというのに。

    いや・・側室の早百合を惨殺してからかな。
    成政の運気下がったのは・・黒百合伝説がちょっと怖い。
    やはり女性には優しくしないといけません。
    今も昔も・・
    これもひとつの危機管理術?

  • アナタは何人? ネタバレ

    2015/6/7 17:21 by GOKU

    『燃えよドラゴン』撮影前、
    まだ『燃えよ〜』の構想も完成していなかった頃、
    カナダのTVでブルース・リーがトーク番組に出演。

    その時に、


    貴方は今でも自分を中国人だと考えてますか?
    それとも北米人だと考えてますか?


    と質問されて、


    人間です。

    孔子のような事を言うつもりはないんですが、
    空の下、天の下において、
    いち家族しかいないのです。

  • 死亡的遊戯の緑の鞭。 ネタバレ

    2015/6/7 17:35 by GOKU

    ・・・なんか、
    前回書いた信長公もそうだけど、

    俺が好感もつ人って、
    国境のない人、なのかもしれないって思いましたよ。

    決して、
    ナショナリズムが無いワケではなく、
    ソレでいて、
    差別的な線引きをしない、と言うか・・・

    そういうバランス感覚というか、
    柔軟性というか・・・

    竹の鞭かな(笑)

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/6/9 15:46 by EGライダー

    HN改名されたんですね。
    小龍包さん、またよろしくお願いします。

    >貴方は今でも自分を中国人だと考えてますか?
    それとも北米人だと考えてますか?

    その質問者も意地の悪いこと聞くなぁ。。
    「中国人」って言ったら米は気分が悪いだろうし、
    「米人」って言ったら祖国は「はあ?」ってなるのがオチ
    だからウンザリした気分でそう言ったんじゃないかな。
    当時、リーはアメリカ国籍をとっていたけれど、
    アメリカでは差別的なこともされていたらしい。
    ホンネでは「中国人」って言いたかったかも。

    >差別的な線引きをしない、と言うか・・・

    最近は下品極まるヘイト暴言がネットでも
    見られるけど「これはアカンわ」と思います。
    同じ日本人として恥ずかしい。
    結局は余計な法案が通る結果になってしまう。
    「共生」っていう視点で考えないと・・

    久しぶりに『クラッシュ』とか『アメリカン・ヒストリー]』を観てみるかな。

  • サイブンさん、ヤマトレストラン、スキヤキ! ネタバレ

    2015/6/9 20:41 by GOKU

    あ、どうも(笑)
    こちらこそよろしくお願いします。

    イヤ決して過去を否定する訳ではないけれど、
    でも、
    今のHNが一番シックリ来てます。

    なにしろ、
    俺に王≠フ字は重すぎる(笑)


    あ、で線引きをしない≠フ話ですが、

    ブルース・リーは、
    映画でこそ『ドラゴン怒りの鉄拳』なる、
    いわゆる反日映画の主演をしてはいますが、
    リー個人としては、
    偏見はなかった、と俺は見ています。

    と言うのも、
    自ら監督、脚本、主演『ドラゴンへの道』では日本人カメラマン西本正さんを起用してるし、

    そのイタリアロケの際、
    西本さんと一緒に日本料理店に行ってたらしい、ですから。

    逆にイタリアンはあんまり口に合わなかったらしいです。

    そういえば映画でもそういう描写あったし。

    イヤ、ありゃ別の理由かな(笑)

    で、ローマロケが終わった後も、
    日本料理にハマったリー、
    撮影が終わると度々、
    西本さんを中国読みの「サイブンさん」と呼んで、
    香港の日本料理店『大和レストラン』に一緒に出かけた、とか。

    ちょっと切ない話ですがそのお店、
    リーの最期の夜、
    『死亡的遊戯』の共演者との打ち合わせのために予約が入ってた、とか。

    きっと、
    スゴイ気に入ってたんだと思いますよ。

    まぁ日本人の俺としては、
    『リーが実は日本びいきだった』だと、
    単純に嬉しいんですがね(笑)

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/6/11 19:45 by EGライダー

    >映画でこそ『ドラゴン怒りの鉄拳』なる、
    いわゆる反日映画の主演をしてはいますが

    ブルース・リーが主演しているだけに、
    その反日効果も非常に大きいことでしょう。
    この作品の再見はもうしないかなぁ。。
    (リーのアクションは素晴らしいけれど)

    日本のテレビニュース番組も新聞も「反日」だらけ
    もうね、その偏向ぶりにウンザリしてるんですよ。
    その反動なのか、反日といわれる映画は避けてしまう・・
    レンタルならともかく、映画館には絶対行かない。

    >まぁ日本人の俺としては、
    『リーが実は日本びいきだった』だと、
    単純に嬉しいんですがね(笑)

    『ドラゴンへの道』のカメラマン、日本人だったんですか。
    リーと西本さん・・
    どんな会話が交わされていたのか興味深いですね。
    いいお話、ありがとうございました。

  • Re:

    2015/6/12 0:47 by すかあふえいす

    EGライダーさん、こんばんわ。
    御久し振りです。

    「ドラゴン怒りの鉄拳」の件で、興味深いお話でしたので少しだけ。

    反日や反米といったストーリー性を重要視するか、単純にブルース・リーやそれと対峙する面々のアクションを重要視するか。

    私はやはりアクションの素晴らしさ、一言一言つぶやかれるセリフに心打たれます。
    言葉を必要としないアクションはどんな人間にも響きますし、またその人間がどんな一言を残したのか、自分の国の言葉で知る事が出来る喜び。

    「考えるな、感じろ」
    「私の武器はこの肉体だ」

    私はその言葉を思い出しながら、橋本力との死闘の凄まじさを味わいたいと思います。

    占領下で抑圧される事への怒り、同じ人間同士殺しあわなければいけない怒り。
    それはリーの師匠でもある「イップ・マン」からも受け継がれた魂なのかもしれません。

    長文、失礼いたしました。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/6/13 15:07 by EGライダー

    Scarfaceさん、こんにちは
    レスありがとうございます。

    >反日や反米といったストーリー性を重要視するか、単純にブルース・リーやそれと対峙する面々のアクションを重要視するか。
    >私はやはりアクションの素晴らしさ、一言一言つぶやかれるセリフに心打たれます。

    リーの作品を楽しむにはScarfaceさんの観方が
    正しいと思います。

    でも、あえて言ってしまいます。
    『ドラゴン怒りの鉄拳』

    ※日本人役の袴が逆
    「知らずにやっていた」と思っていたんですが、
    「知っててやっていた」ということ。
    これ、日本人のみならず映画観賞者全てをバカにしてると思いませんか。

    ※ラストシーンについて
    ・・日本への憎悪を増幅させるラスト・・
    ・・個人的に後味の悪い映画bP・・

    どよ〜んと暗くなってしまう映画はリー自身も
    好みではなかったような気がします。

    この作品の話はこのくらいにして・・
    ブルース・リーは突出した天才アクションスター
    印象に残るいいセリフも多いですね。

    「考えるな。感じるんだ。
    いわば月を指さすのと同じだ。指にこだわっているとその先にある大切なものを見失ってしまう」

    「水になりなさい」

    「型は畳上の水練、実戦では役に立たない」

    「攻撃されたら、必ず反撃する。単純な突き返しでもないよりあったほうがいいのだ」

    「空振りさせるのが最高の防御」

    「打つのではない、打ちぬくのだ」

    「貴方と私の真理は違う」

    「ポジティブな思考は幸せを招く」

    ・・紙面の都合で以下略・・

    うん、やっぱり明るくポジティブ思考でいきましょう。

  • 印象に残るシーンとセリフ。 ネタバレ

    2015/6/15 19:42 by GOKU

    ジャッキー・チェンの映画とか、
    香港映画のエンドクレジットで、
    いわゆるNGシーンがありますが、

    でも、
    ブルース・リー映画には無かった。
    『死亡的遊戯』までは。

    生前、見せなかったという事は、
    もしかしたらNG(=失敗)は、
    B・リーは見せたくなかったのかもしれないけれど。

    でも俺、
    結構感動してんですよね。
    ただの失敗映像なのに。

    『ああ、こんなに苦労して撮影してたんだなぁ』って。


    それと、
    西本カメラマンについて補足。

    彼が撮影したB・リーの映画は、
    『ドラゴンへの道』と、
    『死亡(的)遊戯』の塔のシーンです。

    そう言えば、
    金曜ロードショーで『死亡遊戯』が放送された時、
    水野晴郎さんが言った言葉で、


    リーが階段を上ってきた時、
    画面の雰囲気が変わりましたね。

    それは、
    カメラマンが違うんだから当然じゃないか、
    と言えばそうかもしれませんが、

    私が思うに、
    リーが持つ雰囲気が、
    画面の色をも変えてしまったんじゃないでしょうか?

    やはり内側から輝く物を持つ人、
    そういう人がスター≠ノなる素質なんじゃないでしょうか?


    記憶だけを頼りに書いたんで、
    若干、違うかもしれませんが、

    印象に残った(解説者の)セリフでした。


    果たして、
    フィルムの色をも変えたのは、
    カメラマンの手腕か、
    俳優の資質か、
    もしくはその両方か、な?

    では、このへんで。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/6/21 11:28 by EGライダー

    >やはり内側から輝く物を持つ人、
    そういう人がスター≠ノなる素質なんじゃないでしょうか?

    @ 素質は一流、努力も一流、合理的で前向き思考
    A 天才だけど努力はしないし、なんかネガティブ
    B 素質は平凡、でも人一倍努力。感謝の心を忘れない。
    C 素質は平凡、努力はキライ、得意技は責任転嫁

    リーは間違いなく@のタイプ
    それがスクリーンの雰囲気、画面の色をも変えてしまうのでは?
    もちろん、それを引き出す西本カメラマンの手腕も
    良かったんだと思います。

    ちなみにリーの印象に残る言葉

    「悲観することはない。日々反復練習することで平凡が非凡に変わるのだ」

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/8/2 23:25 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > 映画を観てると何故か印象に残るシーン、
    > いいセリフがありますね。

    映画「シーズ・レイン」って言う神戸を舞台にした90年代に劇場公開された、青春映画なのですが、
    「主人公の男子(ユーイチ)がヒロインの女子(レイコ)のことをどう思うのか?ユーイチの男友達に聞かれて、ユーイチが、その男友達に言ったセリフで、

    ●「俺はレイコのことなんて何とも思っていないよ。男同士とかわらないんだよ。」

    ってセリフが印象に残っています。本心がどうかは分かりませんが、恋愛感情なしで、男女の関係って成り立つんだあ〜って不思議に思いながら観ていました。
    友達以上恋人未満って言うやつですね。
    そう言えば、学生時代、男性、女性を意識せずに、グループで、異性に対して、まるで、男同士みたいに、友達みたいな感覚で、仲良く、喋っている人達が何だか、羨ましかったですね。
    果たして、本作の結末は?

    あと、本作のお気に入りのシーンは、パーティー会場で、ユーイチを演じたミュージシャンの染谷俊さんが、ピアノを弾きながら、劇中歌「同じ空を見てた」を熱唱するシーンを観て(聴いて)、とても感動しました。
    歌詞、メロディー共に、良くてグッと来ました。

    ちなみに、「シーズ・レイン」は、今月(8月)に、神戸の元町映画館で、上映が決定しています。
    震災前の美しい神戸の映像が撮影された貴重な作品となっています。
    「神戸在住」の白羽監督作品でございます。
    それでは、失礼致します。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/8/5 16:04 by EGライダー

    アーバン・ブルーさん、こんにちは
    こちらこそお世話になってます。
    しかし暑いですね・・いかがお過ごしですか。

    ●「俺はレイコのことなんて何とも思っていないよ。男同士とかわらないんだよ。」

    さっそく予告編観ました。
    このセリフどうも本心ではないような。
    本編を観ないとわかりませんが。

    「男女間の友情はありえるか」

    映画「シーズ・レイン」のテーマですか?
    今東光和尚もこの問いにズバリ答えてました。
    映画の結末はどうなるんでしょうね。
    ぜひ観たいと思います。

    >震災前の美しい神戸の映像が撮影された貴重な作品となっています。

    震災前に撮影されたこの作品はとくに貴重ですね。
    現地ロケされた作品は後年みんな貴重かな。
    街の景観は日々変わっていきますから。

    100年経てば今いる人も殆どいなくなる。
    ・・壮大な時の流れを想いスーパーへ・・
    ・・そして夕方の時間割引食品をチェックする。

    それではまた。。

  • 全編、印象深いんだけど・・・ ネタバレ

    2015/8/8 18:14 by GOKU

    メル・ギブソン主演『マッドマックス2』で、
    本筋に関係ないけど印象深いシーン。

    後半のクライマックス、
    マックスが運転する武装トレーラーを追いかけるモヒカン共が、

    「タイヤだ、タイヤを狙え!」

    との指示でバイクのモヒカンが、
    トレーラーのタイヤにボウガンの付いた前腕を近づけた時、

    バイク共々モヒカンがタイヤの隙間に吸い込まれて、
    次の瞬間、
    バイクの残骸とそれ以外の残骸が、
    トレーラーの後方にバラバラと・・・

    アレはビックリしたわ。


    あ、あと、
    モヒカン共の中でも、
    特に存在感のあった赤毛のウェズ。

    おっかないという点では、
    ボスのヒューマンガスをも凌ぐキャラ、だったと思うけど、

    あれが、
    『コマンドー』のベネット≠ニ、
    同じ役者だった事を、最近知った。

    コレもビックリしたわ。

    ちなみに俳優の名前は、
    ヴァ―ノン・ウェルズと言うそうな。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/9/4 12:12 by EGライダー

    『マッドマックス2』1981年作品
    北斗の拳が影響受けたのがよくわかります。

    キッドというブーメラン少年の回想録なんですね。
    それも老年期になっての回想・・
    どんだけ年月が流れてんだか。

    赤いモヒカンのワルがたしかに存在感ありました。
    ヒューマンガスはボスの器を感じますねぇ。
    個人的にはボーガンの女戦士がよかった。
    でも、出番が少なく最後もあっけなかったなぁ。

    貴重なガソリン・・暴走に使う余裕なんてない。
    ワルもフツーの人もみんな仲良く
    耕運機で大地を耕して、カボチャやダイコン作ったほうがいいのでは・・と思うのですが。
    それじゃ『マッドマックス』にならないか。

    そうそう最新作、観に行こうとしたら
    すでに上映期間終わってました。。。。_| ̄|○

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/9/12 1:35 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    よろしくお願い致します。

    > 映画に限らず、日常のちょっといい話、いいセリフもOK
    > あなたが感じたことを自由に書き込んでください。

    小学生の頃のお話なのですが、友達数人で、「冬休み東映まんがまつり」を観に、地元の映画館に、出掛けたのですが、到着してみると、何と、まだ、その映画館は、開場していませんでした。

    事前に、その映画館の開場時間や作品の上映スケジュールを調べずに行ったのですが、どうやら、朝早く着き過ぎたようで、開場するまでに、まだ少し時間があり、皆で、「せっかく来たのに、今さら、帰れないし、どうしよう〜。開場するまでにどうやって時間を潰そうか。」って言う感じで、困ってしまいました。

    子供だったので、お金も、そんなに持っていなかったと思うし、その場所から、遠くへ移動してしまうと、映画の開場時間に間に合わなくなる。

    大人だったら、喫茶店に行って、モーニングを食べて、時間を稼げばいいのだけれど、子供同士で、喫茶店も、行く勇気がないし、お金もない。
    なので、皆で話し合った結果、映画館の前(野外)でひたすら待つ。って言うことになったのですが、いかんせん、冬の寒い時期だったので、寒さが半端なくて、靴や靴下を履いていても、足の裏が、冷たくて、冷たくて、仕方なかったことを憶えています。
    凍えるような寒さに耐えながら、ずっと、ぶるぶると、震えながら、皆で、映画館の前で、立っていたら、その姿を見かねた、映画館の何件か隣のレコード屋さんの店員さんが、「僕達、寒くて、辛そうだから、家の店に来て、暖まりなさい。」って、声を掛けて下さって、とても助かった経験があります。

    お店の中で、ストーブで、体を暖ませてもらって、一気に元気が戻って来ました。
    暖房の温かさ、人の温かさ、二つの温かさを貰って、本当に、感謝の気持ちで一杯でしたね。
    そのあと、店員さんに、お礼を言って、映画も、無事に観れて、めでたしめでたしでした。

    それから、もう一つ、映画とは、関係がないのですが、いい話があります。これも、小学生の頃のお話なのですが、自転車で、家に帰る途中、バランスを崩してしまい、道に、こけた際に、自転車のハンドルが胸に強打して、苦しんでいたら、後ろから、ロックミュージシャン風の派手なお兄さん(当時20代位。)が駆けつけてくれて、「僕大丈夫か」って、背中をさすって、助けてくれたんですよ。
    おかげで、体が楽になって、無事に家に帰れてことがあります。
    あのお兄さんには、今でも、あのときは、有難うって、感謝しています。
    世の中捨てたもんじゃないですね。
    もちろん、いい人ばかりではなく、腹立つことを言われたり、されたりしたり、嫌な人にも、沢山出会いましたが、こう言う親切で、優しくしてくれた人のことは、ずっと記憶の中で、忘れません。
    僕も、今まで、出会ったいい人達を見習って過ごして行きたいと思っています♪
    それでは、失礼致します。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2015/9/16 22:38 by EGライダー

    アーバン・ブルーさん、こんばんは
    日常のちょっといい話は事件と違ってニュースには
    ならないけれど、心に残りますね。

    >レコード屋さんの店員さんが、「僕達、寒くて、辛そうだから、家の店に来て、暖まりなさい。」

    同じ買うならそういう店でCD買いたい。

    >ロックミュージシャン風の派手なお兄さん(当時20代位。)が駆けつけてくれて、「僕大丈夫か」って、背中をさすって、助けてくれたんですよ。

    一見こわそうな人が意外に優しかったり。
    そういうときに素が出ますね。
    人間やっぱり優しさ、おもいやり、いたわりの心
    が大切と思います。

    昔聞いた、私のお祖母ちゃんの経験談
    お彼岸のお墓参りに行ったとき、いつも隣の
    お墓が誰も来ない様子で荒れていた。
    気の毒に思ったお祖母ちゃんはそのお墓をきれいに掃除して花を添え、お線香を立てたという。
    その夜・・軍服を着た男の人が家の玄関内に立ち
    静かに一礼をして、スゥーっと消えたとか。

    今は亡きお祖母ちゃんのちょっといい話を思い出しました。

  • 生物兵器VS地上最強の超能力者 ネタバレ

    2015/12/12 20:57 by GOKU

    たった50分足らずのOAV、
    『バオ―来訪者』より。

    生物兵器<oオ―に、
    対峙する地上最強の超能力者<Eォーケンが言うセリフ。


    少年よ、
    必要以上の能力を持った者は、
    常に苦しみと共に生きねばならない

    それが、
    俺や、お前のような化け物の宿命よ


    殺戮を生きがいとする戦士として、
    敵として出会いながらも、

    同じ化け物≠ニして共感してる感じが、
    なんか切ない。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2016/2/25 16:44 by 未登録ユーザkuzzbook 【http://ameblo.jp/kuzzbook/】

    お邪魔します!
    私が心に残る映画は。。。。

    「ストックホルムでワルツを」
    スウェーデンの映画ですが、主演が国内で大人気シンガーのエッダマグナソン。
    彼女の演技力そして歌唱力。。脱帽レベルです!

    そして感動シーンはいかに書きます。
    また皆様のお勧め映画がありましたらぜひ教えて頂きたいです!! 宜しくお願いします!


    (お父さんの電話)
    父: やぁ、モニカ
    モニカ:なにかあった?
    父: そうじゃない
    父: 声の遅れが気になるから黙って聞いててくれ
    父: 母さんとラジオを聴いた
    父: 素晴らしかったぞ
    父: それとお前は木の上からの眺めを私に見せてくれた
    父: 感謝してる ありがとう
    モニカ:父さん
    父: お前とは、、もう切らないといかんな
    父: 電話代が高い切るぞ
    モニカ: (涙)

    続きはご本人でチェックを!!

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2016/3/13 22:45 by EGライダー

    >『バオ―来訪者』

    ケンシロウとラオウの超能力バージョンのような
    ラスト、8年後に復活するような意味にとれましたが
    もう続編はないのでしょうか。

    でも、この作品のような人体実験(人権無視)による怪物兵器はもはや必要ないかもしれませんね。
    囲碁のチャンピオンが人工知能に負けてしまったニュース・・
    これからは人工知能を積載したロボット兵器バージョンが出てくるのかな。(すでに出てる?)
    育児や介護、料理、掃除や洗濯してくれるんなら最高なんですが。

    kuzzbookさん、こんばんは
    >「ストックホルムでワルツを」

    予告編見るとシングルマザーのサクセスストーリーなんですか。
    父親との確執はどうなるのでしょう。
    一度じっくり鑑賞したいと思います。
    モニカ・ゼタールンドの晩年はちょっと悲しいですね。

    >また皆様のお勧め映画がありましたらぜひ教えて頂きたいです!!

    個人的に好きな映画はあるのですが、お薦めはちょっと(^^;)
    でも、情報交換していきましょう。

    それではまた。。

  • 続編について。 ネタバレ

    2016/3/15 20:40 by GOKU

    『バオ―来訪者』の続編・・
    イヤ、俺も観たいんですけれど、
    残念ながら可能性は低いみたい。

    と言うのも、
    どうやら原作者の荒木先生が、
    「バオ―来訪者はアレで完結しています」
    との趣旨の発言をしているらしいので。

    まぁ創造主たる原作者の発言ですからね、
    残念ですが。

    でもね、
    ソレでも淡い期待としては、
    例えば『ランボー』シリーズみたいに、
    原作の小説では、
    トラウトマン大佐に射殺
    という結末を創造主サマに賜ったランボーなのに、
    それが映画では四作品も出来て、
    しかも、
    ランボーをペンで殺した原作者が、
    四作目を絶賛、という・・

    こんな展開にならないかなぁと。



    さて『バオ―来訪者』から、

    残念ながらOAVで、
    シーン自体はあったのに、
    カットされた印象に残った台詞

    レーザー砲に撃たれ瀕死のスミレを、
    自らの不死身の肉体の血で蘇生しつつも、
    館内で流れる『爆破まであと11分40秒』
    のアナウンスに、
    『生き返らせても死の恐怖を再び味わうだけ・・』
    と自問自答してるシーンでの独白。


    誰に誓った?

    自分に誓った
    この少女を助けると
    自分に誓った!

    望みは捨てない!
    自分は最強の生命力を持った
    生物なのだ!

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/4/17 19:23 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > その夜・・軍服を着た男の人が家の玄関内に立ち
    静かに一礼をして、スゥーっと消えたとか。

    ちょっといいお話をありがとうございます。
    EGライダーさんのお祖母ちゃんの経験談、とても興味深く読ませて頂きました。
    それにしても、不思議な体験をされたようですね。
    やはり、「実在」するんですね。
    きっと、感謝の気持ちで現れたんでしょうね。
    EGライダーさんが仰るとおり、人間やっぱり優しさ、おもいやり、いたわりの心が大切ですね。

    それから、映画に関するちょっといいお話を思い出した。
    幼いの頃のお話なんですが、兄と一緒に、家の近所の映画館に、「東宝チャンピオンまつり」を観に行って、入場前に、映画館の前で、並んでいたのですが、前に並んでいた、兄弟なのかお友達なのかは分かりませんが、小学生位の男の子二人組がいて、何か困った様子だったので、聞いてみたら、持っていた、割引券が、他の映画館名が記載されていて、こちらの映画館では、使用出来なくて、困っていたことが分かりました。ラッキーなことに、割引券は、一枚で、数人まで、有効で、僕達は、予備で、もう一枚、割引券を持っていたので、差し上げたら、喜んでくれて、無事に、お互いに、割引料金で、入場出来て、本当に、良かったと思います。
    良いことをした、映画鑑賞は、いつも以上に格別でした♪
    それでは、失礼致します。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/4/21 23:30 by EGライダー

    >『バオ―来訪者』の続編・・
    >どうやら原作者の荒木先生が、
    「バオ―来訪者はアレで完結しています」
    との趣旨の発言をしているらしいので。

    そうなんですか。うーん・・ちょっと残念かな。
    あれから話がスケールアップしていって、最終的に戦争の虚しさのメッセージを残して幕を閉じる・・
    という期待感があったもので。

    アーバンブルーさん、こんばんは

    >やはり、「実在」するんですね。
    >きっと、感謝の気持ちで現れたんでしょうね。

    感謝の気持ちで現れた・・そこが重要ですね。
    私も見習いたいと思います。

    「実在」は個人的には確信しています。
    小4のときの経験は今でもトラウマ。
    私の親父なんか機械系の技術屋のせいか
    「霊?宇宙にロケットが飛ぶ時代や!そんなモンあるかい!!」
    と言うのが口癖でしたけどね。
    まあ、怪しげな霊感商法に引っかからないためには
    こういうスタンスも必要なのかなと・・。(^^;)

    >良いことをした、映画鑑賞は、いつも以上に格別でした♪

    これは相手の方も「東宝チャンピオンまつり」は良き思い出の映画として永遠に胸に残ることでしょう。

  • 義務。 ネタバレ

    2016/7/7 20:43 by GOKU

    ルパン三世から、
    ルパンVSクローンより。

    ルパンに、

    イヤ俺はさぁ、
    確か死んだはずじゃあ、
    なかったってっけ?

    と、自分(のクローン)が処刑された事を言った時、

    ソレに答えて、
    銭形のとっつぁんの名言。

    馬鹿もん!
    お前が例え百回死のうとも、
    そんな事は問題ではない。
    ルパンという男が存在している限り、
    私は日夜、追い続ける義務があるのだよ、ハハハ〜!!


    生きがいとか、権利ではなく、
    義務≠チて言うあたりが、
    もう、なんか清々しくて。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/7/25 22:14 by EGライダー

    銭形警部はああ見えて真面目ですからね。
    でも含蓄あるお言葉と思います。

    『義務』・・これは大切ですね。
    権利ばかりを主張し、義務をはたさない・・
    こういう人間にだけはなりたくない。

    私はあえて税率の高いビールを飲んでいます。
    日本国憲法にも定められている「納税の義務」
    国のためを想い、今夜も無理してビールを飲む。
    義務をはたすというのは大変なことなんです。

  • 溜息。 ネタバレ

    2016/8/1 19:53 by GOKU

    納税・・まぁ明細見るたび、

    なんでこんな安いトコからこんなに抜くんや、
    とか溜息でるけど、

    でも、
    ビール飲んでの納税はイイですねぇ。
    イイ意味の溜息出ますよ。

    あ、朝ドラの影響で、
    ウィスキーとかもいいですね。
    ロックもいいし、水割りもイイ。
    ビールと違ってゆっくり飲むんで、
    DVD観ながらゆったりとね。

    あ、でも俺が観るのはB級アクション。
    『キルビル』とか。
    全然ゆったりしてない(笑)


    さて、
    本題の印象深いシーンを。

    ただいま上映中の『シン・ゴジラ』
    のゴジラ℃ゥ身、
    コレが実に印象深かった。

    ただ歩く姿も、何してもサマになる。

    でも一番インパクトあるのは、
    やっぱ放射熱線吐くシーンかな。
    さすがは庵野監督って。

    人間目線だと大惨事なのに、
    イイ溜息出ちゃいましたよ俺は。

    庵野版・ゴジラ、ホント凄かった・・

    まさに、こんなゴジラが観たいって、
    ソレを作ってくれた感じだった。


    では、このへんで。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/8/5 13:34 by EGライダー

    闘戦勝仏さん
    HN変えられたんですね。(気づくの遅すぎ)
    またよろしくお願いします。

    ウィスキーでDVD・・いいですね。
    グラス傾け、ロックを味わい
    好きな映画を心ゆくまで・・・(至高の贅沢)
    夏はやっぱり涼しくなれるB級ホラーかな。。
    でもサブい作品も多いので気を付けないと。


    『シン・ゴジラ』

    最近のゴジラ映画のなかでも傑出した作品
    無機質で感情を持たない怖いゴジラの演出も◎
    「危機は日本でさえ強くする」
    印象に残るセリフもありました。

    ・・それだけにラストが・・
    庵野版ゴジラの暴れっぷりを
    もっともっと観たかったなぁ。。
    レビューは少し辛口になりましたが、
    これは「好き」の裏返しということで。。

    それではまた。。

  • ゴジラの能面。 ネタバレ

    2016/8/5 19:56 by GOKU

    あ、どうも、
    こちらこそよろしくお願いします。

    HMは、
    まぁ頻繁に変更するのは好ましくない、
    とは思っているんですが、
    ま、私生活で色々ありまして(笑)

    で、
    こじんまりまとまる必要なし
    との結論になりまして、
    で、そんな感じのモノに変えたワケです。

    HMについてはそんなトコです。


    『シン・ゴジラ』のラストについては、

    まぁ俺もレビューで書いたんですが、
    こんな奴に人間が勝てるわけないって。

    それぐらいゴジラが圧倒的だったんで。

    だからその意味で、
    あっけないと言えば確かにそうかも知れませんね。

    ところで、
    公開とともにTVなどで解禁になった情報ですが、
    狂言師の野村萬斎さんの名前がエンドロールに出ていたんですが、
    それに気付いたお袋が、
    「あれ?どこに居たっけ?」って。

    俺も気付かなかったんで『?』だったんですが・・・

    EGライダーさんは気付きましたか?


    種明かしすれば、
    なんとゴジラ自身。

    萬斎さんが動いて、
    それをモーションキャプチャで取り込んで、
    それでCGゴジラの動きになっていたと。

    あのゴジラの動きには、
    狂言のエッセンスが入ってたワケです。


    ソレ聞いて俺、
    『イヤ、さすがだわ』って。

    歩くシーンは勿論、
    放射熱線吐く時の所作も、
    そういうコトなのかなぁって。

    ゾクゾクしたもの。

    では、このへんで。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/9/4 23:14 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > 映画を観てると何故か印象に残るシーン、
    > いいセリフがありますね。

    ●「ドラゴンカンフー・龍虎八拳」(知名度の低いカンフー映画で、申し訳ありません。)
    ラスボスの多彩な足技の名手で、超強敵のカサノバ・ウォンに父親を倒されて、泣きじゃくる、ヒロインを慰めようと、主人公のピーター・チャンが、ヒロインに対して、言ったセリフが、印象に残っています。
    「(あんな奴)俺が、もっと鍛えていて、強かったら・・・。それが、悔しいよ。俺、何度も、アイツ(ラスボス)と顔を合わせているんだ。でも、度胸がなかった。何故だ。何故、俺が未熟だったからなんだ。)」
    あのシーン、あのセリフは、何とか、仇討ちをしたいのだけれど、ラスボスが、あまりに強過ぎて、手が出ない、主人公(ピーター・チャン)のもどかしさみたいなものが、伝わって来て、グッと来ました。なので、ラストバトルは、主人公とヒロインに、感情移入して、手に汗握りながら、応援していました。
    ラストバトルは、カンフーでは、とてもかなわない相手なので、知力で勝負することになるのですが、果たして?
    驚異の身体能力を誇る、主役のピーター・チャンの京劇仕込みの超人的なアクロバティックカンフーと多彩な足技で、蹴りまくる、驚異のキッカーである、ラスボスのカサノバ・ウォンとの穀物倉庫内(閉鎖的空間)での異次元バトルが、実に、素晴らしいですよ!!!!!
    個人的には、ジャッキー・チェン主演の「ドランクモンキー・酔拳」と同様に、テレビ放送、DVDなどで、数え切れない位に、何度も、何度も、繰り返して、見た、大好きなカンフー映画でございます。

    ●「夏ノ日、君ノ声」
    とにかく、ヒロインの荒川ちかさんの演技が、とても素晴らしくて、病気で、声が出せなくて、セリフが、なくて、表情だけで、相手に気持ちを伝える難しい役柄を好演されていて、ナイスでした!
    さすがに、子役から、演技の経験があるだけに、若いのに、もうかなり、馴れた演技で、将来、大ブレイクして、ビッグな女優さんになる予感がしました。特に、病室で、恋人役の葉山奨之君の手のひらに、はなまるマークを、マジックで、描いて、にっこりと笑うシーンが、とても印象的で、微笑ましく思いました。

    ●「仮面ライダーV3対デストロン怪人」
    近年のVFXを多用した作品には、決して、真似の出来ないような、ノーCGの「本物」のアクションの数々が、凄まじかったと思います。
    全編、見せ場、見せ場の連続なのですが、特に、採石場でのトリプルライダー対デストロンの怪人軍団とのラストバトルで、採石場から、離れた場所に居た、幹部のドクトルGが、新怪人のタイホーバッファローに、対して、「味方の怪人などどうなってもかまわない。とにかく、仮面ラ〜イダさえ、倒せばいいのだ。」みたいな命令(セリフ)と受けたあとの砲撃が、凄まじかったですね。もう、スーツアクターの皆さんの姿が、見えなくなる位の、爆破アクションの連続は、圧巻でした!!!!!
    とにかく、火薬の量が、半端なくて、爆風と煙が、凄まじくて、スタントマンの皆さん、大変だろうなあ〜。って、見ていて、心配になって来ました。
    下手なアクション映画よりも、迫力が、ありますよ。「スタントマン泣かせ。」と言われた、宮内洋さんと大野剣友会の皆さんの体を張った、危険なスタント&アクションは、正に、「リアルイン・ザ・ヒーロー」で、拍手を贈りたいですね。
    この作品は、確か、劇場版仮面ライダーのDVDのVol.2に収録されていると思います。

    もし、ご興味がありましたら、お時間のあるときにでも、いつか機会があれば、是非!!

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/9/4 23:32 by アーバン・ブルー

    >この作品は、確か、劇場版仮面ライダーのDVDのVol.2に収録されていると思います。

    DVDの正しい作品名は、 「仮面ライダー THE MOVIE VOL.2」でございます。
    それでは、改めて、失礼致します。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/10/12 23:32 by EGライダー

    >あのゴジラの動きには、
    狂言のエッセンスが入ってたワケです。

    最新VFXと古典的な狂言
    芦○カラテのサバキという当時革新的なビデオに
    狂言のステップが紹介されていた記憶が・・
    全盛期のタイソンのステップも古武道の『すり足』
    シン・ゴジラの強さの秘密もこれ・・??


    >『ドラゴンカンフー・龍虎八拳』
    >ラストバトルは、カンフーでは、とてもかなわない相手なので、知力で勝負することになるのですが、果たして?

    面白そうですね。(ビデオ探しているのですが)
    とてもかなわない相手との戦い・・
    極意は『ホーム・アローン』にあり
    と個人的には思っています。(^^;)

    >『夏ノ日、君ノ声』

    表情だけの演技
    たしかに繊細な演技力が必要・・
    私はよく「うるさい」「黙ってろ」と言われるので
    寡黙で繊細な表情で勝負していきたいと思います。


    >『仮面ライダーV3対デストロン怪人』

    ア○ゾンのプライム・ビデオで鑑賞
    「味方の怪人などどうなってもかまわない。とにかく、仮面ラ〜イダさえ、倒せばいいのだ。」
    このセリフは印象的でした。
    この後のオチはギャグですか。
    でも、あの爆破アクションはたしかに危険ですね。

    危険といえば仮面ライダー1号はシリーズの途中
    バイク・アクション撮影中大ケガ・・
    急遽、海外出張(?)という脚本にして2号が登場
    でもこれが「X3」の伏線になってシリーズが盛り上がり、印象に残るシリーズとなる。
    まさに怪我の功名というべきなんでしょうか。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/10/17 21:36 by EGライダー

    人生は水の流れに似ている

    ときには不愉快なことが現れ

    心に傷痕をのこすが

    すべては水のように流れていく

    by ブルース・リー

  • ストレート・リード・パンチ ネタバレ

    2016/10/28 19:56 by GOKU

    映画のシーンのみならず、
    彼の発言は名言の宝庫。

    総合格闘技UFCの選手の中で、
    彼に憧れて格闘技を始めたと発言する人もいるし、

    ボクシングでも、
    パッキャオの髪形は彼の真似だと、
    ご本人が発言しているらしいし、

    我が日本でも、
    八重樫選手などは大ファンだそうで。

    雑誌の取材で、
    もし彼とケンカしたら?
    の質問に、

    彼はキックも出来るし、
    武器も使いこなせる。
    なんでもありの元祖ですからね。
    とても勝ち目ありませんよ。

    あと、

    実際ボクシングでも強かったと思いますよ。
    あの初弾≠ヘ強烈ですよ。
    早いし、威力もあると思います。

    などなど、もう絶賛。

    そうそう『印象に残るシーン』
    といえば、
    この初弾<Vーン。

    冒頭の試合シーンと、
    VSオハラの、

    試合開始直後、
    彼が放つストレート・リード
    あまりの速さに、
    裏拳とかジャブだと誤解してしまうぐらい。

    格闘技専門と謳う雑誌ですら、
    『裏拳』と表記してしまうぐらい。

    今となっては、
    バックスピンキックとか、
    連続キックという派手なアクションで魅せる俳優はいくらでもいるけど、

    一発のパンチで魅せる俳優は、
    まぁ、そうそういません。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/11/23 22:46 by EGライダー

    >彼が放つストレート・リード
    あまりの速さに

    ブルース・リーのスピード、キレは凄いですね。
    でも「そうせざるを得ない」という背景もあったようです。
    彼はけっして体は大きくないし、しかも近視だったとか。

    あのスピードは「身体的ハンデの必然性」と個人的には思っています。
    だからこそ尊敬するんですけどね。

    そう思ってvsオハラのシーンを見ると
    印象に残りますねぇ・・あのストレートリードは。。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/11/24 11:16 by 10年目のソフィ

    EGライダーさん

    こんにちは。あちらに(どちら?)ありがとうございます。
    長いスレになっているので、重なってたらすいません。。。

    猟奇的な彼女
    運命は努力した人に偶然という橋を架けてくれる。

    映画的には「都合がいいセリフ」とも言えるのですが、「橋を架ける」という表現が凄く沁みました。

    ではでは m(_ _)m

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/12/5 22:26 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > 映画を観てると何故か印象に残るシーン、
    > いいセリフがありますね。

    本編ではなくて、予告編で申し訳ありません。
    まだ、劇場公開されていない作品なのですが、予告編を見て、印象に残るシーン満載で、驚きました。
    映画「ドラゴン×マッハ!」の予告編なのですが、とにかく、トニー・ジャーの超絶ムエタイアクションとウー・ジンの高速カンフーアクションに度肝を抜かれてしまいました。
    インターネット上で、日本版の予告編がアップされていますので、是非ご覧になって下さいませ^^

    印象に残ったアクションは、「吼えろ鉄拳」で、真田広之さんが、魅せた、走って来る車に向かって、飛び蹴りを炸裂させて、フロントガラスを破壊するアクションが、ありましたが、本作では、トニー・ジャーが、車のフロントガラスをダブル・ジャンピング・ニーパッド(飛び膝蹴り)を炸裂させて、破壊しるシーンが凄い迫力でした。
    ウー・ジンお得意の芸術的な連続空中蹴り、トニー・ジャーの得意技である、ウェブスター(前方宙返り蹴り)をウー・ジンが、両足で炸裂していました。
    他にも、銃撃戦あり、カーアクションありで、アクションテンコ盛りで、とても見応えがありそうな作品ですね♪
    あとは、何といっても、異次元のラストバトルが、噂によれば、かなり凄まじいらしいですよ。
    タイ式のリアルヒッティングアクションと香港式の華麗なワイヤーアクションを上手い具合に、ブレンド(融合)した、パワフル且つ華麗な立ち回りに仕上がっていると期待しています。
    本作は、2017年1月7日[土]より劇場公開されるみたいですね。
    僕は、劇場での上映期間、一日の上映回数などよっては、本作を、映画館で、観るのか?またはレンタルDVDにて、鑑賞するのか?は、未定ですが、とにかく、楽しみにしています♪

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/12/5 22:46 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    追記でございます。
    よろしくお願い致します。

    > 映画を観てると何故か印象に残るシーン、
    > いいセリフがありますね。
    >

    ●「薄れゆく記憶のなかで」の衝撃のラスト手前の堀真樹さん演じる、和彦の心の中の呟きで、「結局、10年経っても、やりたいことなんて見つかりませんでした。」って言うセリフにドキッとしました。
    このセリフは、実にリアルで、やりたいことが見つからないまま、月日が流れて、年齢を重ねてしまうことって、現実的にも、よくあると思います。
    僕も、劇中の和彦同様に、接客業のお仕事ですが、本当は、他に夢が、あり、別のお仕事をしてみたいかったなあ〜って、時々、思いますね^^
    子供の頃、あるいは、学生時代から、何か、目標があって、それを、クリアして、夢を実現した人って羨ましく思いますね♪

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2016/12/7 21:49 by EGライダー

    10年目のソフィさん、こんばんは

    『猟奇的な彼女』
    タイトルからして印象的(^^;)
    たしか気の強い彼女に振り回される物語ですね。

    >映画的には「都合がいいセリフ」とも言えるのですが、「橋を架ける」という表現が凄く沁みました。

    都合がいいセリフとは思いません。
    私のようなテキトーな人間でも偶然という橋が架かることがありました。
    努力する真面目な方なら当然ありえるでしょうね。
    それにしても・・「橋を架ける」・・いい言葉ですね。


    アーバン・ブルーさん、こんばんは

    >映画「ドラゴン×マッハ!」の予告編

    なんか凄いアクションですね。
    ひとつ間違えたら死にますよ。これは。
    本編もぜひ観てみたい。

    >「結局、10年経っても、やりたいことなんて見つかりませんでした。」って言うセリフにドキッとしました。

    若いときはやりたいことが見つからず
    中年のときはやらねばならないことが多すぎて
    老年期、やりたいことあれど体力すでになく・・
    ま〜・・人生、こんなもんでしょう。♪(^^;)

    でもね、やりたいことはいっぱいありますよ。
    家の大掃除して不用品をキレイサッパリ処分したいし、
    思いっきり汗かいて、プレミアムビール飲みたいし、
    そうそう、話題の『君の名は。』も観てみたい。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2017/1/15 20:44 by アーバン・ブルー

    EGライダーさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > 映画を観てると何故か印象に残るシーン、
    > いいセリフがありますね。

    ●「薄れゆく記憶のなかで」の中で出てくる印象に残る言葉ですね。

    歌碑に書かれた「かの時に言いそびれたる大切の言葉は今も胸にのこれど」石川啄木

    この言葉は、思いを寄せる人に、最後まで伝えることができなかったひとことって言う意味(多分。)だそうなので、まるで、和彦の心の中で思っていることを代弁しているかのようで、とても胸が締め付けられました。

    映画ではなくて、音楽で申し訳ありません。
    ●Hi-Fi CAMPの「ヒカリ」って言う歌詞の一部が、とても良い歌詞で、印象に残ります。

    「♪穏やかな日常がこんなに愛しい特別な幸せは必要ないあるがままの心で たまに弱音吐いたって愛すべき人がいれば♪」

    「特別な幸せは必要ない」って言う歌詞に、とても共感しました。
    特別な幸せがなくても、毎日、家族、皆、健康で平和で穏やかに暮らせることは、とても幸せなことだと思います。
    「普通」に過ごせることを、「当たり前」だと思わずに、「有難いことなんだ。」って、思うことが、大切なんだってことを教えてくれた曲で、とても良い曲だと思います♪

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ ネタバレ

    2017/1/27 12:34 by EGライダー

    アーバン・ブルーさん、こんにちは

    >「かの時に言いそびれたる大切の言葉は今も胸にのこれど」石川啄木

    「薄れゆく記憶のなかで」
    過去の思い出として胸にしまっておく・・
    和彦君はこれでよかったと思います。
    相手は和彦を忘れて別の道を歩いてるんだし。
    さっさとやりたいこと見つけて前を見て歩いてほしい。


    >特別な幸せがなくても、毎日、家族、皆、健康で平和で穏やかに暮らせることは、とても幸せなことだと思います。

    そのことを感じさせる映画も多いですね。
    『ALWAYS 三丁目の夕日』2005年作品もそのひとつ
    宅間先生(三浦友和)が家族との思い出を夢で見るシーン
    これにはホロリとしてしまいました。

  • 義体換装。 ネタバレ

    2017/4/22 22:15 by GOKU

    と言っても、
    メイキングの事ではなく、
    映画のシーンもしくは、
    宣伝映像などのキャラクターが造られるシーンの事。

    例えば『ターミネーター2』の時、
    続編製作決定みたいな感じで、
    シュワちゃんが製造されるシーン。

    金属骨格がライン製造されて、
    型みたいのに入れられて、
    で、型が開いたらシュワちゃんが立ってると。


    『ゴースト・イン・ザ・シェル』では、
    義体換装シーン≠チて、
    脳に全身義体を換装するシーン。

    コレはCM映像にもありますが、
    圧巻ですわ(笑)

    ストーリーとはあまり関係ないシーンだから、
    お試し映像としてもお勧め。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2017/4/29 16:40 by みかずき

    はじめまして。EGライダー さん。
    みかずきと申します。

    挫折した女主人公・新垣結衣が赴任した離島の学校で、生徒たちと共にに成長する『くちびるに歌を』で、ラスト近くで主人公が生徒たちに向かって叫ぶ、”逃げるな”という台詞が良かったです。

    人生の色々な場面で、自分を励ますときに使える
    名言です。


    失礼しました。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2017/5/2 23:05 by EGライダー

    GOKUさん、こんばんは

    >『ゴースト・イン・ザ・シェル』では、
    義体換装シーン≠チて、
    脳に全身義体を換装するシーン。

    映画館に行けず、予告のみ鑑賞・・
    上映期間終了してしまいそうでヒヤヒヤ・・(+o+)


    みかずきさん、はじめまして

    『くちびるに歌を』
    新垣結衣主演の学園ドラマですね。
    個人的には気になる演出が多い作品
    でも「逃げるな!・・・」のシーンは良かった。
    シンプルだけど、ものすごく大切なことを言っています。

    それではまたよろしくお願いします。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2017/7/12 20:35 by アーバン・ブルー

    > 映画を観てると何故か印象に残るシーン、
    > いいセリフがありますね。

    EGライダーさん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    ●「RE:BORN」。
    本編ではなく、予告編で申し訳ありません。
    主演のTAKこと、坂口拓さんが、森の中で、ファントム軍団を相手に、ゼロレンジコンバットなる、高速の戦闘術で、一瞬の内に、大勢の敵を、叩きのめすシーンが、凄まじかったですね。
    やっと、邦画のアクション映画でも、「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイスの高速連打のシラットアクションや「SPL〜」でのウージンの高速のウエポンアクションに互角に渡り合えるアクション映画が、誕生したのか!って、興奮しました。
    公式サイトでございます。
    <リンクURL>

    ●「チャンピオン鷹」。
    ボールの後片づけのシーンが大好きで、東映版の中古ビデオ(VHS)を購入して、何度も、繰り返してみました。
    主演のユン・ピョウが、バックネットにボールを蹴って、返って来たクッションボールをオーバーヘッドキックで、ボール入れの籠の中に、「見事に」、入れるシーンは、正に、神技で、しびれてしまいました。
    「チャンピン鷹」は、「少林サッカー」のような、CGやワイヤーに頼らない、己の肉体を駆使した、超絶サッカープレイ満載のサッカーカンフー映画の元祖的な作品でございます。
    あと、ボールを股に挟んで、ヘッドスプリングで、立ちあがって、相手のチームの選手の動きを巧みに交わしたり、雨の中を裸足で、ドリブル突破したり、廻し蹴りでボールをけったり、オーソドックスなオーバーヘッドキックはもちろん、スタンディングのオーバーヘッドキックも、素晴らしかったですね。
    「チャンピオン鷹」の予告編でございます。
    https://www.youtube.com/watch?v=YVeLCpZUeW0

    ●「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。
    僕が、本作で、特に気にっているシーンがあるのですが、小松菜奈さんが、ピザを、満面の笑顔で、とても美味しそうな顔をして頬張っている姿が、可愛くて、少し表情が波瑠さん似(個人的な意見ですが。)で、とても素敵でした♪
    このシーンは、正に、小松菜奈さんの魅力全開!でしたね♪
    オフィシャルサイトでございます。
    <リンクURL>

    それでは、またよろしくお願い致します♪
    失礼致します。

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2017/7/13 19:58 by アーバン・ブルー

    訂正。

    >「チャンピン鷹」は、「少林サッカー」のような、CGやワイヤーに頼らない、己の肉体を駆使した、超絶サッカープレイ満載のサッカーカンフー映画の元祖的な作品でございます。

    正しくは、
    「チャンピオン鷹」は、「少林サッカー」のように、CGやワイヤーに頼り切った作品ではなくて、ノーワイヤー、ノーCGの己の肉体を駆使した、超絶サッカープレイ満載のサッカーカンフー映画の元祖的な作品でございます。
    ですね。
    大変失礼致しました。
    また思い浮かんだら、お邪魔させてもらいます♪

  • Re: 印象に残るシーン、いいセリフ

    2017/7/18 22:19 by EGライダー

    アーバン・ブルーさん、こんばんは

    「RE:BORN」
    リアルなバイオレンス・アクション映画ですか。
    最近の邦画のアクションの進化は凄い。

    「チャンピオン鷹」
    VHSビデオ・・懐かしいなぁ。。
    今はブルーレイが普通ですからね。
    貞子さんも「出るとこあらへんがな」とグチを言ってることでしょう。
    CGやワイヤーに頼らないというより、頼れなかった時代?
    それにしてもユン・ピョウが若いですね。

    「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
    最近はこういう平和な映画が好みです。
    アカ抜けているようでなぜか素朴・・
    そしてミステリアスな雰囲気もある・・
    とても印象に残るいいロケ場所ですね。

    それではまた。。

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


WOWOW『予兆 散歩する侵略者』特集
『エルネスト』<もうひとりのゲバラ>特集
モルモット吉田、宇野維正、門間雄介がたっぷり語る!第39回 PFF特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
サイン入りポスターほか豪華賞品が当たる! 『あさひなぐ』ツイッターキャンペーンがららぽーと4館で実施!
稀代の映像作家C・ノーラン最新作『ダンケルク』遂にそのベールを脱ぐ! エイリアン誕生の真実に迫る『エイリアン:コヴェナント』『散歩する侵略者』など近日更新。映画論評・批評の新コーナー

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ