ただいまの掲載件数は タイトル58594件 口コミ 1141375件 劇場 590件

映画情報のぴあ映画生活 > 掲示板一覧

フリートーク掲示板» お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

フリートーク:お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

2018/1/4 20:55 by アーバン・ブルー

皆さんのお気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

東宝、東映、松竹、大映、日活、映画会社は問いません。ゴジラシリーズ、ガメラシリーズ、妖怪映画、大魔神シリーズ、ガッパ、ギララ、ウルトラマン、仮面ライダー、戦隊物、東映まんがまつり、東宝チャンピオンまつりのブローアップ版・・・。何の作品でも、OKでございます。掟破りも、大歓迎でございます。昭和、平成、新旧問いません。
(邦画の実写映画限定でお願い致します。)

沢山好きな作品がありますが、とりあえず、ゴジラ映画、仮面ライダー映画、ウルトラマン映画の三作品挙げておきます。

●「ゴジラ対メガロ」。
昭和ガメラシリーズのような少年の活躍、ウルトラマンのようなロボットのジェットジャガーの登場(等身大と巨大化)、昆虫をモチーフにした怪獣メガロ(当時、昆虫ブームでした。)、宇宙人、カッコいい!デザインのガイガンの復活、シートピア海底王国(外国人のボスの日本語吹き替えを担当したのが、何と、ショッカー、ゲルショッカー、デストロン首領の声を担当した納谷吾悟朗さんでした。)、そして、2体2の夢のタッグマッチ(荒野での怪獣プロレス)、アニメソング、特撮ソングで、お馴染みの子門真人さんの主題歌「ゴジラとジェットジャガーでパンチ・パンチ・パンチ」…。
もう、当時の子供達が、熱くなれる!夢中になれる!要素てんこ盛りな楽しくて、ワクワクする、愛すべきゴジラ映画ですね♪

●「仮面ライダーV3対デストロン怪人」。
個人的には、仮面ライダー映画、ナンバー1ですね。
宮内洋さんや大野建友会の体を張った、危険なスタント&アクションは、正に、「リアル・イン・ザ・ヒーロー」で、圧巻でした!!!!!
火薬の量が半端なくて、とにかく、爆破アクション我凄まじかったですね。
ラストバトルでの1号、2号、V3のトリプルライダー揃い踏みの活躍にも、感動しました♪

●「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」。
世界を股に掛ける坂本浩一監督作品。
巨大ヒーローのウルトラマン達や怪獣達に、等身大ヒーローが行うような、スピーディー且つ洗練されたアクションを取り入れたのは、斬新で、ナイスアイディアでしたね!
香港スピン、ローリーングソバット、ウルトラマンがライダーキック・・・。
もう何でもありのカッコいいアクション満載で、ボリーム満点の面白さですね♪

 



  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/4 21:48 by ぱおう

    アーバン・ブルーさん、新年あけましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いします。

    さて、……。

    > 皆さんのお気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    さっそく来ました〜! また盛り上がりそうなトピですねえ。
    私が書いてしまって良いのか分かりませんが、知る人ぞ知る名作を先頭打者として挙げます。

    ●『ガス人間第1号』
    狂気の科学者に改造されて、不死身のガス人間となった男が、愛する女性のために、犯罪に手を染める物語。若き日の八千草薫さんが、ガス人間の恋人役で、事実上のヒロインです。DVDを持っていて、時々見返しています。
    さすがに古い作品ですが、終盤の日本舞踊のシーン以降の美しくも悲しいこと!
    ここで流れるBGMは、悲劇性の漂う名曲で、確か「ウルトラマン」の怪獣ジラースの回でも使われていたような。
    ラストシーンは、本当に涙なくしては見られません。

    また思い出したら、書き込ませて頂くかもしれませんが、宜しくお願いします。

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/4 23:19 by odyss

    レスがたくさん付きそうなスレですね。

    上で『ガス人間第1号』が挙げられているので、同じ東宝の「人間」シリーズである『電送人間』(1960年)を挙げておきましょう。ずいぶん前に見たので(ただしロードショウではなく、20年以上たってから名画座で)記憶も曖昧ですが、きわめてスリリングな映画でした。

    特撮ものといえば、何と言っても『マタンゴ』(1963年)。怖いんですよねえ、これが。ちなみに私は最初は石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)のマンガで読み、やはり非常に怖かったのを覚えています。

    あと、個人的な好みですが、『モスラ』(1961年)は初めて鑑賞した怪獣映画だったので、忘れられません。モスラだけでなく、日本人の南洋幻想がきわめて印象的に映像化されていると思います。

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 1:13 by アーバン・ブルー

    >アーバン・ブルーさん、新年あけましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いします。

    ぱおうさん、こんばんは。
    新年明けまして、おめでとうございます。
    こちらこそ、今年も、よろしくお願い致します。

    >さっそく来ました〜! また盛り上がりそうなトピですねえ。
    私が書いてしまって良いのか分かりませんが、知る人ぞ知る名作を先頭打者として挙げます。

    いつもお世話になります。
    レスありがとうございます。
    特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画と、幅広い話題で、盛り上がれたら、とても嬉しく思います♪
    おお〜、「ガス人間第一号」ですか。
    正に、名作ですよね。
    僕も、大好きな特撮映画ですね。

    ●『ガス人間第1号』
    狂気の科学者に改造されて、不死身のガス人間となった男が、愛する女性のために、犯罪に手を染める物語。若き日の八千草薫さんが、ガス人間の恋人役で、事実上のヒロインです。DVDを持っていて、時々見返しています。
    さすがに古い作品ですが、終盤の日本舞踊のシーン以降の美しくも悲しいこと!
    ここで流れるBGMは、悲劇性の漂う名曲で、確か「ウルトラマン」の怪獣ジラースの回でも使われていたような。
    ラストシーンは、本当に涙なくしては見られません。

    僕は、以前から、特撮ファンの知人から、ずっと、お勧めされていたのですが、中々、見る機会に恵まれなかったのですが、数年前に、やっと、レンタルDVDにて、鑑賞することが出来ました。
    本当は、もっと、早く見るチャンスがありました。確か、80年代前半だったかな?(記憶違いでしたら、ごめんなさい。)地上波のテレビ放送があったのですが、怪獣が出ないので、見なかったんですよね。まだ、その当時は、子供だったので、怪獣が出ない大人向け?の特撮映画の面白さや良さに目覚めていなかったんですよね^^
    それから、時を経て、レンタルDVDにて、鑑賞したら、噂通り(特撮ファンの知人の言う通り。)の凄い作品でした。
    特撮映画と恋愛映画を融合させた斬新且つ異色の映画で、とても見応えがありました。
    ガス人間を演じた土屋嘉男さんの怪演と若き日の八千草薫さんの圧倒的な美しさ、そして、謎めいたストーリー展開にも、引込まれたし、特撮技術も、とてもそんな古い作品と思えない位に優れていて、感心しました。
    特に、人間がガス化する描写が秀逸でしたね。
    仰る通り、ラストシーンは、涙なくしては見れない位に、切なくて、悲しい結末で、衝撃的でしたね。
    さすがに、変身人間シリーズ、ナンバー1の作品だけのことはありますね。
    BGMも、作風に合った、悲劇性の漂う名曲でしたね。
    「ウルトラマン」の怪獣ジラースの回でも、使用されていたとは知りませんでした。
    情報ありがとうございます。
    ジラースの話題が出たので、思い出したのですが、「ウルトラQ」の登場した、ゴメスは、「モスラ対ゴジラ」で使用したもので、「ウルトラマン」に登場したジラースは、頭部は「怪獣大戦争」、胴体は「モスラ対ゴジラ」で使用したもののハイブリットだそうですよ。
    なので、ゴジラ、ゴメス、ジラース、この三体の怪獣は、見た目が、よく似ていますよね。
    ウルトラマンに、襟巻きをはぎ取られたジラースが、まんま、ゴジラだったので、ウルトラマン対ゴジラの夢の対決を見ているようでした。
    それから、お話を戻しますが、「ガス人間第一号」は、高橋一生さん出演で、舞台化されたことがあるそうですよ。多分、現時点では、舞台版の「ガス人間第一号」は、DVD化されていないと思うので、是非いつか、DVD化して頂いて、見てみたいですね♪

    >また思い出したら、書き込ませて頂くかもしれませんが、宜しくお願いします。

    是非また、ご紹介をよろしくお願い致します。
    お待ち致しております♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 1:56 by アーバン・ブルー

    odyssさん、こんばんは。
    新年明けまして、おめでとうございます。
    レスありがとうございます。
    いつもお世話になります。
    今年も、よろしくお願い致します。

    >レスがたくさん付きそうなスレですね。
    かなり幅広く募集させて頂いたので、盛り上がれば、とても嬉しく思います♪

    >上で『ガス人間第1号』が挙げられているので、同じ東宝の「人間」シリーズである『電送人間』(1960年)を挙げておきましょう。ずいぶん前に見たので(ただしロードショウではなく、20年以上たってから名画座で)記憶も曖昧ですが、きわめてスリリングな映画でした。

    「電送人間」は、確か、20年以上前だったかな?(記憶違いでしたら、ごめんんさい。)大阪の新世界の映画館で、リバイバル上映で観ました。
    僕も、記憶が曖昧ですが、確かに、スリリングな映画だったことを憶えています。
    変身人間シリーズは、「ガス人間第一号」と「電送人間」は、見たことがあるのですが、でも、まだ、「美女と液体人間」は、現時点では、未見なので、いつか、折を見て、チェックしたいと思っています。「電送人間」も、随分前に見たので、忘れてしまっている所も、多いので、こちらも、いつか再見したいですね。

    >特撮ものといえば、何と言っても『マタンゴ』(1963年)。怖いんですよねえ、これが。ちなみに私は最初は石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)のマンガで読み、やはり非常に怖かったのを覚えています。

    「マタンゴ」は、レンタル店が、まだ、ビデオ(VHS)が主流の頃(レンタルビデオ(VHS)ブームの頃。)に、レンタルビデオ(VHS)で見たことがあります。怖くて、とても見応えのある作品でしたね。確か、島が舞台で、登場人物も少ない作品だったと思うので、正に、僕好みの作品でした。
    怪物も、怖かったのですが、人間ドラマにも、引込まれました。あと、確か、後味の悪い不気味な終わり方だったと記憶しています。
    是非、久しぶりに再見したい作品ですね。

    >あと、個人的な好みですが、『モスラ』(1961年)は初めて鑑賞した怪獣映画だったので、忘れられません。モスラだけでなく、日本人の南洋幻想がきわめて印象的に映像化されていると思います。

    「モスラ」は、名作ですよね。
    特に、東京タワーを破壊するシーンが印象に残っています。
    ゴジラと並ぶ、数多くの東宝怪獣映画に登場する位人気のある怪獣ですよね。
    日本人の南洋幻想がきわめて印象的に映像化されていると思います。←仰る通りだと思います。
    異国情緒溢れるインファント島のシーンが、印象的でしたね。
    本作だったか、対決作品だったか?忘れてしまいましたが、南の島から来た小美人(ザ・ピーナッツ)「モスラ〜やっモスラ〜♪」は、あまりにも、有名で、小美人が、モスラとコミュニュケーションをとったり、モスラと通訳をするシーンが、凄い好きでしたね。
    でも、細かい所は忘れてしまっているので、久しぶりに、再見したくなりました♪
    それから、モスラ映画と言えば、平成モスラ三部作も、劇場公開時、映画館で観ています。
    確か、長澤まさみさんが、平成ゴジラシリーズの「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」や「ゴジラ FINAL WARS」に昭和シリーズに 登場した小美人の子孫の役として、出演されていましたね。
    長澤まさみさんが怪獣映画に出演されていたとは、今となっては、とても貴重ですよね。

    ご紹介ありがとうございました♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 2:04 by アーバン・ブルー

    訂正&追記。
    「ガス人間第一号」は、「ガス人間第1号」ですね。
    大変失礼致しました。
    それから、「ガス人間第1号」って、少し、「ウルトラQ」や「怪奇大作戦」あるいは、「ウルトラセブン」の世界観と共通するものがあるなあ〜って、個人的には思っています♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 2:08 by アーバン・ブルー

    訂正。

    >宮内洋さんや大野建友会の体を張った、危険なスタント&アクションは、正に、「リアル・イン・ザ・ヒーロー」で、圧巻でした!!!!!

    変換ミスがありました。
    正しくは、大野剣友会ですね。
    大変失礼致しました。

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 18:35 by アーバン・ブルー

    ●「吸血鬼ゴケミドロ」。
    子供の頃、地上波のテレビ放送で、見て、あまりにも、不気味で、恐ろしい作品だったので、衝撃を受けました。
    物語の舞台は旅客機って言う密室で、人間がエイリアンに肉体を支配されるボディースナッチャー系映画。
    なので、僕の好きな「ダイ・ハード」(限定空間)と「ヒドゥン」(ボディー・スナッチャー系映画)を足して二で割った感じの作品で、かなり見応えがありました。
    旅客機に偶然乗り合わせていた殺し屋が、宇宙生物ゴケミドロに取り憑かれ、乗客を襲うお話。
    殺し屋の額が縦にぱっくりと裂けて、その中に、アメーバ状の宇宙生物・ゴケミドロが侵入して行くシーンが、不気味で、恐ろしくて、トラウマになりました。
    そして、ゴケミドロに寄生された人間が吸血鬼になり・・・。
    ラストが、尻切れトンボと言うか、救いがない結末で、唖然としてしまった記憶があります。

    ●「妖怪大戦争」 (1968年の映画) 。
    昔の地上波のテレビ放送で、何度か見たことがあります。
    西洋妖怪の強敵ダイモンに日本の妖怪達が協力して、立ち向かうお話。
    とにかく、ダイモンが強すぎて、次ぐから次へと、日本の妖怪達が戦いを挑むも、破れてしまいます。
    特に、僕が印象に残っているのが、ダイモン対ろくろ首ですね。
    あのろくろ首の長い首をダイモンが・・・。
    果たして、ダイモン対日本の妖怪達の戦いの結末は・・・。
    妖怪映画ですが、随所に、笑いやユーモアも、散りばめられているので、そんなに、怖くありません。
    なので、どちらかと言えば、怪獣映画を見るような感覚で、楽しめました♪

    ●「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」。
    世界を股に掛けるアクション界の巨匠、坂本浩一監督作品。
    平成仮面ライダー映画では、個人的には、ナンバー1の作品ですね♪
    何と言っても、坂本浩一監督が構築された超絶アクションの数々が実に素晴らしいですね!!!!!
    スーツアクターはもちろん、変身前の素顔の役者の皆さんも、動く、動く。
    序盤のパルクールでは、障害物を華麗に飛び越えて追いかけて行ったり、華麗にウォールスピンを決めて魅せたり、高い所からジャンプして移動したり、横回転の宙返りで障害物を飛び越えたり、壁宙ならぬ扉宙(部屋の扉を利用した宙返り)を魅せたり、バク宙や前宙や跳ね起きを取り入れた動きがあったりと、どの動きも、カッコ良かったので、とても気分が高揚しました。
    その他にも、XMA(エクストリーム・マーシャルアーツ)が取り入れた、回転系の華麗な動き、コークスクリュー(空中回転蹴り)、バタフライツイスト、縦開脚のバク宙、回転式のカカト落とし、ブリッジキック、フランケンシュタイナー、人工衛星ヘッドシザース・ホイップなどなど、己に肉体を駆使した、超絶アクションの数々に魅了されてしまいました。
    これからも、坂本浩一監督の作品を楽しみにしています♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 18:48 by アーバン・ブルー

    「ウルトラマン」二連発!!!!!

    ●「ウルトラマン」<1979年>
    テレビで放送された実相寺昭雄さんの作品の中から、5本をリストアップして、オムニバス風に制作された作品。
    下手なリメイク作品よりも、テレビで放送された作品の中から、優れた作品を何本か選んで、オムニバス風に繋ぎ合わせ、その上に新たに撮影されたシーンを加えた作品って、特撮ファンとしては、「手堅く」、「無難」に楽しめると思うんですけどね♪

    ●「ウルトラマン」( 「怪獣殿下」(前篇&後篇」)。
    この作品は、『ウルトラマン』ブルーレイ発売記念の試写会で、上映された作品で、映画ではありません。
    以前、FMOSAKA シネマプレビュー 『ウルトラマン』ブルーレイ発売記念試写会に当選して、テレビ作品のゴモラが登場した、「怪獣殿下」(前篇&後篇」を観ましたが、やはり、馴染みのある、過去のウルトラマンのテレビで放送された作品を大きな劇場(ホール)の大きなスクリーンで観るのは格別でした。
    こう言う機会って、滅多にないと思うので、とても貴重でした♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 19:24 by 青島等

    お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。
    2018/1/5 19:18 by 青島等
    9レス目は頂いた。なぜか縁のある9 野球嫌いだが(笑)

    ズバリ平田昭彦さん
    @「ゴジラ」(1,954)芹澤博士
    A「空の大怪獣ラドン」(1,956)柏木博士
    B「地球防衛軍」(1,957)白石博士
    C「美女と液体人間」(1,958)富永捜査一課長
    D「潜水艦イ-57降伏せず」(1,959) 中沢中尉(軍医)
    E「伝送人間」(1,960)小林警部
    F「大坂城物語」(1,961)薄田隼人正(実際の剣豪)
    G「妖星ゴラス(1,962)遠藤艇長
    H「キングコング対ゴジラ」(1,962)重澤博士
    I「海底軍艦」(1,963)ムー帝国工作員23号(悪役)
    J「三大怪獣・地球最大の決戦」(1,964)沖田課長
    K「奇跡の大作戦キスカ」(1,965)工藤軍医長
    L「ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘」(1,966)竜崎隊長(悪役)

    以上、円谷英二特技監督ベスト13
    私は13が好きだハリソン・フォード、篠原涼子や長男の誕生日
    あとウィンチェスター・リピーティング・ライフルも13連発(笑)

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 22:09 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    レスありがとうございます。
    遅くなりましたが、新年明けまして、おめでとうございます。
    今年も、よろしくお願い致します。

    >9レス目は頂いた。なぜか縁のある9 野球嫌いだが(笑)

    野球の話題で、思い出したのですが、そう言えば、ゴジラ・松井秀喜選手と本物のゴジラの夢のゴジラ共演が実現した、「ゴジラ×メカゴジラ」(手塚昌明監督)を、劇場公開時、映画館で観たことを思い出しました。
    僕は、9と言えば、ジャンボーグ9を思い出しますね。ジャンボーグAで、歯が立たない強敵を、エメラルド星人から、新たに送られた贈り物、ジャンボーグ9で、余裕で、敵を叩きのめす展開に、とても気分が高揚しました。

    ズバリ平田昭彦さん
    @「ゴジラ」(1,954)芹澤博士
    A「空の大怪獣ラドン」(1,956)柏木博士
    B「地球防衛軍」(1,957)白石博士
    C「美女と液体人間」(1,958)富永捜査一課長
    D「潜水艦イ-57降伏せず」(1,959) 中沢中尉(軍医)
    E「伝送人間」(1,960)小林警部
    F「大坂城物語」(1,961)薄田隼人正(実際の剣豪)
    G「妖星ゴラス(1,962)遠藤艇長
    H「キングコング対ゴジラ」(1,962)重澤博士
    I「海底軍艦」(1,963)ムー帝国工作員23号(悪役)
    J「三大怪獣・地球最大の決戦」(1,964)沖田課長
    K「奇跡の大作戦キスカ」(1,965)工藤軍医長
    L「ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘」(1,966)竜崎隊長(悪役)

    円谷英二特技監督ベスト13&平田明彦さん出演作品を沢山ご紹介して下さって、ありがとうございます。
    どれも、名作ですよね。
    ただ、下記の三作品は、初耳ですね。
    勉強になります。
    ありがとうございます。

    D「潜水艦イ-57降伏せず」(1,959) 中沢中尉(軍医)
    F「大坂城物語」(1,961)薄田隼人正(実際の剣豪)
    K「奇跡の大作戦キスカ」(1,965)工藤軍医長

    東宝変身人間シリーズは、どれも面白いですよね。
    ただ、「美女と液体人間」は、未見なので、是非鑑賞リストに入れておきます。

    C「美女と液体人間」(1,958)富永捜査一課長
    E「伝送人間」(1,960)小林警部
    もしかして、「電送人間」ではありませんか?

    >@「ゴジラ」(1,954)芹澤博士
    DVDは、持っているのですが、忙しくて、まだ、見れていないので、時間のあるときに、是非鑑賞したいと思っています。

    >A「空の大怪獣ラドン」(1,956)柏木博士

    確か、昔、深夜枠の地上波のテレビ放送で見た記憶があります。(記憶違いでしたら、ごめんなさい。)
    とても昭和31年の作品とは思えない位、特撮シーンが素晴らしかった記憶があります。
    「ジュラシック・パーク」以降、CGを駆使した、ハリウッドの大作を数え切れない位に観て来た影響で、映画「トランスフォーマー」などのCGを駆使した凄いシーンを観ても、それ程、驚かなくなってしまった今、逆に、ミニチュア、セット、着ぐるみなどのアナログの特撮の方が、新鮮に感じて、引込まれますね。最近、「帰って来たウルトラマン」の再放送を見ましたが、最近のCG満載のウルトラマンの作品よりも、面白いし、熱い気持ちになれますね。(個人的な意見ですが。)

    H「キングコング対ゴジラ」(1,962)重澤博士
    怪獣バトルも、人間ドラマも、どちらも、良くて、尚且つ、良い箸休めとなるような、笑いやユーモアが、随所に散りばめられていて、とても良かったと思います。
    結末は、観ている側の判断に委ねる粋な終わり方も、ナイスでした!!!!!
    あと、上記の作品でも、言いましたが、アナログな特撮が、今、観ると、とても新鮮に感じました。
    オオダコなんて、本物のタコを使用していますからね。

    >G「妖星ゴラス(1,962)遠藤艇長

    子供の頃、「妖星ゴラス」や「宇宙怪獣ギララ」などの作品も、地上波のテレビ放送で見た記憶があります。
    どちらも、また、再見したい作品ですね。
    それから、「妖星ゴラス」の登場した航空機は、「ウルトラマン」のビートルに、トドの怪獣のマグマは、「ウルトラQ」のトドラとして流用されたのは、有名なお話だそうですね。

    >I「海底軍艦」(1,963)ムー帝国工作員23号(悪役)

    「海底軍艦」は、見たことがありませんが、でも、海底軍艦 轟天号が登場した、「ゴジラ FINAL WARS」は、劇場公開時、映画館で観ました。
    それから、我が家に海底軍艦のソフトビニール製の置物があります。置物には、平成ガメラ三部作の金子修介監督のサインが、そして、箱には、川北紘一監督のサインが入っていて、我が家の「家宝」として、大切にしています♪
    「海底軍艦」(1,963)も、是非いつか見てみたいですね♪

    >J「三大怪獣・地球最大の決戦」(1,964)沖田課長

    >L「ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘」(1,966)竜崎隊長(悪役)

    対決物のゴジラ映画は、大好きで、多数の怪獣達が登場する作品は、賑々しくて、何だか、ワクワクしますね。

    平田昭彦さんと言えば、「ウルトラマン」、「レインボーマン」、「ぴったしカン・カン」の回答者など、テレビの人のイメージが強かったのですが、沢山、特撮映画に出演されていたことを、今更ながら知り、大変、勉強になりました。
    ありがごうございます。
    あと、多々良純さんも、「仮面ライダーX」や「ジャンボーグA」、佐原健二さんは、「ウルトラセブン」のウルトラ警備隊のマナベ参謀のイメージが強かったのですが、特撮映画にも、沢山、出演されていることを、今更ながら、知り、こちらも、勉強になりました。
    ありがとうございます。

    >私は13が好きだハリソン・フォード、篠原涼子や長男の誕生日
    あとウィンチェスター・リピーティング・ライフルも13連発(笑)

    素敵なエピソードをありがとうございます。
    ちなみに、僕の好きな数字は、ウルトラセブン、ラッキーセブンの7が、一番好きですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 22:36 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんばんは。
    先程、書き忘れたことがありました。
    よろしくお願い致します。

    >B「地球防衛軍」(1,957)白石博士

    「地球防衛軍」(リバイバル上映)は、東宝チャンピオンまつり(78年)としての興行の最後の作品でした。
    昭和の「ゴジラ」シリーズは、「メカゴジラの逆襲」で、一旦、幕を閉じていて、そのあと、「東宝チャンピオンまつり」は、「ディズニー大会」(メインの「ピーター・パン」とディズニーの短編集)+当時の日本のアニメ(「元祖天才バカボン」、「勇者ライディーン」、「タイムボカン」+当時、大ブームだった、「およげ!たいやきくん」の9本立て(これも、劇場公開時、母親と、一緒に、近所の映画館に、観に行きました。)を挟んで、77年の「キングコング対ゴジラ」(リバイバル上映)そして、そのあと、78年の「地球防衛軍」のリバイバル上映(何故か、このときの「東宝チャンピオンまつり」は、近所の映画館で、上映してくれず、テレビで、予告編を見て、楽しみにしていたのに、映画館に、観に行くことが出来なくて、とても残念でした。なので、後に、地上波のテレビ放送か?レンタルか?のどちらかで、見ていると思います。)をメインとして、存続していきます。
    これは、ゴジラ抜きだと、「東宝チャンピオンまつり」が成立し難いので、「東宝チャンピオンまつり」を続けるための「苦肉の策」だったのかもしれません?
    何せ、「東宝チャンピオンまつり」のシンボルマークがゴジラでしたからね。
    結局、「東宝チャンピオンまつり」は、ゴジラが登場しない、78年公開の「地球防衛軍」のリバイバル上映をメインとした、興行で、終了してしまいました。
    それから、モゲラと言えば、リメイクされた「MOGERA」が登場した、「ゴジラvsスペースゴジラ」(1994年)も、劇場公開時、映画館で観ました。
    ゴジラ映画は、映画館では、70年代の東宝チャンピオンまつりとしての勧善懲悪のストーリーの善玉ゴジラが登場する映画をメインに観て来ましたが、平成ゴジラシリーズも、一部の作品を除いて、殆ど、劇場公開時、映画館で観ていますね♪
    モゲラも、もう一度、今後のゴジラ映画に登場してほしいけれど、「ゴジラ対メガロ」のジェットジャガーは、平成ゴジラシリーズでは、登場しなかったと思うので、是非もう一度、ジェットジャガーの勇姿を観てみたいですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。 ネタバレ

    2018/1/5 22:51 by 青島等

    >もしかして、「電送人間」ではありませんか?

    穴があったら入りたい恥ずかしい変換ミス!そうです。
    陰の主役は愚直な正義感を貫いた須藤兵長(中丸忠雄)ですが
    主演は鶴田浩二&白川由美 前年「暗黒街の顔役」でも共演した縁
    平田昭彦さんは鶴田浩二の頼れる兄貴分(実年齢は満3歳逆だが)

    _脱線ご容赦を

    >平田昭彦さんと言えば、…「ぴったしカン・カン」の回答者

    久米宏のバカが非礼な事を 三船敏郎の現場に台本を持ち込まない逸話
    正解者の平田さんに向かって‘平田さん調べてきたんじゃないの?’
    東宝専属として何本で共演しているのか知らない無知(# ゜Д゜)

    「暗黒街の対決」で鶴田浩二と三船敏郎をイジメ抜いた悪徳弁護士が最高
    オタオタ逃げる鶴田の前に仁王立ち‘どうやら勝負あったね!’
    汚職刑事が実は暴力団撲滅の捜査官だった三船にビンタを喰らわせる
    ラストは三船刑事の背中を狙い鶴田に射殺されるカッコ良さ
    三船は自分に発砲したと勘違いし鶴田に発砲し鶴田は息絶える
    つまり西部劇の名画「ヴェラクルス」のオマージュ!

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 23:08 by アーバン・ブルー

    ●「ガメラ対ギロン」。
    昭和ガメラ映画は、80年代位までは、地上波のテレビで、何度も、放送されていたので、どのガメラ映画も大好きなのですが、特に、「ガメラ対ギロン」は、沢山、見た記憶があります。
    大村昆ちゃん、イーデス・ハンソンも出演されていましたね。
    それから、宇宙人?に、男の子が丸坊主にされてしまうのは、役とは言え、可哀そうだなあ〜って思いました。
    子どもの味方という設定、勧善懲悪のシンプルで分かり易いストーリー、「ガメラ・マーチ」、どれも、大好きですね。
    今見ると、きっと、童心に帰って、楽しめる、ガメラ映画だと思います。
    昭和ゴジラシリーズよりも、昭和ガメラシリーズは、気楽に、楽しめるところが、好きですね♪

    ●「東映版 スパイダーマン」。
    東映まんがまつりの中の一つの作品ですが、ブローアップ版ではなくて、劇場用新作でした。
    ハリウッド版のスパイダーマンには、決して、真似の出来ない、ノーCG、ノースタントの己の肉体を駆使した、スパイダーアクションが、実に素晴らしいですね。
    等身大ヒーローが巨大ロボットに乗り込んで、巨大化した怪人を倒す展開は、この作品が元祖だと思います。
    なので、「バトルフィーバーJ」以降の戦隊シリーズの元祖と言っても、過言ではない作品だと思います♪

    ●「ザ・カゲスター」。
    東映まんがまつりの中の一作品として上映されましたが、ブローアップ版ではなくて、劇場用の新作でした。
    男女コンビのヒーローは、「仮面ライダーストロンガー」を彷彿とさせるし、戦闘員のデザインは、ショっカーの戦闘員のデザインと似ているし、おやっさんこと、小林昭二さんも、出演されていたり、敵の組織の声を担当したのは、ショッカー、ゲルシッカー、デストロンの首領の声でお馴染みの納谷さんだったり、仮面ライダーシリーズの怪人の声でお馴染みの沢りつをさんも、この作品でも、怪人の声を担当されていたり、「仮面ライダーX」、「スカイライダー」の主題歌でお馴染みの水木一郎兄貴が、「ザ・カゲスター」の主題歌も、担当されていたりと・・・。
    異色のヒーロー&ヒロインでありながら、「仮面ライダー」シリーズと共通点が多い作品だと思います♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 23:29 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんばんは。
    ご返信ありがとうございます。
    よろしくお願い致します。

    >陰の主役は愚直な正義感を貫いた須藤兵長(中丸忠雄)ですが
    主演は鶴田浩二&白川由美 前年「暗黒街の顔役」でも共演した縁
    平田昭彦さんは鶴田浩二の頼れる兄貴分(実年齢は満3歳逆だが)

    そうだったんですか。
    知りませんでした。
    情報有難うございます。

    _脱線ご容赦を

    >平田昭彦さんと言えば、…「ぴったしカン・カン」の回答者

    久米宏のバカが非礼な事を 三船敏郎の現場に台本を持ち込まない逸話
    正解者の平田さんに向かって‘平田さん調べてきたんじゃないの?’
    東宝専属として何本で共演しているのか知らない無知(# ゜Д゜)

    「暗黒街の対決」で鶴田浩二と三船敏郎をイジメ抜いた悪徳弁護士が最高
    オタオタ逃げる鶴田の前に仁王立ち‘どうやら勝負あったね!’
    汚職刑事が実は暴力団撲滅の捜査官だった三船にビンタを喰らわせる
    ラストは三船刑事の背中を狙い鶴田に射殺されるカッコ良さ
    三船は自分に発砲したと勘違いし鶴田に発砲し鶴田は息絶える
    つまり西部劇の名画「ヴェラクルス」のオマージュ!

    お詳しいですね。
    色々と教えて下さって、感謝致します。
    詳しく解説&説明して下さって、ありがとうございます。
    とても勉強になります♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/5 23:57 by アーバン・ブルー

    ●深作欣二監督の合作映画「ガンマー第3号 宇宙大作戦」。
    子供の頃、地上波のテレビ放送で見ました。
    宇宙ステーション内に、未知の生物が侵入して、増殖する展開が、不気味で、怖くて、引込まれました。
    凄く面白かった記憶があるので、是非いつか機会があれば、再見したい作品ですね。

    ●映画「電人ザボーガー」。
    近年の過去のアニメや特撮のリメイクした作品では、割りと、成功した作品ではないでしょうか。
    後半は、お笑い路線でしたが、前半は、オリジナルのテレビ版の「電人ザボーガー」をほぼ、忠実に再現してくれた、熱いアクション&物語で、グッと来ました。
    タイアップ曲を使用せずに、当時のノリノリの主題歌を使用したのは、好印象でしたね。

    ●実写映画版「破裏拳ポリマー」。
    坂本浩一監督作品B
    ストーリーも、後半からの予想外の展開に引き込まれました。尚且つ、アクションは、良かったですね。
    超絶アクション満載で、冒頭の「るろうに剣心」の佐藤健さんよろしくとばかりの壁走り、障害物を宙返りしながら跳び越えて行くパルクールにいきなり心を鷲掴みにされてしまいました。
    その他にも、ワイヤーアクションあり、トリッキング(XMA)のテクニックを駆使した、コークスクリューキックあり、バックハンドブロー(裏拳)あり、ボクシング式の右ストレートあり、ボディへの膝蹴りあり、右廻し蹴りあり、後ろ廻し蹴りあり、フライングヘッドシザースホイップあり、サブミッション(関節技)あり、水面蹴りあり、香港スピンあり、バタフライツイストあり、ジャッキー・チェンの「〜拳」的なリズミカルな拳技の応酬あり、「プロジェクトA」を始め、活気のあった頃の、かつての香港アクション映画のような、打撃を受けてぶっ飛ばされて、物や壁が破壊される体当たりのアクションありと、新旧の様々な体を張ったアクションが、混ざり合っていて、グッと来ました♪
    ただ、不満点が二つあります。
    キャラクターの設定がワイルドな探偵に変更されているところですね。
    オリジナルのアニメ版の頼りない、ナヨナヨキャラの主人公の正体は実は、破裏拳ポリマーで、だからこそ、転身後のポリマーの圧倒的な強さが際立ったのですけれどね。あと、正体が分からないミステリアスな部分が残った方が、日本のヒーローらしくて、良かったような気がします。
    あと、タイマンバトル中心だったので、もう少し、破裏拳ポリマー対多数の敵が観たかったですね。
    とは言え、更なる広がりが期待出来る作品だと思うので、是非続編を観てみたいですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/6 2:30 by アーバン・ブルー

    >ズバリ平田昭彦さん

    もう一作品追加させて下さい。
    平田昭彦さんが、ミスターK役で、出演された、「レインボーマン」のブローアップ版(テレビで放送された作品。)が、1973年8月1日公開の東宝チャンピオンまつりで、劇場公開されています。

    豪華6本立てですね。
    ●怪獣島の決戦 ゴジラの息子(短縮再編集版リバイバル)
    ●レインボーマン 殺人プロフェッショナル
    ● ウルトラマンタロウ ウルトラの母は太陽のように
    ● 科学忍者隊ガッチャマン 火の鳥対人喰い竜
    ● おもちゃ屋ケンちゃん よそではいい子
    ●山ねずみロッキーチャック ロッキーとポリー


    https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%80%80%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB/86226/credit/

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/6 3:03 by アーバン・ブルー

    掟やぶりで、上記のコメントで挙げた、東宝チャンピオンまつりで上映された回とは違いますが、テレビ版の「ウルトラマンタロウ」で好きなシーンがあります。
    ●「ウルトラマンタロウ」の最終回の「さらばタロウよ!ウルトラ の母よ!」。
    怪獣のせいで、大切な人を失った少年を勇気付けるために、篠田三郎さん演じる東光太郎は、敢えて、ウルトラマンタロウに変身せず、巨大化した星人に、等身大の人間の姿で、立ち向かって、勝利して、その東光太郎の一生懸命頑張っている姿を見て、その少年が、元気を取り戻す展開に、感動しました♪
    あと、当時の篠田三郎さんは、爽やかな好青年で、ナイスガイ!でしたね。
    荒垣修平副隊長役を演じた、「あばれはっちゃく」シリーズで厳格な父親役でお馴染みの、東野英心さんも、好演されていました♪
    ウルトラの母役のペギー葉山さんも、とても素敵でしたね♪
    それから、当時、幼かった、僕に、母親が、ウルトラマンタロウか?ウルトラマンレオか?忘れてしまいましたが、防衛チームの基地のおもちゃを、近所のおもちゃ屋さんで、サプライズで、買って来てくれて、とても嬉しかった思い出があります♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/6 3:16 by アーバン・ブルー

    ●「劇場版 東映版スパイダーマン」、「劇場版 ザ・カゲスター」、それぞれ、レビューを書いていましたので、ご覧いただけましたら、幸いに思います。


    >●「東映版 スパイダーマン」。
    東映まんがまつりの中の一つの作品ですが、ブローアップ版ではなくて、劇場用新作でした。
    ハリウッド版のスパイダーマンには、決して、真似の出来ない、ノーCG、ノースタントの己の肉体を駆使した、スパイダーアクションが、実に素晴らしいですね。
    等身大ヒーローが巨大ロボットに乗り込んで、巨大化した怪人を倒す展開は、この作品が元祖だと思います。
    なので、「バトルフィーバーJ」以降の戦隊シリーズの元祖と言っても、過言ではない作品だと思います♪

    <リンクURL>

    >●「ザ・カゲスター」。
    東映まんがまつりの中の一作品として上映されましたが、ブローアップ版ではなくて、劇場用の新作でした。
    男女コンビのヒーローは、「仮面ライダーストロンガー」を彷彿とさせるし、戦闘員のデザインは、ショっカーの戦闘員のデザインと似ているし、おやっさんこと、小林昭二さんも、出演されていたり、敵の組織の声を担当したのは、ショッカー、ゲルシッカー、デストロンの首領の声でお馴染みの納谷さんだったり、仮面ライダーシリーズの怪人の声でお馴染みの沢りつをさんも、この作品でも、怪人の声を担当されていたり、「仮面ライダーX」、「スカイライダー」の主題歌でお馴染みの水木一郎兄貴が、「ザ・カゲスター」の主題歌も、担当されていたりと・・・。
    異色のヒーロー&ヒロインでありながら、「仮面ライダー」シリーズと共通点が多い作品だと思います♪

    <リンクURL>

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。 ネタバレ

    2018/1/6 18:46 by 青島等

    主席が平田さんなら次席は土屋嘉男さん2人を東宝特撮を牽引した両輪とも
    或いは宝田明さんと佐原健二さんで東宝特撮四天王と称するファンも多々!

    @ゴジラの逆襲(1,955)パイロット田島
    A地球防衛軍(1,957)ミステリアン統領(平田さんを味方に引き込む)
    B美女と液体人間(1,958)田口刑事(平田さんの部下)
    C宇宙大戦争(1,959)宇宙人に身体を憑依される探索ロケット搭乗員
    Dガス人間第一号(1,960)問答無用の代表作(実質的な主人公)
    Eマタンゴ(1,963)漂流するヨットのオーナー
    F怪獣大戦争(1,965)X星統制官=ミステリアン統領のセルフオマージュ
    Gフランケンシュタイン対地底怪獣(1,965)元海軍将校
    以上が円谷英二特技監督によるベスト8=末広がりの∞無限大

    あとやはり無視できない(私は好感が持てない平成ゴジラだが)
    Hゴジラvs.キングギドラ(1,991)ラゴス島守備隊長・新堂少佐
    最後に大実業家=新堂会長がゴジラと再会し自殺行為はX星統制官を彷彿
    作品自体が「怪獣大戦争」+「BTTF」(1,985)オマージュですね。

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/6 20:15 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    レスありがとうございます。

    >主席が平田さんなら次席は土屋嘉男さん2人を東宝特撮を牽引した両輪とも
    或いは宝田明さんと佐原健二さんで東宝特撮四天王と称するファンも多々!

    皆さん、東宝特撮映画にはなくてはならない存在の名優ですね。
    佐原健二さんは、「ウルトラQ」でも、主役の三人の内の一人を演じられていましたね。
    なので、東宝特撮映画ファン、ウルトラシリーズファンにも、お馴染みの俳優さんだと思います。
    あと、個人的には、「ゴジラ対メガロ」、「メカゴジラの逆襲」の佐々木勝彦さんも、思入れのある俳優さんですね♪

    >@ゴジラの逆襲(1,955)パイロット田島
    A地球防衛軍(1,957)ミステリアン統領(平田さんを味方に引き込む)
    B美女と液体人間(1,958)田口刑事(平田さんの部下)
    C宇宙大戦争(1,959)宇宙人に身体を憑依される探索ロケット搭乗員
    Dガス人間第一号(1,960)問答無用の代表作(実質的な主人公)
    Eマタンゴ(1,963)漂流するヨットのオーナー
    F怪獣大戦争(1,965)X星統制官=ミステリアン統領のセルフオマージュ
    Gフランケンシュタイン対地底怪獣(1,965)元海軍将校

    円谷英二特技監督によるベスト8をご紹介して下さって、ありがとうございます。
    どの作品も、名作ですね。

    >@ゴジラの逆襲(1,955)パイロット田島

    初期の作品から、ご活躍されていたんですね。

    >A地球防衛軍(1,957)ミステリアン統領(平田さんを味方に引き込む)
    > B美女と液体人間(1,958)田口刑事(平田さんの部下)

    上記の作品にも、出演されていたとは知りませんでした。「地球防衛軍」は、テレビ放送?またはレンタル?で、過去に見たことがあるのですが、モゲラの造詣が、カッコ良かった記憶があります。「美女と液体人間」は未見なので、いつか機会があったら、是非見てみたいですね。

    >C宇宙大戦争(1,959)宇宙人に身体を憑依される探索ロケット搭乗員

    この作品は、初耳ですね。
    宇宙人に身体を憑依される・・・って、少し、「吸血鬼ゴケミドロ」っぽくて?、興味がわきました。

    >Dガス人間第一号(1,960)問答無用の代表作(実質的な主人公)

    仰る通り、土屋嘉男さんの代表作ですね。
    土屋嘉男さんの怪演と若き日の八千草薫さんの圧倒的な美しさが印象的な作品でしたね。

    Eマタンゴ(1,963)漂流するヨットのオーナー

    「マタンゴ」は、過去にレンタルビデオ(VHS)で見ていますが、「ガス人間第1号」を見る前に見ているので、土屋嘉男さんがご出演されていたことは、後から気付きました。なので、是非再見したい作品ですね。

    F怪獣大戦争(1,965)X星統制官=ミステリアン統領のセルフオマージュ

    そうだったんですか。
    知りませんでした。
    情報有難うございます。

    >Gフランケンシュタイン対地底怪獣(1,965)元海軍将校

    「フランケンシュタイン対地底怪獣」と「サンダ対ガイラ」は、特撮映画ファンの間では、人気のある作品だと認識しています。
    地底怪獣バラゴンは、平成版ゴジラ作品の「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(2001年)
    (平成13年)にも登場していましたね。(併映は「劇場版 とっとこハム太郎 ハムハムランド大 冒険」 )
    この作品は、劇場公開時、映画館で観ました。
    平成ゴジラ映画の人気が下がって来て、苦肉の策として、ハム太郎と二本立てになったんでしょうか?
    でも、日本版のゴジラが「シン・ゴジラ」で復活して、大ヒットしたので、今後の展開が楽しみですね♪

    >Hゴジラvs.キングギドラ(1,991)ラゴス島守備隊長・新堂少佐
    作品自体が「怪獣大戦争」+「BTTF」(1,985)オマージュですね。

    平成版ゴジラ映画にも、出演されていたんですね。
    平成ゴジラシリーズは、一部の作品を除いて、ほぼ、劇場公開時、映画館で、観ていますが、気が付きませんでした。
    情報有難うございました。
    とても勉強になりました♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/6 20:32 by 青島等

    >平成ゴジラ映画の人気が下がって来て、苦肉の策として、ハム太郎と二本立てになったんでしょうか?

    ハイ大正解 長男と一緒に「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(2001年)を見た際に信じられない光景が
    一家四人の客が「とっとこハム太郎」が終わるや否や即退席!
    格闘技の試合に喩えるなら前座を見てメインエベントの直前に帰る(笑)

    >「シン・ゴジラ」で復活して、大ヒットしたので、今後の展開が楽しみ

    「シン・ラドン」を製作するならヒロインは新垣結衣かも
    東宝芸能専属の長澤まさみ主演なら「シン・モスラ」!

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/6 21:43 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんばんは。
    ご返信ありがとうございます。

    >ハイ大正解 長男と一緒に「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(2001年)を見た際に信じられない光景が
    一家四人の客が「とっとこハム太郎」が終わるや否や即退席!
    格闘技の試合に喩えるなら前座を見てメインエベントの直前に帰る(笑)

    やはり、そうでしたか。
    あの当時、もう、「とっとこハム太郎」の力を借りないと、平成ゴジラシリーズの存続は、難しくなったんでしょうね。
    そう言えば、ゴジハムくん、モスハムくん、メカゴジハムくんなどのマスコット人形のおまけも、付けていましたね。
    平成ガメラ三部作は、評判が良かったですが、原点回帰された、「小さき勇者たちガメラ」(個人的には、好きな作品ですが。)は、何処かで、こけたと見聞きしたことがあります。
    やはり、ガメラ映画も、もし、今後、制作するなら、「シン・ゴジラ」のように、大人の鑑賞にも耐えうるような、シリアスな作風の「シン・ガメラ」的なノリの作品で行った方がいいのかもしれませんね。
    それから、特撮ファンの長年の夢である、「ゴジラ対ガメラ」の夢の対決、実現しないでしょうかね。
    あと、「大魔神」、「マタンゴ」、「ガス人間第1号」(「ガス人間第1号」は、高橋一生さん出演で、舞台化はされたことがあるそうですね。)をリメイクしても、面白いかもしれませんね。


    >「シン・ラドン」を製作するならヒロインは新垣結衣かも
    東宝芸能専属の長澤まさみ主演なら「シン・モスラ」!

    青島等さんの考えられた案に一票入れさせて下さい。
    「シン・ラドン」や「シン・モスラ」、もし、実現したら、面白い作品になりそうですね。
    今の特撮技術で、「ラドン」や「モスラ」をリメイクしたら、凄い作品になるでしょうね。
    あと、「ゴジラ対メカゴジラ」も、今の特撮技術を駆使してリメイクしたら、こちらも、凄い作品になりそうな気がします。
    特に、メカゴジラは多彩な武器を装備しているので、怪獣バトルのシーンは、凄まじいでしょうね。
    ガッキーこと、新垣結衣さんや長澤まさみさんがヒロインを演じられる案も、大賛成ですね!!!!!
    あと、もう一人追加お願い致します。
    長澤まさみさん似の顔立ち&声質、新垣結衣さんに匹敵する、あるいは、それ以上の高身長の抜群のスタイルを誇る、山崎紘菜さんも、ヒロインの候補に入れて頂けましたら、幸いに思います♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/7 0:52 by アーバン・ブルー

    ●東宝チャンピオンまつり 1973年12月20日公開。
    ●キングコングの逆襲(短縮再編集版リバイバル)
    ひょっとして、メカニコングって、メカゴジラへの布石だったりして・・・?
    死神博士こと天本英世さんが Dr.フーを怪演していて、存在感抜群でしたね。
    また、久しぶりに再見したい作品ですね。

    併映画作品。
    ●侍ジャイアンツ ほえろバンババン
    ●ウルトラマンタロウ 燃えろ!ウルトラ6兄弟
    ●山ねずみロッキーチャック がんばれチャタラー
    ●エースをねらえ! テニス王国のシンデレラ
    ●科学忍者隊ガッチャマン 電子怪獣レンジラー

    ●海底大戦争 緯度0大作戦
    幼少期、東宝チャンピオンまつりで観ました。

    1974年12月14日公開。
    ●海底大戦争 緯度0大作戦(短縮再編集版リバイバル)

    ライオンとワシを合成した怪獣が、とても不気味で、印象に残っています。
    宝田明さん、「マグマ大使」の村上記者&「仮面ノリダー」のファンファン大佐こと、岡田眞澄さん、 平田昭彦さんの共演も、特撮ファンには、嬉しいキャスティングですね!!!!!

    併映作品。
    ●モスラ(短縮再編集版リバイバル)
    よく考えたら、「モスラ」、リバイバル上映ながら、東宝チャンピオンまつりで、映画館で観てたんですね。テレビ放送かレンタルだと思っていたのですが、今更ながら、思い出しました。

    ●燃える男 長島茂雄 栄光の背番号3
    ちびっ子達の付き添いで来た、お父さんも、楽しめるようにと、配慮された作品だと思います。
    僕の父親がファンなのか?よく長島さんのお話をされます。
    長島さんは、監督時代は、ジャイアンツファンなので、もちろん、知っているのですが、でも、現役時代は、僕が、プロ野球に目覚める前の幼い頃に引退されたので、残念ながら、知らないんですよね。
    最近、テレビ番組で、中居正広さんとゴジラ・松井さんと長島さんが一緒に出演されていて、長島さん、お元気そうで、安心しました^^

    ●「怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス」。
    円谷プロダクションの特撮映画。
    (僕は、円谷プロ検定3級を持っています。それ位に、円谷プロダクションの作品が、大好きですね。)
    登場する怪獣達が、お茶目と言うか、可愛らしい造形ですね(笑)。
    三波伸介さんや犬塚弘さんが出演されています。
    この作品を観たのは、映画館だったのか?テレビ放送だったのか?レンタルビデオ(VHS)だったのか?憶え出せないのですが、また、是非いつか再見したい作品ですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。 ネタバレ

    2018/1/8 16:18 by 青島等

    東宝の次は東映 やっぱり業界首位争い2社に尽きる 東映ベスト5

    @妖蛇(ようだ)の魔殿(1,956)お馴染み三竦み忍者時代劇 カラー
    自来也(片岡千恵蔵)、綱手姫(長谷川裕見子)大蛇丸(月形龍之介)

    A赤い影法師(1,961)『リーガルハイ』の服部さんが美剣士!
    主人公=影(大川橋蔵)、母影(木暮実千代)、服部半蔵(近衛十四郎)
    柳生但馬守宗矩(大河内傳次郎)、柳生十兵衛(大友柳太朗)

    B忍者秘帖 梟の城(1,963)豊臣秀吉に利用された下級武士=忍者の報復
    ズバリ大友柳太朗vs.近衛十四郎 両剣豪による対決

    C大忍術映画 ワタリ(1,966)
    ワタリ(金子吉延)、爺(牧冬吉)、音羽の城戸(大友柳太朗)

    D怪竜大決戦(1,966)@のリメイクと言うよりもプロット借用別物
    児雷也(松方弘樹)、綱手(小川知子)、大蛇丸(大友柳太朗)

    割合から言うと善玉主人公よりはるかにカッコいい(笑)

    大友柳太朗は60歳を過ぎ進むべき道を間違えた悲劇から自殺し( ;∀;)
    「江戸川乱歩の陰獣」は大滝秀治か荒井注が演じるべきハゲ社長
    『北の国から』の頑固で孤独な偏屈爺も山形勲か吉田義夫で充分
    晩年は、昔自分が斬った悪役たちより劣る脇役を演じていた。

    大蛇丸を演じた月形龍之介の後継者を目指し時代劇一筋を全うすべき

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/8 19:17 by 青島等

    ワースト3(順に大映→松竹→日活=業界最下位)

    @酒天童子 長谷川一夫がキモい( ;∀;)

    A宇宙怪獣ギララ 支離滅裂(# ゜Д゜)

    B大巨獣ガッパ 主要キャストが棒読み学芸会( ´艸`)

    個人的な感想であり他意はありません 念の為

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/8 21:35 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんばんは。
    レスありがとうございます。
    よろしくお願い致します。

    >東宝の次は東映 やっぱり業界首位争い2社に尽きる 東映ベスト5

    >@妖蛇(ようだ)の魔殿(1,956)お馴染み三竦み忍者時代劇 カラー
    自来也(片岡千恵蔵)、綱手姫(長谷川裕見子)大蛇丸(月形龍之介)

    >A赤い影法師(1,961)『リーガルハイ』の服部さんが美剣士!
    主人公=影(大川橋蔵)、母影(木暮実千代)、服部半蔵(近衛十四郎)
    柳生但馬守宗矩(大河内傳次郎)、柳生十兵衛(大友柳太朗)

    >B忍者秘帖 梟の城(1,963)豊臣秀吉に利用された下級武士=忍者の報復
    ズバリ大友柳太朗vs.近衛十四郎 両剣豪による対決

    上記の作品は、初耳ですね。
    勉強になります。
    ありがとうございます。

    >C大忍術映画 ワタリ(1,966)
    ワタリ(金子吉延)、爺(牧冬吉)、音羽の城戸(大友柳太朗)

    「ワタリ」は、昔、地上波のテレビ放送で見ました。確か、「仮面の忍者赤影」テイストの作品で、結構楽しめた記憶があります。
    ひょっとして、本作は、「仮面の忍者赤影」への布石、前振りの作品だったのかも?しれませんね。
    そう言えば、青影役の金子吉延さん、白影役の牧冬吉さんが出演されていましたね。
    確か、「甲賀幻妖斎」役の天津敏さんも、出演されていたと思います。
    「ワタリ〜♪」って言う主題歌も、印象的でしたね。以前、レンタル店が、まだレンタルビデオ(VHS)主流の頃に、「ワタリ」のビデオ(VHS)を見掛けたことがあります。
    また、是非いつか再見したい作品ですね。

    D怪竜大決戦(1,966)@のリメイクと言うよりもプロット借用別物
    児雷也(松方弘樹)、綱手(小川知子)、大蛇丸(大友柳太朗)

    昔、特撮の雑誌で、この映画の写真や記事を見たことがありますが、まだ、本編を見たことはまだありません。
    松方弘樹さんは、「名奉行 遠山の金さん」の熱演&殺陣がカッコ良くて、好きな俳優さんですね。

    割合から言うと善玉主人公よりはるかにカッコいい(笑)

    >「江戸川乱歩の陰獣」は大滝秀治か荒井注が演じるべきハゲ社長
    『北の国から』の頑固で孤独な偏屈爺も山形勲か吉田義夫で充分
    晩年は、昔自分が斬った悪役たちより劣る脇役を演じていた。

    大蛇丸を演じた月形龍之介の後継者を目指し時代劇一筋を全うすべき

    詳しい解説と説明ありがとうございます。
    とても勉強になりました♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/8 21:54 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんばんは。
    また、レスありがとうございます。
    よろしくお願い致します。

    ワースト3(順に大映→松竹→日活=業界最下位)

    >@酒天童子 長谷川一夫がキモい( ;∀;)

    上記の作品は、初耳ですね。
    とても勉強になります。
    ありがとうございます。

    A宇宙怪獣ギララ 支離滅裂(# ゜Д゜)

    「宇宙怪獣ギララ」は、確か、昔、地上波のテレビ放送で、見た記憶があります。
    内容は、忘れてしまいましたが、第一次怪獣ブームの勢いが感じられる作品みたいですね。
    リメイク作品の河崎実監督の「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発」は、河崎実監督らしい、お笑いテイストの演出の作品みたいなので、折を見て、チェックしたいと思っています。

    B大巨獣ガッパ 主要キャストが棒読み学芸会( ´艸`)

    こちらも、昔、地上波のテレビ放送で見ました。
    主題歌が、懐メロの演歌っぽい、時代を感じさせる楽曲でしたね。「ガッパ〜♪」って歌う所がいいですね。
    確か、藤竜也さんも、出演されていましたね。
    それから、若き日の山本陽子さんがとてもお綺麗だったと記憶しています。
    空港で繰り広げられるラストシーンも、印象的でした。

    >個人的な感想であり他意はありません 念の為

    了解致しました^^
    今回も、沢山の作品をご紹介して下さって、ありがとうございます♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/9 21:33 by アーバン・ブルー

    ●今回は、仮面ライダー THE MOVIE (劇場版仮面ライダー映画)で行ってみたいと思います。

    ●「ゴーゴー仮面ライダー」。
    テレビ版の「仮面ライダー」の第一話から第十三話までを編集した作品。
    つまり旧一号編の総集編的な作品だと思います。
    藤岡弘、さんのバイク事故の怪我の影響かもしれませんが、滝和也こと、千葉治郎さんの出番が多くて、頑張っておられます。
    お約束のショッカー再生怪人軍団との対決も、賑々しくて、ワクワクするし、仮面ライダーが、特訓して編み出した、電光ライダーキックが、怪人トカゲロンに炸裂するアクションも、カッコいいですね!!!!!

    ●「仮面ライダー 対 ショッカー」。
    大道寺博士が発明した人口重力装置GXの方程式を狙うショッカーと仮面ライダー1号・本郷猛、2号・一文字隼人との戦いを描いた物語。
    本作で、大道寺博士を演じた、伊豆肇さんは、「人造人間キカイダー」の光明寺博士でお馴染みの俳優さんですが、博士の名前が似ているのは、「人造人間キカイダー」」ファンへのサービス?だったのかな。
    テレビシリーズを含めて、仮面ライダー作品の王道の勧善懲悪のストーリーとダブルライダー揃い踏みン活躍が、嬉しい作品ですね♪

    ●「仮面ライダー 対 じごく大使」。
    ショッカーのじごく大使が開発した、スーパー破壊光線装置を破壊するために、本郷猛と滝和也が、富士山のショッカー大要塞へ潜入する物語。
    劇場版ならではのスケールの大きさで、とても見応えがありました。
    仮面ライダー1号対怪人カミキリキッド&怪人大軍団との対決も、見事な立ち回りで、ナイスでした!

    ●「仮面ライダーV3(ブローアップ版)」。
    ブローアップ版ですが、確か、テレビ版では、見れなかった新たなシーンも、少しだけ、追加されていたような気がするのですが・・・?(記憶違いしたら、ごめんなさい。)
    風見志郎・宮内洋さんが、家族の仇を討つために、1号、2号の改造手術により、仮面ライダーV3に生まれ変わり、秘密結社デストロンに戦いを挑む物語。
    デストロンの初期の怪人は、怪人ハサミジャガーやカメバズーカと言った、動物と物や武器の合体怪人が特徴ですね。
    カメバズーカと共に、海に消えたダブルライダーは何処に・・・?
    ここから、本格的に、仮面ライダーV3対デストロンの激闘が始まります。

    ●「仮面ライダーV3 対 デストロン怪人」。
    個人的には、仮面ライダー映画ナンバー1ですね。
    仮面ライダーV3とデストロンのサタンニウム鉱脈の地図を巡る争奪戦が、「仮面ライダーX」でのマーキュリー回路の設計図を巡る争奪戦を彷彿とさせて、手に汗握ります。
    怒涛の爆破アクションのオンパレード、そして、宮内洋さんや大野剣友会の皆さんの己の肉体を駆使した、危険なスタントやアクションも、圧巻でした!!!!!

    ●「仮面ライダーX(ブローアップ版)」。
    悪のGOD機関は怪人ヘラクレスを派遣し、悪巧みを計画するも、神敬介・仮面ライダーXに打ち砕かれる物語。神敬介のセットアップの変身描写が、カッコいい!!!!!

    ●「五人ライダー 対 キングダーク」。
    前年の「仮面ライダーV3対デストロン怪人」が良過ぎて、比べると、観劣りしてしまいますが、お祭り映画と割り切れば、楽しめる作品だと思います♪
    東京カラカラ作戦を遂行しようとするGODの怪人コウモリフランケンと怪人大軍団とXライダー、1号、2号、V3、ライダーマンの対決を描いた物語。
    ストーリーはともかく、とにかく、絵的に、賑々しくて、ワクワクします♪
    それから、「人造人間キカイダー」で「ミツコ」役を演じていた「水の江じゅん」がゲスト出演されていて、とてもお綺麗でした。
    なので、「人造人間キカイダー」ファンの方も、ニヤリと出来る作品だと思います。

    ●「仮面ライダーアマゾン(ブローアップ版)」。
    上記の作品は、ゲンゴロウ獣人の回ですが、安藤三男さんの怪演が、不気味でした。
    物語は、仮面ライダーシリーズ王道の勧善懲悪のストーリーで、「無難」に「手堅く」楽しめる内容でしたね。
    それから、仮面ライダーアマゾンと言えば、味方のモグラ獣人と子役時代の松田洋治さんの触れ合いがとても微笑ましかったですね。キノコ獣人にモグラ獣人が倒される回は、涙しましたね。

    ●「仮面ライダーストロンガー(ブローアップ版)」。
    城茂、岬ユリ子のコンビのコンビネーションは絶妙だし、おやっさんも、仮面ライダーシリーズには、無くてはならない存在ですね。
    城茂、岬ユリ子、そして立花藤兵衛の3人の活躍が、楽しめる作品ですね。
    上記のブローアップ版とはお話が変わりますが、テレビ版の「仮面ライダーストロンガー」は、前半のブラックサタン編よりも、後半のデルザー軍団編の方が、断然、面白いと思います。
    素顔の仮面ライダー俳優の方々が勢揃いして、胸が熱くなります。

    ●「仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王」。
    仮面ライダーと当時、流行した、「スター・ウォーズ」を融合したような作品で、時代を感じさせますね。
    それなりに、楽しめる作品だと思います。
    主題歌は、水木一郎兄貴が担当されています♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/9 21:43 by アーバン・ブルー

    訂正。
    テレビシリーズを含めて、仮面ライダー作品の王道の勧善懲悪のストーリーとダブルライダー揃い踏みン活躍が、嬉しい作品ですね♪

    〜揃い踏みの活躍が、嬉しい作品ですね♪
    大変失礼致しました。

    追記。
    先程、書き忘れましたが、昭和の仮面ライダー作品で、劇場用の新作が制作されなかったのは、「仮面ライダーアマゾン」と「仮面ライダーストロンガー」でしたね。(両作品共に、東映まんがまつりのブローアップ版のみでございます。)
    なので、是非リメイク版の劇場用新作を制作してほしいですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/10 0:08 by 青島等

    >>酒天童子 長谷川一夫がキモい( ;∀;)

    作品自体を否定していないから 亡き親父と私は真正アンチ長谷川一夫(笑)
    大映の稼ぎ頭=市川雷蔵と「座頭市」の2年前=美剣士の勝新太郎が助演!
    当時の大映オールスターキャストだから約2時間愉しめるでしょう。

    _日本誕生(東宝:1,959)稲垣浩監督&円谷英二特技監督による
    三船敏郎(二役)他オールスターキャストの総天然色3時間の絵巻物(笑)
    監督のお気に入り常連の平田さんは三船さんから一番信頼厚い側近!
    鶴田さんはまたも好敵手クマソタケル弟を演じ前半の見せ場を独占
    TBS『水戸黄門』で人気断トツ首位の東野英治郎さんが憎々しい仇

    _海賊八幡船(1,960)沢島忠監督&大川橋蔵主演
    月形龍之介、進藤英太郎、大河内傳次郎、丘さとみ他豪華助演陣
    通常の時代劇3本分の製作費を投じた105分の大作だそうです。

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/10 17:43 by アーバン・ブルー

    青島等さん、こんにちは。
    レスありがとうございます。
    よろしくお願い致します。

    >作品自体を否定していないから 亡き親父と私は真正アンチ長谷川一夫(笑)
    大映の稼ぎ頭=市川雷蔵と「座頭市」の2年前=美剣士の勝新太郎が助演!
    当時の大映オールスターキャストだから約2時間愉しめるでしょう。

    「酒天童子」は、初耳で、未見ですが、勝新太郎さん主演の「座頭市」シリーズは、僕の父親が大ファンなので、もちろん、知っています。
    ビートたけしさん主演の「座頭市」は、昨年の年末に地上波のテレビ番組で、放送されていたので、予約録画して見ましたが、面白かったですね。
    ストーリー、殺陣共に、素晴らしくて、尚且つ、タップダンスを取り入れて、現代風にアレンジしているところが、面白い試みだと思いました。
    シリアスな展開な中にも、随所に、笑いやユーモアを取り入れている所も、北野武監督らしくて、グッと来ましたね♪
    綾瀬はるかさん主演の「ICHI」は、試写会で、観ましたが、女性版「座頭市」って言う感じの作品で、斬新な設定で、割と楽しめたのですが、ラストバトルに、肝心のヒロインの綾瀬はるかさんが居ない展開に違和感を感じました。綾瀬はるかさんの孤軍奮闘の大活躍を期待していただけに、とても残念でした。たとえ、最後の最後をヒロインが締めくくったとしても、主人公の居ないラストバトルは、盛り上がりに欠けてしまいました。香取慎吾さん主演の「座頭市 THE LAST」は、あまり「座頭市」って感じがしませんでした。(個人的な意見ですが。)
    まだ、「遠山の金さん」や「〜仕事人」の松岡昌宏さんの方が、「座頭市」を上手く演じてくれそうな気がします。
    最近の俳優さんは、童顔だったり、線の細い俳優さんが多くて、昔みたいに、顔の輪郭や体格がガッチリした、貫禄や風格のある俳優さんは少ないので、今、座頭市をリメイクするのは、かなり難易度が高いと感じています。

    > _日本誕生(東宝:1,959)稲垣浩監督&円谷英二特技監督による
    三船敏郎(二役)他オールスターキャストの総天然色3時間の絵巻物(笑)
    監督のお気に入り常連の平田さんは三船さんから一番信頼厚い側近!
    鶴田さんはまたも好敵手クマソタケル弟を演じ前半の見せ場を独占
    TBS『水戸黄門』で人気断トツ首位の東野英治郎さんが憎々しい仇

    本作は、未見ですが、確か、特撮雑誌で、写真や記事を見たことがあります。
    キャストの豪華さ、ランニングタイムの長さ、見せ場の多さなど、かなり見応えのある作品みたいですね。

    >_海賊八幡船(1,960)沢島忠監督&大川橋蔵主演
    月形龍之介、進藤英太郎、大河内傳次郎、丘さとみ他豪華助演陣
    通常の時代劇3本分の製作費を投じた105分の大作だそうです。

    この作品は、初耳でございます。
    勉強になります。
    ご紹介ありがとうございます。
    通常の時代劇3本分の製作費を投じた105分の大作とのことで、かなり見応えのある作品みたいですね。

    今回も、色々な作品をご紹介して下さって、ありがとうございます♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/10 17:47 by アーバン・ブルー

    追記。

    >大映の稼ぎ頭=市川雷蔵と「座頭市」の2年前=美剣士の勝新太郎が助演!

    先程、書くのを忘れてしまいましたが、勝新太郎さんの「座頭市」シリーズの後継作としては、ビートたけしさん主演の「座頭市」が、個人的には、一番、良かったですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/10 18:10 by アーバン・ブルー

    >追記。
    先程、書き忘れましたが、昭和の仮面ライダー作品で、劇場用の新作が制作されなかったのは、「仮面ライダーアマゾン」と「仮面ライダーストロンガー」でしたね。(両作品共に、東映まんがまつりのブローアップ版のみでございます。)
    なので、是非リメイク版の劇場用新作を制作してほしいですね♪

    インターネット上の記事によれば、Amazonプライム・ビデオで配信中の「仮面ライダーアマゾン」のリメイク作品の特撮ドラマ「仮面ライダーアマゾンズ」が映画化 され、“完結編”として2018年春に公開される。とのことですね。
    「仮面ライダーアマゾンズ」は、本編は、まだ、見たことがありませんが、Amazonプライム・ビデオ版の予告編なら、見たことがあります。
    オリジナルの「仮面ライダーアマゾン」とは、設定、世界観、作風、どれも、異なり、別物ですね。
    「仮面ライダーアマゾンズ」は、ダークな世界観で、過激なシーンも、多いと思うので、大人向け?の仮面ライダー作品って言うイメージですね。
    現時点では、検索しても、まだ、映画版の“完結編”の公式サイトや予告編は見当たりませんが、どのような作品に仕上がっているのか?楽しみですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/10 20:01 by アーバン・ブルー

    今回は、お宝作品特集で、行ってみたいと思います。

    ●「スーパージャイアンツ」。
    偶然、中古店で、CDケースタイプのDVDを発見して、速攻、購入しました。
    正に、お宝DVDですね♪
    収録作品は、第5部「人工衛星と人類の破滅」、第6部「宇宙艇と人工衛星の激突」でございます。
    宇津井健さん演じる、スーパージャイアンツが、まるで、スーパーマンのような、前進タイツ姿で、時代を感じさせます。

    ●「宇宙Gメン」。(掟やぶり。)
    中古店で、DVDを発見して、全巻、全て、購入しました。
    中古店で、DVDを見つけるまでは、全く知らない作品でした。
    テレビ特撮初の宇宙ヒーロー作品だったそうですが、全13話が制作されましたが、視聴率が振るわず第8話で打ち切られて、また、第6話と第11話のフィルムは行方不明の為、後に発売されたDVDには収録されていない。とのことですね。
    なので、正に幻の作品だと思います。

    ●「ナショナルキッド」。(掟やぶり。)

    80年代の深夜枠のテレビで、懐かしの特撮を二本立てで、放送してくれる番組があって、その番組で、昔懐かしの色々な特撮番組を見ました。
    確か、その中に「ナショナルキッド」も、入っていたと思います。
    昔懐かしい映像を紹介する番組や「テレビ探偵団」や「テレビジェネレーション」などでも、知識や情報を得ましたね。(昭和30年代の特撮作品に関しては、知識や情報量は、まだまだ、豊富ではありませんが。)

    基本的に、昭和30年代の特撮作品は、僕が、生まれる前で、リアルタイムでは、知らなくて、尚且つ、再放送も、ほとんと見た記憶がないのですが、子供の頃、朝日ソノラマのマンガ少年「〜世界」シリーズ(「月刊マンガ少年臨時増刊 TVアニメの世界」、「月刊マンガ少年臨時増刊 SF TV・コミック・アニメ・映画の世界」、「月刊マンガ少年別冊 すばらしき特撮映像の世界」)朝日ソノラマの雑誌「宇宙船」、同じく朝日ソノラマのファンタスティックコレクションシリーズなど、アニメ&特撮雑誌を数多く、買い揃えていて、読んでいたので、結構知っています。
    ただ、知ってはいるのですが、未見の作品が、多いので、これから、沢山、発掘出来ればいいなあ〜って思っています♪

    月光仮面 、七色仮面、少年ジェット、ジャガーの眼、怪傑ハリマオ、まぼろし探偵、怪人二十面相、海底人8823・・・。
    検索して、調べて、見たら、色々な特撮作品が、制作されていたんですね。

    海底人8823は、確か、80年前後の早朝に、地上波のテレビ放送されていたことがあるように記憶しています。
    懐かしの映像を紹介する番組で、吉永小百合さんが、少女時代、「まぼろし探偵」に出演されているシーンや実写版「鉄腕アトム」のワンシーンも、見た記憶があります。
    確か、特撮雑誌で、実写版「鉄人28号」も、放送されていたことを知り、驚いたことがあります。
    あと、月光仮面やアラーの使者は、レインボーマン、ダイヤモンド・アイ、コンドールマン等の原作者で知られる川内康範先生だそうで、こちらも、いつか見てみたいですね♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/10 20:21 by アーバン・ブルー

    ●「キカイダー REBOOT」。
    謎の特殊部隊に狙われる姉弟を守る為、アンドロイド、ジロー=キカイダーが頑張るお話。
    インターネット上では、微妙な意見が多かったので、かなりハードル下げて観たせいか想像していたよりも、全然良くて、楽しめました。
    リブート第一作目、挨拶代りの作品としては、十分に及第点だと思いました。
    体内に不完全な「良心回路」を埋め込まれたアンドロイドとして生まれて来たジローの苦悩、ミツコとジローのラブロマンス、ジローとマサルの友情、宿敵ハカイダーの存在(出来れば、アニキこと、水木一郎さんの「ハカイダーの歌」をバックで流してほしかった。)、ハンペンを演じた原田龍二さんのコミカルな演技、ギターの弾き語り、昭和版キカイダー・ジローを演じた、功労者の伴大介さんの出演、電磁エンド、エンドロールに流れた昭和版「人造人間キカイダー」の映像&主題歌「ゴーゴー・キカイダー」のリメイク、ザ・コレクターズの「ゴーゴー・キカイダーREBOOT 2014」(エンドロールの映像&主題歌は、ひょっとして、井口昇監督の「電人ザボーガー」を意識したものかも?)などなど、昭和版「人造人間キカイダー」へのオマージュ&リスペクトが、随所に、散りばめらえていたので、特撮ファン、「人造人間キカイダー」ファンの僕は、ニヤリとしっぱなしでした。
    インターネット上では、キカイダーとハカイダーのバトルシーンが打撃技中心で、単調で、長くて、飽きた。って言う意見が散見しますが、キカイダーは、元々、武器や光線技は、殆ど、使用しないんですよね。(テレビ版の「人造人間キカイダー」では、クロガラス戦のみ、キカイダースパークって言う破壊光線を使用しましたが、基本的には、打撃技、投げ技が中心でございます。)
    なので、オリジナルの設定を変えてまでも、キカイダーが武器を使いまくりって言うのも、違和感を感じますし、それに、リブート版では、立ち回りに、ジャーマンスープレックスホールドなど、プロレス技や洗練された、スタイリッシュなムーブ(動き)を取り入れて、アイディアや工夫は施されていたので、これは、これで、正解だと個人的には思います♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/10 23:41 by アーバン・ブルー

    訂正。

    > 前進タイツ姿で、時代を感じさせます。

    正しくは、全身タイツ姿で、時代を感じさせます。

    大変失礼致しました。

    追記。(リアルタイムでは観ていない年の興行(東映まんがまつり、東映まんがパレード)ですが、テレビ作品としてお馴染みの作品を挙げてみました。)

    ●「キャプテンウルトラ」。(調べて、見たら、過去に、東映まんがまつりで、上映されたことがあるみたいです。多分、ブローアップ版だと思います。)
    以前、当時のポスターを古本屋さんで、発見して、初めて知りました。
    「キャプテンウルトラ」は、リアルタイムで知りませんが、レンタルビデオ(VHS)だったかな?で、見た記憶があります。
    もちろん、特撮ファンには、有名な作品なので、特撮雑誌などを見て、読んで、存在は、知っていました。
    それから、「トイズランド」って言うイベントで、キャプテン役の中田博久さんのトークショーを観ました。確か、「仮面ライダーアマゾン」のゼロ大帝に関しても、お話をされていました。トイズランド限定の中田博久さんサイン入りのシュピーゲル号は、我が家の「家宝」でございます。
    とんねるずの「キャプテンウルタカ」も、懐かしいなあ〜♪

    ●「怪獣王子」(東映まんがまつり。)
    「怪獣王子」も、リアルタイムでは見たことがなく、尚且つ、再放送も、あまりされたことがないと思うので、未見なので、いつか見てみたい作品ですね。
    特撮雑誌では、「怪獣王子」は、よく目にします。

    ●ウルトラセブン(TV版#18「空間X脱出」ブローアップ版)(東映まんがパレード。)
    併映作品として、
    太陽の王子 ホルスの大冒険(演出:高畑勲)
    魔法使いサリー(TV版#77「小さな魔法使い」ブローアップ版)
    ゲゲゲの鬼太郎(TV版第1シリーズ#5・6「大海獣 前・後編」ブローアップ版)

    東映まんがパレードのことを知ったのは、以前、古本屋さんで、当時の東映まんがパレードのポスターが販売されていて、購入して、「ウルトラセブン」が、ブローアップ版ながら、映画館で、上映されていたことを、初めて、知りました。
    今、「ウルトラセブン」を映画化したら、面白いと思うのですけれどね。

    ●「東映ちびっ子まつり」。
    東映ちびっ子まつりも、検索して、調べて、初めて、存在を、知りました。
    特撮作品は、「ガンマー第3号 宇宙大作戦」(昔、地上波のテレビ放送で見ました。)と「河童の三平 妖怪大作戦」(昔、深夜枠の地上波の再放送で見ました。)がラインナップされていますね。
    併映作品。
    ピノキオの宇宙大冒険
    人のくらしの百万年 マニ・マニ・マーチ

    ●「飛び出す冒険映画 赤影」。
    「仮面の忍者赤影」は、夕方の再放送や深夜枠の再放送で、何度も、見たことがありますが、劇場版は、東映まんがまつりで、上映されたそうですが、リアルタイムでは、知らないので、現時点では、未見ですね。
    調べて、見たら、映画用に、何話かを編集した作品みたいですね。
    以前、レンタル店が、レンタルビデオ(VHS)が主流の頃に、ビデオ(VHS)を見掛けたことがあるので、いつかソフトを探し出して、見れるといいなあ〜って思っています♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/11 0:07 by アーバン・ブルー

    ●「ロボコンの大冒険」。
    子供の頃、東映まんがまつりで、観ました。
    宇宙海賊キャプテンワルダーは宇宙妖術師アークマンを引き連れて、ロビンちゃんを花嫁にして、バレリーナ星の支配者になろうと地球にやって来るが、 ロボコン&その他のロボット仲間や大山家の人々が、ロビンちゃんを守るために頑張るお話。
    ブローアップ版ではなくて、劇場用の新作でした。
    アークマン役の天本英世さんが、相変わらずの怪演で、存在感、ルックス共に、抜群で、とても不気味でした。サザエさんの加藤みどりさんも、いい味を出していましたね。
    それから、ロボコンと言えば、超合金が流行りましたね。
    一番大好きだった超合金は、ロボコンはもちろんですが、ロボプーの超合金ですね。
    ロボプーの本体以外に、屋台が付いていて、その屋台の蓋を開けると、焼き芋が付いていて、凄く、豪華で、凝った、おもちゃでした。(これは、ちゃんと、今でも、箱付きで、大切に、持っています。)

    併映作品でございます。
    1976年3月20日公開
    長靴をはいた猫 80日間世界一周
    ロボコンの大冒険
    UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー
    秘密戦隊ゴレンジャー 真赤な猛進撃!
    一休さん

    上記の東映まんがまつりは、丸ごとは、一枚に、DVD化されていますので、気になる方は、是非チェックして見て下さい♪

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/11 18:50 by アーバン・ブルー

    ●「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」。
    当時、流行していた、「スター・ウォーズ」を意識した作品だと思います。
    例えるなら、「スター・ウォーズ」と日本の変身ヒーロー物を足して二で割った感じで、正に、僕好みの作品でした。
    テレビシリーズは、毎週、楽しみにしていました♪
    若き日の真田広之さんが、イケメンで、カッコ良かったですね。

    併映作品。
    1978年7月22日公開
    長靴をはいた猫
    宇宙海賊キャプテンハーロック アルカディア号の謎
    スパイダーマン
    宇宙からのメッセージ・銀河大戦
    キャンディ・キャンディの夏休み

    https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%80%80%E9%8A%80%E6%B2%B3%E5%A4%A7%E6%88%A6/86843/

  • Re: お気に入りの特撮映画、怪獣映画、ヒーロー映画を教えて下さい。

    2018/1/11 19:20 by アーバン・ブルー

    今回は、ガメラ映画特集で行ってみたいと思います。

    ●「宇宙怪獣ガメラ」。
    「鉄腕アトム」と二本立てでした。
    当時、流行していたもの、「仮面ライダー(スカイライダー)」、「少年ジャンプ」、「こち亀」、「キン肉マン」、「スター・ウォーズ」、「銀河大戦・宇宙からのメッセージ」、「スーパーマン」などなど、色々な要素をゴチャゴチャと詰め込んだり、ライバル怪獣の「ゴジラ」のパロディーシーンが、あったり、更には、80年代と言えばアニメブームと言うことで、「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」との夢のコラボが、あったりと、もう、何でもありの「おもちゃ箱」のような、「遊び心」満載の作品なので、何だか、ほっこりしました♪

    ●「小さき勇者たち GAMERA」。
    子供達が主役で、ガメラが子供の味方、シンプルで、勧善懲悪の物語、正に、昭和怪獣映画の王道、昭和「ガメラ」シリーズへの原点回帰と呼べる要素が沢山詰まった作品でした。
    70年代の第二次特撮ヒーロー番組の大ブームの影響で、ガメラやゴジラがウルトラマンのようなヒーロー的な存在となり、子供向けに変更された、お茶目な70年代の昭和「ガメラ」シリーズや70年代の昭和「ゴジラ」シリーズが大好きなので、そのシリーズの匂いがする、本作は、ててもお気に入りの作品ですね♪

    それから、昭和ガメラ映画を手懸けられた、湯浅憲明監督に、何年か前のトーイショーの特撮イベントとして、トーイショー&握手会に参加しましたが、当時のエピソードやゴジラとガメラの比較(記憶違いでしたら、ごめんなさい。)など、貴重なお話が聞けたり、サインをして頂いたり、とても楽しい時間を過ごせました。湯浅憲明監督に、大きな手で力強く握手して頂いたことは、今でも、忘れられない、思い出ですね♪

    戦隊物映画。(二大戦隊の夢の共演作品。)
    ●「ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー」。
    「秘密戦隊ゴレンジャー」も、「ジャッカー電撃隊」も、それぞれ、テレビシリーズを、毎週、見ていました。
    なので、夢の共演作品ですね。
    特に、「ジャッカー電撃隊」は、「秘密戦隊ゴレンジャー」で、アオレンジャーも、演じた、宮内洋さんが、番場壮吉・ビッグワンとして、登場してからは、更に、面白くなりましたね。

    予告編でございます。

    https://www.youtube.com/watch?v=qvBSAhpQKxc

    併映作品でございます。
    1978年3月18日公開
    世界名作童話 おやゆび姫
    惑星ロボ ダンガードA 宇宙大海戦
    キャンディ・キャンディ 春の呼び声
    一休さんとやんちゃ姫
    ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー

    また、思い浮かんだら、書き込みさせて頂きますね♪

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

TV放映予定の映画

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


新作続々、公開中!マーベル・コミック映画ニュースまとめ!
『ゲット・アウト』×『マザー!』映画館で観たいのはどっち投票!
ぴあの映画特別号「ぴあ Movie Special」、最新号となる春号が4/2発売!
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』まとめ
巨匠スピルバーグがおくるSFアクション大作! 圧倒的没入感を味わえる『レディ・プレイヤー1』や佐藤健VS木梨憲武のアクション大作『いぬやしき』など話題作更新中! 映画論評・批評の新コーナー“critic”
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』まとめ

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

アカデミー賞をTOHOシネマズで楽しもう!
スーパーヒーロー、遂に終結!DCコミック映画まとめ