ただいまの掲載件数は タイトル56175件 口コミ 1109504件 劇場 582件

映画情報のぴあ映画生活 > 掲示板一覧

フリートーク掲示板» アドリブだと思った事

フリートーク:アドリブだと思った事

アドリブだと思った事 ネタバレ

2017/6/4 0:37 by 青島等

おそらく世界一有名なアドリブは「ローマの休日」真実の口でしょう。
脚本重視の愚直なグレゴリー・ペックがやった手が喰われる場面
オードリー・ヘプバーンのリアクションは演技じゃなかったから
本番90回撮り(ナインティテイク)のウィリアム・ワイラーが採用!

他に「スターウォーズ/帝国の逆襲」でハリソン・フォードの台詞
キャリー・フィッシャーの‘I LOVE YOU’に対して
ハン・ソロのイメージ通りクールに‘I Know!’と返した

ところで今の日本ではベテランの西田敏行と武田鉄矢が常習犯
中堅では佐藤二朗や大倉孝二を見ているとそう感じます。
「ゴジラFINALWARS」の北村一輝も怪しいな?!
アメリカ版ゴジラに酷似した怪獣が負けた際の一言
‘やっぱりサバばかり食っている奴は駄目だな’

 



  • Re: アドリブだと思った事

    2017/6/24 9:37 by 青島等

    あくまでも自分で見て感じた事になると 集まらないものですね。

    >西田敏行と武田鉄矢が常習犯

    @前者
    「釣りバカ日誌」みち子さんが浅田美代子に交代してからだと思う
    夕食の場面、伝助(西田敏行)が愛妻みち子(浅田美代子)に問う
    ‘スーさん(三國連太郎)って外国の俳優に似ていない…ジェームズ…’
    スーさん待ってましたとばかりに‘ジェームズ・スチュアート!’
    浜ちゃん即反論‘違う、絶対に違う!’

    A後者
    連ドラ『リバース』で藤原竜也からテントウムシの絵を見せられた際
    ‘何だこれはミジンコか?!’
    あのジャーナリストはまるで「刑事物語」の主人公=片山刑事の30年後!

  • Re: アドリブだと思った事

    2017/6/25 10:26 by ありりん

    >西田敏行と武田鉄矢が常習犯

    生瀬勝久もそうかなぁ、と思ってます。「トリック」といい「貴族探偵」といい、挙動不審な言動はすべてアドリブなんじゃ?と思ってます。

    こんにちは、青島さん。お邪魔いたします。

    > 中堅では佐藤二朗や大倉孝二を見ているとそう感じます。

    そこにいるだけで、の安定感もありの、何かやらかすんじゃ?というわくわく感もありの。生瀬さんはこっちの方(中堅)ですかね?

    >おそらく世界一有名なアドリブは「ローマの休日」真実の口でしょう。

    世界一有名で、世界一可愛いオードリーの世界一きゅ〜んなシーンですね。

    本番のアドリブではないかもしれませんが、「裏窓」のグレース・ケリーが殺人の証拠を得ようとレイモンド・バーの部屋に忍び込もうとするシーンは(リハーサルで?)グレースの即興でああなったと聞いた覚えがあります。だとすると、なんて当意即妙な演技、なんて頭いいんだろう、と思います。

  • Re: アドリブだと思った事 ネタバレ

    2017/6/25 22:18 by 青島等

    >生瀬勝久もそうかなぁ、と思ってます

    『リーガルハイ2』初めて敗北した堺雅人が‘人間やめて植物に成る’
    その際、生瀬勝久は‘成れそうか?!’と返すのですが、台本には多分
    ‘いい年して子供みたいな真似は止めろ!’だったんだと思います。

    今晩は、ありりんさん。レスをありがとうございます。

    他にも古館寛治が三木法律事務所を辞めると言い出した時も
    ‘何だその棒読みは!’と返すが台本には‘何だその反抗的な態度は!’
    或いは‘今までの恩を仇で返すのか’だったように思えます。
    あとファースト・シーズン第6話 離婚をテーマにした挿話で
    青山倫子に趣味の模型を壊された鈴木一真が‘戦闘機をバカにするな!’
    元は‘俺の趣味を中傷するな!’だったように思えます。

    可笑しな事にそういう場面と台詞は非常に印象に残るんです。
    なぜなら役者が脚本や演出に機械の如く操られているんじゃなく
    一人の人間として自分の意志や感情で喋っているように感じるから

    >、「裏窓」のグレース・ケリーが殺人の証拠を得ようと…
    >グレースの即興でああなったと聞いた覚えがあります。

    そうだったのですか!情報をありがとうございます。
    特にグレース・ケリーと出逢ってから最盛期のヒッチコックは
    脚本がんじがらめ(※)の演出じゃなく臨機応変=遊び心を持っていて
    ジェームズ・スチュアートの事も‘ジミーは実に活発にアイディアを出してくれる’と絶賛しています。

    ※脚本自体が原作小説を大幅に脚色した物がほとんどでした。

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


池井戸潤の“幻の長編”を豪華キャストで最速ドラマ化!WOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』特集
激戦の中たったひとりで75人の命を救った男の真実のドラマ『ハクソー・リッジ』特集
ぴあ Movie Special 2017 Summer ぴあ映画特別号 夏号登場! 夏の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
凶悪爆弾テロ、解決までの102時間『パトリオット・デイ』特集
映画論評・批評の新コーナー“critic”。しかと見届けよ! H・ジャックマン演じる最後のウルヴァリン! これまでと一味違うアメコミ映画『LOGAN…』ほか『ハクソー・リッジ』『セールスマン』など続々更新中!
ユーザーが選ぶ“清順映画ベスト10”投票受付中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝