ただいまの掲載件数は タイトル56575件 口コミ 1115702件 劇場 584件

映画情報のぴあ映画生活 > 掲示板一覧

フリートーク掲示板» 私の期待する作品

フリートーク:私の期待する作品

私の期待する作品

2016/10/14 0:07 by 無責任な傍観者

今後、直近でも、近い将来でも、期待する作品を紹介しましょう。
必須事項は下記三点。
・作品名 出来れば、URL
・期待する理由
・公開時期

ルールは、ここでは質問はあり、否定的な意見は禁止にしましょう。公開されてないモノを否定する理由はありません。

まあ、例によって、私が紹介したいというか、良くも悪くも出来を見てみたい作品が出てきたってことです…(笑)

 



  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/14 0:19 by 無責任な傍観者

    最近、なんだか読んじゃったコミックが映画化されたらしくて、原作自体は打ち切りで、設定は面白いんだけど、主人公と犯人の関係が深いはずなのに何も言及無く終わっちゃった、完成度の低い作品。
    まさか、これだけ時間が経って、しかも打ち切りのマンガを映画化するのに、そこら辺の基本的な後付けは作るんだよね?
    みたいな。
    未完でしかも欠陥で終わったコミックを映画化するんだから、完結することを期待します。コミックはたったの3巻弱!

    映画タイトル:ミュージアム
    <リンクURL>
    ジャンル:コミック映画化、サスペンス、スリラー
    公開時期:11/12
    その他:主演は小栗旬。彼は基本的に良い役者。

    まさか、これが映画化されるとは思わなかったので、トピック立てちゃいました…

  • 一介の映画バカ=青島等の期待する作品

    2016/10/15 10:03 by 青島等

    ・作品名;@‘ROGUE ONE’ A‘StarWars/episode8’

    ・URL <リンクURL>

    ・期待する理由;本シリーズだけは全て劇場で鑑賞したい。
    クリント・イーストウッド独走状態で先行き不安の1,970年代に
    一石を投じたのが文字通り1978年公開「SW/新たなる希望」
    無名のハリソン・フォードをイーストウッドの後継者にした功績
    特撮を駆使しながらも眼が疲れないキャメラワーク
    斬新な様で実はオーソドックスなストーリー展開
    ・公開時期;前者は2,016年12月16日、後者は2,017年5月26日

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/15 22:00 by 無責任な傍観者

    なんか備忘録になっちゃいそうな…

    作品名:湯を沸かすほどの熱い愛

    URL:<リンクURL>

    期待する理由:お母さんに宮沢りえ、別居中のお父さんにオダギリジョー、お母さんの余命2ヶ月、なんていうと、「ああ、またか…」みたいなんだけど、オチに工夫が凝らしているらしい。
    それを期待してます。

    公開時期:2016/10/29

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/15 22:06 by 無責任な傍観者

    作品名:奇蹟がくれた数式

    URL:<リンクURL>

    期待する理由:インドの実在の天才数学者の物語。まあ、だいたい数学者なんてのは天才なんだけど、この人の場合、神様が数式を教えてくれてそれが独創的でちゃんとした真理らしい。
    こんな人の人生は見てみたいね。

    公開時期:2016/10/22

  • >なんか備忘録になっちゃいそうな…

    2016/10/16 0:02 by 青島等

    そうでもないと思います。
    仮に備忘録であっても無責任な傍観者さんの隠れた人柄が出て興味深い

    >ミュージアム
    >:主演は小栗旬。彼は基本的に良い役者。

    新作に対し私よりもずっと前向きな姿勢で、また若手中堅俳優にも
    偏見で否定せず冷徹かつ肯定的な見解を述べられているので
    私も小栗旬はこの世代で群を抜いた存在だと思います。

  • Re: 私の期待する作品 ネタバレ

    2016/10/16 0:16 by カケル

    こんばんは、はじめまして無責任な傍観者さん。

    作品名:『メッセージ』(原題:Arrival)

    期待する理由:アメリカのSF作家テッド・チャン氏による短編「あなたの人生の物語」(早川SF文庫刊)が原作です。映画は多分失敗作です。小説の映像化としては。

    原作は、マルセル・プルースト『失われた時を求めて』の基本構造をSFとして結晶化した、小説という表現形式だからこそ成し得た傑作です。読んだ方なら映画題名(洋邦問わず)を聞いただけで、「あ、もうダメだ。」と思うでしょう。

    予告編を見たところ、ハリウッドにありがちなファーストコンタクト・サスペンス感まるだしにゲンナリしました。

    それでも儚い期待を抱いてしまうのは、古くからのSFファンにはマゾが多い。
    というだけでなく、監督がドゥニ・ヴィルヌーヴだという点です。私は『プリズナーズ』と『ボーダーライン』しか観たことがありませんが、この二作とも作品の始めと終わりで映画が違う方へいっちゃって、あまりいい印象はなかったのです。しかし今回はその明後日の方へ逸れてしまう才能をもって、サスペンスSFを純文SFに脱線させて欲しいものです。

    あの『ブレードランナー』も原作とは全然違う作品でしたが、原作者の小説世界を見事に映像化した傑作でした。続編を手掛ける監督としては、今作でいい成績を挙げておいて欲しいところです。

    公開時期:2017年/2016年度東京国際映画祭特別招待作品

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/16 11:57 by 勇作

    実写版『リトル・マーメイド』

    ディズニーアニメ『リトル・マーメイド』の実写版。
    実写版はディズニーではないのかな?とにかく製作中らしい。
    CGがどんどんよくなっているし、そろそろ実写の人魚を見てみたいと思っていた。
    『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』に出ていた人魚もとても良かったけど、水中のシーンはあまりなかったし。

    主演クロエ・グレース・モレッツという話はなくなったらしい。
    良かった。
    彼女ではちょっとイメージが違うと思っていたところだ。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/16 20:44 by 無責任な傍観者

    カケルさん、初めまして。
    まあ、堅苦しい挨拶は無しにしましょう。

    >原作は、マルセル・プルースト『失われた時を求めて』の基本構造をSFとして結晶化した、小説という表現形式だからこそ成し得た傑作です。

    紹介ありがとうございます。早速kindleで買って読み始めました。

    青島師匠、勇作さんも含め、こういうの待ってました!

    いろんな人の、これこれこういう理由でこの映画に注目してるってのは興味ありますね。

    ○○は名作だ、とか△△は制作費何億の大作だ、ってのはニュースに任せておいて、「自分はこういう作品にこういう点でスゲー興味ある!」みたいなのを書いていただくととても嬉しいです。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/17 7:51 by なつみかん。

    期待といいますか
    見ておきたいな!
    と思うのが、

    《シネマ歌舞伎》スーパー歌舞伎II ワンピース
    <リンクURL>
    10/22〜10/11
    の3週間の限定上映だとか!

    劇場で見る、映画以外の娯楽作品鑑賞というものに興味がありまして〜
    歌舞伎≠煬ゥてみたいのですけどね・・・
    なんか精神的な敷居が高くてまだ、シネマ歌舞伎(牡丹灯籠とか)でしか見ていないのですが、今度もう1本見てこようかと思ってます。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/17 21:22 by 無責任な傍観者

    猿之助も若い!
    ワンピースが2回目?

    これって通常の劇場チケットは使えなくて、専用チケットを買う必要がありそうですね。
    あとは、コミックのエース処刑編を読んでおかないとついて行けそうに無いのかな…
    興味あるけど悩ましい…(笑)

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/17 22:11 by 無責任な傍観者

    > CGがどんどんよくなっているし、そろそろ実写の人魚を見てみたいと思っていた。

    そういえば、勇作さんの好みからすれば、「ヘイル・シーザー」の人魚も好みでは?

    私は
    >『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』に出ていた人魚
    見たはずなのに、全く覚えてない…

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/17 22:29 by 無責任な傍観者

    あと、ちょっと本トピックの補足をすると、
    私が楽しむ、というのが絶対理由なんだけど、いろんな好みがある中で、レスしなくても、読みながら楽しんでいる人がいるはず。
    自分の好みと同じ、とか、こんな作品あったんだ、みたいな。

    そんなのがあると信じて、どんどん紹介して、紹介してもらおうと思ってます。
    だから、私は興味本位でいろんなチャチャ入れるし興味ないときは何も言わないけど、気にせずにこれ読んでる人たちも書き込む人たちも楽しんで下さい。

  • 湯を沸かすほどの熱い愛

    2016/10/17 22:34 by 青島等

    「ぼくらの七日間戦争」初主演は1,988年(同年生はハンカチ世代)
    りえママが、ビートたけし&美川憲一と組んだ暗黒史は忘れたいが
    今や松たか子、篠原涼子と並び後輩若手女優たちの憧れ目標!

    今晩は、無責任な傍観者さん、見事な予告編です。

    但しリンゴ絵画とイジメは観ていて自分の暗黒史を連想し辛かった。
    尤も私は仕返しするタイプだったから独りで泣かなかったけど(笑)

    _加害者は 十年経てば 被害者に

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/17 22:48 by 無責任な傍観者

    青島師匠、別トピックの話題ですが、師匠の名前は一つもありませんでしたよ…
    ちなみに私は小学校の頃いじめられっ子でした(笑)

  • >私は小学校の頃いじめられっ子でした(笑)

    2016/10/17 23:26 by 青島等

    無責任な傍観者さん、
    本題から離れ少々(かなりor大幅に)脱線するが、あしからず。

    貴君と私はお互いにトラブルメーカーかも知れませんね。
    同じ悪戯をしても私は担任教諭から代表して独りだけ叱られたし
    複数の同級生から喧嘩を売られ、仕返しすると即、悪者扱い。
    本サイトでも評論家受け売り妄信ユーザーから何度も絡まれ…(笑)

    >「ぼくらの七日間戦争」初主演は1,988年(同年生はハンカチ世代)

    1988年4月2日から1989年4月1日迄に生まれで別名【奇跡の世代】
    小学校入学前に阪神淡路大震災発生、21世紀が中学入学の年
    当初は貴君の好きな野球選手を指していたがその後は芸能人も
    新垣結衣、吉高由里子、大島優子、濱田岳、佐藤健…経済効果抜群
    占いを信じたくないが決して偶然とは思えない=否定不可な偶然アリ!

  • 私の期待するユーザー

    2016/10/17 23:45 by 青島等

    貴君に代表されるさりげなく情報を提供する登録お気に入り各位

    >青島師匠、別トピックの話題ですが、師匠の名前は一つもありません

    そりゃそうだ、ムカついたからレスを全部削除し絶縁したから(笑)

    _レスのやり取りを再現&釈明をすると

    青島等;オードリー・ヘプバーンを罵倒した淀川長治
    トピ主;あの淀川さんがヘプバーンを罵倒? 嘘だ!
    『二十世紀の映画〜淀川長治の証言』(毎日ムック)で淀長は
    オードリー・ヘプバーンを‘なんだか可哀想だった、この人は
    日本で言う山の手のお嬢さん、綺麗なだけで女優になれなかった’
    との記述、ロクに調べず私を批判するのは侮辱以外の何物でもない。

    尤も淀長大先生ならどんなヤジ罵倒でも許してしまう幸せ者も居る
    ‘やんちゃな、おじいちゃんだからしょうがないよ’(笑)

  • 奇跡がくれた数時間

    2016/10/19 17:05 by 青島等

    私事で不快な気分に…悪しからず。
    ここで健全な本来のテーマに軌道修正しましょう。

    無責任な傍観者さん

    数字を征する者は天下を征する(制する)
    ソクラテスは門弟募集広告で『勉強したい者は貧富や身分を問わない、但し数字に心得がある者に限る』
    ナポレオンは士官育成学校で決して優等生じゃなかったが数字だけはずば抜けていた
    あの松井秀喜も高校時代に数字と音楽はずば抜けて出来たと紹介されましたね。
    麻雀の強かった親父も言っていた。『ギャンブルもビリヤードも数字だ!』

    主演男優は「虎と漂流…」と同じ人でしょうか?

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/19 19:35 by なつみかん。

    期待する映画に戻しますね
    (-。-;)

    PK
    10/29〜
    <リンクURL>
    監督 ラージクマール・ヒラニ
    は前作 きっと、うまくゆく≠ナ僕の印度映画のイメージを変えてくれました。

    だからと言って、次の作品もいいだろう。
    とは言えないものですが、まだ少ない試写での感想を読んでる分には、見てみたい!!
    と、なっております。σ(^^)

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/19 19:48 by なつみかん。

    やっとわかった!

    青島さん

    奇跡がくれた数式
    <リンクURL>

    なんですね。
    虎と〜 は
    デヴ・パテル君
    スラムドッグ〜の子役だけかと思ってたら
    色々、目立つ出演もあったりで結構気になる俳優さんへと成長しているのですね。

    これ、知らなかったんですが
    もうこの週末公開 10/22〜 なんですね。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/20 16:20 by ありりん

    公開時期は未定とありますが、
    恐らく11月末か12月辺り?
    「ファンタスティック・ビーストト魔法使いの旅」
    <リンクURL>
    ハリー・ポッターシリーズは魔法使いの世界を描いた作品ですが、主人公の背負った運命のせいか回を追うごとに段々暗くなっていってしまい、最後は観るのが辛くなってきました。この作品はハリポタのスピンオフ的なお話。本編より明るい気分で観られそうだし、どんな魔法生物が出てくるのかも楽しみ。ハリポタでなんだかモヤモヤとした気分がすっきり明るくなるか否か?(笑)

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/20 16:22 by ありりん

    > 「ファンタスティック・ビーストト魔法使いの旅」

    「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」

    です(笑)。間違えました、ごめんなさい。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/21 16:44 by 無責任な傍観者

    ファンタスティック・ビーストは私も興味あります。
    スカッと1話完結となってくれることを祈ってます(笑)

    作品名:チア★ダン
    URL:<リンクURL>
    公開時期:2017年3月

    今一番脂の乗ってる広瀬すずが元気印で、方言丸出しのご当地モノとくれば、モロにド真ん中。
    でもまだまだ先じゃん!
    情報遮断に細心の注意を払わねば…

  • >数字を制する者は天下を征する(誤)

    2016/10/21 17:44 by 青島等

    すいません変換ミス

    数学を制する者は天下を征する(正)
    以下、全て『数字』を『数学』に置き換えて解釈してください。

    新機種とは申せスマホ画面は使い馴れたWikipedia10より小さく早とちり。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/10/30 19:19 by 無責任な傍観者

    作品名:チア★ダン
    URL:<リンクURL>
    公開時期:2017年3月

    続報です。公式とかの情報じゃないんだけど、ちょっと知り合いが実際のクラブの人たちと接触する機会があったらしくて、飲んだときに話を聞きました。
    顧問の先生に天海祐希が配役されていますが、あれは人気女優だから集客が見込まれるという目的だと思っていたら、どうもルックスは別にして、性格があのまんまとのこと。一番の適役だそうです。
    他にもいろいろ聞いたんだけど、酔っ払ってたんで忘れちゃった…

  • Re: 私の期待する作品

    2016/11/22 14:58 by ありりん

    >ファンタスティック・ビーストは私も興味あります。
    >スカッと1話完結となってくれることを祈ってます(笑)

    5部作だそうです…orz
    最終話まで興味が続くかしら。と一抹の不安。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/11/22 18:23 by 無責任な傍観者

    おやまあ、5部作ですか。
    公開間隔が1.5-2年で、3作前の内容覚えてないと話に着いていけない、なんてなったら最悪だなあ…(笑)

    なんたら観音巡り方式で、1作目は○○番札所から△△番札所みたいに作品毎に完結してそれぞれ楽しめれば良いなあ…
    水滸伝も108人の仲間を集める話がシーケンシャルに続いて、集まったら決戦、だったから、そんな感じでも楽しめそうだ。

  • 資金繰りが大変なのは製作者だけじゃない。

    2016/11/22 21:45 by カケル

    ほとんどノーマークだったにも関わらず、ここにきて観賞予定リストのトップに躍り出ました。

    『シークレット・オブ・モンスター』

    元俳優の監督転身第一作であるとか、あのJ=P・サルトルの短編が原作であるとかはどーでもよくて、

    スコット・ウォーカーが音楽を担当しているじゃないか〜!


    なので『ジャック・リーチャー』と『この世界の片隅で』の観賞予算は今作観賞とサントラ購入資金に当てることとなりました。

    2016/11/25公開

  • Re: 私の期待する作品

    2016/12/1 12:01 by 10年目のソフィ

    沼田まほかる「ユリゴコロ」の映画化が決定!!との記事があがりましたネ。ビックリ!
    『ある一家で見つかった「ユリゴコロ」と題された4冊のノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告発文だった』
    当時ほんとーに一気に読み進みました。吉高由里子ちゃんかぁ。少し不安かも・・・

  • Re: 私の期待する作品

    2016/12/3 22:45 by 無責任な傍観者

    カケルさん、

    >スコット・ウォーカーが音楽を担当しているじゃないか〜!

    カケルさんのスコット・ウォーカーへの思いを二言三言書いていただけると、ここを読んでる皆さんも理解できるかと…
    私がスコット・ウォーカーという人を知らないだけなのかも知れませんが、この人はこんな理由でこの作品を見たいんだ!ってのがこのスレッドの主旨ですので、みんなが分かるとうれしいです。

    >沼田まほかる「ユリゴコロ」の映画化が決定!

    「少女」の時にちょっと調べたら、これが「イヤミス」なるジャンルの一番だそうですね。

    >吉高由里子ちゃんかぁ。少し不安かも・・・

    物語は知りませんが、吉高は出来不出来が極端ですからね。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/12/4 22:54 by アーバン・ブルー

    無責任な傍観者さん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > 今後、直近でも、近い将来でも、期待する作品を紹介しましょう。
    > 必須事項は下記三点。
    > ・作品名「破裏拳ポリマー」URL
    > ・期待する理由 監督が、アクションを得意とする坂本浩一監督なので。
    > ・公開時期 2017年5月、新宿バルト9ほか全国公開。

    「破裏拳ポリマー」の実写映画化は、以前から、実現を熱望していたので、カケルさんから、情報を頂いて、実写映画化実現を知ったときは、驚きました。
    しかも、メガホンを取るのが、ジャッキー・チェンに憧れて、この世界に入って来た、アクションを得意とする、坂本浩一監督となれば、期待値が、かなり上がりますね。
    無責任な傍観者さんも、ジャッキー・チェンのファンだと、他のレビューで、読ませて頂いたことがあるので、楽しんで頂けるかもしれません。
    単なるヒーローアクション映画としてだけではなくて、格闘アクション映画としても、期待してます。
    予告編を見たのですが、パルクール風のアクロバティックなアクションが、少し、魅られました。
    坂本浩一監督作品なので、拳脚アクション&秘技に、何かプラスアルファがあるのでは?と予想していたので、CG&VFXとカンフー&パルクール&トリッキング(XMA)等の生身の肉体アクションとを上手く融合させて、カッコいいアクションを構築してくれているのではと期待が膨らみますね。
    アクションに関しては、多分、及第点以上にはなると期待しているので、あとは、脚本次第ですね。
    とにかく、楽しみに待ちたいと思います♪

  • 吉高由里子

    2016/12/4 23:52 by 青島等

    今晩は、旧作「ロボジー」をDVDかBlu-rayで再見するのも一興かと

    >>沼田まほかる「ユリゴコロ」の映画化が決定!
    >>吉高由里子ちゃんかぁ。少し不安かも・・・
    >>吉高は出来不出来が極端ですからね。

    幸か不幸か辛辣なインタビューに本音でブチ切れ応対するタイプ
    記者も吉高の反応を面白がり、新垣結衣(優等生)や綾瀬はるか(天然)
    にする質問や言い方とは異なる挑発的だからその須知レスに左右される。

    NHK朝ドラ『花子とアン』で仲間由紀恵シンパのNHKスタッフから
    イジメを受けたとの噂も案外信憑性が高いと思いますね(波瑠も同じ※)
    あの後“燃え尽き症候群”と揶揄されたが、2年ぶりカムバック
    連ドラ情報ですが御存知の如く『東京タラレバ娘』に主演!
    復活した勢いを映画にも持ち込んで欲しいです。

  • 先程の補足、

    2016/12/5 0:00 by 青島等

    >NHKスタッフからイジメを受…波瑠も同じ※

    ※『あさが来た』で宮崎あおい贔屓のスタッフからイジメられた
    『花子とアン』『あさが来た』は共にW主演という形式だが
    年少者が実績のある中堅より格上待遇なのがスタッフは不満

  • Re: 私の期待する作品 ネタバレ

    2016/12/5 0:11 by アーバン・ブルー

    無責任な傍観者さん、こんばんは。

    >予告編を見たのですが、パルクール風のアクロバティックなアクションが、少し、魅られました。

    予告編ではなくて、現時点では、特報ですね。
    大変失礼致しました。
    あと、パルクール風の動きは、特報の映像の序盤の壁走り、そして、障害物を宙返りして、飛び越えて行くアクションでございます。
    特報の最後にポリマーの二段蹴りっぽい足技が、炸裂しています。
    今後、色々と、詳細な記事や映像など、情報解禁されて、発表されていくと思いますので、楽しみに待ちたいと思います♪

  • Re: 私の期待する作品

    2016/12/5 12:34 by 10年目のソフィ

    無責任な傍観者さん こんにちは。

    イヤミス・・・確かに。湊かなえしかり、この系好きカモです。ww
    ただユリゴコロは猟奇的な進み方ですが、ラストに向かって家族愛的な展開が深まり、読み終えた時には感動でしばらくボーッとしていた記憶があります。
    な、だけに吉高ちゃんはどうなのか。。。北川景子ちゃんなんかがイメージ合う気もするのですけどネ。

    映像化には、期待感はありありです。

  • ノエルといったらギャラガーではなくスコット

    2016/12/5 17:32 by カケル

    こんにちは、無責任な傍観者さん。

    失礼しました。寝耳に水の情報に先走りました。

    改めて、
    スコット・ウォーカー、本名ノエル・スコット・エンゲル(天使)
    ウォーカー・ブラザーズとして日英では当時ビートルズと人気を二分するも、アイドル的扱いに飽きたらずグループを解散。ソロ転向後は次第にその特異な音世界を先鋭化していき、ミュージシャンズ・ミュージシャンとしてデヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ、ボノ、トム・ヨーク等から多大なリスペクトを受ける。アルバム『Tilt』にド感動したレオス・カラックスはロンドンの彼のもとに押しかけ、『ポーラX』のサウンドトラック担当に口説き落とす。
    『シークレット・オブ・モンスター』は映画音楽二作目です。

    ついでに作品のレビューを記しておきます。

    サルトルの原作をドライヤーやブレッソンのスタイルで映像化し、スコット・ウォーカーの音を付ける等という無謀極まりない行為が駆け出しの若造に担える訳もなく、映画はスコット・ウォーカーの"音楽作品"として存在することとなりました。

    監督もそれを自覚してか、エンド・クレジットのオオトリはスコット・ウォーカーとサントラスタッフの名で締めていました。


    合掌。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/12/5 21:53 by アーバン・ブルー

    無責任な傍観者さん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    また、他に期待する作品がありましたので、挙げてみました。

    ●> 必須事項は下記三点。
    > 作品名「ドラゴン×マッハ!」出来れば、URL
    > ・期待する理由 二大武打星(カンフー、格闘アクション俳優)、トニー・ジャーとウー・ジンの夢の対決&共闘を観たいので。トニー・ジャーのアクロバティックな超絶ムエタイアクションとウー・ジンの高速のカンフーアクションが、とても楽しみにしています♪それから、前作の「SPL〜」のファンなので、続編である、本作の日本での劇場公開を、以前から、ずっと待っていました。前作は、MMA(総合格闘技)を主体とした、リアルガチンコアクションが、中心でしたが、本作では、「魅せる」華麗なアクションも、期待出来そうですね。
    > ・公開時期 2017年1月7日から東京・シネマート新宿ほかで、公開されます。

    物語面に関しては、前作の「SPL」同様に、男たちの熱い物語が、期待出来そうだし、アクション面に関しても、前作の「SPL〜」よりも、更に進化&パワーアップしていて、かなり期待出来そうな気がします。本作の予告編を見ましたが、アクション濃度が高い作品に仕上がっているようですね。
    タイ式のリアルヒッティングアクションと香港式のワイヤーアクションとが、上手い具合に、ブレンド(融合)されていて、グッと来ました♪
    噂によれば、ラストバトルが、凄まじいらしいですよ♪

    ●作品名:チア★ダン
    URL:<リンクURL>
    公開時期:2017年3月

    無責任な傍観者さんが、挙げていらっしゃいます、「チア★ダン」に一票入れさせて下さい。
    インターネット上の記事のあらすじを読んでみると、「スウィングガールズ」や「歌魂♪」のように、皆が、一致団結して、一つのことを成し遂げるような、王道の青春映画かなって、予想しているので、この手の青春映画は、大好きなので、とても楽しみにしています♪
    それから、出演者の中だったら、山崎紘菜さんに期待しています。
    山崎紘菜さんは、顔立ちや声が、長澤まさみさんに似ていて(個人的な意見ですが。)、尚且つ、スラっと身長が高くて、スタイル抜群のお綺麗な女優さんで、演技力も、及第点だと思うので、いつか、脇役ではなくて、主役としても、もっと、大ブレイクして、前線に出てきてほしい女優さんですね♪

  • Re: 私の期待する作品

    2016/12/10 20:41 by 無責任な傍観者

    作品名:恋妻家宮本
    <リンクURL>
    期待する理由
    1.遊川和彦
    「家政婦のミタ」は見たことないんだけど、昔TBS系でやった「オヨビでない奴」作ってた。これが植木等、所ジョージ、高橋良明のコメディアントリオが活躍する傑作。私がこれまで見た中で一番のコメディドラマ。DVD買ったら著作権かなんかで何カ所も音消されてボロボロ。BSTBSの放送で録画し直した苦い記憶がある。
    2.主題歌 「今日までそして明日から」
    カケルさんのようなもん。この曲は吉田拓郎が逮捕されて、その後釈放された後のコンサートかなんかで一番最初に歌った曲。今ググっていたらもうそんな記事は削除されてるみたいだけど、遊川は当時のことを鮮明に覚えているはず。この曲を本作にどのような位置づけて使うのか。曲の背景とは関係なく、歌詞だけで使うのか。興味は尽きない。
    上映時期:2017/1/28

    アーバン・ブルーさんのは、映画に起用された曲が好き、ってやつで、これは好きな曲、思い出の曲が起用されたのでその映画が見たい、ってやつ(笑)

    主題歌以外は知ってたんだけど、主役二人見るといかにもって感じで、見には行くだろうけど、それほど興味はなかった。今日予告編で主題歌が流れて、俄然見る気満々になった。

  • Re: 私の期待する作品

    2016/12/10 20:52 by 無責任な傍観者

    連投行っちゃおう!

    作品名:うさぎ追いし 山極勝三郎物語
    <リンクURL>
    公開時期:東京では12/27

    作品名:惑う After the Rain
    <リンクURL>
    公開時期:東京では2017/1/27

    期待する理由
    いつもはメジャー系のTOHOシネマズかチネチッタ辺りで見るんだけど、今日は「ちゃんばら美学考」を見るために有楽町スバル座へ。
    普段予告編なんてのは新作の時期確認だけで、出来るだけ目をつぶって見ないよう聞かないようにしてるんだけど、この2作品は予告編だけで「見たい」と思って、すぐに前売り買っちゃった。
    うさぎ〜は、知らない医学者の壮絶な生涯、惑うはなんか知らんけど良い雰囲気。その程度(笑)

  • Re: 私の期待する作品

    2017/1/15 18:59 by 無責任な傍観者

    ちょっとテーマとはズレちゃいます。
    今日有楽町スバル座で映画を見たんだけど、その予告編で新しいのは「海辺のリヤ」「八重子のハミング」「話す犬を、放す」の3本。
    で、この3本が全て認知症がテーマみたい(泣)
    話す犬はみる気満々だけど、元リヤ王の仲代達矢が認知症気味で海辺を徘徊するのは見たくないし、八重子さんはシャレにならないっぽい。シャレにならないからこそ見ないといけないんだろうね。

    なんかこう、世相なのかなあ…

  • Re: 私の期待する作品

    2017/2/20 21:19 by 無責任な傍観者

    期待というか、興味があるというか。

    作品名:ちょっと今から仕事やめてくる
    <リンクURL>
    公開日:5/27

    この手の作品て、面白けりゃすごく面白いし、ハズスとホント糞になっちゃうからね。安易な泣かせに走りやすいから大体糞になっちゃうんだけど。

    ストーリー全体はなんとなく想像つくけど、ヤマモト君は何者か、彼を選んだ動機は何か、ヤマモト君の存在をどのように落とし前つけるのか、あたりに興味あり。

    ってか、今流れてる予告編で、見たいと思うのがこれくらい…

  • Re: 私の期待する作品

    2017/3/5 18:39 by 青島等

    月並みな紹介しか出来ませんが、やっぱり期待大は
    「スターウォーズ/episode8 最後のジェダイ」

    次に秋公開「ミックス。」<リンクURL>
    一昨年ピアノ3ヶ月特訓から今年は卓球特訓の新垣結衣はもとより
    TV連ドラ版『ウォーターボーイズ』の出世頭こと瑛太も
    そしてガッキーの生まれる6年前に主役デビューの田中美佐子も

    余談;私も実はミュージカルが手放して楽しめないんです。
    お断わりしておくがジャズやバラード、ウエスタン歌は好きです。
    去年12月「ホワイトクリスマス」DVDジャケットを見ても食指伸びず
    結局はクリスマス定番の「素晴らしき哉、人生!」にしました。
    従ってekoekoさんのスレッドには10本も思い浮かばず参加不可
    確かに「ウエストサイド物語」「サウンド・オブ・ミュージック」は
    語り継がれる名画だと認めてもロバート・ワイズ監督は巨匠じゃない
    「メリー・ポピンズ」を心に汚れ無き幼児年少者に推奨出来ても
    「マイ・フェア・レディ」が当時としては空前絶後の絢爛豪華も
    まして上記4本より10年前のMGM製作の佳作群に至っては
    洗練優雅なフレッド・アステアや豪快で型破りのジーン・ケリー
    ダンス中に絶えない笑顔だけで罰当たりな私は退いてしまします(笑)

  • Re: 私の期待する作品

    2017/3/11 13:26 by 無責任な傍観者

    作品名:名探偵コナン から紅の恋歌
    公開時期:4/15

    期待する理由:コナンシリーズもマンネリネタ切れ気味で連載の本筋からストーリーが逸脱も出来ないので手詰まり感が強いが、平次が主役だと、結構大胆なストーリーに出来そう。

    相棒は劇場作品がTV作品より格段につまらないんだけど、伊丹主演のXデイはめちゃめちゃ面白かった。(米沢のはつまんなかったけど)
    踊るシリーズみたいに、劇場版第1作だけ面白くて、以降の本線もスピンオフも両方沈没しちゃうのもあるからどうなんだろうか?

    少なくとも今日見た予告編では非常にそそられた。

  • Re: 私の期待する作品

    2017/4/15 23:20 by 無責任な傍観者

    作品名:あなたの膵臓を食べたい
    公開時期:7月28日
    期待する理由:酒飲みって結構膵臓をやられて死ぬ人が多い。しかも膵臓は肝臓に隠れて沈黙の臓器らしく、異常の発見が遅くしかも進行が早いので大抵発見されたときは手遅れなんだと。
    客観的に考えて私も膵臓やられる可能性が低くないだろう。
    今日見た宣伝だと、このタイトルが感動の切り札の1つらしいのでなかなか楽しみ。
    これから情報シャットダウンして時期を待たねば。

  • 肝胆膵(カンタンスイ)

    2017/4/23 15:31 by 青島等

    他に食道癌と大腸癌も消化器系悪性腫瘍では面倒な疾患です。
    ↑以上、親父の主治医と私の友人(内科医)からの情報。

    >酒飲みって結構膵臓をやられて死ぬ人が多い。

    私の親父は晩酌なしで、酒は元旦と大晦日の僅かなワインだけ
    会社の慰安旅行や宴会でもグラス一杯のビールで真っ赤な顔だった
    と本人は語っていたが、禁煙し約20年後の80歳で膵臓癌と診断され
    やっぱり40年間喫煙のツケが今頃来やがったと自嘲的だった。
    私は“見栄を張るな35年だろう!”とツッコミを入れたが抗癌剤で
    治療開始から亡くなる迄は19ヵ月間、映画の嗜好は全く変化なし
    洋画専門サスペンス、ミステリー、スパイ、ギャング、西部劇etc.
    邦画は気が滅入る内容と役者の滑舌が悪いから嫌いだと言っていた

    無責任な傍観者さん、こんにちは、
    またも私を釣りました?!(笑)

    >しかも膵臓は肝臓に隠れて沈黙の臓器らしく、

    その肝臓も沈黙の臓器で肝代謝能力が高いと自信を持つのは危険
    連日の飲酒でボクシングのジャブみたく徐々にレバーダメージが進行
    解毒能力が低下しアルコール依存症を発症するリスクも多々あります。

    >異常の発見が遅くしかも進行が早いので大抵発見されたときは…

    坂東三津五郎さんも 私の親父はステージ4Bでした。

    >客観的に考えて私も膵臓やられる可能性が低くないだろう。

    そうでしたか!
    でも“分かっちゃいるけど止められない”のが人間だから
    告白すると私は実は酒飲みではない。
    酒癖は悪いらしいが記憶にない、毒舌は生まれつき
    肝臓代謝機能が弱いからalcohol3%リキュールで充分
    そう沢尻エリカのCM『SUNTORYほろよい』が現在の愛飲銘柄

    沢尻エリカが初の刑事役「不能犯」(2,018年公開予定)も期待作

  • Re: 私の期待する作品

    2017/4/27 23:55 by きっこ

    おじゃまします。

    『タレンタイム〜優しい歌』
    <リンクURL>
    公開は3/25〜となってますが、
    まだ上映されていないところも結構あるので、こちらにおじゃましました。

    2009年に亡くなったマレーシアのヤスミン・アフマド監督の遺作。
    物語:高校で、音楽コンクール“タレンタイム” (マレーシア英語=学生の芸能コンテストのこと)が開催される。(中略)
    マレー系、インド系、中国系…民族や宗教の違いによる葛藤も抱えながら、彼らはいよいよコンクール当日を迎える……。
    ーホームページより抜粋ー

    予告の印象で推してみました♪
    青春映画なのかな。
    「古嶺街少年殺人事件」上映前の予告で、
    作品見たあと覚えているのがこれだけでした。
    マレーシア映画はなかなかみるチャンスがないですし、ぜひこの機会に!!

  • Re: 私の期待する作品

    2017/4/28 7:18 by 無責任な傍観者

    おお、神奈川県は今週末じゃないですか。ナイスタイミング!(笑)
    民族対立や宗教不和の元での青春映画ってのは面白そうですね。
    ご紹介ありがとうございます。

  • Re: 私の期待する作品

    2017/4/29 8:37 by 青島等

    ■君の膵臓をたべたい…陰の主役は小栗旬と北川景子か!
    私は内容テーマより先ずスターで惹きつけられるか否かの客なので(笑)

    無責任な傍観者さん、おはようございます。

    映画館でポスターやチラシを収集の結果またも邦高洋低( ;∀;)

    ジョニデ十八番の「パイレール・オブ・カリビアン・最後の海賊」も
    40年前のTVシリーズ「ワンダーウーマン」劇場版も食指が伸びず

    ■忍びの国
    ■銀魂
    ■追憶
    ■花戦さ
    ■22年目の告白〜私が殺人犯です〜
    ↑以上が興味をそそる充実したキャスティングでした。

    _______________________

    余談;【怪物はささやく/組織的投稿の愚】でモメてますが
    私も以前、なつみかん。さんと“投稿規定違反二コラ”で対立した。
    彼の時代錯誤な青臭い正論(正に本末転倒)にウンザリでした。
    本サイトで前向きなスレッドを立ち上げているのは文句なく貴君です。
    ココ以外にも【劇場での独り言】があるし みかずきさん、ekoekoさんも
    10年目のソフィさんも型こそ異なれ様々な情報交換をされています。
    ソレに反して なつみかん。さんは盛り上げる努力を何もせず
    単にフリートーク掲示板を批判しているだけ…お話にならない!

    あちらには参加したくないのでココをお借りして一筆

    では今日からの楽しい連休を満喫しましょう。

  • Re: 私の期待する作品

    2017/5/1 6:32 by 無責任な傍観者

    師匠、おはようございます
    少しツッコミを。

    >告白すると私は実は酒飲みではない。

    人生の楽しみの75%を失っているんですね。お気の毒です。

    >酒癖は悪いらしいが記憶にない、毒舌は生まれつき

    酒癖の悪い人に記憶のある人はいません。
    私も昨夜の記憶は途切れてます…

  • Re: 私の期待する作品

    2017/5/1 7:10 by 無責任な傍観者

    八重子のハミング

    公開日:やってる
    理由:さっき目についた。GWちゃんと計画通り帰って来れたら土日で見れる。備忘録で。
    横浜ニューテアトル

  • Re: 私の期待する作品

    2017/5/1 10:39 by ありりん

    青島さんと被りますが
    ・22年目の告白〜私が殺人犯です〜
    6月10日公開。
    性悪な男を演じさせたらピカイチの藤原竜也くんが殺人犯、事件を追っていた刑事に伊藤英明さん。この対決の構図って既視感あるんだけど気のせい?でもまあ、予告編を観る限りでは、期待以上に藤原くんが悪そうで悪そうで(笑)、あんまりスカッとした結末にはならないかも、なんですけど、観てみたい。

    ・怪物はささやく
    6月9日公開。
    いっときレビュー連投がうるさくて、せっかく興味が湧いたところだったのにもうやめようかしら、と思っていたけど、タイトルに惹かれてやっぱり見ます。ダークファンタジー、ってことですけど、スカッとした結末になるや否や?

    これも青島さんが挙げられてますが
    ・忍びの国
    公開は7月だったと思います。
    嵐の大野智主演。「のぼうの城」と同じ原作者の小説を映画化したものです。予告編を観る限りではアクションあり笑いあり、といった感じであまり気負わずに気楽に観られそう、っていうのが観たい理由(笑)。

    ・パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
    これも7月に公開予定。
    もう惰性で観ていると言ってもいいくらいですが、これは映画館で観たい映画です。

  • Re: 私の期待する作品

    2017/5/1 19:34 by なつみかん。

    え〜っと
    時代錯誤の青臭い正論派で〜すが何本かよいですか?
    (*^^)v

    この5月に期待しているのが〜

    「夜明け告げるルーのうた」
    <リンクURL>
    5/19 Sat. 公開ですね。

    今公開中の夜は短し歩けよ乙女≠ェ僕的には面白かったので同じ監督のオリジナル作だというのに興味があります。
    (ちょっと、ポニョを思わす話だというのだが・・・)

    「おじいちゃんはデブゴン」
    <リンクURL>
    5/27 Sat. 公開とか!

    ただただ、見たい!!
    このG.W.は イップマン継承 を見る予定ですが、そう考えているとカンフーものが他でも見たくってね。

  • Re: 私の期待する作品

    2017/5/15 7:14 by 無責任な傍観者

    作品名:ローガン
    公開時期:
    理由:必要以上にネットでは調べないのでよう分からんけど、ミュータント世界を救う少女を守るっていったら多分メサイアコンプレックスをやるんでしょう。あれはアベンジャーズにおけるシビルウォーと同様に、X-MENの世界観を一新して展開を変えた重要な話で、ケーブル/ビショップの二人の攻防にローガンが絡んで、ってストーリーだったと思うけど、どうアレンジするのか気になる。タイトルがローガンってぐらいだから、ケーブルの役割をローガンがやるんだろうけど、シビルウォーみたいにショボショボにしないで欲しい…
    期待半分怖さ半分と言ったところ。

    そういや、青島師匠やソフィさん始め色んな方が期待しているSW-ep8の予告編が断片情報みたいな形で始まりましたね。ローグワン見たら、本編は敵味方ともに魅力的なキャラが全くと言って良いほど不在って痛感しちゃったんですが、強くて悪くて恐ろしい中ボス用意して楽しませてもらいたいものです。
    ラスボスはあの地球教の教主みたいなサイコプラズム野郎だよね?まさかシリーズ9本も作ってラスボス倒せないなんてことないよね?と、なんだかep9が心配になってきた(笑)

  • Re: 私の期待する作品

    2017/5/15 23:21 by きっこ

    新作ではなく旧作の3Dですが…
    これだけはプッシュしておかねば!!
    「ターミネーター2 3D」
    8/11〜公開。
    www.t2-3d.jp/
    夏が超楽しみです〜〜♪

  • Re: 私の期待する作品

    2017/6/17 20:16 by 無責任な傍観者

    作品名:スキップ・トレース
    公開日:9/1
    理由:予告編見る限りでは、初期コミカルカンフー映画っぽい。
    レイルロードタイガーも良い感じで肩の力が抜けてて、どうしちゃったの、ジャッキー?って、期待しちゃう(笑)

  • Re: 私の期待する作品

    2017/7/10 18:52 by アーバン・ブルー

    無責任な傍観者さん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > 今後、直近でも、近い将来でも、期待する作品を紹介しましょう。

    期待する作品を紹介させて頂きます^^

    > 必須事項は下記三点。

    > ・作品名 「RE:BORN」

    >・出来れば、URL
    <リンクURL>

    > ・期待する理由
    ●アクション監督として優れた才能の持ち主の下村勇二監督と引退から完全復活を果たしたTAKこと坂口拓さんのコンビ作品であること。
    ●音楽がドニー・イェン主演の「イップマン」シリーズの川井憲次さんであること。
    ●ナレーションが女性武打星の武田梨奈さんであること。
    ●キャスト陣が豪華なこと。(加藤雅也さん、斉藤工さん、元AKB48の篠田麻里子さん他。)
    ●「ゼロレンジ・コンバット・システム」なる戦闘術が凄まじいこと。
    ●予告編を見て、邦画のアクション映画としては、かなり完成度の高い作品に感じましたので。

    > ・公開時期
    8月12日に新宿武蔵野館でレイトショー公開 。

    「RE:BORN」の公式サイトで、予告編を見たのですが、銃撃戦、ウエポンバトル、格闘アクションと、様々なタイプのアクションが混ざり合っていて、まるで、ダークな世界観と高速の殺陣が炸裂する「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイスの高速連打のシラットアクションや「SPL〜」のセミファイナルでの特殊警棒を手にしたドニー・イェンVSナイフを手にしたウージンの高速の殺陣を彷彿とさせて、邦画のアクション映画としては、かなり完成度が高い映画と感じました。
    とにかく、TAKさんこと、坂口拓さんの高速の殺陣が、複雑且つハイレベルで、度肝を抜かれてしまいました。(現時点では、本編を観ていないので、予告編だけの感想ですが。)
    ただ、現時点では、公式サイトの情報によれば、東京でのレイトショーのみが、決定してみたいですが、大阪やその他の地域での劇場公開があるのか?分かりませんし、あったとしても、レイトショーだったり、スケジュール的に、かなり観に行くのは難しいと思うので、多分、レンタルDVDにての鑑賞になりそうですが、楽しみにしています♪
    それでは、失礼致します。

  • Re: 私の期待する作品 ネタバレ

    2017/7/23 2:13 by 青島等

    無駄なサービス精神で冗長にならないかという不安要因もあって
    私としては食指が伸びたり縮んだりビミョーなんですが、

    ◆オリエント急行殺人事件<リンクURL>

    多くの観客の期待は唯一人の被害者を演じるジョニー・デップでしょう
    1,974年版でリチャード・ウィドマークが演じたアメリカの実業家ですが
    一昨年1月に放映された三谷幸喜の二夜連続SPドラマDVDを参照に
    本邦の「忠臣蔵」「宮本武蔵」と同じで内容結果は知れ渡っているから

  • Re: 私の期待する作品

    2017/7/30 0:09 by きっこ

    お邪魔します。

    「逆光の頃」URL <リンクURL>
    ・期待理由:主演二人の顔が好み(笑)
    ヒロインの葵わかなさんは、予告で振り返った顔が素晴らしい!
    10月からの朝ドラヒロインですが、今後出演作が増えそう。
    高杉真宙君は大きな瞳が印象的。

    原作は80年代後半のマンガ。京都が舞台。
    なんとなく無責任な傍観者さんの好みとは違う感じはしますが‥。
    葵さんの顔が好みであれば、いいかも知れない。(笑)

    ・公開時期:7/8〜で東京はもうすぐ終わりですが、
    他の地域はこれからなので、書き込ませていただきました。
    でも、公開は小規模なのが気がかり‥

  • Re: 私の期待する作品

    2017/8/17 22:07 by アーバン・ブルー

    無責任な傍観者さん、こんばんは。
    いつもお世話になります。
    よろしくお願い致します。

    > 今後、直近でも、近い将来でも、期待する作品を紹介しましょう。
    > 必須事項は下記三点。
    > ・作品名 「ミックス。」
    出来れば、URL <リンクURL>
    > ・期待する理由
    ●学生時代、卓球部、テニス部など、ラケットを使用するクラブに在籍していたので、卓球を題材にした本作が気になりました。
    ●リオ・オリンピックで、卓球の試合を見て感動したので。
    ●本物の卓球選手も、出演しているので。
    ●恋愛、コメディ、スポーツ、色々な要素が詰め込まれた作品みたいなので。
    ●ガッキーと瑛太さんの共演作品なので。
    特に、ガッキーのコメディ演技、そして、卓球の試合のシーンで、どんなプレイをするのか?とても楽しみにしています♪

    > ・公開時期
    2017年秋 全国東宝系にて公開!

    世界卓球の混合ダブルスで日本勢として48年ぶりの金メダルを吉村真晴選手と石川佳純選手組獲得したので、なので、とてもタイムリーな作品だと思います。
    キャスト陣も、豪華なので、どんな演技やプレイを披露してくれるのか?とても楽しみですね♪

返信を投稿

名前 ※ニックネーム可
メール ※表示されません
見だし
内容
※個人・作品に対する誹謗中傷はご遠慮下さい。
※レビューはレビュー投稿フォーム
ネタバレ? ネタバレ無し ネタバレあり
 

Myページ

ログイン

はじめての方はこちらから

新規ユーザー登録
ぴあ映画生活 facebook公式ページ
ニコニコ生放送 週刊ぴあ映画生活

便利ツール

ぴあ映画生活をより楽しむために

 


ぴあ×ららぽーと “エンタメ・コレクション” Vol.3『あさひなぐ』特別試写会合計415組830名様ご招待!
第10回したまちコメディ映画祭 in 台東 特集
ぴあ Movie Special 2017 Autumn ぴあ映画特別号 秋号登場! 秋の話題作の特集や最新情報がいっぱい! ご招待も大量放出!
遂にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にスパイダーマン本格参戦! 映画論評・批評の新コーナー“critic”。夏のアクション大作『スパイダーマン:ホームカミング』『トランスフォーマー/最後の騎士王』ほか『エル ELLE』など8月公開作更新中!

クチコミ満足度ランキング

初日満足度 観客動員数 DVDレンタル

満足度 投稿数 観たい ファン

「水滸伝」のことならなんでも!匿名での書き込みもOK!月刊 水滸伝